心理カウンセラー 蒲谷芳久

◇こちらは心理カウンセラー達が作る癒し系サイト「カウンセリングサービス」のカウンセラー蒲谷芳久のプロフィールページです。

師匠から教えていただいた映画 The Mission を観ました。すぐになにか感想をと思ってみたものの放心状態になっていて、どう書いていいのかよくわからない。せめて、いま思えることは「争い」の悲惨さ、無意味さ。そして、猛烈な反省感っていうのかな、自分自身もかつて散々や ...

pretty woman に似た映画としては、これになるかな。  「おとなの恋の測り方」っていうフランス映画ね。これは、主に女性側が自らの葛藤を超えて男性との恋愛にコミットするという流れ。 愛されたい願望が強すぎて恋愛がうまくいかないひとに、どうなのかな・・・たぶん、 ...

pretty woman 有名な映画ですね。たぶん3回目くらいかな、この度あらためて見直してみました。女性向けのシンデレラストーリーかと思うのは先入観であって、心理的に見れば、これは、むしろ男向けの映画なんじゃないかとさえ思うくらい。特に父親との関係性で問題を抱えてい ...

うすうす感じてはいたことみたいなんだけど、どうもね、認めたくないというか、気づきたくはないのよ。そんな気持ちなんだよね、さみしさって。 だってさ、それ気づいちゃったら、すごいミジメ・・。誰かを強く求めてしまう気持ちや頼りたくなってしまう気持ちが堰を切った ...

先月の末頃に集まりがあって、退院後久しぶりに参加してみました。たぶん最後に参加したのが昨年末だから、おおよそ半年ぶり。まあ、その間は自分なりにたいへんな時期でもあったのだけど、みんなに温かく迎えてもらえて嬉しかった。というのも参加する前までは、どこか引け ...

ぼくは、ヒーリングワーク等のセッションでクライアントさん(フォーカスさんと呼ぶ)のお父さん役に選ばれることが多い。たいていが、お父さんに対してのなにか嫌な感情を持っているケースになるかな。 だから、フォーカスさんはお父さん役の僕に対して硬い表情で対峙して ...

6月、紫陽花の季節となりました。みなさま、いかがお過ごしでしょうか。本日、アメブロ「恋と仕事の心理学」に投稿しました。記事のタイトルは「固まった心をほどいていく」というもの。入院とリハビリで気づいたことがベースになっています。きょうもリハビリに行ってきたの ...

とにかく早く親から自立、独立したい気持ちが強くあって、ずいぶんと早く早くと焦った生き方をしてきたように思う。それは、それだけ自由になりたかったからなんだけど、その奥の気持ちでは窮屈さを感じてもいたからなんだろうね。自由への憧れが強いということは、どこか自 ...

「そんな彼なら捨てちゃえば?」というアメリカの映画を観た。タイトルからして男にとっては怖い。。が、心理カウンセラーゆえ勉強だと思って、勇気をもって観てみた。予想通り、男にとってはイタい展開のオンパレード・・。それだけ男の素直な気持ちの一面が描写されている ...

「世の中はすべて投影で成り立っている」っていうけど、そう考えると、ほんといやになっちゃうこともあるんだよね。たとえば、親に投影しているものは自分自身だなんてさ。じゃあ、あの自分勝手で頑固に思える親の存在は、じつは自分の持つ要素のひとつであるっていうことか ...

心の世界を学びはじめた目的のひとつは、生きやすくなるためであったように思う。 特に仕事面ではかなり辛い環境ばかりで、いまふうの言葉で言えばブラックそのもの。休み少ない、残業多い、有給取れない、いじめ、喧嘩暴力・・法的な不正行為の部分にこそ飯の種がある、み ...

あいかわらず軽い山歩きを続けています。気づいたのは、自分がこんなにも自然が好きであるということ。というのも、じつは、ずっと都会の暮らしに憧れていて、カッコよさそうなベイエリアのマンションとかにね、住みたいなあって思っていた。それだけ早くこの地域から出たい ...

5月に入りましたね。連休はいかがお過ごしでしょうか。久しぶりに少し近況を書いてみますね。リハビリに通ってから手首が少し動くようになってきました。可動域の回復としては、おおよそ3分の1といったところ。数字で表せば、曲げ方向も反らし方向も30度くらいかな。目標とい ...

少し外出が出来るようになって、リハビリに通い始めています。手首の関節と指の関節が固まっていて、ほとんど動かない感じからのスタート。ほんの少し、1ミリ動かせるかどうか。1度曲げられるかどうか。牛の歩みのような地道な努力の積み重ね。動かなくなったところを動かそ ...

長いことお待たせいたしました。3月19日(月)より電話カウンセリングを再開しますので、お知らせいたします。近況としましては、おかげさまで自宅安静からリハビリ通院ができるまでになりました。入院から約1ヶ月ほどかかりました。ここまでお待ちくださって、ほんとうにあり ...

↑このページのトップヘ