■カウンセリングサービスの浅野寿和です。いつもありがとうございます。

さて、今日もネタ募集コーナーにお寄せいただいたご質問にお答えしています。

よろしければどうぞ。



浅野さんへの質問

私には付き合って5ヶ月になる彼がいます。

彼は普段から優しく、気遣いも特別な程で
愚痴などもなく喧嘩もしたことがありません。

彼は仕事が忙しくそれでも週一は会って
いました、しかし仕事も忙しくなり
私との休みも合わず会えない日が続き
やっと会えるとなった日に、
彼のお母さんが体調が悪くなり
会えなくなりました。

私はその頃仕事で悩んでおり彼にも
相談していました。

そんな中突然、支えたかったけど
今の自分も仕事がうまくいってなく
家族、仕事なとでいっぱいいっぱいに
なってしまって両立できるほど器用
じゃなかった、別れようと思う。
といわれました。

私は別れたくないと伝え、
彼は嫌いになったことは一度もない
でも今この関係がしんどいし、
これがあたりまえになるのが怖いといわれ

それからもう5日連絡がありません。

わたしはどうしてあげることが最善なのでしょうか。
押し殺してでも別れを選ぶべきなのでしょうか。

(c.aさん ※原文のまま掲載しています)
c.aさん、ご質問ありがとうございます。

それは不安ですよね、大丈夫ですか?まずはあなたのお気持ちのケアを優先してくださいね。

辛い気持ちを抱えすぎても苦しいですし、冷静な判断ができなくなることもありますからね。

そして、何かあなたのお役に立てばと思い、ブログを書きますね。



■余裕を失った愛すべき男性と、どう関わればいいか

まず先に彼の話から。

お話を読ませていただくと、どうやら彼はいろんなことが重なり心の余裕を失っているのかもしれませんね。

また、どうやら彼はそもそも責任感の強い人なのかも。

どこかすべての物事を「きちんとしたい」人かもしれないし、物事の負担はできるだけ自分が背負う傾向があるかもしれません。

けれど、どうやっても余裕がない。今のまま様々なことにエネルギーを投資していては限界が来る。

すると、彼は不安(怖れ)を感じるかもしれない。

彼女さんの立場としては「私のことを考えてくれているんだったら・・・」と思う場面かもしれませんけど、

彼にとってはそれぐらい恋愛ってエネルギーを使うもの、もしくは、あなたとの関係ではエネルギーを使っていた、ということなのかもしれません。今までも、そしてこれからも、そんなイメージがあるのかもしれませんね。


彼は嫌いになったことは一度もない
でも今この関係がしんどいし、
これがあたりまえになるのが怖いといわれ
彼は今のような状態が続くことが相当に苦しい、と言っているようですね。

ここが今回のご質問のポイントになりますね。

その彼の言動を、あなたがどう理解し受け止めるか、で展開は変わるかもしれませんね。

私は別れたくないと伝え、
そうですよね。別れたくないって言っちゃいますよね。

ただ、あなたの気持ちを最も正確に伝える言葉は何なのかな?と僕は考えるし、そこは大切にさせてもらいたいなって思うんです。

別れたくない、なのか。それとも・・・。


おそらく彼が最も理解してほしいことは、彼があなたのことを考えた末に「別れ」という結論を出してきた、という部分でしょう。

もちろん彼の個人的な事情も入っているでしょうから、全てがあなたへの愛だとは言えないかもしれない。彼自身も自分は中途半端だぐらい思っているかもしれない。

その彼に、心の支え、理解者が必要な状況だ、とも言えそうなんですよね。

わたしはどうしてあげることが最善なのでしょうか。
この一文を読んで、僕には「二人が同じようなことを考えている」ように思えるんですよね。

「わたしはどうしてあげることが・・・」

そう思えるならば、あなたも愛情あふれる方なのかもしれませんね。

そこは自信持っていただきたいなぁと思いますしね。


ただどこか、一人で物事抱え込みがちであったり、一人で思い悩む傾向はないでしょうか。

あなたが頼れる人は彼だけ、になっていなかったでしょうか?


もしそうであるならば、の話ですが

「彼がそんなに苦しいなら・・・
押し殺してでも別れを選ぶべきなのでしょうか。」
つい、こう考えてしまうかもしれない、と僕は感じています。


でもどうなんでしょう、あなたの気持ち。本当に願っていること。

その気持ちも大切にしてほしいなと思うんですよね。

その上でどうするか、なので。

きっと彼に伝えきれていないことがたくさんあるんじゃないでしょうか。



さて、ここからはちょっと視点の違う話。

僕が恋愛やご夫婦のご相談を伺うとき

「彼が(あなたが)悩んでいることの意味を、できるだけネガティヴな方向に持っていかないことが大事ですよ」

とお伝えすることって多いんですよ。


別れを切り出す側、相手を責める側は、「自分が悪いんだ」と感じています。

そう感じていなければ別れを切り出したり、相手を責めることはありません。

しかしそれぐらい「感じていたくない気持ち」もあるようなんです、いいか悪いか別にして。


なぜ彼は辛いのか。なぜ彼が連絡をくれないのか。

それは、一度でも好きだと思えた人に「NO」を言わなきゃいけない、そんな結論が出ている「理由」があると思うんですよ、僕は。

そこに気づけるかどうかはとても大きなポイント。


同時に、今の彼の姿を見て、あなたが

痛みから物事を見るか、それとも自分の心に余裕を持ち、相手の状態を理解する意欲が持てるか。

その違いはとても大きいんです。


つまり、今、起きている出来事をどう捉え、どう対応するかは、あなたの心の状態次第かもしれませんね。

そのために、一旦ここで区切りを入れて、「あなたが今までの自分を理解し許す」は取り組まれるといいステップだと僕は思います。

あなたの心の状態次第で、思いつく次の一手が変わると思いますよ。


僕のカウンセリングやセミナーってものは、そういった「今のベストを尽くせる私」「自分の思いをちゃんと伝えられる私」を整えるサポートのようなものなんですよ。

自分の心を整えていけば、しっかりと地に足つけてパートナーを見て、愛していく力、ほとんどの人がその内面に持っています。

しかし、私達はつい傷ついたり、自分を誤解したり、自立しすぎたり・・・と、様々な要因でそれがうまく発揮できなくなることもありますね。

それは事情があること、ある意味では仕方のないことです。

だから、まず自分の心を整えるたって大切なんですよね。



最後になりますが、あなたに別れを伝えてきた彼は相当疲れているかもしれません。

だから彼の時間も必要でしょうし、今はあまりガツガツ関わることもできないかもしれませんね。

ただ、詳しくお話を伺っていないので言い切れないんですが・・・・あなたの思いを伝えることはできるかもしれない。

その様子次第ですが、もしあなたが彼に気持ちを伝えることができるなら、そこであなたが何を伝えるか、は重要ですね。

彼の気持ちを引っ張ろうとするのではなく、あなたが彼に何を伝えたいのか。


もし、同じような状況で

「ずっと苦しかったんでしょ?一人で悩んで考えてたんだね・・・(かくかくしかじか)」

あなたがそう伝えることができたとしたら・・・。

ただこういった言葉は、駆け引きやテクニックとして伝えるんじゃなくて、心から伝えてほしいなぁと僕は願っているんですけどね。

でも癒やすべきはまず自分から。自分を大切にすると人も大切にできますからね。


以上、何か参考にしていただければ幸いです。



※「ブログネタ募集コーナー」のお知らせはこちら! 
         



 


浅野寿和の心理カウンセリングのご案内
心理カウンセラー浅野寿和のプロフィール