■カウンセリングサービスの浅野寿和です。いつもありがとうございます。

驚きました・・・。一昨日、愛用のPCがいきなり動かなくなりまして。何をやっても動かないという状態に・・・。

少し前から出ていた不具合くんがひどくなった、まぁ風邪をこじらせた、みたいなものかもしれません。


しかしもう、焦りまくりの冷や汗出まくりでしたねぇ、正直な話。


心の声は「ギャー」ですよ、「ギャー」(笑)


バックアップはあれど、そこにアクセスできん(もう一台のPCを妻に渡してる)ということは仕事にならんということで・・・。


・・・もう頼むよ、直ってちょうだい、ご機嫌直してぇ〜


そうごね倒しまして 、もとい、修復に努めました結果、どうにかデータもほぼ無事でもとに戻すことができまして。

というわけで、昨日もブログを書こうと思っていたのですが、いやいやPCが潰れてるという何とも言えない状況でございました。(スマホで書けば?という話もありますが、僕には無理だ、そんな指さばき速くない(笑))


うん、きっと愛が足りないんだ、マイPCへのね。

ということで、この機会に復元も兼ねて、しっかりメンテもしておきました。


それでも、どうしようもなくなったら・・・MacbookPro?

お?おおお?

ただ、気になるのは新型MacbookProが不具合続出らしくて。ちょっと様子見、もしくはそんなーに変わんないだろうから、旧モデルにしようかなぁ・・・とかね、考えていたりもするんです。

どうですかねぇ?新型MacBook Proを使われている皆様の話が聞いてみたいなぁ。

はい、コレが完全に僕の愛のなさだってことは、僕もなんとなく自覚しておりますよ(笑)

しかし・・・仕事できないのは「たまんなーい」ってことで。

とにかくPCなしでは生きていけない仕事の仕方をしている以上、サブ機はどうしても必要だってことみたいですねぇ。

***

それでは今日のコラムです。

よろしければお付き合いください。


■パートナーがいても「私って何なんだろう・・・」と思ったら。

きっとそんな時は、あなたのココロが「もう頑張れないよ・・・」と感じているときかもしれません。

「私って何?」と感じちゃうぐらい、自分以外の人のために、何かのために、踏ん張って生き続けているのかもしれません。

僕はそう思うことがありますね。

takebe20160224421815_TP_V


だからその証拠?ではないですが。

こういったお話をしてくださる方ほど「私に何が足りないのか?」という発想が強かったり、「興味のあることをやってみよう」ということを考えることが多くなるんです。

また、今続けていることを「やめる」ということにも、ちょっと抵抗を感じて、なかなか物事をやめられなかったり、アレコレ抱え込んだり。

心のなかに何か「満たされない空白」の・ようなものを感じていたり。

「私は今、何もしていない」ということにも敏感に罪悪感を感じていることも多くて、ココロが疲れていても、何か「空白」を恐れて、いろんなことに手を付けてしまう方も少なくありません。


何をやっても、満足しないココロ。

向き合うべきは、今やるべきことと、これからやってくるであろう、やるべきこと。

そんな感覚の中で疲れ果てちゃっている方も少なくないんです。



しかしそういった方ほど、かなり手厳しい自己評価をしていることが多くて。

今の自分を認めたり、価値を見ているどころか、今の自分では不十分、未熟だといった評価を与え続けていることも少なくないんです。

だから、また自分の心が持つように、ポッカリ開いた空白を埋めるように、やるべきことを背負う・・・。

その繰り返し。


そんなことをしていたらいつか不満やイライラを抱えますよね。

しかし、このタイプの方ほど「そんな自分がワガママだ」と思い、人にも言わないし、表現しない。ただ抱え込んで我慢して、怒りやストレスを抱えている事が多いんです。

なので、つい勝ち気な自分がいたり、人に対しても「あの人、大したことないわよね〜」といった批判的な視点を持っている自分と出会うこともあるでしょう。


私は怒っちゃいけない、愚痴っちゃいけない、耐えなければいけない。

それ即ち・・・私はココロを自由にしてはいけない、と言っているようなものだ、と僕は思うんです。

だから、どうしても自分にも人にも攻撃性を持ってしまう。

怒りは感情のフタ。本来は眠っているイライラ、悲しみ、苦しみ、切なさ、喜び、助けを求める気持ちなどを隠すために攻撃性を使っている人もいる。

そう僕は思うんですね。

そこまで自分がいろんなものを抱え込んでいるということに無自覚であったから、どうしても自由になれないし。

その度合いだけ、あなたにとっての自由、自己実現、愛されることが、「遠い世界のこと」になっていることも少なくないんですよね。


あなたは、どこかそんな世界でずっと生きてきたのかもしれません。



だから、こんな時登場する「私って何なんだろうと感じている私」とか、「怒りや不満、攻撃性を持っている私」は、

あなたが自分を防衛し、人生のその時々で「今の自分・今の自分の居場所」を守ってきた結果出来上がった

あなたの頑張って生きてきた証だ、と僕は感じることがありますよ。


ただ

「無茶してきましたねぇ・・・」

そう、僕がお伝えしてしまうことがあるぐらいに、やっぱり自分に無理を課してきたのかもしれません。

どこか幸せになるため・・・というより

埋まらない何か、満たされない何か満たすため。

自分の居場所を失う不安を消すために。



もし、あなたがそんな感覚を持っているなら。

今、誰かを許し、誰かに感謝し、心理を学び努力することにも息切れしてしまうことがあるかもしれません。

もう飲み込めない・・・もう頑張れない・・・

そんな気持ちがあるのかもしれません。

しかしこのタイプの方ほど、イイコトをしようとする傾向があるので、どうしてもまたイイコトに無茶して取り組みます。


僕は、そのやり方プロセスの選び方は、確かにあなたらしくていいなと思う部分もあるし、全力で止めようとはしませんが。

しかし、違う心を癒やす方法もありますよ、とお伝えしたいかなぁ、と思うんです。

※ただ、今あなたがお医者様の指示を受けて治療されている方はちょっと別だと思ってください。


まず自分の気持ちに、今すぐにでもちょっとココロに触れるだけで表面化するような感情のケアをする。

コレが何より先、にあるべきかなぁ・・・と思います。

泣きたいなら泣いてほしいですし、苦しいなら苦しい、虚しいなら虚しいと、あなたに言っている、その心の声に耳を傾ける。

その飲まれない程度に、ゆっくり自分の心の声を聞いていく。

そして、今までの自分を否定しない。

間違ってただなんて言う必要はないんです。

ただ、もっと違う生き方、やり方もあるよ、と知って、あなたがどちらか選べるようになれば良いんですよね。


このタイプの方ほど、クレバーな方は多いよな、と思います。

ただ、アタマが切れるからこそ、考えすぎたり、心の感受性が豊かであるからこそ、感じてしまう何かが多いということもあるんです。(※それ故に、パートナーシップでも家族関係でも、癒着傾向を持つことも多いと思います)



■もしあなたが、パートナーがいても「私って何なんだろう・・・」と思ったら。

今日から少し、あなたがあなた自身に無理のない程度で向き合ってみてはいかがでしょう?

私によく頑張ってきたね、間違いなんて一つもないよ・・・

そう伝えてみてはいかがでしょう?

すると、あなたの心はあなたに、どんな答えを返してきますか?

何度も何度も繰り返して対話してみるのも一つの方法です。

丁寧に、そして毅然と、心の声を否定せず、聞いていきましょう。

KAZ7842_DSCF3259_TP_V


ちなみに、そんなこんな癒やしのプロセスを(僕のバカ話とお節介?も含めまして)、僕はカウンセリングでご提供しています。

あなたが「私だけでは深く心を見つめられないな、どうにもなんないなぁ」とお感じでしたら、僕で良ければお手伝いさせていただきますよ。





「ブログの歩き方」〜このブログのご案内〜
「心理カウンセラー浅野寿和のプロフィール」


WSbanner