こんにちは。
いつもご訪問ありがとうございます。
カウンセリングサービスの吉村ひろえです。


あなたは人の評価って気になりますか?

「自分は人からどう思われているのだろう?」
「人にダメな奴と思われたくない」

多かれ少なかれ私たちは、人からの評価って気になるものです。

が、それを気にし過ぎると ”私らしさ” からどんどんかけ離れてゆきます。

人の評価を中心に考えるので、自分の考えや感情、感覚は置き去りに
「どうしたら評価されるか?」
が優先されるあまり、完璧主義に陥り考えすぎて動けなくなってしまうこともあります。

また、動けたとしても
「人からどう思われるか?」
が気になるあまり、頭の中で失敗した時や間違ってしまった時の対応のシミュレーションを繰り返してしまうことも。

・見下されたくない
・負けたくない
・責められたらどうしよう

常に誰かと競争しながら、不安感と自信の無さを感じています。


自分なりに「どうしたら評価されるのか?」と考えて一生懸命頑張っているのだけど
人によって評価の基準が違ったり
こうすれば認めてもらえるだろうと思ってしたことが裏目に出たり
または、人が褒められているのを見ると「自分はダメだ」と傷ついてしまったりして
どうしたらよいのかわからなくなってしまいます。


これはとても心身ともに疲れると思うのです。
心が緊張している分、身体も固まります。

たとえば、職場での評価が気になっているとすると、休みの日もずっと
「自分がどう見られているか」
ということをグルグル考えてしまって休んだ気がせず、疲れがどんどん蓄積してゆくことも。

そうなると、あなたの大事な時間を割いて一生懸命考えて、労力を払って働いているにもかかわらず、達成感や充実感といったものが全く得られなくなってしまいます。

それはちょっと、私は理不尽ではないかと思うのですよ。
だって、そんなにもあなたのエネルギーを投資しているのに。


じゃぁ、どうすれば? というお話しになるのですが、こういうのはどうでしょう?

「どうしたら人から評価されるか」
という動機を
「どうしたら貢献できるだろう」
に変えてみる。

人からの評価や称賛を ”欲しがる” のではなく、あなたのそのがんばりや優しさ、気配りを ”与える” というスタンスです。

大きなことじゃなくてもいいんです。

・これをしておいたら、みんな(誰か)が楽かな?と思うことをしておく。
 若しくは「こうしようと思うけどどうかな?」と聞いてみる。

・人のがんばりや価値を伝えてみる。
・なにか困っていそうな人に気づいたら「なにか手伝えることある?」と声をかけ
 てみる。


あなたの時間やその労力で 「どう貢献するか?」 ということにチャレンジしてゆくことで、充実感や達成感が得られます。

私たちは元々 【人の役に立ちたい】 という欲求を持っています。

”与える” ことで、この欲求が満たされるのでとても気分がよく、自分のことを認めやすくなるんですね。
それは、自分の自信につながり、結果いつもつきまとわれていた不安感も無くなってゆきます。

そうなると、人の評価や人にどう思われるか?は、あまり気にならなくなってきます。
なぜなら、人に評価されなくても自己承認が出来ていたり自己肯定感が上がり心が満たされているから。
けれど、気にならなくなったこの頃に人からの評価や承認が得られていたりします。


これは 【手放すと手に入る法則】が働いた結果 なんですけれど。


人の評価が気になるとき 「どう与えてゆこう?」 に動機をシフトしてみてください。

与えても受け取ってくれなかったらどうしよう、と怖くなることもあるかもしれません。
迷惑かもしれない、と動けなくなることもあるかもしれません。

でも、あたなたの 「貢献したい」「役に立ちたい」 想いは本物です。

人の評価や人からどう思われるのかが過度に気になる人は、心の奥深くではこの想いをとても強く持っている方だと、私は思うのです。
けれど、多くは子供のころに
「出来ない自分は役に立たない」
「弱い自分ではバカにされる」
と誤解してしまって、人の評価を気にし過ぎてがんばりすぎて疲れ切っておられるのだと感じるんです。
とても頑張っているのに、疲れしか感じない・不安ばかり感じて自分を認めることが出来ないなんて、なんだか理不尽です。


なので先ずは ”与えたい気持ち” を取り戻すことにチャレンジです。

最初は勇気が要りますが上手くいかなくても間違ってしまうことがあっても、あなたのその想いは必ず伝わります。

どうしても勇気が出ないときはお電話ください。
心のブロックになっているものを外してゆきましょう。

あなたが自分を愛し、あなたらしく生きてゆけますように。

sunflower-1627193__340












 

ご予約・お問合せ先

・お手元にメモをご用意ください。

・カウンセリングサービスのカウンセリングは完全予約制となっております。
・面談カウンセリング/電話カウンセリングのご予約は

 
カウンセリング予約センター 
 06-6190-5131 
までお電話ください。 

・定休日 毎週月曜日
※ただし、月曜日が祝日の場合は翌火曜日にお休みをいただきます。
※休業日などのご案内はトップページの右上の「Today's Schedule」をご参照下さい。