■カウンセリングサービスの浅野寿和です。いつもありがとうございます。

今日は名古屋で1Dayワークショップを開催中。開催中なのになぜブログが更新されているかというと、セミナーをサボっている・・・わけではなく、予約投稿という高度なスキル(?)を駆使しているからでして。

今日は、昨夜寝ずに書いていたテキストをアップしてまいります。

今回もありがたいことに「ネタ募集コーナー」にご協力いただいたご質問からのコラム。

夜な夜な気合を入れて書かせていただきましたので、ちょっと長いですが、よろしければどうぞ。


浅野先生へ質問です。

少し恥ずかしい内容なのですが……
付き合って2ヶ月目くらいの彼から、時々セクシーな発言や写真を求められます。
たとえばおうちデートの約束のとき、
「家ついたら何する?」
「ずっとくっついていたい」
「くっつくだけ?」・・・
と、質問を重ねてより具体的に聞き出してきます。

それ以上は恥ずかしくて言えなくなると、「言わないなら会わない」と言ってきます…
また、先日下着の話をしていたら「下着姿の写真送って」と言われ、「むり!」と言ったらスネて「送ってくれないなら会わない」とか言うんです。

ちょっとまじめに、「リクエストしてくれるのはうれしいけど、会わないとか言われると悲しくなるから言わないで。」と言ったら返事こなくなりました…
(彼は今繁忙期なので次会う約束ができない状態)

私としては、あまり文字とか写真でそういう発言とか自分の姿を残したくないんです。
会った時はいくらでも言うし、見せますが。

彼はあんまり話すほうではなくて、愛情表現=セックスみたいなところがあります。
前に付き合っていた彼女は、まったくセックスをさせてくれなくて辛い思いをしたと言っていました。(何かしらのトラウマがある彼女だったみたいです)
ふだんはあまり話さないけど、家でそういう雰囲気になると急にSっぽくなって、積極的に際どい発言をし始め、私にも言わせようとします。 
彼からのLINEも付き合い始めてから激減しましたが、セクシーな内容だと気分が乗るようです。
(↑に書いたような流れになるのでしませんが…)

私は彼とセックスするのは嫌な訳じゃなくむしろ積極的で、会ったらセックスしたいし、相性も合うし、なくなるのは無理なので、求めてくれるのはすごくすごく嬉しいです。

また、付き合い始めたころの彼は、ものすごく嫉妬深くてどうしてそんなにヤキモチ焼くのかと聞いたら「愛される自信がないから」と言ってくれた事がありました。
それも関係があるんでしょうか?

(lizさん ※原文を掲載させていただいております)
ネタ募集コーナーにご協力いただきまして、ありがとうございます。

しかし・・・lizさんのご質問を読ませていただいたんですが、改めて女性の皆さんの気遣いといいますか、女性の皆さんは男性を傷つけないようにと考えていただいているんだなぁ、と改めた感じたんですね。

とにかく優しさを感じるといいますか。はい。

僕ももっと精進せねば・・・と思った次第であります。

それでは本題へ。


やたらセックスに興味がある男性=寂しがり?
019Yama077_TP_V


■今回の場合、彼は寂しいのではないか、でいいかもしれないですね。

僕が最近のコラムに「自立男性にとってセックスは唯一心が緩む瞬間」なんて話を書きました。

これ、言い換えますと「男性が自立の仮面を外して無防備になれる時」とも言えるんです。

だから、男性もある意味「今まで抑圧していた感情が出しやすい」といいますかね。

それがいただいたご質問の中の彼の場合、Sっぽくなる(普段とちょっと違う)とか、やたら性的な部分に興味を持つカタチになっている可能性はありますよね。お付き合いをして2ヶ月ということを考えてみても、その可能性はあるかなぁ・・・と。

ただ、彼のその抑圧している感情が「性的なもの」だけにとどまるのか?といいますと、実はそうとも言い切れないかな、と僕は思うんですね。



また、付き合い始めたころの彼は、ものすごく嫉妬深くてどうしてそんなにヤキモチ焼くのかと聞いたら「愛される自信がないから」と言ってくれた事がありました。それも関係があるんでしょうか?

えぇ、いろいろ関係していると僕は思います。

※だから「彼がどうのこうの、問題がある」という話ではなくて、あくまで心のお話ということなんでご理解くださいね。

さて、そもそも男性はその深層心理に罪悪感を持っている・・・なんていいますが、ここでお伝えしたい罪悪感は「タブー感」ですね。

昔に比べてら随分と変わったのかもしれませんが、しかし「性的なこと・セックスにまつわること」って、なかなかオープンにできないもの、といいますか。

だからどうしてもタブー感・罪悪感とくっつきやすいんですね。

彼の場合、それを二人の特別な関係で解放したいという欲求がありそう、とも読み取れますね。


しかし一方で、その解放の仕方が、どこかあなたとの「駆け引き」みたいになっていますよね?

○○してくれないと嫌だ、といったね。このあたりにちょいと無価値感の要素や、嫉妬の要素を僕は感じるんですよね。

これはちょっと依存的なコントロールの手法で、「嫌だ」とまるで拗ねるようですけど、自分が機嫌を損ねると、相手がどう出てくるかを見ているようなイメージですよね。もちろん彼もどこまで本気でやっているのかは別にして。

しかし、その方法でしか自分の感情を出せないとしたら、彼が解放したいものはいわゆる日常の不満やストレスだけなのかな?と僕は考えちゃうんですよね。もしそうだとすれば、この方法は使わなくても良いでしょうから。


そう考えると、どこか彼の抑圧された感情って、寂しさ、かもしれないな、と僕は見ます。

孤独というより、寂しさ。

それが彼の持っている、未だ解放されていない感情である可能性を感じます。



彼はあんまり話すほうではなくて、愛情表現=セックスみたいなところがあります。

であればなおさら、彼は自己表現や感情表現をしていない人なのかもしれませんね。

そんな彼が唯一自分の感情を表現できる・開放できる瞬間が、あなたとの関係だ、ということかもしれませんし。



前に付き合っていた彼女は、まったくセックスをさせてくれなくて辛い思いをしたと言っていました。

それが辛い、ということは愛を感じない、という意味でしょうか。

実際に彼に聞いてみないとハッキリしたことはわからないですけど、言葉の表現として「不満だった」ではなく「辛い」なら、やっぱり彼が「寂しさ」を感じている可能性は高いですよね。



■もう少し感情を言葉でコミュニケーションしてみるといいかもしれないですね

ちょっとまじめに、「リクエストしてくれるのはうれしいけど、会わないとか言われると悲しくなるから言わないで。」と言ったら返事こなくなりました…

lizさんのこの言葉がいいかどうかではなく、これは「ダブルメッセージ」になっていますね。

「リクエストしてくれるのは嬉しい」「会わないとか言われると悲しくなるから言わないで

この言葉、↑の太字で強調にした部分だけ強まって伝わっていると思いません?


僕としては、lizさんのおっしゃりたいことはよく分かるんですよ。

ただ、これが良い悪いではなく、この伝え方をすると「嬉しい」と「悲しくなるから言わないで」のどっちが本当のメッセージとして彼に伝わりやすいか、といえば

「悲しくなるから」という部分の可能性が高そう。何故悲しくなるか、の意味はちゃんとあると思うんですが、だから彼の反応がないのかなぁ、とかね、僕は想像するわけです。

あなたを傷つけた、嫌な思いをさせたのかなぁ・・・と感じている可能性と、自分のことを拒絶された、と彼が感じている可能性。

このあたり、なんだか言葉遊びっぽくなっていますが、僕は丁寧に見つめたい部分なんですよね。

そしてlizさんがなぜこの表現を使ったのか、という部分に、実はあなたご自身の感情の影響があるのかもしれない、と僕の思考は向かうわけですが。


私は彼とセックスするのは嫌な訳じゃなくむしろ積極的で、会ったらセックスしたいし、相性も合うし、なくなるのは無理なので、求めてくれるのはすごくすごく嬉しいです。

ここ、彼は腑に落ちているのかな、と僕は思うんです。

そもそも男性が抑圧された感情を解放しているときって、意外と周囲が見えていないものです。

例えば、セックスの最中もそうですよね?男性は無我夢中になっているというか、たとえ女性に気は使うような言葉を発していても、その意識が向かう先は、男性の不安なんですよね。

だから、今、つながって愛し合っている「女性のキモチ」に共感してるの?なんてケースは少なくなさそうですよね。

ここがつながるとメイクラブとなるでしょうね。


これ、男性の心理的に、怖れが強く、安心感がある状態ではない、ということなんです。

そもそも特に男性は恋愛でも、性的なことでも、そこで感じる「失敗感」を怖れますし、これで悩む男性は凄く多いですからね。レスの問題、セックスができない問題はこの典型的な事例ですけど。


これと同じではないですが、

もし仮に、その深層心理に強い寂しさがある彼が、あなたの気持ち、ちゃんと見えているのかな?と少し僕は感じるんですね。

だから「あなたの気持ちを確かめるようなことをしているのではないか?」とも考えられるんです。もちろんそれはあくまで彼のパターンなんですけども。


例えば、あなたが彼のことが好き、だとか、彼とのセックス自体には嫌悪感がないし、むしろないと悲しい、などなど。

女性側としては「いつも一緒にいるし、彼にも当然伝わっているだろう」と思うことが、実は相手にうまく伝わっていないと、ちょっと不思議な事が起きるといいますか。

それは日常の部分でも同じなんですよね。

だから、お互いに求めあい、愛し合っている、という気持ちの面でのつながりがあれば、もっとオープンな関係になっていけるかなと思うんです。





ん?

なぜ僕がこんなお節介なことまで書いているか、ですか?それはですね・・・


私としては、あまり文字とか写真でそういう発言とか自分の姿を残したくないんです。会った時はいくらでも言うし、見せますが。

このように書いてくださっているから、なんですよね。

やっぱり恋愛関係にある以上、あなたの思いも、彼も思いも大切にされている感がある方が良いですよね。



○ここからはパートナーシップの心理を見つめる上で、とっても大切な視点を書きます。

心の世界の独特な考え方に、「起きていることは全て正しい(起こるべくして起きている)」という考え方がありまして、「今のあなたのマインドと釣り合うことが今起きていますよ」という見方があるんです。

つまり「どうして、あなたと彼の「この部分での価値観の対立」が起きるのだろう、と考えていくと、実はお互いの心理がより深く見えてくるんです。

例えば、彼に「寂しさ」というテーマがある時は、あなたにも「寂しさ」にまつわる何かしらのテーマがあることが少なくないんです。

これがパートナーとの心理的なバランスという考え方です。

もしお互いに「寂しさ」がテーマの何かを抱えているとしたら、今回のようなお互いの価値観の対立のようなことが起きた時、おそらく「どちらが譲るか?我慢するか?」というパターンになることが多いんですよね。

その結果、何かにつけてどちらかの不満が強まったり、我慢ばかりする犠牲が起きるんです。

それはどちらか一方だけがそうなる、のではなく、お互いの気持ちが「犠牲ー犠牲」(罪悪感)でつながってしまうんですね。

そうなると、あなたはもちろん、彼の方にも不満が募ってしまいやすい。お互いにその気持ちの変化が気づけないところで、ですね。

だから、お互いの距離が縮まらない、であるとか、会うとどちらかが不機嫌になりやすい、といったことが起きることがあります。

もしかすると、お二人にこういった傾向がないか?という部分が心理的な課題といえば課題になるのかもしれません。

***

しかしその逆を考えれば、

二人の関係がお互いにとって「もっと分かりやすい関係=信頼関係」になっていけば、彼の寂しさも安心感に変わるでしょうし、lizさんの葛藤も減るかもしれない、ということなんですね。

普段からもっといい形のコミュニケーションを取ることで、お互いの感情・パターンが解消され、関係性は向上していくことも多いものですよ。

もし彼が寂しさを抱えている男性だとすれば、彼を安心させるような言葉や態度も使いながら、あなた自身の思いも、彼に受け取りやすいように、しかしちゃんと伝えてみる。

そのように一緒にいる時間を大切にすることが、結果的にお互いに心地良い関係につながるかもしれませんね。


あまり彼が感情表現しない人ならば、ちょっとあなたがリードしてあげてもいいかもしれませんね。

しかし、それがなんだか難しい・・・とあなたが感じるなら、それがいわゆる感情・心の問題で、どこか慢性化しているものを意味していることが多いです。

本当は気持ちを分かち合いたいのに、何故か好きな人には言いたいことが言えない、つい過剰に彼に気を使ってしまう、といったことがなぜ起こるのか?そういった部分ですね。



最後になりますが、

どうやら彼は「今の俺(寂しさ)」を受け入れてくれる人を探しているのかもしれない。

でも、その彼の現実的な主張が、あなたにとって受け入れがたいと思う時は、あなたが我慢して受け入れすぎたり、闇雲に対立するのではなくて

少し二人の「感情」に着目し、視点を変えてみると、彼が本当に求めていることや、彼のためにあなたができることが見えてくるかもしれませんね。


以上、何か参考にしていただければ幸いです。


 


\ほぼ30代からの心理学ワークショップ 第8回/
『やる気の心理学』
〜モチベーションの高め方・諦めへの対処法〜


○日時:2017年10月27日(金)19:00〜20:50  
○会場:ウインクあいち12F・1210号会議室(名古屋駅より徒歩2分)  

○講師:浅野寿和  
○ゲストカウンセラー:はたのえり 服部希美 

○この講座で学べること:  
「やる気・モチベーションに関する心理」「諦めが生まれる心の力学」など  

○受講料:3,240円  

※当日は懇親会(打ち上げ)(近隣の居酒屋などで、任意参加・完全割り勘制)をご用意しております。なお、打ち上げ参加は当日お聞きします。打ち上げ参加の事前申込みは不要です。   




※妊娠中の方は誓約書を書いていただく必要がございます。詳しくは>こちらのページ<でご確認ください 。 
※当日飛び込み参加もOKですが、できるだけお申し込み頂けると助かります。