■カウンセリングサービスの浅野寿和です。いつもありがとうございます。

週末は我が師匠と癒やしのセミナーを担当しておりましてブログ更新をお休みしてました。

んー癒やしのセミナーはやっぱり面白いなぁとつくづく。人の美しさをまざまざと感じますね。こんなに人って美しい心を持っているんだよね・・・そう思うたびに感動します。

何度見ても感動しますね、本当に美しい。

みんないろんな事情があって、ときには悩みがあるのでしょうが、それでもその本質は常に美しいんですよね。

そんなご自身をどうか感じていただきたいなぁと思いつつ、再来週は福岡に参ります。今度は僕単独のセミナーですね。よろしければご参加ください。

詳細はこのページに書いてございます。



それでは今日のコラムです。

セミナーがきっかけで、僕がなんとなーく感じていたことをざざっと書いてみます。

よろしければどうぞ。



■週末、名古屋での癒やしのセミナーを担当しながら、ふとと思ったんですよね。

「あれ?自分って何がしたいんだろうか・・・」

不思議なんですけど、久しぶりにこの問が自分の中で浮かんだんです。


もちろんセミナートレーナーを担当しているときは、受講生の皆さんの幸せを全力でサポートしたい、が最上位にくるわけですよ。

とにかく集中してセミナーを担当していますから僕が僕のことを考えている時間はほぼないんです。

が、休憩時間だったかな・・・空き時間にふと感じたんです。

「自分は何のためにこの仕事をしていたんだっけ?」

当たり前過ぎて忘れていたから、きっと思い出したんでしょうね。

ただ、すっとその答えが出なかった。

その事実に自分で驚いちゃったわけですよ。



そもそも僕は今でこそカウンセラーだのセミナートレーナーだの、人と関わり癒やすお仕事をさせていただいていますが、そもそもは人が超苦手な人間でした。

もうね、人が好きだからこの仕事をはじめました、だとか、稼げそうだからこの仕事をはじめました、という人間じゃございません。嘘だからそんなことは書けない〜(笑)

なんか知らんけど自分を変えるために心理学の世界に踏み込み、カウンセリングに興味があったからやってみた程度で始めたらハマった、天職だった、みたいな人間です(笑)すみません・・・。

今でこそ僕を知る人は「努力家ですね」なんて言ってくれますけど、本人は「?」なんですよね。

夢中になるってそういうことだと思うし、日々の努力と呼ばれるものを「努力してる」って確認しながら生きるって、まぁ僕の性分には合わないし、その自覚って正直「めんどうだな」って思っちゃう(笑)

自分を褒めないわけじゃないけど、好きなことして生きているのにいちいち「努力してますよ」と感じたくないんだよね(笑)感じたらつまんなくなるから。

だから「好きなこと」でしか生きていけない人間だよな、とつくづく思うんですけどね。



ただ、今回は今までの自分とは違う自分に出会った気がします。

あれ・・・自分のやりたいことってなんだったっけ?

真剣にそう感じたんですよね。


すると、ふとこんな思いが湧き出してきたんですよね。

僕が悩みをたくさん抱えていた時代、それがたとえ後ろ向きな動機・思いであったとしても

僕には「何がしたいか」という明確な願望や目標が、実はたくさんあったことに、気づいたんですね。

いや、今もあるにはあるんですが、明確に「今、自分の心は動いている」と感じるレベルで「これがしたい」と思う目標が見当たらない、ということに気づいたわけです。


こりゃまずいな、と正直感じましたよ。

もしかすると、今

僕はまだ「自分のやりたいこと」を「やりたい」と言えないままなのかもしれない。

だから、「問題がある」という状態に戻ろうとしてる?

もしかして問題に執着しちゃっているのかもしれんぞ、と。

むしろそんな自分を隠すために「やるべきことがある」という状態を欲しているのかもしれないぞ、と。


あぁ、またやってきたか・・・と感じたんです。

この感覚、「懐かしいなぁ・・・」とも感じましたが

「まだいたんだな、自分の中に」とも感じましたね。


それから帰宅してからの数時間、ずっと考えてましたよ。

「なぁ、俺さんよ、何がしたいんだい?何がしたくてウズウズしてるんだい?それを抑えるために何を考えているんだい?」

自分の内面と対話していたんですね。



そして次の日。

そこで、なぜかたまたま人と関わる機会がありまして。

昔からの仲間と関わる機会があった、とぐらいしか書けないのですが、僕が名古屋でカウンセリングを始めた当時の空気感を感じる機会があったんですよね。

すると、急に僕の心の時計が巻き戻りはじめ。

あっという間に、こんなに楽しいことしてていいの?と思えていた時期の感覚、本当に楽しかった時期の感覚が蘇ってきたんですよ。


そのときに降りてきたんですね。

「俺は本当に仲間の幸せを見ているのが好きだったじゃないか」

「馬鹿みたいに真剣になって人のこと考えて、熱くなっていたじゃないか」

「そんな俺をこいつアホやわーといいながらも、笑っていてくれた仲間がたくさんいたじゃないか」

そう思うと厄介なことに・・・急に心が動いちゃうからたまらない。

マジでか・・と自分でも思っちゃっているわけですが、動いているのが事実だからしゃーないわけですよ。



いつしか僕は「たった一人で考えて、たった一人で楽しもうとしてる」ことに気づきます。

それはなぜ?と理由を自分に聞けば

「先生とは、トレーナーとは、孤独である」と思い込んでいたことにも気づきます。

いわゆる僕の中にある「権威のイメージ」ってモノです。

昔とは違い、今では、カウンセラーの卵さんたちだけでなくプロカウンセラーを指導したり、セミナーをリードするトレーナーを担当したり、カウンセリング講座の講師、といったお仕事をさせていただけるようになり

その中でそんな素振りは見せないようにしつつも、いつしか「立派な先生にならなきゃ」と思っていたようなんですよね、柄にもなく・・・。

まぁうちの師匠は権威なんだけど、そもそも権威でないような生き方をしているとても不思議な人なのですが(笑)

おそらく師匠の悪影響?を受けないように、自分はまともでいようと長い間思っていたのでしょう(爆笑)

僕は僕の中で常に「自分が力を持ち成功するためには孤独にならなければならない」と、勝手に思い込みそう感じていた事に気づきます。

力を持ちたいなら、忙しく毎日を過ごし、自分の望むことではなく、やるべきことをこなしつづけよ、と自分で自分に言い聞かせていたことに気づきます。


しまった・・・と思いましたよ、本当に。

ただ、それと同時に

「なんて自分は常識的なんだ」

と自分を可愛らしくも思えたんですけどね(笑)


一般的に考えて「権威」って孤独なんです。

人から頼られるが、頼るものはない、のようなね。

なんでも抱え込んで一人で頑張っている父親のようなイメージが分かりやすいでしょうか。そのイメージになろうとしていた自分がいることに気づきます。


・・・ね、やっぱり外さないなぁ〜って思うんです(笑)

昔に比べてかなり思考はぶっ飛んでるけど、やっぱりまともなことも考えてる、偉いなぁ、地に足つけて生きてる。きっと町内会長とか普通にできるかも?とも思いましたよ(笑)

自己承認の嵐です、はい。

兎にも角にも、あまりに自分が昔に培った観念の中で生き続けていることに気づき、うっかり笑いがこみ上げてくるわけです。


そうか、そうなんだな。

自分の中のたくさんの問題は解決したし、昔とはガラッと変わった生き方をしているけれど

本質はな〜んも変わってない。


ただ熱くなって、自分のことより人の幸せばっかり考えているアホでお節介な自分も。

つい常識人ぶって「こうすべきである」と考えすぎちゃう自分も。

な〜んも変わってない。


それでいい、と。

捻じ曲げる必要なんてない、恥ずかしがる必要なんてない。

そのままでいい、と。


ただ自分をそう認めると・・・急にやりたいことがまた沸々と浮かんでくるから不思議です。

「もっと人と関わって楽しみたい」

「人を爆笑させたい」

「こんなに面白くていいの、ぐらい楽しんで喜んで生きていたいし、そこに何人も何人も巻き込んでいきたい」

それしか出てこない(笑)

なんだよ、10年前と何も変わっていないんだな、と(笑)


つまるところですね・・・

もうめっちゃ個性的で、

普通に話すと馬鹿なことばっかり考えていたり
なぜか普通の会話ができなくて超感覚的な会話になってしまったり
何回仕事の話をしようぜ!といってもバカバカしい話で終わって仕事が進まなかったり
僕以上にお節介ですぐ感動して泣いてセミナーのオチを頼んでいもいないのにつけちゃったり
なんだかんだいいながらも・・・人が好きでこの仕事をしている

そんな名古屋カウンセラーズと、もっと楽しんで、出会う人たちを笑わせたいんだわ、と。

好きで集まった仲間とまたワイワイやりたいんだわ、とも。


人の本質ってそう簡単には変わらない、いや、むしろ変わらない。

「コアと周辺」なんて心理の難しい話がありますが、確かにそうだったと思い出しました(笑)


何も変わってない。

そんな根っこにいる自分をもう一回見つけて「それでいいんだ」と認めると、もう一度エネルギー取り戻せましたねぇ。



きっと皆さんも同じかもしれませんよ。

たしかに今の自分は自分でいい。

けれど、あなたのコアはそんなに変わるもんじゃないですから。

あれこれ考えて、やるべきことばかり考えていくと忘れちゃう、根っこの自分。

そんな自分に出会えてちゃんと意味を感じられれば、まぁそんなに悩まなくなるんでしょうね。

そして、つい考えこんじゃう常識的な自分をも「かわいい!」「偉いなぁ」と言えたなら、更に自分らしくなっていけるような気がします。



そして、そんな愛すべき名古屋カウンセラーズと

このブログの読者さんがリアルに触れ合える機会が

『名古屋感謝祭2018』というイベントなんですよ。

aooa°—a‚≪a‚|aƒ3a‚≫aƒcaƒ¼a≪a‚ˆa‚‹e¬›a¼”a¼ša¨a€‹aˆ\c›,e≪‡a¼ši½œaa¤a±‹a„Ÿe¬c\-2018
↑バナータップで特設サイトへ

別にイベント広告のために書いた記事じゃないんですが(笑)なんか流れでそうなってしまったなぁ・・・。

若干自分の中の社会人感が出てしまいそうで悔しいですが、それも組織愛ってことで(笑)

ぜひこのイベントにもお越しくださいね。

楽しい名古屋カウンセラーズに会えますよ〜。