2011年09月03日

マタイ20章1-16節

成長09月04日 マタイ20章1-16節





マタイ20章1-16節







マタイ20章1-16節-5







マタイ20章1-16節-2







マタイ20章1-16節-3







マタイ20章1-16節-4










成長0904 マタイ20章1-16節
タイトル:イエス様のたとえ話その2 ぶどう園に雇われた人
主題:あわれみ深く公正な神様
目標:神様は、私たちの働きではなく、主権的に恵んでくださることを教える。
暗唱聖句:詩篇51篇12節
あなたの救いの喜びを、私に返し、喜んで仕える霊が、私をささえますように。

タイトル:ぶどう園に雇われた人
 イエス様はいろいろなたとえ話をされました。今日のたとえ話はどんなお話しでしょうね?早速、聞いてみましょう。

1コマ目:
 あるぶどう園の主人が、朝早く市場に出かけていきました。その日、自分のぶどう園で働いてくれる人を雇うためです。主人は市場につくと、仕事を求めて集まっている人たちに言いました。「今日、ぶどう園で働いてくれる人はいるかな。給料は1デナリだよ。」1デナリは、ちょうど1日分の給料です。みんなは言いました。「行きます。雇ってください。」こうして、みんなはぶどう園で仕事をはじめました。

2コマ目:
 ところがぶどう園が大きいためでしょうか。主人は朝の9時ごろに、また市場に行って、働いてくれる人をさがしに行きました。すると、仕事が無くて困っている人たちがいました。「どうだい。君たち。うちのぶどう園で働かないかい。」「ご主人。これは助かります。」次に主人は12時ごろと、3時ごろにも出かけていって、人を探してきました。みんなは主人に言いました。「ご主人。ありがとうございます。私たちは仕事がもらえないので困っていたところです。」さらに主人は夕方にも市場に行きました。すると、しょんぼりしていた人たちがいたので声をかけました。「なぜ、仕事をしないで、ここで立ちんぼしているのかい?」彼らは答えました。「だれも雇ってくれなくて。もう、僕らは今日の稼ぎが無いので落ち込んでいたのです。」「そうかい。じゃあ、あと1時間くらいしか働けないけれど、うちのぶどう園に来て見るかい?」「ええっ!本当ですか?そんなこといいのですか!ありがとう、ございます。」こうして、この人たちもぶどう園で働きました。

3コマ目
 さて、仕事の時間が終わって、お給料を支払うときになりました。5時に来た人たちから順にお給料が渡されました。「はい。1デナリね」「うわあ、ありがとうございます。これで安心して家に帰れます。」同じようにして、3時の人にも、12時の人にも、9時の人にも1デナリが渡されました。そして、朝早くから働いた人たちにも1デナリが渡されました。すると、その人たちは言いました。「そんなのないですよ。私たちは、暑い時間も我慢しながらみんなよりたくさん働いたのに、1時間しか働かなかった人と同じお給料しかもらえないなんて。」主人は言いました。「友よ。私はあなたがたに悪いことをしていません。私はあなたがたと1デナリの約束をしたのです。ただ、私としては、最後に来た人にも同じだけあげたいのです。」

4コマ目:
 今日のお話しのまとめですよ。ぶどう園の主人とは神様のことです。朝早くから働いていた人たちとは、行いによって神様に救ってもらえると考える人のことや、早くからイエス様を信じた人のことです。(注) 今は、早くからイエス様を信じた人のこととして考えましょう。最初に、神様の気前のよさを覚えましょう。ぶどう園の主人はたった1時間しか働けなかった人にも1日分のお給料をだしてくれましたね。とっても気前がいい主人です。お仕事が無くて困っていた人たちは本当に助かったことでしょう。同じように神様は私たちがどれだけ神様の仕事をしたかで良くして下さるのではありません。神様は気前がよいので、つまり恵み深いので救ってくださったのです。「自分はこんなにたくさん働いたから神様は他の人より私を祝福して当然だ」と勘違いしないようにしましょう。次に、神様のために働くことを喜びましょう。イエス様を早く信じた人は、それだけ長く神様のために働くことになります。それを、損したように思う人もいるかも知れません。でも、そうではありません。遅く信じて、ちょっとしか神様のために働けないなんて残念ではありませんか。イエス様を早く信じて、早くから神様にお仕え出来るなんて、とても素晴らしいことです。それもまた神様の恵みですよ。

<今日のお祈り>
 神様。早くからイエス様を信じることができてありがとうございます。神様のためにいつまでも喜んで働ける心を与えてください。アーメン。

*注 このたとえ話の本意は、「先の者があとになり、あとの者が先になる」ことです。(参照、19:30、20:16) これは、行いによって救われると思っていた青年への警告であると同時に(20:22)、神様の一方的な恵みを忘れ、律法主義に陥る弟子たちへの警告(20:27)でもあります。


cs_illust at 15:49│