婚活応援プロジェクト

みなさんの婚活を応援します!(その2)
 〜最近、なんだか彼のノリが悪い。他にもいい人ができたのかしら?〜

良い縁あって、出会った彼。
でも、最近なんだか付き合った頃と態度が違うぞ!

不安になりますよね。
こんな時は、あなたならどうしますか?

付き合いだした頃は、誰でも相手にドキドキします。
いわゆる「ロマンスの時代」と言われる時期です。
ところが、どんなカップルだって、しばらくすると、こうしたドキドキした思いは
段々と落ち着いてくるもので、それは自然なことです。

こんな時に、落ち着く度合いが同じならいいのですが、大抵は、どちらかのほうが
先に落ち着いてきて、まだドキドキが残っている側としては、不安になってきます。
でも、この時期というのは、恋愛が次のステージへの曲がり角に来ているの時なのです。
ですから、これを乗り越えたら、また二人の間が近くなり、新しいステージへと進むことができます。

こんな時には、不安のあまり、次のような行動を取ってしまうことがあります。

ケースA:不安が募るあまり、彼に対して感情的になったり、不機嫌な態度になったりしてしまう。
ケースB:彼の気を引こうとして、彼の言うとおりに振舞ったり、彼の気に入るように努力してしまう。

けれども、こうした態度や行動は、良い結果をもたらしません。
それは、彼にしてみれば、ドキドキが落ち着いてきただけで、あなたに対する思いが変化したとは限らないからです。
つまり、彼の行動がそのまま愛の証というわけでないのです。

ですから、ケースAの場合は、どうしてこんなに不機嫌だったり怒ったりするのかと、返って彼の反感を買い、気持ちが離れていくことになりかねません。

また、ケースBの場合は、自分を犠牲にしてしまうことになり、そのうち、今度はあなた自身がそれに疲れてしまいます。

こうした時には、「私のせいで彼の気持ちが離れてしまったのだ」と不安になりがちですが、
実は、この気持ちの後ろには「私のことを愛して欲しいのに、どうして愛してくれないの!」という隠れたニーズが隠れているのです。

では、どうしたらこの不安な気持ちがなくなるのでしょうか。

最初のステップは、「私のせい」ではなく「行動が愛をそのまま表すのではない」ことを学ぶ時期なんだと気づくことが大切です。
先にも述べましたが、これはどんなカップルにでもやってくるものなのです。
自分の中に入り込んでしまうのをやめましょう。
そして、これを乗りこえたら次の新しいステージがやってくるのだということを思い出してください。
この先に、新しい関係が待っていると知っておくことは、しんどい時には励みになります。

次のステップとしては、以下の質問を自分自身に問いかけてみてください。
一つ目「私が彼にしてもらいたいことって何かな?」
二つ目「それを私は彼にしてあげているだろうか」

この二つ目の質問が大切なポイントです。

ここでの法則は「して欲しいことは、まず自分からしてあげる」です。

先にも述べましたが、この不安の下にあるのは「愛して欲しい」という思いですが、
ここで、「して欲しい=もらうもの」から「してあげる=与えてあげる」への
成長のチャンスでもあるのです。

最後に、とても簡単で効果的な方法をご提案したいと思います。
それは、どんな場面でも彼に「感謝する」という気持ちを忘れないことです。
「ありがとう」と言われて悪い気がする人は誰もいません。
常に、感謝の気持ちを持ち、それを伝えることで、彼の反応も変わっていくし
何より、自分の気持ちが変わっていきます。
いつも怒ってばかりいる、不機嫌な自分より、いつも感謝している自分のほうが
楽しくないですか?

その楽しい気持ちが、あなたの魅力となります。

婚活応援プロジェクト