心理カウンセラー◆池尾昌紀

こちらは「カウンセリングサービス」のカウンセラー池尾昌紀(いけお まさのり)のオフィシャルページです。


【名古屋・東京・福岡・大阪】

カウンセラー歴10年、臨床経験5000件以上、カウンセラー養成スクール講師の実績に裏付けられた効果と安心

あなたは「何を求めて」「どう変わりたくて」このページをご覧になられましたか?

「池尾昌紀」がお役にたてること、ご提供できること。下記をごらんください



◇最新スケジュール・予約情報◇

◇プロフィール◇

◇池尾昌紀がお役に立てること◇

◇カウンセリングについて◇

◇カウンセリングの具体的な流れと効果◇

◇講座・講演・ワークショップ◇

◇無料レクチャー音源◇

◇カップル・カウンセリング◇

◇池尾千里のブログ◇

◇池尾昌紀の1DAYワークショップ◇


◆池尾昌紀の公式Twitter:>>>https://twitter.com/ikeomasanori
◆池尾昌紀の公式Facebook>>>:https://www.facebook.com/masanori.ikeo

>>>カウンセラーの一覧へ
>>>カウンセリングサービスのHPへ
>>>カウンセリングサービスって?

【カウンセリングのご予約】
☆カウンセリング予約センター:06−6190−5131
☆営業時間:12:00〜20:30 ☆定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌火曜日)

IMG_ikeo-1

偶然、ネットで見つけた曲名だったもので、実は北原愛子と
いうミュージシャンも知らなかったし、歌もまだ聴いていな
いのですが、曲のタイトルに惹かれてしまったので。
北原愛子さん、すいません。必ず聴きますから許してくださ
い!

さて、なぜ、僕がこの曲名に引っかかったかというと、
自分の奥さんとのことを思い出したからです。

僕と奥さんは、11年つきあってから結婚して、それから
8年経つので、もう19年くらいの長い付き合いになるん
ですが、実は、以前の僕は浮気性で、いつもふらふらして
いる人間だったんですね。
なのにも関わらず、どういうわけか、付き合ったときから
ずっと
「もしも生まれ変わっても、この人と結婚したい」と思って
いたんです。
それは今も変わりません。

僕は、カウンセリングサービスの母体である
「神戸メンタルサービス」の講座やセミナーでカウンセリン
グの勉強をしている過程で、すっかり浮気性がなくなって
しまい、だからこそ、今、カウンセラーとしてやっていく
決意ができたのですが、
この曲のタイトルを目にしたとき、改めて、どうして
「もしも生まれ変わっても」なんてキザなことを心底思って
いたのだろうという思いが湧いてきました。

恐らく、それは、どんな振る舞いをしても、彼女は僕のこと
を「価値のある人間だ」と思っていてくれたからなんだと
思います。

どんなに長く付き合っていても
どんなに辛い思いをさせられても

いつもそう思ってくれていた。

当時の僕は、自分のことを全く価値のない人間だと思ってい
ましたが、ただ一つだけ価値があると思えることがありまし
た。
それは、この彼女と付き合うことができたこと、ということ
だったのです。

今思うと、それは彼女が僕のことをそう思い続けてくれた
からなんだとわかります。
だから、今、僕がこうしていられるのは彼女のおかげだし、
心から深く深く感謝しています。

だったらなんで浮気なんかするんだ!
との突っ込みが聴こえてきそうですが、
このお話は長くなるので、またの機会に。

今の僕を導いてくれた、僕の奥さんと、
そして周りにいてくれたすべてのみんなに
心から感謝したい。
そう思わせてくれる曲でした。

Love & Light


もしも生まれ変わったら もう一度 愛してくれますか?

<主な登場人物>
  僕:このブログの書き手。カウンセリングサービス所属
    心理カウンセラー
  ちい:僕の奥さん。
  ピカ:僕らの娘。生後8ヶ月。

ピカ:ぐげげげげ〜
僕 :な、なんや。この娘、何を言い出したんや。
ちい:あかん。ピカの「エクソシストごっこ」が始まったん
   や。もう誰にも止められんわ。
ピカ:ぶぶぶごご〜。
僕 :な、なんやそれ。
ちい:ピカが時々、恐ろしげな声を出して遊ぶんやけどな。
   それが、エクソシストに出てくる声にそっくりやから、
   私が名付けたんやわ。ぴったりやろ!
ピカ:ぐおおおお〜。
僕 :ぴったりやろって、何もそんなネーミングつけんで
   も・・・。
ピカ:げげげげげ〜。
ちい:こないだ実家に帰ったら、例によってピカがやりだし
   て、それを聴いた家のおとんが「何か取り憑いとる
   から、お祓いしてこい!」って言い出してなあ。
   大変やったわ。ははははは。
ピカ:ぐげえ。ぐうううう〜。
僕 :た、大変やったわって、お前。笑っとる場合では。
ピカ:どおお。どしいえ〜。
僕 :ピカ、そろそろやめなさい。お父さん泣きたくなる
   から。
ピカ:でええがびびび〜。
僕 :ピカ・・・

仲良き事は美しき哉

Love & Light

「スピッツ」というミュージシャンのベストアルバム
「CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection 」を聴いていたら、
以前に出したシングル「空も飛べるはず」のプロトタイプがおまけで収録されていました。
編曲と歌詞の一部が若干違うだけで、ほとんど同じということでしたが、聴いていて
とても印象に残ったのが、さびの部分の歌詞が違っていることでした。

プロトタイプでは、
「君と出会えた痛みが この胸にあふれてる」 だったのが、

発表された曲では、
「君と出会った奇跡が この胸にあふれてる」 に変わっているのです。

それを聴いて、僕は「スピッツ偉い!」と感激しました。

「痛み」という言葉が、詩の流れの中で効果的に使われることも多いと思いますが、
この歌については、「奇跡」という言葉が使われることで、すばらしい歌になっている
と思います。

だって、「痛み」よりも「奇跡」が胸にあふれていたほうがいいに決まってますよね。
ましてや、それが誰かとの出会いがもたらしたものであれば、なおさらです。

僕も「痛み」ではなく「奇跡」を胸に生きていこう!と決意した瞬間でした。


Love & Light



CYCLE HIT 1991-1997 Spitz Complete Single Collection

僕 :いい天気やねえ
ちい:そうやねえ。私の好きなスイカの季節が近いねえ。
僕 :そうや、大事なこと言い忘れとったわ。俺、6月1日(2006年)
   からカウンセラーとしてデビューすることになったん
   やわ。
ちい:は?!。あんたみたいな唐変木、カウンセラーとして
   デビューさせるなんて、どんな会社やの!
僕 :唐変木なんて、今どきそんな言葉使う奴おるんかいな。
   相変わらずのドラゴンレディーやなあ。
ちい:ドラゴンとは何やの!(バシバシバシ!)
僕 :まあ、まあ、最後まで聴きゃあ。ドラゴンレディーっ
   ていうのはな、へたれた男をみると、それが許せなくて
   罵ったりする「炎」を吐いてしまう女性のことをいうん
   やけどな。本当は、とてもやさしい心や慈愛を持って
   いる人なんや。
ちい:じあい〜?
僕 :そうそう。でも、すごく辛いことや、激しい競争の中で
   生きてきたら、元々持っている、やさしさを全面に出し
   たら負けてしまうと思ってしまうから、それをドラゴン
   の鎧で隠して、見せないようにしてるんやな。
ちい:ほほう。
僕 :けれど、その鎧が固ければ固いほど、吐く炎が強ければ
   強いほど、その人はより大きなやさしさと慈愛を持って
   いるってことなんや。だって、鎧や炎を大きくしないと
   それが表に出てしまうやろう。
ちい:むう。
僕 :俺はカウンセリングを学んでいくうちに、ドラゴン
   レディーだけやない、どんな人だって、生きていくうち
   に、たくさんの苦労や傷を背負ったりして、知らず知ら
   ずのうちに、いろんな鎧を着てしまってる。でも、その
   鎧の奥には、必ず温かいやさしい気持ちを持っているん
   だってことに気がついたんやわ。
   だから、いろんな人が持っている自分自身の温かさ、
   やさしさを見つけるお手伝いをしたい。
   そう思ったから、そして、それを信じることができた
   から、こうしてカウンセラーとしてやっていこうと
   決意できたんや。
ちい:えらい!。いやあ十何年ぶりかにあんたに感心したわ。
   唐変木のあんたがこんな言葉を言えるようになったとは
   感無量やなあ。
   そんな話、他にはないのん?
僕 :へへへ。そうやなあ。君は、例えるなら「砂漠」やな。
   砂漠が美しいのはどこかにオアシスがあるから・・・
ちい:誰が砂漠やの!(バシバシバシ!)
僕 :今日の話、全然説得力なくなるがな・・・。

仲良き事は美しき哉

Love&Light

↑このページのトップヘ