心理カウンセラー◆池尾昌紀

こちらは「カウンセリングサービス」のカウンセラー池尾昌紀(いけお まさのり)のオフィシャルページです。


【名古屋・東京・福岡・大阪】

カウンセラー歴10年、臨床経験5000件以上、カウンセラー養成スクール講師の実績に裏付けられた効果と安心

あなたは「何を求めて」「どう変わりたくて」このページをご覧になられましたか?

「池尾昌紀」がお役にたてること、ご提供できること。下記をごらんください



◇最新スケジュール・予約情報◇

◇プロフィール◇

◇池尾昌紀がお役に立てること◇

◇カウンセリングについて◇

◇カウンセリングの具体的な流れと効果◇

◇講座・講演・ワークショップ◇

◇無料レクチャー音源◇

◇カップル・カウンセリング◇

◇池尾千里のブログ◇

◇池尾昌紀の1DAYワークショップ◇


◆池尾昌紀の公式Twitter:>>>https://twitter.com/ikeomasanori
◆池尾昌紀の公式Facebook>>>:https://www.facebook.com/masanori.ikeo

>>>カウンセラーの一覧へ
>>>カウンセリングサービスのHPへ
>>>カウンセリングサービスって?

【カウンセリングのご予約】
☆カウンセリング予約センター:06−6190−5131
☆営業時間:12:00〜20:30 ☆定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌火曜日)

IMG_ikeo-1

2015年03月

「根本裕幸カウンセラー」が本日、2015年3月31日をもって、ここを退社されます。
私の大先輩であり、たくさんの学びとサポートをいただいた根本カウンセラーには本当にお世話になりました。
深い感謝と新たなスタートを応援する気持ちで一杯です。

さて、根本カウンセラー本人から「根本は退社いたしますが、池尾は辞めません」ってブログ書いたら?と言われたのですが、私は引き続き「カウンセリング・サービス」で活動していきますので、バトンをもらうつもりで、この機会に「池尾昌紀とは誰か」を改めてはっきりさせて、今後の決意表明を書かせていただくことにしました。
続きを読む

「笑顔」は「好感度アップ」のための方法のひとつ。でも「作り笑い」は逆効果だし、自分も苦しい。
じゃあ、どうしたら「いい笑顔」になれるの?。その答えは「自己承認」、ですが、それが難しい。
でも、逆に、「笑顔」から「自己承認」できる方法だってあるんです。続きを読む

「好感度アップ」の方法については、本やブログなど、たくさんの情報がありますよね。
でも、こうした記事を読んでエクササイズをやったりしても、なかなか「好感度アップ」につながらないのは、なぜなんでしょう。続きを読む

婚活・恋活がうまくいく秘訣。それは「好感度アップ」。どうしたら「好感度アップ」できるの?。そのヒントは「自己嫌悪」にあります。どうして「自己嫌悪」が「好感度アップ」につながるのでしょう。続きを読む

love




周りの友達は気づいてるのに、自分の恋愛パターンに気づいてなかった。カウンセリングによって心の整理をして気づいた「自分を大切にしてくれない彼ばかりと恋愛している」こと。
そこに気づいた理由は「自分を大切にできるようになったから」でした。続きを読む

<追記(2015.3.27/UP!)>
>>>芸能人も「自分をほめる」のが苦手?・
作り笑いじゃない、素敵な笑顔になる方法


<追記(2015.3.26/UP!)>
>>>本やブログを読むだけでは「好感度」がアップしないのはなぜ?

<追記(2015.3.25/UP!)>
>>>「自己嫌悪」が引っくり返ると「好感度アップ」につながる?!



婚活・恋活成功の秘訣は、好感度をアップすること。
好感度が上がれば、婚活、恋活に役立つことはもちろん、人間関係も円滑になります。

そもそも、私たちは、どんな人に好意を抱くのでしょう。
そこには、こんな心理法則があります。

1.自分に好意を示してくれる人に好感を持つ。
2.いつもワクワクしている、楽しんでいる人に好感を持つ。

成功している人、周りに自然と人が集まっている人など、実際に好感度が高い人をよく見てみると、この要素を持っていることがわかります。

これが「好感度アップの秘訣」なのです。

そのための方法が「3つの習慣」を身につけること。続きを読む

love




「君は一人でもやっていけるよ」と彼や夫に言われる女性。なぜ、そんなひどい言葉を言われなければならないのでしょう。こうした女性ほど「繊細で、弱さ」を秘めているもの。けれど、そのことを「表現できていない」苦しみがそこにはあります。続きを読む

「自分を変えたい」「夢を叶えたい」「やりたいことを仕事にしたい」などの思い。実現していくための方法は「ビジョンを具体的に描く」ですが、そのために大切なのは「今の自分」を認めてあげることなんです。続きを読む

↑このページのトップヘ