◆前田薫

◇こちらは心理カウンセラー達が作る癒し系サイト「カウンセリングサービス」のカウンセラーのプロフィールページです。
カウンセリングサービス所属カウンセラー。
大阪地区担当 まえだ・かおる
  人との距離感がわからない。自分に自信がない。生きづらい。家族と上手くいかない。
両親、特に母親との関係に悩んだことがきっかけで、心理学に興味を持つ。
親との関係や対人関係などで悩んだ自身の経験から学んだことを活かし、
感覚的で一緒に考え提案していくスタイルが得意である。

対人関係(恋愛、職場などでの対人関係)全般、自己否定、自己嫌悪などの自己の問題、
なかでも母娘関係、家族関係などが得意ジャンル。

お客様からは、「話しながら気付ける」「自然に寄り添ってくれる感じ」
「客観的に見ることが出来た」「大丈夫だと思える」等のお声を頂いています。
娘として悩み母として悩み、双方の立場の経験を活かしている。
以前は若い方から娘の立場としてのご相談が多かったのですが、最近では同世代の方からのご相談も増えています。
50代 既婚 福井県在住 成人した娘(社会人)と息子(大学生)がいる
今は主人と二人で生活している。幸せなパートナーシップを実践中。

>>>カウンセラーの一覧へ
>>>カウンセリングサービスのHPへ
>>>カウンセリングサービスって?

DSC_0228 - コピー  ブログ用

あるあるだと思います。

女性は共感してほしいだけなのに
男性は方法論でさっさと(笑)解決しようとします

私は「みかん」がほしいの!どうして「みかん」をくれないの?
と思っていても男性は、
ごめん、僕は「りんご」しかもってないんだ。って、
必死で「りんご」をあげようとするんです。

あなたがほしい「みかん」を、
残念ながら、相手は持ってないのかもしれません
相手の“辞書”には載ってないのかもしれません

*  *  *  *  *

このブログにご訪問していただきありがとうございます。
カウンセリングサービスの前田薫です。

女性は共感してほしい、寄り添ってほしいのに、
男性は「だったら○○すれば?」といきなり方法論を言って解決しようとする

ここなんです。
女性は「いきなり方法論」って感じる方が多いのではないかと思います。
私もその一人です…


自分の気持ちをわかってくれない
つまり、自分の思い通りにしてくれない
そう思うとき、不満は募りストレスがたまっていくと思います。

自分の思い通りの人生を生きたい
そう思うことは悪くはないのですが、

“自分の思い通り”を周囲の人に求めてしまうときに、
そしてそれが思い通りじゃないときに、ストレスになっていくのではないでしょうか。

それは身近な人ほど多く求めてしまうのかもしれません。

私は「みかん」がほしいの!どうして「みかん」をくれないの?
何度も言ったでしょ?私がほしいのは「みかん」なの!
なんでわかってくれないの?

ごめん僕は「りんご」しか持ってないんだ。
こんな感じかもしれません。

これがもし他人だったらどうでしょうか?

・まあそれしかないなら仕方がないかと「りんご」を受け取る
・気持ちだけ受け取ってお断りする

だったりしませんか?


あなたがほしい「みかん」を、
残念ながら、相手は持ってないのかもしれません
相手は知らないのかもしれません
相手の“辞書”には載ってないのかもしれません


そもそも男性は、短時間で物事を解決しようとしたり、
論理的に結論を出すことを得意としている「脳のしくみ」を持っているとのこと。

原始時代の生活を思い浮かべるとわかりやすいようです。
男性は狩りに出て食料を調達するので、短い時間にいかに効率的に狩りをするかを考えるから。
帰りを待つ女性は、集団での協調性が必要でコミュニケーションを図るから。

つまり、
「今日も獲物が取れないなぁ」
に対してもしも共感したとしたら?

「そうよね、取れないわよねぇ」
「困ったわねぇ」
「取れないって辛いわよねぇ」
「そうなの。辛いのよ」

…って、呑気に共感してる場合じゃねぇ!死活問題だ!
獲物を取るにはどうしたらいいか!を考えねば!!
と、なってしまうのかもしれません。


決してわざと共感してくれないわけではないようです。

そして男性は「早く解決してあげたい」という思いがあるようです。

なので、わかってほしいときには、やはり女性から伝えたほうがいいようです。
「アドバイスはいらないの。愚痴を聞いてほしいだけなの。」って。

でも、それを何度も伝えても、もともと「さっさと方法論」脳の男性ですから、
共感をすっ飛ばして、解決方法を言われることが多いようです。

私もなんですが、今でもイラッとします
何度も何度も伝えます。
時々けんかになりますが、それでも、聞こうとしてくれてるなと思います。

もうここは仕方がないかなぁと思います。そういう脳の仕組みのようですから。

ついでにもう一つ
これは私が最近気を付けてること。最近やっとですが(笑)
相手の都合、いま時間があるかどうか、疲れてないか。
「聞いてほしいんだけど、何分だったら大丈夫?」と確認するようにしました。

余裕がなくていっぱいいっぱいで「いま聞いてほしい」ときもあります。が
相手にも都合やコンディションもありますからね。

って偉そうなことを書きつつ、私もまだまだなので日々努力しておりまする






早く決まるとどんな気持ちになりますか?きっとホッとするのではないでしょうか?
ホッとする、つまり「安心する」
ということは、早く決めたい理由は「不安を感じたくないから」ではないでしょうか?

このブログにご訪問していただきありがとうございます。
カウンセリングサービスの前田薫です。

早く早くと焦りたくなる理由は、不安な気持ちを感じたくないからではないでしょうか。そんなことを言うと、何を当たり前のことを言ってるの?と思われたかもしれませんね

わかってるようで実は気付いていない「不安」

不安な気持ちを感じたくなくて、さっさと何とかしてしまいたい。
だから焦ってしまうんです。

でも、焦ってる状態だと「何でもいいや!」という選択をしてしまうことがありませんか。

周囲の助言を無視してしまうことがありませんか。

後で落ち着いたときに「あれでよかったのかな?」と後悔することはありませんか。

焦ってしまうと、
それが本当にいい選択なのか、グッドタイミングなのか、そういうことに気付けないことがあります。


急いては事を仕損じる といいます

こんなときこそ、急がば回れ なんです

そして
ひとりで悩んでると、焦る気持ちにばかり気を取られてしまいがち。

焦ってしまうとき
先ずは、誰かに話を聞いてもらってはいかがでしょうか。
あなたの話しやすい相手、信頼できる相手に、不安に思ってる気持ちを話してみるんです。

そして、その相手のアドバイスを素直に聞こうと思ってみる。

それは案外勇気が要ることかもしれません。つい意地を張ってしまうかもしれません。
相手のアドバイスを聞いても、焦る気持ちに目を向けてしまうかもしれません。

頑張るポイントがあるとしたらここだと思います。
ここでぐっと頑張って、
「素直になる」ということを選択しよう!と思ってみてくださいね



「いい人ぶってると思われたくない」「恥かしい」
そんな思いから手を差し伸べることを躊躇してしまうようになってしまいました。
私が誰かを助けてないから、誰も私を助けてくれないと思うようになったんじゃないか??
そんな気付きがきっかけでした。

*  *  *  *  *

このブログにご訪問していただきありがとうございます。
カウンセリングサービスの前田薫です。

これはまだ娘が中学生だった頃の出来事です。
娘を医者に連れて行ったときのこと。

その日は待合室が混んでいて、私と娘は、廊下の、トイレの前にある椅子に座っていました。すると、ひとりのおばあちゃんが近づいてきました。足腰が悪いようで、壁に手をつきながら、ゆっくりと。

おばあちゃんはトイレに行きたかったのですが、ドアを開けにくそうにしていました。
それを見てお手伝いしようかなと思ったのです。

思ったのですが…

「なんか恥ずかしいなぁ。」
「いい人ぶってるって思われないかなぁ。」
などとつい考えてしまい、躊躇してしまったのです。

すると、娘はさっと立ち上がりトイレのドアを開けたのです。

そのおばあちゃんは、
「まぁ、親切にしてくれてありがとうございます。」と何度もお礼を言われました。
私は娘を褒めつつも、とても恥ずかしくなりました。

「いい人ぶってると思われたくない」「恥かしい」そんな思いが邪魔をしていたのです。

勇気を出して動けばよかった。
娘の行動は「勇気を出す」なんて大げさなものじゃなく、ほんとうにさりげない行動に見えました。

*  *  *  *  *

誰も助けてくれない。
なぜそう思うようになったのだろう?と振り返った時、私が先ず思い出したのがこの出来事でした。

(そもそも、誰も助けてくれないと思ったのは、助けを求めたときに助けてくれなかった等のような出来事があったからだと思いますが
それはまた別の機会に書きますね。)

私が誰かを助けなかったから

誰かが私を助けてくれるはずがない

こう思うようになったのかな?と気付いたんです。それに、

私は誰かを助けなかったんだから、私には誰かに助けてもらうなんて、そんな資格はない

なんていう罪悪感も自分の心の中にあることにも気づきました。

そう思ってるから、
誰かが助けてくれてるのに気づけない、受け取れない、それは助けじゃないと突っぱねる 等と思ってることにも気付きました。


わかりやすいように「助ける」という言葉を使いました。
「助ける」なんていうと大きなことをしなくちゃいけないような感じですが、
ドアを開ける、席を譲るなど、ちょっとしたことからやってみようと思いました。

いい人ぶってると思われたくないって恥ずかしがってた私でしたが、
娘の行動を見て思ったあの時の恥ずかしさも、いいきっかけになりました。

そんな積み重ねも、誰も助けてくれないと頑なだった気持ちを緩めることに役立ったようです。

そもそも、誰も助けてくれないと思ったのは、助けを求めたときに助けてくれなかった、等のような出来事があったからだと思います。
そう思うようになったきっかけを探るとき、いきなり「最初の出来事」を思い出せないこともあるかと思います。

きっと、向き合う準備が出来たところから思い出せるのではないかと思います。
気付いたところから癒していきましょうね




好きだけど嫌い
嫌いだけど好き
そんな両方の気持ちが混在してる場合
「仲直りするくらいだったらやりたくない」等と
折角のチャンスなのに自分でコントロールしてしまうことがあるようです。

このブログにご訪問していただきありがとうございます。
カウンセリングサービスの前田薫です。

親との問題で、
「今の時点では無理をしてまで仲直りしたいと思えない。でも今のままでは苦しい」
という場合があったとします。

そんな時に誰かに相談したら、「仲裁に入ってやろうか?」と言われた。
それは嬉しいけど、まさかそんなことを言ってくれるとは思ってなくて、予想外の展開に戸惑う

そうなればいいに越したことはない。でも、今はまだそこまで気持ちが固まってない、というような場合

すると、
「今は仲直りしたくないから、折角の助言だけど断ろう」という判断をしてしまうかもしれません。

好きだけど嫌い
嫌いだけど好き

親との問題を抱えてる方は、このような両方の気持ちが混在してることが多いようです。

仲直りするのが正しいとわかってる
正しさだけでなく、仲直りできればきっと幸せだろうと頭ではわかってる

でもココロがついていかない場合。

この時点で「仲直り」という目標を設定してしまうのではなく、「取りあえず話し合いだけでもしてみよう」というように

「いま出来ることだけをやってみる」「いま目の前にあることをやってみる」というのはいかがでしょうか。

先のことはわからないのです。
もしも話し合いをして自然に「仲直りしてもいいかなぁ」と思えたとしたら、それでよしだし
それでもやっぱり「今はまだ難しいなぁ」と感じたら、それもよし
というように

「今目の前のことをやってみて、後のことはそれから考える」でいいのではないでしょうか。

どうなるかは、やってみないとわからないのです。
もしかしたら想定外の展開になることだってあるかもしれません。

また、
「折角仲裁に入ってくれるのだから、気を遣って仲直りした方がいいのかな?」等というように
自分の気持ちよりも相手の気持ちを優先してしまう、という場合もあるかもしれませんね。
相手の「仲直りさせたい」という思い以外に選択がない、というように感じてしまうかもしれません。

大事なのは、自分自身の気持ちです。
折角の相手の好意だからと、相手を優先して自分の気持ちを無視しないようにしてくださいね

※これはその他の対人関係、例えば彼とよりを戻すかどうか悩んでる、喧嘩した友達と仲直りするか悩んでる、等という場合にも当てはまるかと思います。
参考になれば幸いです




どうして幸せになれないのだろう?
どんなに頑張っても幸せになれないんじゃないだろうか?

もしかしたら、「幸せになりたくない」と思ってるのかもしれません。
「自分を幸せにしてやるもんか」って決めちゃってるのかもしれません。

このブログにご訪問していただきありがとうございます。
カウンセリングサービスの前田薫です。

*  *  *  *  *

やりたいことを、わざわざ手放して

仕方なくやらざるを得なくなって、本当はやりたくないことを選択する

自分にとって「やりたくないこと」だから、なかなかやる気が出ない

それでも何とか頑張って

こんなに頑張ってるのに幸せになれない と感じ

まだ頑張らなきゃいけないなら、幸せになんかなりたくない と思ってしまう

簡潔にしましたが、たとえば上記のような状態を、カウンセラーに指摘されて初めて気付く方がほとんどです。

やりたくないことをわざわざ自分で選んで、やりたくないことを無理に頑張ろうとして、自分のエネルギーを無駄遣いしてしまってないか。
先ずは気付いてほしいのです。

ひとりではなかなか気付けません。
だからまず、カウンセラーを使って気付いてほしいのです。

幸せになれないんじゃなくて、「幸せにしたくない」と決めてしまったのかもしれません

どうして自分を幸せにしたくないと決めてしまったのか
理由はその後でもいいです。

先ずは気付いてほしいのです。

「自分の実家なのに帰りたくない。」
「お盆やお正月くらい帰らないと悪い気がして。」
「羽を伸ばすどころか、どっと疲れて帰ってきた。」

このブログにご訪問していただきありがとうございます。
カウンセリングサービスの前田薫です。

帰省シーズンになると憂鬱になる、というご相談を頂くことがあります。しかも、
主人の実家に帰って気を遣って疲れる、というのならまだしも、自分の実家についての悩み。

なかには「なんでこんなことで悩まなくちゃいけないんだろう?」という声も。


「帰りたい」ではなく「帰らなくちゃいけない」

本来なら「帰りたい」と自然に思い、思い切り羽を伸ばしたり、上げ膳据え膳でのんびりしたいと思うでしょう。でも、

親がうるさいから
親が悲しむから
お盆やお正月くらい帰らないと親不孝な気がするから 等と言うように

自分の気持ちより相手の気持ちを優先する癖がある方は、こんな風に考える方が多いようです。

「親が」ではなく、あなたはどうしたい? 

「そりゃ、帰らなくていいなら帰りたくないわ。」
「そうは言っても、帰らないわけにいかないし…」

普通はそうするものだからと自分の気持ちを見ないようにするのでなく、先ずは自分の気持ちに寄り添ってください。

「帰りたくないなぁ」と思ったら
「帰りたくないよねぇ」というように

*  *  *  *  *

帰らなかった方へ

帰りたくなかったんだよね

きっと、いまは距離を置くしかなかったんだよね

(本当は帰りたいけど)帰れなかったんだよね

もしも、帰らなかった自分を責めてたのなら、今日、今この時からストップしようね。


帰って疲れた方へ

本当にお疲れさま

自分で自分をのんびりさせてあげてくださいね

羽を伸ばすのは自分の自宅でもいいのだから

ゆっくりなんて休めない、という方は、
一日にたった五分でもいいから、ゆっくりする時間を自分に作ってあげてください

*  *  *  *  *

私は以前自分の実家の親に「お盆お正月は帰ってくるのが当たり前や!」と厳しく言われたことがありました。
そう言われると重荷になって、義務感しか感じられなくなって、
実際実家に帰っても「義務を果たした」くらいにしか思えなかったことがありました。

今ならそれが「親も寂しかったんだ」というのがわかります。
怒りは感情の蓋と言いますから。

でもね
「親が寂しがるから」と相手の気持ちを優先して我慢ばかりしてると、いつか爆発してしまうかもしれません。
だとしたらそれは新たな罪悪感となって、自分を責める材料にしてしまわないでしょうか。

「帰らなければならない」というカチカチの義務感を
「帰ってもいいし、帰らなくてもいい」と、ちょっと緩めるだけでも私は気持ちが楽になりました。

結果、どちらを選択するにしても、大事なのは自分の気持ち。
どうか、自分が自分の気持ちの味方になってあげてくださいね





「普通LINEやメールが届いたら返信するべきでしょ」
「返信するのが礼儀ってもんでしょ」

自分が決めた厳しいルール「観念」に気付きましょう。

このブログにご訪問していただきありがとうございます。
カウンセリングサービスの前田薫です。

「私は家事の合間や食事を作ってる最中でもケータイをチェックし、届いたメールにはすぐに返信します。それが相手に対しての礼儀でしょ。それに、私だったら返信がないと不安になるから、そんな気持ちがわかるからこそ、どんなに忙しくったってすぐに返信します。私だって出来るんだから、どんなに忙しくったって、返信できるはずなんです!」
 
これはまだガラケーだった頃に知り合いから聞いたお話です。

「~するのが当たり前」「~するべき」

いつからか自分がそうしようと決めたルール。

自分が決めた厳しいルールを「観念」と言います。

なにせそこには「普通は~」と付くことが多いことからもわかるように、「自分にとっては当たり前」になってることが多いのです。

その自分に課したルールが強すぎると、相手にもそれを求めてしまうことがあります。


そもそも、その観念はいつできたのでしょうか?

それはたとえば「もらった手紙には返事を書くのが当たり前」という躾からきているのかもしれませんし

もしかしたら、あなたもかつて誰かに「返事をするのが礼儀でしょ!」等と責められた経験があるのかもしれません。

ルールそのものがしんどいのではなく、そのルールを「絶対に守るべき!」という厳しさがしんどいのだと思います。

*  *  *  *  *

上記のお話しでいうと、
「私だったら返信がないと不安になるから、そんな気持ちがわかるからこそ、どんなに忙しくったってすぐに返信します。」
この部分。

自分が不安だったから、そんな気持ちを相手に感じさせたくない、という思いから、このルールを自分に課したんだと思います。優しいですよね。でも、

「相手が実際に不安を感じてる」のでしょうか。

確かに不安を感じる人は多いかもしれません。ですが中には「返信がなくても別に気にしない」「遅いのは何が事情があるんだろうなぁ」と思う人もいるかもしれません。
なのに「みんな不安を感じてるはずだ」と強い思いを持ったのかもしれません(ここにも厳しさがあるかも)

自分が返信がなくて不安だったから、相手もきっと不安なんじゃないかと「投影」してるのかもしれません。
そこに気付くことも大事だと思いますよ。

この知り合いの当時の詳しいことはもうわからないのですが、
厳しいルールにしたということは、もしかしたら誰かにメールの返信がないことで怒りをぶつけられたのかも?しれません。

どうして自分に厳しいルールを決めてしまったのかを知ることは、自分を楽にするための手掛かりになると思います。

*  *  *  *  *

観念を緩めてみる 厳しいルールを緩めてみる

たとえばこの話のこの部分、
「家事の合間や食事を作ってる最中でもケータイをチェックし、届いたメールにはすぐに返信します。」
こんなふうに自分のルールが厳しいと、どうしても相手に期待してしまいがちになると思います。

「私だって出来るんだから、どんなに忙しくったって、返信できるはずなんです!」と、この部分ですよね。

これを例えば、
「家事が終わってから返信する。食事の準備が終わってから返信をする。」というように「後で返信する」にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

自分が忙しいときには無理してすぐに返信しない、相手のLINEやメールの内容が緊急でなければ後で返信する、ということをやってみるのです。
そうやって「すぐに返信をしなくてもいい」ということを自分に許可してあげるのです。

実際にやってみたときに、自分の気持ちを見てみると…
この時のあなたは「今忙しいから返信しないだけで、相手が嫌いだからではない」のではないでしょうか?

すると相手に対して「私が嫌いだからじゃないんだ」と気付けるかもしれませんよ。

このページのトップヘ