◇こちらは心理カウンセラー達が作る癒し系サイト「カウンセリングサービス」の心理カウンセラー・プロフィールページです。

心理カウンセラー浅野寿和 オフィシャルブログ

名古屋(鶴舞)、東京(目黒区駒場)、大阪(江坂)で心理カウンセリング。ほぼ30代からの「本気の恋愛・結婚」、「浮気や離婚の問題」などを「リアルな男ゴコロ」も交えて解きほぐす独特のカウンセリングが「20代後半〜30代の皆さんに好評。東海地区をはじめ全国の皆様にご利用いただいています。初回無料カウンセリングも実施中。


浅野 寿和 (あさの ひさお) (名古屋・東京・大阪地区担当)
カウンセリングサービス所属・心理カウンセラー
神戸メンタルサービス所属・トレーナー・講師

名古屋・鶴舞駅前東京・駒場大阪・江坂の弊社カウンセリングルームであなたのご相談・お悩みを心理からサポート。
特に素敵な恋愛、結婚(婚活)、ご夫婦間の問題を男性心理から解きほぐす独特のカウンセリングが人気。
また、あなたの日常に影響するあなたの性格・不安・対人関係などのパターンをより良くするアプローチも好評。
年間300件の面談カウンセリングと、名古屋を中心に全国で、講座・グループセミナーを行う実践派。名古屋所属ですが、東京/大阪での出張カウンセリングも好評いただいています。

カウンセラーの一覧に戻るカウンセリングサービスのHPへカウンセリングサービスとは



最新記事

男性が黙ってムスっとするとき。俺のことは放っておいてくれというとき。それは確かに拒絶で、彼の怒りがひどいならそっとしておく時間も必要かも?でも、そもそも男性がそんな態度をとるとき、その根っこにあなたへの想いがなきゃ怒らないわけですよ。だってどうでもいいと思う人に気持ちを分かってもらえなくて激怒する人は少ないでしょう?
『■【男ゴコロの心理学】俺に優しくしてくれるな!は心の抵抗。でも、本当は・・・』の画像

■カウンセリングサービスの浅野寿和です。いつもありがとうございます。今日は【非出没情報】5/28(土)池尾千里カウンセラーのワークショップ、僕はいませんが(大阪で仕事してます・・・)オススメですので、ぜひ皆さんご検討くださいね!というお知らせです。「女性の人
『■【非出没情報】5/28(土)池尾千里カウンセラーのワークショップ、オススメですよ!』の画像

受け入れる、と受け入れてもらっている。受け入れる、と受け入れている。どちらも似た言葉ですけど心の動きや態度としてはちょっと違うもの。どうにも恋愛や婚活がうまくいかない、パートナーとの距離感が詰められないときは、そのあたりも意識してご自分の在り方や愛し方を見つめてみてもいいかもしれませんね。
『■【パートナーシップの心理学】パートナーとの微妙な距離感を詰めたいならば・・・』の画像

私誰かのためになっていないと自分で決めちゃうことはとても多い。そしてそんな時に感謝されると慰めのように感じて劣等感を刺激されちゃったり・・・。まぁいろいろ僕たちは素直になれない要素を持っているわけです。でもそこを抜け出したいなら、あなたが目いっぱい大切な人のためにやりたいことをやって、そして自分をアテにしてあげることなのかもしれません。
『■【ほぼ30代からの心理学】自分のことがどこかアテにできないなら・・・』の画像

■カウンセリングサービスの浅野寿和です。いつもありがとうございます。さて、この金曜に開催しました「ほぼ30代からの心理学ワークショップ」 今回もたくさんの方にお越しいただきました。本当にいつもありがとうございます。今回の実習は「ちょいネガ」な感じだったの
『■【ココロのコラム】自分を信じる方法はいろいろあるけれど』の画像

お待たせしました。今日は5/20(金)に名古屋で開催しました『ほぼ30代からの心理学ワークショップ・第4回目』のご感想とフォローアップとなります。今回もたくさんの「ご感想、ご質問」をいただきありがとうございます。みなさまのご感想、ご質問には僕からの回答を書かせていただきましたので、よろしければご覧くださいね。
『■5/20(金)『ほぼ30代からの心理学ワークショップ・第4回目』のご感想とフォローアップ』の画像

2016年6月の「ほぼ30代からの心理学ワークショップ」は、「あなたの才能を引き出します」がテーマ。あなたの知らないうちに培ってきた才能を、家族の心理から見つめていく2時間。自分の才能を知ると、もっと楽に頑張れたり、人に任せるといいことも見えてきます。完璧じゃない自分で、それでも楽に生きるためのヒントにもなりますよ。
『■6/17(金)19:00〜名古屋開催 『あなたが知らないうちに培った才能を発見する 』』の画像

もう男として見れない、愛せないと決めてしまった男性がいる。けれど、まだHはしたいと思ってしまう・・・そんな私って?という疑問。それは愛情というより孤独に近い感覚作用している可能性がありますね。そしてその抜け道は孤独を埋めるではなく、あなたが身近でもいい、大切な人を大切にするプロセスなんだと思いますよ。
『■【パートナーシップの心理学】夫が許せなくて別れてもいいけど、でもHはしたいと思う私。どうして?』の画像

やっぱり孤独だと上手に愛せないこともありますよね、相手のために必死にはなれるけど。必死ってすごいことなんだけど、それよりももっと楽に相手を愛する方法ってまぁ「相手の気持ちをちゃんと理解する」ってことなんですよね。でもまぁ・・・実際にはそう動きたくなくなることもあると思うんですが・・・。
『■【ほぼ30代からの心理学】やっぱり孤独だと上手に愛せないこともありますよね、相手のために必死にはなれるけど。』の画像

思い込みの力は偉大。もちろん自分のためだけに都合のいい思い込みを作っても大した自信にはつながりませんが、誰かのために、大切な人のために、貢献したいことのために、自らをいい方向に思い込んでいく・・・まぁ自分を騙す・ウソのようなものは、かなり効果があることがありますね。思い込みも使い方一つでその効果を変えるようです。
『■【ほぼ30代からの心理学】今の自分をもっと好きになるための「ウソ」?』の画像

褒めてもおだててもなかなか上機嫌にならない彼や夫、どうしたらいい?というご相談。まぁ「男は褒めろ」の鉄板の恋愛法則が通用しない男性もいらっしゃいますね。まぁ褒めることは間違いじゃないんですが、要はプロセスとタイミング・・・段取りを間違うとうまく行かないわけです。今日はそんなお話です。
『■【男ゴコロの心理学】一生懸命彼を褒めているけど彼は冷たいままなんです。』の画像

こうあるべき、といった思いがあるところにはどうしても競争心が芽生えやすい。だから認めてほしいし、負けたくないし、意地になる。そういったことも時に日常の中で起きるのかもしれませんよね。でもまぁべき思考よりは、今の自分のことをそれなりに評価する方が気持ちが楽になるかもしれませんよね。
『■【ココロのコラム】ちょっとした競争心から上手に降りてみる』の画像

■カウンセリングサービスの浅野寿和です。いつもありがとうございます。今日も名古屋ルームにおりますが、いい天気ですねぇ。ルーム下のラーメン屋さんの独特の香りも絶好調に漂っています(笑)なんだかお腹すきますねぇ・・・。【男ゴコロの心理学】「パートナーに必要と
『■【男ゴコロの心理学】「パートナーに必要とされていること」=「依存的であること」と感じる男性のキモチ』の画像

今日は改めてカウンセリングの効果や、カウンセリングの意味・・・心を変えることについて書いてみました。「どうしたらいいの?」と悩みにハマってしまうことが多いならば、一度参考にしていただきたいテキストです。よろしければどうぞ。
『■【ココロのコラム】行動を変えるために感情を癒す〜カウンセリングを受けようかどうか迷っているあなたへ〜』の画像

↑このページのトップヘ