心理カウンセラー 蒲谷芳久

◇こちらは心理カウンセラー達が作る癒し系サイト「カウンセリングサービス」のカウンセラー蒲谷芳久のプロフィールページです。

6月21日、夏至の日。地球が銀河の中心に一番近づく日。ということは・・・もしも宇宙からなにかしらのエネルギーが発せられているのだとしたら、 そのエネルギーに一番近づけるということになるのかもしれないね。そして、そんな日だからこそと有効に使うのだとしたら、それ ...

勉強会をやってみて思ったことなんだけど、人のことを分析したり、どうしたらいいのかアドバイスしたりっていうのは、どちらかと言ったら、まだやりやすいほうなのかもしれないね。というのも、人間関係において大切なことはつまるところ「寄り添い」なんじゃないかってあら ...

昨日の勉強会に参加したみなさん、おつかれさまでした。伝えられるものは全部伝えようと思っていましたので、時間一杯まで詰め込んだ感じだったかもしれませんが、これからのトレーニングや、カウンセリングの参考になれば幸いです。で、帰りに、ある勉強熱心な方からいただ ...

明日はカウンセラーを目指しているひとたちの勉強会がありまして、そこにゲストカウンセラーとしてお呼ばれしています。ま、かつてぼくも通った道でもありますから、講師というよりも先輩的なスタンスになるのかとおもいます。そこでは参加のみんなで模擬問題を解いたり、カ ...

なぜ、こんなにも苦しいのか?そのひとつは、自分の気持ちを自分でわかってあげていないから、っていうのがあるよね。自分の気持ちなんだから自分が一番わかっているようなもんなんだけど、それがね、意外とよくわかっていないことがあるんだよね。ほんとうはさ、やりたくな ...

裏切られたときっていうのは、相手を責めたり、恨んだりしたくなるもの。きっと、それだけの想いを重ねてきた相手だったということなんだろうからね。そりゃあ、悔しい気持ちがでてきたとしても当然なんじゃないかな。だとしたら、まずは、そんな気持ちがでてくることへの許 ...

ひとに対して、ついつい思ってしまうこと・・・・こんなことを頼んだら、きっと迷惑でしょ。だよね、迷惑だよね。そうだよね、負担かけちゃうもんね。うん、わかってる、わかってる。考えてみたら自分で出来ることだから。いいって、いいって。自分でなんとかするから。だい ...

自分をだいじにしていますか? って聞かれたら、おもわず「でもね・・・」って、こんな言い訳をいいたくなっちゃうんだよね。 自分って、たいした奴じゃないんです。  自分って、まだまだダメなんですよ。 だって、こんなことも出来ていないんですから。そんなとき、ま ...

ここのところ、ぼくが注力してやっていること。それは、過去の整理。要は、幼少時代からの写真や想い出の品々の整理をしているんだけど、これがね、おもったよりも、なかなか進まない・・。子供の頃、オヤジと一緒に楽しそうに笑って写っているのとかね、むかしの彼女とディ ...

なにか人生的な問題の答えというものを見出そうとするならば、それは自分自身の意欲や好奇心によって掴むものなのかもしれない。というのも、自分で認めたり、向き合う選択をしたものでないと、腑に落とすことはできないと思うから。そして、自分が気付くまで探求し、自分が ...

今に生きていて、今にいるはずなのに、自分の意識が『今』ではないところにあったりすることがあるんだよね。それは、過去の出来事にばかりとらわれ続けていたり、あるいは、未来のことばかりを心配したり、怖れていたり。もうひとつは、自分を生きていて、自分でいるはずな ...

なにかが思うように進まなかったり、どことなく噛み合わないように感じてならないとき。いままでなにも問題とは思えなかったことが、ふと流れが変わったように感じられるとき。そして、このまま死んでしまうかのように思えたとき。それは、もしかしたら、なにか気持ちとして ...

いまのぼくにとって、一番ありがたいなと思うこと。それは、友人がいるということ。友人といっても、ひとによって、その解釈はいろいろあるとはおもうけど、ぼくにとっての友人とは、ひとことで言えば、そうね・・・「ざっくばらんに話せる人」ということになるかな。で、「 ...

5/13(土)に三田・機械工具会館にてカウンセラーズフェスタを開催いたしますので、よろしかったら、ぜひお越しくださいね。当日は8名の魅力的なカウンセラーが講演いたします。カウンセラーによる講演の他にも、3~5人でグループになりカウンセラーに相談や質問ができる「ク ...

自己嫌悪とは、自分を嫌いに思うこと。たとえば、「どうして私はこんなにダメなんだろう」なんて気持ちがあったら、それは苦しいよね。だって、愛すべき自分のことを自分で責めているんだから。なんで、そんなに自分のことを嫌うのかというと、なにかダメなところがあるから ...

↑このページのトップヘ