さて、2018年の新企画。

『わかりやすく・シンプルな心理学を体感する !
池尾・浅野の4時間心理学ワークショップシリーズ』

浅野が担当するワークショップ「ほぼ30代からの心理学ワークショップ・アドバンス」第1回目のお知らせです。

第一回目のテーマは

『ちゃんと思いが通じ合う!〜あなたのコミュニケーション力を飛躍的に高める心理学〜』

今回のワークショップに隠されたヒミツ!
今までのワークショップとは違ったコンテンツをご用意しています


0c54afed47cf81fdb1e95de9c6628c71_s

以下の項目に当てはまることはありませんか?

・パートナーや大切な人に伝えたい事があるけれど、つい感情的になってしまう
・私が何度伝えてもパートナーに言いたいことが伝わっている気がしない
・パートナーに言いたいことを言うたびにケンカになってしまう
・つい苦手な人がいるとうまく自分を表現できなくなる
・人と話すことが苦手
・職場で人の目が気になって、つい自分の言いたいことを隠してしまう、違うことを話してしまう
・友達や恋人には言いたいことが言えるが、職場の人の前では猫をかぶってしまう
・断ることが苦手
・何か否定的なことを言われると敏感に反応したり、感情的になりやすい
・人から嫌われる、と思うと何も言えない
・もっと人に自分の思いを上手く伝えたいけれど、どうすればいいかわからない
・私が我慢すればいい、がスローガンでもあり処世術、でももう辛い・・・
・どうすれば相手が怒らないか?を考えてすぎてしまって、何も言えなくなる
・コミュニケーションが苦手なのは自信がないからだと思う
・自分が悪いんじゃないか?と思ってしまうから、何も言えなくなる
・考えすぎて自分の気持ちをうまく表現できない


そもそも職場のお悩みも、パートナーシップやご家族間のお悩みも「コミュニケーション」にまつわる問題がついてまわっているものなんですよね。

私の思いが伝わらない。
相手の思いがあなたに伝わっていない。

だからお互いに相手のことを自分のイメージで思い込むしかない。
だから相手の気持ちを勘違いする。

「相手は私を愛していないのではないか?」
「きっと嫌っているんじゃないか?」
「私の話なんて興味をもたないんじゃないか」
「何を言っても無駄じゃないか」

その思い込みの中で考え込んでしまうことって実際によくあるケースでもあります。

だから・・・と書くのも変ですが

「あなたの日常レベルで上手なコミュニケーションができるようになるだけで、問題が解決した事例」

もたくさんあります。

先日も「もう夫はやっていけない、ダメかもしれない・・・」と思ってカウンセリングにお越しいただいたクライエントさまが、カウンセリングを通じて互いの心理を知り、我慢しない、しかし上手なコミュニケーションを実践していただいた結果、別れずに済んだ、というお話を伺いました。

「この会社ではもうやっていけない、対人関係がしんどい」と思っていた方が、心理や人の気持ちに興味を持ち、私の思い込みに気づいた結果、会社をやめるリスクを回避できたというケースもあります。


そこで僕がお伝えしたことは「人の心理」だけです。

我慢しなさいよ、それぐらい大人でしょ、なんでそんな言い方なんですか?とか一ミリも申し上げておりません(笑)


あなたの思い込み。相手の思い込み。

あなたの自分に対するイメージ。相手が持っているあなたへのイメージ。

男性心理・女性心理の違い。

そして、私も人も、こう感じると「喜ぶ」という癒しの法則。

全て丁寧に説明して、その人自身にも「セルフイメージを高めて」いただき、可能な限りのストレス軽減策を取った上でコミュニケーションに臨んでいただいた。

その結果、「ホントですね・・・こんなことで相手が脅威でなくなるとは・・・」

そんなお話を伺ったんです。いや、お役に立ててよかったと僕も嬉しい瞬間なんですよね。



もちろん「コミュニケーション」には「そのテクニック」も大切です。

が、それと同じぐらい「人の気持ち」ほど無視できないものはないな、と僕は思うんです。



例えば、あなたが夫にやめてほしいことがある、とします。

「ねぇ○○はやめてほしいって言ってるじゃない。なんで分かってくれないの?」

そう伝えて相手が反発するのは・・・まぁ仕方ないかもしれません。

逆のことを考えてみると分かりやすいんです。

もしあなたがスイーツが大好き、だったとしましょう。そこで夫に「また甘いもの食べてるの?はぁ、もうやめなよ、いい加減にしなよ」と言われて、「はいわかりましたー」となるでしょうか?

・・・ならないですよね。

いくら夫が心配してくれていたとしても、その言い方は・・・となりませんか?

まぁ言葉の意味は伝わりますが、そこにある「思い」がとてもネガティヴに伝わるので、うまくいかないのです。

ここに、人の想い、心理の影響があります。

あなたと相手の感情の影響があるんです。

言葉だけで動く、つまり、コマンド入力したら相手が動くって・・・人間だからちょっと変ですよね。

だからといって、自分の気持ちを無視してへりくだったり、犠牲してお願いしても、それもまた苦しい話ですね。あなたがイラッとする話です。いつか爆発するかもしれない。


だとしたら

「ふふーん、実はね、こうするといいんですよ」

なんてネタが実はあるんですね。

今回のワークショップはコミュニケーションレベルで日常で使える話をひたすらに続けます。

******

また、恋愛や夫婦関係でうまく思いが伝わらないといったご相談はたくさんいただきます。


例えば、僕のカウンセリング現場で伺う話なら・・・

相談者さん:「夫がいつも私に対してダメ出しばかりするんです。それがもう辛くて・・・」

浅野:「なるほど、それは辛いですよね・・・。どんな状況なのか教えていただけます?」

相:「夫はいつも頼み事をすると『わかったよ・・・』と面倒そうな顔をするんです。だから私も『そんなに嫌ならいいよ』と伝えると・・・」

浅:「伝えると?」

相:「『別に嫌じゃないんだよ、なんでそういうの?』と伝えてくるんです。

私にはどう考えたって嫌そうに見えるから『もういいよ』って話しているんです。

そこから夫から『いつもいつも君はそういったネガティヴなことばかり言うよね。なんでそんなことばかり言うのさ』なんて口論になるんですよ・・・。私は嫌そうだからいいよ、って話しているだけなのに。」

浅:「それは切ないですよね。僕なりにあなたのキモチもわかりますし、それが伝わっていないって嫌ですよね。

ただ・・・それね・・・。

きっと相手も嫌じゃないんですよ、頼まれゴト。(えっ?)

確かにその反応って分かりにくいし、もっと機嫌よくしていて欲しいと思うと思うお気持ちは分かります。それはごもっともです。

ただですね、もしかすると・・・あなたには、夫にとっては普通の態度が、あなたが頼み事をした瞬間に『嫌そうな態度に見える』という話なのかもしれないですねぇ。

なぜそう見えるのかといいますと・・・カクカクシカジカ・・・」

実はここには「心理」の影響があります。僕はその心理の影響からコミュニケーションをより良くしていく専門家でもあります。

実は、私、相手、双方が感じている感情・感覚の影響でお互いがうまくコミュニケーションできなくなっているんですよね。

要は、あなたはあなたの感情で「彼の態度を見ている」し、彼は彼の感情で「あなたを見つめている」から、分かり合えない状態ができるんですね。


人は見たいように物を見て、感じたいように感じている。


だから、夫が嫌そうに見えるのも、あなたが見たいと感じている見方、と考える。

それは・・・なぜなんだろう?と考えてみる。

このように心を見つめ、解きほぐしていくと、互いのココロがうまく通じ合っていき、コミュニケーションの問題は解決できるのです。

この問題解決方法で離婚しそうだったご夫婦がもとに戻ったケースも実際にあるのです。


別の事例では・・・

相談者さん「男性と友達にまではなれるんですけど、なかなか恋愛にまで発展しないんです」

浅野:「なるほど、それは切ないですよね。ただ友達までは異性もOKなんですか?」

相:「はい、友達なら。でも私が相手のことを、少しでもいいなって思い始めると、なんだか相手から避けられている気がして・・・」

浅:「あなたが避けられていると思うということですか?」

相:「んーそうですね。相手は普通にしているのかもしれませんが、ちょっと距離を感じるというか。」

浅:「なるほど、わかりました。どこかいつも『好きになると相手に迷惑?』とか思ってません?」

相:「あ、はい。そう思うかもしれません」

浅:「だとしたら、あなたが感じていることこそが、あなたの気になる男性が感じていること、なんですよ。だからお互いに相手のことを誤解している可能性大です。お互いに近づけないでいるようですよ?

その理由はですね・・・カクカクシカジカ」


「自己表現がちょっと苦手」という方ほど、自分の意見をなかなか言わないので、人に誤解されることが多いようです。

恋愛でも対人関係でも同じ。私が相手に避けられている?と大した理由なく思うときって、あなたが相手を避けているケースって意外と多いんですよ。

これは心理学の「投影の法則」なんですよね。

あなたが相手を過剰に意識し、どこか警戒していると、「私が相手から警戒されているように感じる」のですね。

そこに「怖れ」の心理がハマる。だからあなたが相手に避けられているように感じるのですが、怖がっているのは私、というケースですね。

そんなあなたを見て相手も「あれ?避けられてる?」と思うから、あなたが感じているように、相手も警戒する、というリクツです。

でも、どうしてそんなに気になる人を警戒しちゃうんでしょうね・・・あれ、何か理由がありそうですね。


実は、上手なコミュニケーションを行うことを考るなら

「私が何を感じているか」
「相手が何を感じているか」

という部分に意識を向ける必要があります。

しかし、私達はつい上手くいかないできごとを目の前にすると「私が悪いの?間違ってるの?」と考えがち。これこそが罠、です。これを考えるからうまくいかなくなる。

では、どう考えればいいか?どうすればコミュニケーションがうまくいくのか?

たまに僕のブロクでは、そのエッセンスを記事にしていますが、今回はまとめてドーンと皆さんにテキスト付きでお伝えします。

***

最後に、ちょっとだけネタをばらしてしまうと・・・

「信頼」なんです、キーワードは。

あ、相手を無理して信じる、じゃないですよ。我慢して良いことを言うでもない。そりゃあなたのキモチに嘘をついていることになるから違うんです。

しかし、怒りまくったり、自分を責めたり・・・あなたのココロが疑いや罪悪感を感じていると、驚くほどコミュニケーションはうまく行きません。これは言い切れます。

「私を私が知り、信頼する」「私が相手知り、信頼する」


この2つです。

ね、不思議な感じですね。しかしそこにある「心理」を知ると、きっと「なるほど〜」となっていただけると思いますよ。

もしあなたの日常を劇的に変化させるコミュニケーション方法や、そのマインドを学んでみたいなと思っていただければ、ぜひ今回のワークショップをご活用ください。

皆さんのお越しお待ちしております!


ほぼ30代からの心理学ワークショップ・アドバンス

『ちゃんと思いが通じ合う!〜あなたのコミュニケーション力を飛躍的に高める心理学〜』

○日時:2018年4月28日(土曜)13:00〜17:00
○会場:ウインクあいち(名古屋駅より徒歩2分)
○講師:浅野寿和
○受講料:8,640円 

※ワークショップ開始時刻は、通常の心理学ワークショップ(13:30開始)とは異なり、13:00開始です。お間違えのないようにお願いしますね。

※当日は懇親会(打ち上げ)(近隣の居酒屋などで、任意参加・完全割り勘制)をご用意しております。なお、打ち上げ参加は当日お聞きします。打ち上げ参加の事前申込みは不要です。



※妊娠中の方は誓約書を書いていただく必要がございます。詳しくは>こちらのページ<でご確認ください 
※当日飛び込み参加もOKですが、できるだけお申し込み頂けると助かります。



※「ブログネタ募集コーナー」のお知らせはこちら!          



 


浅野寿和の心理カウンセリングのご案内
心理カウンセラー浅野寿和のプロフィール