心理カウンセラー◆池尾昌紀

こちらは「カウンセリングサービス」のカウンセラー池尾昌紀(いけお まさのり)のオフィシャルページです。


【名古屋・東京・福岡・大阪】

カウンセラー歴10年、臨床経験5000件以上、カウンセラー養成スクール講師の実績に裏付けられた効果と安心

あなたは「何を求めて」「どう変わりたくて」このページをご覧になられましたか?

「池尾昌紀」がお役にたてること、ご提供できること。下記をごらんください



◇最新スケジュール・予約情報◇

◇プロフィール◇

◇池尾昌紀がお役に立てること◇

◇カウンセリングについて◇

◇カウンセリングの具体的な流れと効果◇

◇講座・講演・ワークショップ◇

◇無料レクチャー音源◇

◇カップル・カウンセリング◇

◇池尾千里のブログ◇

◇池尾昌紀の1DAYワークショップ◇


◆池尾昌紀の公式Twitter:>>>https://twitter.com/ikeomasanori
◆池尾昌紀の公式Facebook>>>:https://www.facebook.com/masanori.ikeo

>>>カウンセラーの一覧へ
>>>カウンセリングサービスのHPへ
>>>カウンセリングサービスって?

【カウンセリングのご予約】
☆カウンセリング予約センター:06−6190−5131
☆営業時間:12:00〜20:30 ☆定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合は翌火曜日)

IMG_ikeo-1

カテゴリ: 婚活応援プロジェクト!

カウンセリングサービスでは、この度
「婚活応援プロジェクト」と題して、
皆さんの婚活を応援する企画をスタートさせました。

そこに、私も記事を書かせていただきました。

この企画は、11名のプロカウンセラーによる
様々な角度からの「婚活応援」です。

カウンセリングサービスならではの
婚活にカウンセリングの手法を取り入れた
内容になっておりますので、
是非、ご覧下さい。


皆さんのお役に少しでも立てれば幸いです。



Love & Light

婚活応援プロジェクト

みなさんの婚活を応援します!(その2)
 〜最近、なんだか彼のノリが悪い。他にもいい人ができたのかしら?〜

良い縁あって、出会った彼。
でも、最近なんだか付き合った頃と態度が違うぞ!

不安になりますよね。
こんな時は、あなたならどうしますか?

付き合いだした頃は、誰でも相手にドキドキします。
いわゆる「ロマンスの時代」と言われる時期です。
ところが、どんなカップルだって、しばらくすると、こうしたドキドキした思いは
段々と落ち着いてくるもので、それは自然なことです。

こんな時に、落ち着く度合いが同じならいいのですが、大抵は、どちらかのほうが
先に落ち着いてきて、まだドキドキが残っている側としては、不安になってきます。
でも、この時期というのは、恋愛が次のステージへの曲がり角に来ているの時なのです。
ですから、これを乗り越えたら、また二人の間が近くなり、新しいステージへと進むことができます。

こんな時には、不安のあまり、次のような行動を取ってしまうことがあります。

ケースA:不安が募るあまり、彼に対して感情的になったり、不機嫌な態度になったりしてしまう。
ケースB:彼の気を引こうとして、彼の言うとおりに振舞ったり、彼の気に入るように努力してしまう。

けれども、こうした態度や行動は、良い結果をもたらしません。
それは、彼にしてみれば、ドキドキが落ち着いてきただけで、あなたに対する思いが変化したとは限らないからです。
つまり、彼の行動がそのまま愛の証というわけでないのです。

ですから、ケースAの場合は、どうしてこんなに不機嫌だったり怒ったりするのかと、返って彼の反感を買い、気持ちが離れていくことになりかねません。

また、ケースBの場合は、自分を犠牲にしてしまうことになり、そのうち、今度はあなた自身がそれに疲れてしまいます。

こうした時には、「私のせいで彼の気持ちが離れてしまったのだ」と不安になりがちですが、
実は、この気持ちの後ろには「私のことを愛して欲しいのに、どうして愛してくれないの!」という隠れたニーズが隠れているのです。

では、どうしたらこの不安な気持ちがなくなるのでしょうか。

最初のステップは、「私のせい」ではなく「行動が愛をそのまま表すのではない」ことを学ぶ時期なんだと気づくことが大切です。
先にも述べましたが、これはどんなカップルにでもやってくるものなのです。
自分の中に入り込んでしまうのをやめましょう。
そして、これを乗りこえたら次の新しいステージがやってくるのだということを思い出してください。
この先に、新しい関係が待っていると知っておくことは、しんどい時には励みになります。

次のステップとしては、以下の質問を自分自身に問いかけてみてください。
一つ目「私が彼にしてもらいたいことって何かな?」
二つ目「それを私は彼にしてあげているだろうか」

この二つ目の質問が大切なポイントです。

ここでの法則は「して欲しいことは、まず自分からしてあげる」です。

先にも述べましたが、この不安の下にあるのは「愛して欲しい」という思いですが、
ここで、「して欲しい=もらうもの」から「してあげる=与えてあげる」への
成長のチャンスでもあるのです。

最後に、とても簡単で効果的な方法をご提案したいと思います。
それは、どんな場面でも彼に「感謝する」という気持ちを忘れないことです。
「ありがとう」と言われて悪い気がする人は誰もいません。
常に、感謝の気持ちを持ち、それを伝えることで、彼の反応も変わっていくし
何より、自分の気持ちが変わっていきます。
いつも怒ってばかりいる、不機嫌な自分より、いつも感謝している自分のほうが
楽しくないですか?

その楽しい気持ちが、あなたの魅力となります。

婚活応援プロジェクト


婚活応援プロジェクト
みなさんの婚活を応援します!(その1) 
〜お互いをもっと知り合うために大切にしたいこと〜

婚活をしていく中で、あなたは、出会った人のどこを見ていきますか?
例えば・・・

・ 外見
・ 学歴
・ 職業、収入
・ 趣味
・ 人柄
などなど。

これは、あくまで例ですが、
実際に、「結婚相手を選ぶためのチェックリスト」なんかも存在すると聞きます。
そこには、もっともっと細かな項目があって、出会った人を採点していく、
なんて話も現実にあるようです。

確かに、社会的な条件も大切なポイントですが、それだけで結婚相手を選んでいくのは寂しい話ですよね。
こうした条件は、クローズアップされることも多いですが、
実のところ、本当に大切なのはそこじゃない!と思っている方のほうが多いのではないでしょうか。

では、パートナーとして大切なポイントとはどういうものなんでしょう。
実際のカウンセリングでたくさんのお話を伺っている中で、
実感するのは、「その人が持っている本当の姿」なのではないかと思います。
人は、社会の中で歩んでいくのに、様々な条件や役割を身にまとっています。
それは必要なものなのですが、時に、その人の本来持っているものをわかりにくくしてしまいます。

だけど、それって具体的に何のこと?どうやったらわかるの?

そうなんです。それがわかれば苦労しませんよね。

ここで気がついていただきたいのは、先にも書きました
「実は、本当に大切なのは、その人そのものなのだ」と誰もが思っているということです。
それを計るすべがないので、チェックリストみたいなものが登場するわけですよね。

人は、目に見えないものには信頼がおけないものです。
ですが、人と人の間には、目に見えない「心の部分」が存在していることも
みんな知っているのです。

それでは、心の中を垣間見られるチェックシートを作ってしまいましょう!

罫線が引かれた紙を一枚ご用意ください。

はじめに、左側に自分が大切にしたい項目を書いていきます。
まずは、目に見えるものから。先に例に出した、外見、学歴、職業、収入、趣味などを書き、
最後に目に見えないものとして「その人が持っている素敵なところ」の欄を作ります。
あまり考えないで、思いつくまま書いてみましょう。
注意点としては、想像で書かないこと。自分で理想の相手像を作ってしまわないことには気をつけてくださいね。

さて、次に実地に入ります。
いろんなところにその人と一緒にでかけましょう。
呑みにいく、ちょっと気取ってフランス料理屋にいく、ライブに行く、スポーツを楽しむ。
どんなことでもいいのです。その人とのデートを楽しみましょう。

そして、そのイベントのたびに、
先の「その人が持っている素敵なところ」の項目に向かいます。

すると、回を重ねるごとに、その項目が加筆・修正されていくのがわかるでしょう。

素敵だと思っていたのに、意外とそうではなかったこともあれば
実はこんなに素敵なところがあった、なんて内容もあるかもしれません。
ここで大切なのは、悪いところを探すのではなく
その人の魅力探しという視点でみていくことです。

一定量の素敵なところ、が書きたまったところで、縦に線を引きます。
そして、今度は、「私の魅力」という欄を作って、
左に書かれた相手の魅力をそのまま写してしまいます!

え〜!どうして相手の魅力が私の魅力なの?と思われるかもしれません。
そりゃそう思いますよね。
でもね、ちょっと考えてみて下さい。
今、捨て猫がいたとしますよね。それを見た相手の方が
なんて可愛そうなんだ!と自宅に引き取ったとして、
それを見たあなたが、なんて心の優しい人だと思ったとします。
でも、それを「優しい」と感じるのは、あなた自身が「優しい」部分を持っているからなんです。

もしかしたら、私にもそんな魅力があるのかも?という視点で書いてみてください。
その後で、今度は、何故、それを素敵に感じるのか理由を書いてみるのです。

こうすることで、より自分の心と重ね合わせた相手の魅力を実感することができます。

また、自分にはないけれど、相手にはある魅力というのも、発見しやすくなります。

こうした作業は、「相手を知る」のと同時に
「自分を知る」ことにもなるのです。

もし、相手に優しさを感じながら、自分は冷たい人間だと感じているなら
そこには何か理由があるはずです。
その理由こそ、最良のパートナーに必要な要素かもしれません。

人は誰もが誰かのことを「愛したい」と思っています。
ところが、社会での様々な条件や役割を着て生きていく中で、
「愛したい」と素直に表現することが怖くなっていくのですね。

そうした「愛する勇気」を持つために、もう一歩踏み込んでみましょう。

相手だけでなく、自分自身の中にも。

婚活応援プロジェクト



↑このページのトップヘ