■カウンセリングサービスの浅野寿和です。いつもありがとうございます。

今日はいろいろあってちょっと見そびれていた箱根駅伝を見ながら朝を迎えています。

しかし、年末年始はねぇ・・・お気に入りのカフェも空いてないので、なかなか落ち着いてPCと向き合えないですね。

そういえばAppleが昨日だけ初売りしてましたよね・・・。 

僕は昨日それどころじゃなくて、うっかりじゃなく、本気で忘れてスルーしてしまいました。ちゃんと初売りに乗っかれた人がいたなら羨ましいです・・・。 


それでは今日のコラムです。

短いですがよろしければお付き合いください。



■いわゆる「諦めたら終わり」という言葉。

恋愛でもご夫婦の関係性でも、その他のことでもなんでもそうですが

もう無理だ・・・とあなたが諦めてしまうと、事は前に進まないし、願ったことも手に入らないという話。

いや、確かにカウンセリングで伺うお話の中でもそういった状況、たくさんあるんですよね。 

PAK160224230I9A0330_TP_V


例えば

今が正念場、別れない、もう一度パートナーにコミットする。

家族・お子さんを持つことにコミットする。

今ある仕事にコミットする。

あなたの未来の幸せにコミットする。


そんな時、

あなた自身がいろんな話を調べて、聞いて、学んでみて・・・

んー・・・一体私はどうしたらいいのか?と悩んでしまう。そんなお話も伺います。



そんな時、僕は

「いや、あなたが『本気になれること』に、感覚的に触れちゃえば、あなたがしたいことはスゥッと明確になると思いますよ。そこまで僕でよければがっつりサポートしちゃいますけど、どうですか?」

なんてお話することがあります。


ただ、そうは言っても迷ってしまう、諦めそうになる、人の意見に振り回されちゃうってこともあると思うんですね。

ということで今日のコラムは「振り回されないココロ」について。


・・・ちなみに僕もまぁ嫌いじゃないですよ、根性論(笑)

ただ、根性論が意思の力なら、もっと別の方法で意思を持つことも可能なのではないか?と思うんですよね。


■さて、僕は「あきらめない心」「振り回されないココロ」っていくつかの要素でできていると思っているんです。


◇「自分の意思」

時にそれが孤独を伴ったとしても、決められるのは最後は私ですし。地に足をつけるためには自分の思いに素直になること・・・また、あなたの感情的な要因でバイアス(偏り)がかかっていないか?をチェックするといいですよ。
また悩みを誰かに相談することはとてもいいことですが、最後まで誰かに決めてほしいは「まだあなたの不安が続く」というサインかも?そこは要注意ですね。


◇「周囲の応援」

時にそれが「一体何を分かってくれているんだ?」と疑問を持ったとしてもです。一人で生きてるわけじゃないことがわかるとすごい楽で安心!あなたが思うように生きているように、人もその人が思うように応援するんです。受取上手になれば無敵の道がひらけます!


◇「あなたのプロセスを信頼すること」

時に自分はどうしてこんな目に合うんだ?と感じたとしても、起きることは完璧。むしろあなたがその出来事の意味に気づくまで、何度も同じような悩み、出来事が起きるんですよ。


◇「自分の才能・できることを見る」

時に、諦めそうになって「私には力がない」と嘆きたくなっても、です。才能も魅力も価値も不変です。なくなったように感じる、と考えて見るんです。そう思えなくてもいいので。すると、どれだけのエゴがあなたを責めてフルボッコにしているかが見えてきますよ。


◇「罪悪感を選択しない」

「私が悪い・私には無理、誰かが悪い、何かが悪い」と思えば、あなたは前に進まなくていいわけです。そのネガティヴなの法則から抜ける。そのままほうっておくと、幸せどころか虚しさにやられちゃいますよ。


◇「不安だ、辛いんだと表現する」


確かに愚痴ばかり言っていても辛くなるだけで、時には不安や辛さをぐっとこらえて勝負することも必要です。が、そうじゃないときのほうが圧倒的に時間としては多いはず。普段から恥じず、怖れず、不安なことを不安だと言えると、心はスッキリしますよ。


◇「自分の失敗を許容すること」

どれだけ熟練の職人さんでも、若い頃は失敗の連続だったのでは?と思うんです。なら、人は失敗するんですよ。それが普通。
失敗することが苦手な人ほど、責任感が強かったり、人からバカにされたり怒られることに敏感な傾向がありますが、それは「どうしてそうなんだろう?」と考えていくことで、ある程度楽になれることもありますよ。


僕はざっとこんな感じだろうな、と思っています。

まぁこのテーマを連続でワークショップにしようかしら?と思うぐらいですけれども。


そして最後に・・・

◇「一人だけ勝とうとしない(一人で頑張らない)」

結局、罪悪感が強くて人との関わりを遠慮しすぎたり、一人だけ満たされればいいと考えるケチ思考は、つながりを切っちゃう(親密感・信頼感を切る)事が多いので逆効果なことが多いです。それが「好き」と言うならば別ですが・・・。

誰かと共に勝つ、共に幸せになる、幸せを分かち合うことがキモかな、と。それができなかったから、恋人、ご夫婦の間、職場や友人関係で、いい関係性が培えなかったということもあるんですよ。

だから、今、あなたが、どんな人と出会い、どんな人に刺激を受け、どんな事を学び、どんな人の支えがほしいか?なんですね。

それを実現するのはあなたの勇気、ですよ、きっと。

私が誰か人と会い、助けてもらう価値を考えたり、相手に迷惑かけるんじゃないか?といった遠慮が出るなら・・・それこそが罪悪感ですね。
 


ま、いろいろ書きましたが、結局は「あなたにとって自分は自分でいいと許可が降りる」・・・

簡単に言えば、なんだかんだ言って自分が好きだよ、って思えたら、終わりっちゃー終わりなんですけどね。

すると、あなたが「自分の感じていることに信頼が置けるようになる」のでね。


PAK86_komorebitohizashi_TP_V


このテーマについてはまた別の機会に突っ込んで書きたいと思います。


 


「ブログの歩き方」〜このブログのご案内〜
「心理カウンセラー浅野寿和のプロフィール」


WSbanner
↑今月は6時間ワークショップ、ガッツり許しと罪悪感について実習しますよ!詳細はバナーをクリック!