何かや誰かに執着している時に役にたつ「執着を手放すための8つの方法」について5回に渡ってお伝えしていく連載、第3回。

今回は(4)自分の価値を知る(自己価値)です。


 ◎執着を手放すための8つの方法 〜幸せになることを選択すること〜

(1)執着している今の自分を認めてあげる

(2)感情を感じる、吐き出す

(3)今までの自分のがんばり、ベストを尽くしてきた自分を認める(自己承認)

(4)自分の価値を知る(自己価値)

(5)「目標設定」と選択 

(6)誰かを頼る、助けを求める 〜一人でやらない生き方をする時〜

(7)許し/感謝する

(8)祈る 〜相手のために、自分のために〜
 

*8つの方法はこの順番にやっていくものとは限りません。

 その時に自分に一番合っている方法を試してみてください。


今回の記事では(4)自分の価値を知る(自己価値)についてお伝えします。

 

(4)自分の価値を知る(自己価値)

「執着の大きさは、自己価値の低さに比例する」と言われたら、どう感じるでしょう。

 

「何にも代え難い大切なもの」というのは存在しますから、自己価値で全てが解決するとは言い切れないところがありますが、執着を手放す上で、自己価値は大変重要なものです。

 

執着しているのは「自分の価値」感じられていない時です。

もし、自分の価値を感じられていたら、誰かや何かに執着しなくても、別の誰かや何か、次の機会などに目を向けやすくなります。

 

例えば失恋した時、自分に価値を感じることは難しいのは当然ですよね。

相手はあなたを選ばなかったのだから、相手はあなたに価値を見ていない、と感じてしまうから。

 

でも、選ばれなかったことと、あなたの価値はイコールとは限りません。

 

心の視野は、自己価値に比例します。

 

自己価値を小さくしてしまうと、見える範囲も感じる範囲も小さくなってしまい、物事の一部分しか見られなくなり、感じられなくなってしまいます。

 

失恋した時など、喪失の時というのは、まさにこの状態なのですね。

自分の価値を感じられる材料というのは、たくさんあるはずなのですが、それに目を向けることができないために、自分に価値を感じられず、どんどん視野が狭くなっていってしまいます。

 

これは、別の言い方をすると「正しい大きさで自分の価値を見られていない」ということ。

そのため、実際よりもかなりの大きさで自分を責めてしまっているのです。

 

別れをはじめとする執着を手放すことについて、カウンセリングでご相談を伺う時に、必ずといっていいほど私がお話するのは、自己価値の過小評価と自己攻撃の大きさについてです。

 

特に別れに直面したり、別れを切り出されたりした時には難しいことなのですが、この視点にいつも戻ってください、と繰り返しお伝えしていきます。

 

素晴らしい価値があるんだ!と思うのは無理があるでしょう。

しかし「正しい大きさで自分の価値を見られていない」「自分を必要以上に責めすぎている」ということなら、受け入れやすくなります。

難しい時は、語尾に「かもしれない」をつけるとさらにやりやすくなります。

 

その上で、前回の記事「>>(3)今までの自分のがんばり、ベストを尽くしてきた自分を認める(自己承認)」でお伝えした、自分のがんばりを見つけていくことを整理してみましょう。

このやり方は自己価値を知るのにとても役立ちます。

 

合わせて、自己価値を取り戻す具体的な方法に取り組んでいってみましょう。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

>>>「自己価値の心理学(4)〜日常でできる自己価値を回復する方法〜」

 

そうして正しく自分の価値を知っていった後に、反省や改善や自分を変えるなどに取り組んでいくことがオススメです。

反省も自分を変えることも、正しい土台の上に積み上げなければ、うまくいきません。

正しい土台とは、正しい自己価値のことです。

 

どうか、自分を責めすぎないで、自分の価値を小さくさせないでください。

なぜなら、それは本当のことだから。

自己価値を知ることが、執着を手放すことを進めていってくれます。

 

さて、繰り返しお伝えしていることですが、

今回の連載でお伝えしている8つの方法全てに共通していることとして、

信頼できる人、あなたの幸せを応援してくれる人、そんな友達などと一緒に考えてもらうことがオススメしています。

整理があまりに難しい時は、カウンセラーを頼ってみてください。

 

執着を手放す時というのは、一人でやらず誰かに助けを求める時、でもあるのです。

 

次回は、8つの方法の

(5)「目標設定」と選択 

(6)誰かを頼る、助けを求める

についてお伝えしていきます。


<執着を手放すための8つの方法〜幸せになることを選択する〜(5回シリーズ)>

◎執着を手放すための8つの方法(第1回)

(1)執着している今の自分を認めてあげる

(2)感情を感じる、吐き出す


◎執着を手放すための8つの方法(第2回)

(3)今までの自分のがんばり、ベストを尽くしてきた自分を認める(自己承認)


◎執着を手放すための8つの方法(第3回)

(4)自分の価値を知る(自己価値)


◎執着を手放すための8つの方法(第4回)

(5)「目標設定」と選択 

(6)誰かを頼る、助けを求める 〜一人でやらない生き方をする時〜


◎執着を手放すための8つの方法(第5回)

(7)許し/感謝する

(8)祈る 〜相手のために、自分のために〜