■カウンセリングサービスの浅野寿和です。いつもありがとうございます。

今朝起きると若干肌寒かったんですよね。

この感じ、季節外れの秋を彷彿とさせる感じで好きですねぇ。

季節感で感じるものが変わると、なんだか思い出す記憶も違うんですよね。

んーますます人の心は面白い(笑)


それでは今日のコラムです。

よろしければお付き合いください。



■最近、テレビを賑わしている女性タレントさんの、恐喝云々の事件を見ていてふと思うんです。

結局は、心のダメージ、今までにあった絆がなくなって、その痛みを何かで埋め合わせようとしても、埋まらないものも出てくるのな、と。

不安や不足感が消えないこともあるんだろうし、それは理性を超えてしまうものなのかなぁ、と。

こんな仕事をしているとふっと、そう思うんですね。

我が師匠がいつも言いますよ。

『本当の強さは、弱さに入る強さである』

だから、向き合えない痛みって、あまり放っておかないほうがいいんだろうけど、でも向き合いたくはないよねぇとも思います(笑)


■何でこんな話を書いているか?といいますと。

先日クライエント様からこんなメッセージをいただいたんです。


(好きだった彼との)恋愛は、カウンセリングのおかげで、失恋をちゃんと出来た気がします。


これ、僕からすると、とてもありがたいメッセージですし、「凄いなぁ」って思うんですよ。


このクライエント様はいわゆるハートブレイクの経験をされたわけですけど。

確かに失恋ってとても切ないし、苦しいものですから、できれば経験したくないことですよね。

しかし、どうしたって恋愛をすれば、この失恋という現実もやってくることがあって。

これを葛藤しつつ、しかし、ゆっくり受け入れながら、丁寧に心を扱っていくと「ちゃんと失恋できる」こともあるんです。

つまり、その痛みに支配されない私に徐々になってく感じですね。

ざっくり心が傷ついた状態のままではなく、ココロをさらに自由に、そして強くしていく感じで。



僕たちはどうも辛いことがあると、自らのココロを守るために、『痛みを否認』していることが少なくないものです。

まぁそうしないとやってけないこともあるわけです。


だから、たとえ今の現実が痛みを伴うものでも、痛いとは認めないし、受け入れたくもない、という感覚がやってきてしまうものでしょう。

それゆえに「パートナーはどう思ってるの?」「パートナーのキモチをもう一度取り戻したい」と思う方もいらっしゃるけれど、多くの場合、それはうまくいかない事が多そう。

なぜなら、あなたが向き合っているのは、「相手があなたを愛せないという痛み」だから。

昔のように愛してほしいし、愛し合いたいと思う気持ちは痛いほど分かるけれど。

それがムリだと告げる相手にも、また何か痛みがある。

あなたの痛みと相手の痛み。それだけを見せあっても辛いだけですしね。


この続きは今日の20時に。



      

「ブログの歩き方」〜このブログのご案内〜
「心理カウンセラー浅野寿和のプロフィール」
      
1467292913Yi5GE2isyXPN7jG1467292912  


『自信を感じる・私の魅力発見講座』 


○日時:2017年4月28日(金)19:00〜20:50 
○会場:ウインクあいち11F・1110号室(名古屋駅より徒歩2分) 
○講師:浅野寿和 
○ゲストカウンセラー:重石ゆうこ はたのえり 服部希美

○この講座で学べること: 
「魅力の心理」「怖れ・不安の心理と、怖れを感じた時の対処法」「投影の法則」など 

○受講料:3,240円 

※当日は打ち上げ(近隣の居酒屋などで、任意参加・完全割り勘制)をご用意しております。なお、打ち上げ参加は当日お聞きします。打ち上げ参加の事前申込みは不要です。  




※妊娠中の方は誓約書を書いていただく必要がございます。詳しくは>こちらのページ<でご確認ください 。 
※当日飛び込み参加もOKですが、できるだけお申し込み頂けると助かります。