心理カウンセラー 蒲谷芳久

◇こちらは心理カウンセラー達が作る癒し系サイト「カウンセリングサービス」のカウンセラー蒲谷芳久のプロフィールページです。

浮気をされたようなときって、怒りがでてきたり、悲しくなったり、呆れたり、まあ、いろんな感情がでてくるもの。とうぜんのように相手を信じられなくなったりもするかな。そして、不信感が募っていくにつれて、相手の言動を見張るかのようになっていったりもするかもしれな ...

心がからっぽで、なにも必要とは思えす、なにも意味が感じられないときになぜか心に響いた言葉。それは、あるひとからいただいた短いメッセージ。「生きてください」伝える願いや祈りが、ひとの心に明かりを灯したり、支えとなることって、あるもんなんだね。それは言葉や文 ...

「あのひとの、なにが愛だっていうの」「なんで、私の愛を受け取ってくれないの」「愛されている気がしないし、愛を受け取ってもらえた気もしない」それは、もしかしたら、気持ちとして、自分の中にある愛を感じにくくなっているからかもしれない。そんなときには、もし、あ ...

「うごけないほどつらいときに」いままで ずっとがんばってきたのにうごけなくなったまるで電池が切れたかのようにいままで ずっと登り続けていたのに転げ落ちてしまったまるで急降下するかのようにいままで ずっと得ることができていたのになにもなくなってしまったまる ...

離婚歴のある男は特にかもしれないけど、過去の恋愛で傷ついていると、次の恋愛には慎重になるもの。それは不倫の恋であっても同じ。なにか過去に傷ついた部分があって、そこに触れるか近づくと、痛みがでてくる。それが関係性がこじれてきたりする原因なのかもしれないね。 ...

めんどくさいときって、たとえば、こんなときなんだよね。やる気がない動けないがんばれないしっかりできないじゃあ、なんでそうなったんだろうね。たぶんね、ずっとこう思ってきたからじゃないかな。やらなきゃ動かなきゃがんばらなきゃしっかりしなきゃ「しなきゃ」って思 ...

「ほうっておいて」ほうっておいてつながりは嫌いなんだから聞こうとしないでどうせわかってもらえないんだから励まさないで前向きな言葉は傷つくんだから 見ないでキラキラしたひとにはなれないんだから 好きにならないでこんなにダメなんだから手を差し伸べないで助かる ...

離婚の相談とか、親子の相談とか、不倫の相談とかでありがちなんだけど、かつてカウンセラー自身がつまづいたり、悩んだり、苦しんできた話題っていうのは、よくもわるくも、カウンセラーの地が出るところなのかもしれないね。それが、いい意味で、そのカウンセラーの個性と ...

男って、なんで女性を自分の思うようにしたがるんだろうね。自分の好みに仕立てようとして、「ああして」「こうして」「もっとこうして」と要求が多かったりする。おもうんだよね、それって、怖さがあるんだろうなって。要求する数の多さに比例して怖さがあるんだってね。な ...

誰かから怒りを向けられることって、なんでこんなに嫌なんだろうね。「わたしが悪いわけじゃないのに・・・いつも、怒られてばかり・・・」そのような嫌な気持ちって、結構長くひきづってしまうものなんだよね。そして、なぜか、怒るひとっていうのは、ひとしきり怒ったら気 ...

なぜ、いま、苦しいのか。きついのか。しんどいのか。つかれているのか。楽になるにはどうしたらいいのか?そのために考えてみたいこと。それは、ざくっと言えば、自分にできないことをやろうとしていないか?という視点で自分をみてみること。そうすると、がんばって、無理 ...

男が嫌なこと。それは、自分の心を女性に見られてしまうこと。ほんとうのところは、なにを感じているのか・・・その感情を知られてしまうことに怖さを感じる。もしも、自分の心の弱みや痛みがわかられてしまったら、たぶん、もう生きてはいけない。そのくらいの怖さなんだろ ...

幸せになりたい。楽しく過ごしたい。将来、こんな自分になりたい。そんなふうに自分の未来を願うのならば、それは、なによりも、いまの自分を受け入れることからはじめてみる、ってことなんだろうね。 とはいえ、いまの自分の状況を思い返してみれば満足できるものはなく、 ...

ああなりたい、こうなりたいって、夢や希望であるうちはいいけど、それが、いつしか自分を苦しめている・・・・。そんなことがあるかもしれない。がんばろう、努力しようって、自分を変えようとがんばっていられるうちはいいけど、それが、いつしか自分の歩みを留めてしまっ ...

好意を素直に受けとるって案外むずかしいものなのかもしれないね。とはいえ、与えることばかりが愛する方法でもなくて、受けとるという与え方もあるから。そうすると、愛されるという愛し方もまたあるんだろうね。もし、受けとることに躊躇いや抵抗感を感じる自分がいたとし ...

↑このページのトップヘ