心理カウンセラー 蒲谷芳久

◇こちらは心理カウンセラー達が作る癒し系サイト「カウンセリングサービス」のカウンセラー蒲谷芳久のプロフィールページです。

いかがお過ごしですか。きょうの横浜は風が冷たい感じでした。昨日アメブロに投稿した記事、「愛されたいと思う気持ちについて」に少々付け足し。今回は愛についてのひとつの見方を書いてみたものだけど、いまもって思うのは、いかに「愛を感じることのできる自分であるか」 ...

自立系男子にありがちな気持ち:ひとりで居るって、いいなあってずっと思っていた。親の引力というか、だれか他人の影響力が大きく感じられて、気持ちとして振り回されているようなこともあったかなあ。自分が無くて。自分がよく感じられない。でも、ほんとうにひとりになっ ...

寒い日が続いてますね。4年ぶりになるのかな、こちらのほうもめずらしく雪が積もって久しぶりの雪景色。といっても、10数センチくらいで、しかも翌日には普通にクルマを走らせることができるくらいだったから、もっと本格的に寒い地域のひとからしたら、まあ、たいしたことは ...

あいかわらず、朝から夜遅くまで外出をすると犬が吐いているという状況が続く。いろいろな見方はあるとは思うけど、体調的には元気なので精神的なものがあるように思う。周りからの意見としても、さみしいんだろうね、そんな言葉が多い感じ。だからといって、じゃあ、犬とし ...

「自分で自分を信じること・・・・」それが出来れば、確かにね、こんなに苦労はしなかっただろう。そのくらい自分を責め、打ちのめしてきたんだから。もうどうにもならないくらい・・・・。ひとって、自分を責めつづけていくと、その苦しさから自然と逃げたくなるものなのか ...

きのう金曜日にアメブロに投稿した「恋と仕事の心理学」タイトルは「別れそう」恋愛の危機を乗り越えるために、です。今回の記事は企業の経営の危機と恋愛の危機とを関連づけて書いて見たもの。どちらも、その再建の鍵となるのはなにか・・・?思うに、それは熱意であり情熱 ...

アメブロ「恋と仕事の心理学」に2017年12月29日投稿した記事のアーカイブとして。タイトルは「こんなに愛されたら困ってしまう心理」というもの。この記事は年末ということもあって、大掃除とリサクルショップの繁忙期ということからインスピレーションを受けて書きました。 ...

そういえば、昨年の12月からカウンセリングサービスのメルマガ「恋と仕事の心理学」の金曜日担当になりました。(カウンセラー3名での交代制ね)毎金曜日の共通テーマは「恋と仕事のライプロデュース」。そちらに投稿してある記事のほうを個人ブログのほうにもアーカイブし ...

久しぶりの投稿です。気がついたら、新年がとっくに明けていましたね。今頃になってという気もしますけど、今年もよろしくお願いします。 そうそう、なんてったって、今年は戌年ですからね。犬と暮らしている喜びや楽しみを感じながらやっていきたいと思います。ほんとうに ...

半年か一年くらい前からかな、ヒーリングワークに参加するなどして、朝早くから夜遅くまで出かけるようなことがあると、帰宅して、だいたい犬が吐いているんだよね。東京に出ると帰宅が0時頃になるから、16時間くらい留守番させていることになるかな。まあ、最近は、僕自身あ ...

前々回のブログで、僕が飼っている犬の介護について書いたのだけど、その後にあったこと、気づいたことを少し書きますね。先日のこと、飼っていた猫を数ヶ月前に亡くされた方とお話しをする機会があった。その方は猫と24年ほど共に暮らしていたそうで、最後は介護が必要な状 ...

きょうは気持ちのいい天気ですね。さっき、家の前でクルマを洗おうと準備をしていたら、勧誘っていうのかな、宗教か何かの団体の本を配布しているそうで、まあ、ようは、オバサンが声をかけてきたんだよね。で、まあ、ひとめ見て、目的はだいたい伝わるから「いりませんよ」 ...

このブログでも何回か写真を載せているウチの犬のこと。いよいよというか、介護が必要な状態になってきた。先々月に15歳になったので、人間の年齢に換算していうと、80歳以上になるんだよね。もう、立派に老犬になっているっていうわけ。ここのところ、吐いてしまったり、お ...

別れてから、やってきたこと。それは、執着を手放しているかどうか、幾度となく自分自身に問うてきたということ。そうして気づいていったことは、かつて、愛情をなにかカタチとして手に入れるものと考えていた、ということ。  幸せとは、こんな感じ  愛情とは、こんな感 ...

再ロマンスだけに限った話ではないけど、なにか次のステージに向けて歩み出したいと思うとき、ついつい陥ってしまうのが不安感というもの。たとえば、「私で大丈夫なのかな・・・」っていうような、自分に対しての不安。それと、「社会って厳しいものだよね・・」っていうよ ...

↑このページのトップヘ