◆吉村 ひろえ

◇こちらは心理カウンセラー達が作る癒し系サイト「カウンセリングサービス」のカウンセラーのプロフィールページです。

カウンセリングサービス所属カウンセラー。
大阪地区担当 よしむら ひろえ

恋愛や夫婦、浮気、離婚などのパートナーシップから、対人関係、子育ての問題、
または、死や自己受容のテーマなど幅広いジャンルを得意とする。
カウンセラーとしては、それぞれのクライアントが元々持っている力やその才能を
大切にし、粘り強く、また、情熱的にサポートし続けている。
女性的で、包容力があり、安心して頼れる姉貴的な性格のため、クライアントからは
「話しをすると元気になる」「とても気分がすっきりした」「いつも安心させてくれる」
などの絶大なる支持を頂いている。
離婚経験があり、一男一女を育てるママである。

>>>カウンセラーの一覧へ
>>>カウンセリングサービスのHPへ
>>>カウンセリングサービスって?

0046

元始、実に女性は太陽であった

『元始、女性は実に太陽であった』 ~そして実は、今も太陽である~ 隠れた才能


『問題の裏には才能がある』 と、私たちカウンセラーはよく言います。



家庭に恵まれなかった、と感じている人は、温かい家庭を作る才能。

恥ずかしがり屋さんの人は、自分を表現する才能。

パートナーシップで問題を感じている人は、実はパートナーをとろけるように愛し愛される才能。

上司とよくぶつかってしまう人は、上司を支えてサポートする才能。

母親の資格なんてない、と感じている人は、とても慈愛深い母親の才能。



生きていくうえで私たちは、いろんな問題にぶつかります。

人それぞれ捉え方は様々ですが、大きい小さい、重い軽い、なにかしらの壁にぶつかることがあります。

問題の渦中にいる時、私たちはその裏に才能があるなんていう発想を持ちません。

誰かに 「あなたが今、ぶつかっている問題の裏には才能があるんだよ」 と言われたとしても信じれるわけはないし、 「バカバカしい」 とすら思うかもしれません。



問題として、目の前に大きな壁が立ちはだかっている時は、「早く乗り越えなければ」と焦っていたり、「どうしたら上手くいくのだろう」と方法にばかり目が行ってしまっていたり、「もう私には無理なんだ」と怒りにも似た諦めの感情を持っていたりします。

この時、私たちは自分を責めたり嫌ったり、劣等感を感じたりして、とことん自分をぞんざいに扱っています。



でもなぜ、才能があるのに問題になってしまうのでしょう?



そこには、過去のなんらかの心の痛みが、あなたの才能を隠してしまっているのかもしれません。



例えば・・・

幼い頃、夢にまで見た欲しかったもの。

幾ら望んでも手に入らず、もう望むことすらしなくなった頃に目の前に差し出された希望。

怖れながら 「この人となら、温かい家庭を作っていける」 と掴んだ幸せを 「絶対に壊してはイケナイ」 とあなたは大事にしてきました。

けれど、家族には “窮屈さ” ばかりを感じさせて “やすらぎ” が無かったのかもしれません。

そんな時は、望んでも手に入らなかった頃の心の痛みを癒して家族に “信頼” を与える事が課題になりそうです。 



なぜ、いつも彼と喧嘩ばかりになってしまうのだろう。

むかし、付き合っていた彼に 「所詮、女のお前にはムリムリ」 と言われたことにカチン!と来て 「世の中の男って、なんか女を見下している!」 と、やけに男性と張り合ってきたのかもしれません。
そこには、元彼の言葉に ”そのままの私” ではいられなくなった心の痛みが存在していたのかも。
そしてあの元彼も 「所詮、女にはムリ」 と言わなければならないほど、男としての自分に自信がなかったのかもしれません。

そんな時は、張り合う事よりも “受け取る” ことを学ぶ時なのでしょう。


なんらかの事情で隠されてしまったあなたの才能は、痛みを癒し気づきや学びを得ることによって、もう一度取り戻すことが出来ます


 



タイトルの 『元始、女性は実に太陽であった』 と言った作家の ‘平塚らいてう‘ はこうも言っています。



『私共は隠されてしまった我が太陽をいまや取戻さねばならぬ』



私たちは生まれながらに、たくさんの才能や魅力を持っています。

けれど楽しい経験ばかりではなく、辛く苦しい経験もたくさん積み重ねます。

その度に、自分の持って生まれた才能を隠してしまうことの方が多いようです。



隠してしまった才能を発揮する時、人の目や嫉妬を感じて怖くなるかもしれません。

けれど、一度きりの人生

あなたらしく、持って生まれた才能や魅力を発揮しないことは、そのこと自体が罪な事なのです。

もしも、今が問題の渦中であったとしたら、今こそがあなたの才能(太陽)を取り戻す時です

お気軽にご相談くださいね。


『元始、女性は実に太陽であった』 完


                  


ご予約・お問合せ先

   面談カウンセリング/電話カウンセリングのご予約は
     カウンセリング予約センター 06-6190-5131 または 06-6190-5613

   までお電話ください。
   ダブルブッキングを避けるため、お電話のみでのご予約となります。
     カウンセリングサービスのカウンセリングは完全予約制となっております。
   定休日 / 毎週月曜日

  ※ただし、月曜日が祝日の場合は翌火曜日にお休みをいただきます。

  ※また、臨時休業させていただくことがございます。

  ※休業日などのご案内はトップページの右上に「Today's Schedule」をご参照下さ
         い。





『元始、女性は実に太陽であった』 ~そして実は、今も太陽である~ 欲求


『あなたの欲しいものはなんですか?』


すぐに答えが浮かんだでしょうか?


子供の頃の私たちは欲しいものだらけです。

・おもちゃ

・大好物のご飯

・おやつ

・遊ぶ時間

・キャラクターのカード

・お人形

・お母さんからの愛情

・お父さんからの愛情

それはそれはパワフルに、ストレートに欲求をぶつけてくれます



けれど、子供の頃のそんな欲求は、もちろん全て叶えられたわけではありません。

親にも都合というものがあるし考え方、方針によって私たちが諦めざるを得なかったこともたくさんあります。


思春期以降では親の影響だけでなく、学校での友達、彼氏や彼女との関わりの中で、なにかを望むことに自己嫌悪や罪悪感、無価値感を感じて、ストレートに欲求を出せなくなってきます。


子供の頃は自由に、なんの気兼ねも無く無邪気に

・あれが欲しい

・これがしたい

・あそこへ行きたい

・ああなりたい

・あれが聞きたい

・それが見たい

と、全身を使って表現していたのですが、成長過程において制限や観念を抱いてゆくようになるんです。


自分の願ったことが全て叶えられるわけではないのだ、ということに幾度となく直面しながら

「~してはイケナイ」

「女()だから、こんなことを望むのは間違っているだろう」

「~するべき」

「どーせ、望んでも無駄だし」

という風に、欲求を持つこと自体を放棄したり禁止してゆきます。


そして、この禁止や制限、観念や諦めを使って放棄していることって、普段なかなか自分では気付けません。

それは、あなたの中でその状態が “当たり前” になっているからなんですね。



「テスト前なので、遊んではイケナイ」

「女だから役職には就けない」

「母として、子供のためには毎日お弁当を作らねばならない」

「パートナーとの関係なんてこんなものだろう」


これらの下には “欲求” があります。


「遊びに行きたい!」 という “欲求” が前提にあるから 「遊んではイケナイ」 と禁止する必要があります。

「女」 を使って 「部長職に就きたい」 という “欲求” に制限を掛けます。

「たまにはお弁当作りをさぼりたい」 という “欲求” があるので、わざわざ 「~しなければならない」 という観念で自分を律しなければなりません。

「パートナーと、心身共にもっと繋がりたい」 という “欲求” を、これまで上手くいかなかったことによって諦め、放棄してしまいます。




あなたが禁止や制限、観念や諦めを使って縛りをかけている欲求があるとしたら、それはどんなことでしょう。



タイトルの 『元始、女性は実に太陽であった』 という言葉は ‘平塚らいてう‘ の言葉ですが

【烈しく欲求することは事実を産むもっとも確実な真原因である】

と言っています。

【求める事が、願いを現実に引き寄せることの原点である】

と ‘らいてう‘ は言っているのではないでしょうか。



叶うか叶わないか?良いか悪いか?は、ちょっと横に置いておいて、あなたの欲しいものに、ただただ素直になってみましょう



もしも、求めることに抵抗や痛みを感じたら、あなたの心を癒すこと、誰かやあなた自身を許すことが必要なのかもしれません

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元始、女性は実に太陽であった』 ~そして実は、今も太陽である~ 受容性

 

女性性の代表的な性質に “受容性” というものがあります。

読んで字の如く、色んな人や物事を受け容れるという性質ですね。

 

元々、女性のカラダは男性を受け容れ、命を宿す性質を持っていますよね。

子を産み育む性質も女性ならではですが、先ずは “受け容れる” ことから始まります。

この “受け容れる” という性質。

これは、女性性の最も魅力的な性質のひとつ。

 

外見はとても女性らしく色気のある女性でも、女性性が充分に開かれていなければその人の魅力は半減してしまいます。

自分以外の意見は受け容れず、いつも「自分が正しい!」と主張していたり、人に対して戦闘的であったり、また反対に自分を受け容れず自己攻撃の激しい人は、たとえ美人さんであってもあまり近づきたくはありません。

楽しさや安心を感じにくいので敬遠してしまいがち。

 

美しいけどなぜか、「モテない」「パートナーが出来ない・・・」という人は、この女性性が閉じていて、あなたの魅力が充分に発揮されていないからかもしれません。

 

女性性が閉じている時 【許し難い誰か】 や 【受け容れ難いなにか】 をたくさん心に抱えています。

あれはダメ、これも嫌、それも違う! というように。

これでは、あらゆるものをシャットダウンして孤立してしまいそうです。

 

「嫌なものは嫌!」という姿勢を貫いていると、せっかく出会った人やパートナーのイヤな面を見た時に 「この人アウト!!」 となってしまいます。

人との深いつながりや、パートナーとの深い愛を感じる前に関係が切れやすくなります。

 

それに 「嫌なものは嫌!」と自分が拒否している分だけ 「自分も拒否されるだろう」 と感じるので人との関係が怖くなってします。

そうすると自分に自信が持てず、本当の自分では人と接することが出来なくなってしまいます。

結果、いつも人との関わりやパートナーシップが上手くいかなくなってしまうんです。

 

 

今回は “受容性” を意識してみましょう。

「嫌なものは嫌!」「苦手なものは苦手!」 と感じたとしても、とりあえず試してみる。

最初から否定や拒否をするのではなく一旦 「許してみよう」 「受け容れてみよう」 というチャレンジです。

とはいえ、なんでもかんでも許して受け容れれば良いわけではありません。

自分の思いや意見をはっきり言える女性は、魅力的ですよね

 

ただ、ハナから 「嫌!」 「ムリ!」 「ダメ!」 とはねのけず一旦 “受け容れてみる” ということです。

「昔なら近寄らなかっただろう」 「違和感を感じる」 と思ったものに、あえて近づいてみてもいいかもしれません。

意外と、今ならすんなり受け容れられるかも。

 

太陽が分け隔てなく全てを照らすように、あらゆるものを受け容れられる幅と深みのある女性性を伸ばしてゆきたいですね

 

『元始、女性は実に太陽であった』 ~そして実は、今も太陽である~ 自己愛


 

カウンセリングでご相談を伺っていると 「自分のことが好きではないんです」 と仰る女性がとても多い事に驚かされます。

“自分のことが好きではない” ことの理由は様々です。

 

「自分の容姿が嫌い」

「太っている私が嫌」

「意志が弱い」

「自分に甘い」

「胸が小さい」

「怠け者」

「すぐに怒ってしまう」

「冷たい人間だと思う」

 

とても自分を厳しい目で見ておられます

 

 

ほとんど

常に

無意識に

自分自身にダメ出しをしておられます。

 

 

「○○さんは、とても自分に厳しい人ですねぇ」

と、驚きつつお伝えすると

「え“っ?そんなことないですよ!私は自分に甘いんです!!」

と力強く反論頂きます^^;

 

 

そうなんです。

自分自身にとても厳しい人は、それになかなか気付けないんです。

自分を厳しく律することが “当たり前” で “フツー” で “そうあらねばならない” という思い込みがあるので 「自分に厳しい人ですね」 とお伝えしても 「んなワケないよ~!!」

と、激しく否定されます。

 

「私なんて、あれもこれも出来ないダメ人間で、自分に厳しいどころか、いつもぐうたらしていて、部屋は散らかっているしダイエットは2年前から先延ばし、お酒も控えようと思っているけど、つい毎日飲んでしまう計画性の無いトンデモ女なんですぅーーーー」

と、力強く力説してくださいます。

 

確かに、部屋も散らかっていてダイエットや禁酒に成功していないかもしれません。

(あ、耳が痛いのはなぜだろう)

けれど 「今まで何もがんばったことなどございません」 という人はいないのです。

 

仕事、勉強やスポーツ、クラブ活動、趣味、人間関係、習い事、家の手伝いや、もっと言うなら、自分で立って歩くことも、がんばってきたのです。

自分に厳しい人は、がんばってきたことや努力してきたことはすぐに忘れてしまうようです。

そして、今出来ていない事ばかりが目について自分に厳しくムチを振るいます。

 

 

そんな方は、ほぼ日常的に自分に鞭打って叱咤激励している訳ですが、想像してみて下さい。

仕事で、家事で、育児で、人間関係で疲れてぐったりしている自分に

「まったく、なんて弱い人間なの!それくらいでぐったりするなんて!!休んでいる暇なんてないし、することは山積みで時間はどんどん過ぎてゆく。もっとがんばらないと!!」

と、もう一人の自分が鞭打っているとしたら・・・。

 

心の中で常にこんな風に急き立てられていると、ぐったりしてしまいます。

たとえ、体を動かさずにじっとしていても、心の中ではずっと追い立てている自分が居るので休んだ気にはならないし、疲れも取れません。

 

 

出来ない事や苦手な事があっても、自分を認める事は大事なことです。

疲れている自分や弱い自分、がんばれない自分をそのまま、長所も短所もありのままに自分の存在を愛することは、とても尊いことです

 

自分を愛し尊ぶ人は、たとえ人から認められず悔しい思いをしても、誰かから傷つくことを言われても、ぞんざいに扱われていると感じることがあったとしても、そこから目を逸らさずに、それすら受け入れ、焦りや不安に捉われずに学ぶべきことを学び、努力することが出来ます。

そしてそんな人は、自分以外の人のことも大切に尊重することが出来ます。

 

 

どんな自分も他者も受け容れながら、前向きに物事に取り組んでゆく女性は、本当に太陽の様に明るく周囲を照らし、自然と人も集まって来るようです。

 

 

まずは、自分を愛し尊ぶことから始めましょう。

鞭よりも飴です。

今日は、鞭を横に置いて、自分自身に優しさと労りを。

楽しみやちょっとした贅沢を自分にプレゼントしてみてはどうでしょうか

『元始、女性は実に太陽であった』 ~そして実は、今も太陽である~ ブロック解除



「あぁ~、女に産まれてよかったぁ」

「あぁ~、男はいいなぁ」



女性のあなたは、どちらを思いますか?

そして、男性のあなたは 「女はいいよなぁ」 と思うことありますか?



カウンセリングサービスのHPをご覧いただいている方は

“男性性・女性性、ヒトはどちらも持っている”

というのは、よくご存じかもしれません。


そう、私たちは男女問わず心の中に、どちらの要素も持っています。



しかし女性の皆さん?

時に、女性として産まれて来たけれど

「あぁ~、男はいいなぁ」

と思うことがありませんか?



女として産まれて来たのだから、女を享受して生きた方がラクちんで楽しいハズなのに、なんだか

「女って損だな」 と感じることってありません?



そう感じることがあるとしたら、なにかしらの “女であることのブロック” があるのかもしれません。

そう感じている時はやけに男性と張り合ったり、女性である自分をツマラナク感じたり、自分の女性性をちっぽけに扱ったりしてしまいます。




私も昔はよく思っていました。



「男はいいよなぁ~」 と。




私にはひとつ違いの兄が居ますが兄は、両親から


・帰宅時間が遅くても叱られない

・友達の家に泊まりに行ける

・「女の子でしょ」と言われない


これらの理由で 「男っていいな~」 と思っていました。




「なぜ、お兄ちゃんには遅く帰って来ても叱らないのか?!」

「なぜ、お兄ちゃんは友達の家に泊まりに行っても良いのに私はダメなのか?!」


素朴な疑問を両親にぶつけると答えはひとつ。



「お兄ちゃんは男でしょ!」



なんという説得力の無い返答でしょう

いえ、答えになっていないですよね。

理不尽な、納得のいかない答えに

「女は損だ」

と幾度となく思ってきました



「女って損」「男はいいよなぁ」と感じていると “女としての人生” が、楽しいものではなくなってしまいます。

やけに男性と張り合ったり、女としての自分をツマラナクちっぽけに扱ったり、女性である自分を嫌ったりしやすくなるのですね。

こうなると、生き辛いです。





常に 「女って損だ」「男はいいよなぁ」 と感じていたり、時折にでもそう感じる事があるヒトはどこか自分が女性であることを否定している気持ちを持っておられるようです。



私の場合は兄との比較でそう感じましたが 


・お父さんが頼りなくて、お母さんが苦労していた

・いつも兄や弟が優先されて私は二の次だった

・おじいちゃんがいつも威張り散らしていた


いろんな理由で 「女って損だ」「男はいいよなぁ」 との認識を持つようになります。



そうすると 「私は女である」 ことに自動的にブロックが掛かります。

「女は損」 なわけですから、自分の中の男性性をグングン伸ばして


・女性にも自由を!

・女性だからってバカにされてはならぬ!

・女性だからって泣き寝入りしてなるものか!


と、奮闘するようになります。



もちろん、自由は欲しいしバカにされたくはないし、泣き寝入りなどしたくはないのですが、戦わずともそれらを手にすることが出来ます。



それは “女であることのブロックを解除” してゆくことです



「女って損だ」「男はいいよなぁ」 と感じることはあるけれど 「女って得じゃん」「男って大変」 ということもあるはず。

「女って得じゃん」「女って楽しい」 をたくさん取り戻してゆくことが出来ると、戦わずとも色んなものが手に載ります

 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 

カウンセリングサービスの
ご案内

■カウンセリングのご案内…100名以上の心理カウンセラーがあなたのお電話お待ちしています。
無料カウンセリング
カウンセリングのメニューと料金
会場案内(カウンセリングルーム)
カウンセラー一覧(名前順)
カウンセラー一覧(地域別)
ご予約方法
カウンセリングとは?コラム編/理論編/マンガ編
カウンセリングの効果
体験談FAQ
カウンセリングの実際

■ワークショップのご案内…心理学をライブで学ぶ!心を癒す!カウンセラー達と会ってみる
心理学ワークショップ(東京/大阪/名古屋/福岡)
カウンセラーズ・フェスタ(東京/大阪)
カウンセリングサービス感謝祭

■無料コンテンツ…読み応えたっぷり。心を知る/学ぶ/癒すためにご活用下さい。
心理学講座心理学ワークショップ
ご相談事例集無料相談コーナー
びっくり心理テスト~あなたならどうする?~
心のアンケート集
カウンセラーのコラム集
心理カウンセラー発!毎日が輝くハッピーライフの秘訣
40代からの心理学
心のエクササイズ集

カウンセリングサービス@携帯

■メールマガジン…自宅で職場で気軽に心に触れる/学ぶために
「カウンセラー発!すぐに役立つ心理学講座」
「心理カウンセラー発!毎日が輝くハッピーライフの秘訣」
「40代からの心理学」

「ミニミニ心理学 」(携帯版)
「心のエクササイズにTRY! 」
Blog内検索
  • ライブドアブログ