気付くことの大切さ◆前田薫 

◇こちらは心理カウンセラー達が作る癒し系サイト「カウンセリングサービス」のカウンセラーのプロフィールページです。
カウンセリングサービス所属カウンセラー。
大阪地区担当 まえだ・かおる
 
人との距離感がわからない。自分に自信がない。家族と上手くいかない。
両親、特に母親との関係に悩んだことがきっかけで、心理学に興味を持つ。
対人関係や親との関係などで悩んだ自身の経験から学んだことを活かし
感覚的で一緒に考え提案していくスタイルが得意。

目指すコンセプトは「田舎のおばあちゃん」
母性的で柔らかい雰囲気のカウンセリングには定評がある。
お客様からは「懐かしい感じがする」「話しながら気付かされる」「客観的に見ることが出来た」等のご感想が多く
幅広い世代の方にご支持を頂いています。

50代 既婚 福井県在住 成人した娘と息子(ともに社会人)がいる
最近孫が生まれて、本当におばあちゃんになりました♪
今は主人と二人で生活している。幸せなパートナーシップを実践中

>>>カウンセラーの一覧へ
>>>カウンセリングサービスのHPへ
>>>カウンセリングサービスって?

DSC_0228 - コピー  ブログ用

人付き合いに悩んでいた私は、それでもたまに誰かに誘ってもらうことがあっても
「どうせ義理で誘ってるんでしょ」
「ホントは私なんかいない方がいいよね」
などと思っていたので

実際お声がかからなくなると、寂しいと思う反面、ホッとしていたのでした。余計な気を遣って後でどっと疲れるより、ひとりでいるようがマシだと思っていました。

なので、「その先」の付き合い、というのが経験がなかったのです。

自分と向き合い、少しずつ自分を癒していくと、
「そこまで嫌われてるわけじゃなさそうだ」と思えるようになってきて、

そしたら、「どうせ義理で誘ってるんでしょ」と思う気持ちに疑問が出てきたのです。
「義理じゃないのかもしれない」って。

「行ってみようかな」
でもそれは、ちょっと大げさだけど、「未知の領域に一歩足を踏み入れる」ということでもありました。

「勝手知ったるなんちゃら」で、いつもの
「ひとりの方がまし」という気持ちに戻りたくなる。

慎重にもなる。
忙しいふりをして、先延ばししてしまったり。
でもまあ、それも仕方ないかなと思う。
慎重になってもいいと思う。

色々考えてるうちにふと、こんなことに気付いた。

「楽しいと思ってないな」って。

誘われるのはいいけど、

何か面白い話をしなくちゃいけないな
場を盛り上げないといけないな
余計なことを言わないように気をつけないとな
とにかく、嫌われないように気をつけないとな

こんなことばっかり考えて人と会っていたら、楽しいはずがないのだ。
そりゃ家に帰ってから、どっと疲れるわけだ。


そんな時にもらったアドバイスは
「相手を楽しませること」

こう書くと

っていうことは
「何か面白い話をしなくちゃいけないな」
「場を盛り上げないといけないな」

なんだ。さっき書いてたことをやらなきゃいけないんじゃないの?と思われそうだけど、そうじゃない。

その違いは
自分のためか、相手のためか、という違い。

自分のために、自分が嫌われないように気を遣うのか
相手が、「楽しかった~」って感じられるか
の違いだと思う。

といってもまたここで、
「相手が楽しかった~って感じるか」って、何をすればいいの?と思った。
そう。相手のことをよく知らないのだ。
思えばいつもそうだった。
相手に嫌われないように気を遣うことで頭が一杯だった。

なので、先ずは相手のことを知ることから始めるといいと思う。
こういう会話が好きなんだな。
こういう話は詳しいんだな。
こういう考え方するんだな。
笑いのツボはここなんだな。
この人のこんなところが素敵だな。
などなど。

そして
「誘ってくれてありがとう」という感謝の気持ちを持ってるといいと思う。
今までの私はどちらかというと「私なんかを義理で誘ってくれてごめんなさい」だった。

ありがとうと素直に受け取ることも、相手が楽しさを感じてくれるのです。
ちなみにですが「私なんかごめんなさい」という気持ちがあると、気付かないうちに態度に出てしまうのか、「なんか、誘って迷惑だった?」って相手に思わせてしまったことが過去にあったのです。
当時はそんな心の仕組みなど知らず、「気を遣ったのに結局嫌われてしまった」としか思えなかったのですけどね。

でね。
“そのひと”との会話にヒントが隠れていました。
「なんとかなるわよ」

それは、私の問題とは全く関係ない話のときに出てきた言葉だったのに、妙に心に残りました。

そして最後に。
やっぱり疲れたかもしれない。
初めから上手くいかなかったかもしれない。

上手くいかなかったところばかり見てしまうかもしれないけど、一歩踏み込んだ自分を褒めてあげよ。

一歩ずつでいいと思います。もしかしたら、「こうなりたい」という最終目標は、今はなくてもいいのかもしれない。ただ、目の前にある課題をコツコツ一歩ずつ進んでいくだけで、いいのではと思います。なにせ慣れてないのだから、目の前にある課題を一歩ずつで十分だと思います。

何かのヒントになりますように

 * * * * *

【お知らせ】10月5日~16日までお休みを頂きます。

私事ですが、ただ今地区の役員をやっています。
今年の9月~10月頃は大きな行事が続くため、待機が少なくなります。
ご都合が合わない方は出来る限り調整したいと思いますので、お手数ですがご連絡ください。

皆さまには大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解を頂きますようよろしくお願いします。

*  *  *  *  *

【電話カウンセリング】
13時~、14時~、21時~、22時~で待機しています。
都合により曜日は特定していません。土日は夜のみ待機しています。

【面談カウンセリング】
京都北部、京都府舞鶴市の公共施設で面談カウンセリングをお受けします。
詳しくはこちらです。 

ご縁を感じられた方は、下記予約センターまでお気軽にご連絡ください。
カウンセリング予約センター 06-6190-5131 
受付時間:12:00~20:30 月曜定休(祝日の場合は翌日代休)

 

これは私の体験です。

あんまり好きじゃない、どっちかというと嫌い。苦手な人。
対人関係でそんな人が時々自分の前に現れるのですが、あるとき

「あ、あれは当時の私だったんじゃないか」と気付くことがありました。

その時のショックったら。
ほんっと「穴があったら入りたい」思いで一杯になります。
私って傍から見たらあんな風に見えてたんだ。

恥かしさと罪悪感で一杯になります。
そんな自分を責めたくなります。

気付きというのは必要だと思うのですが、当時はあまりの恥ずかしさに「気付かないままでもよかったのに」と思うこともありました。


その後また、同じような思いをすることがありました。
「私って、あんな態度だったのか。あんな風に見えていたのか。そりゃ嫌われて当然だよな。私だったらあんな奴と友達になりたくない。」
とまあ、コテンパンです。

ところが、今度は違う思いが浮かんできました。

「その人が嫌いというよりも、そのひとに近づくと感じる感情が嫌だから距離を置きたくなったんだ。」とか。
これは知識としては知っていたのですが、体感した気がしたんです。

そのほか、
「当時のあんな私に関わってくれた人ってどんだけ器が大きいんだろう?大人だよな。」と思ったのです。

あんな私に関わってくれた人には、感謝だよな、って。

当時の「おこちゃま」だった私に(今もそんなに成長してないですが(^^ゞ)目が向いてしまうと、恥かしさと罪悪感で一杯になりますが、

難しいと思いますが、自分よりも相手を見ることで、

それでも関わってくれたのなら感謝だよなと自然に思えたし、
逆に言うと、自分を見てしまってるあいだはずっと、感謝の気持ちに気付きにくいのだから、

この気付きはやっぱり必要だったんだなと思いました。

気付いた当初は「穴があったら入りたい」と、恥ずかしさでのたうち回っていました。そしてこの恥かしさからどうやったら抜けるのか、わからなかったのですが、

相手への感謝の気持ちに気付けたことで、恥ずかしさは減っていったのです。



何かのヒントになりますように





 * * * * *

【お知らせ】10月5日~16日までお休みを頂きます。

私事ですが、ただ今地区の役員をやっています。
今年の9月~10月頃は大きな行事が続くため、待機が少なくなります。
ご都合が合わない方は出来る限り調整したいと思いますので、お手数ですがご連絡ください。

皆さまには大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解を頂きますようよろしくお願いします。

*  *  *  *  *

【電話カウンセリング】
13時~、14時~、21時~、22時~で待機しています。
都合により曜日は特定していません。土日は夜のみ待機しています。

【面談カウンセリング】
京都北部、京都府舞鶴市の公共施設で面談カウンセリングをお受けします。
詳しくはこちらです。 

ご縁を感じられた方は、下記予約センターまでお気軽にご連絡ください。
カウンセリング予約センター 06-6190-5131 
受付時間:12:00~20:30 月曜定休(祝日の場合は翌日代休)

 


自分よりも相手を優先する、というとき、

相手を優先したあとに、

後回しだったとしても、自分のこともやってるのならいいけど


相手を優先して、それっきり

自分のことはほったらかし、何にもしてない、

なんてことはないだろうか

こっちの方が多いんじゃないかと思う。


自分さえ我慢すれば、という癖がある人は

自分の気持ちを見てあげようとしない

自分が本当はどうしたいのか、とか

本当はこんな我慢、嫌だったんじゃないのか、とか

自分の気持ちがちゃんとあるはずなのに、

背中を向けて、見ようとしてない

つまり

自分と繋がってあげてない

という状態だと思います


そういうときは

相手「だけ」を優先するのではなく、自分も数に入れてあげようと思うところから始めてみてください。

背中を向けていた自分の気持ちに向き合ってあげようと思うところから始めてみてください。


相手を優先することが出来るのは、優しいからだと思うのです。

そんな優しいあなた自身のことも、ちゃんと数に入れてあげて

相手も私も嬉しくなる方法を見つけてほしいなと思います。


優先してもらった相手が、嬉しいと感じてるのだとしたら、

その嬉しさを、あなたにも感じてほしいのです。

あなたに届きますように

* * * * *

【お知らせ】10月5日~16日までお休みを頂きます。

私事ですが、ただ今地区の役員をやっています。
今年の9月~10月頃は大きな行事が続くため、待機が少なくなります。
ご都合が合わない方は出来る限り調整したいと思いますので、お手数ですがご連絡ください。

皆さまには大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解を頂きますようよろしくお願いします。

*  *  *  *  *

【電話カウンセリング】
13時~、14時~、21時~、22時~で待機しています。
都合により曜日は特定していません。土日は夜のみ待機しています。

【面談カウンセリング】
京都北部、京都府舞鶴市の公共施設で面談カウンセリングをお受けします。
詳しくはこちらです。 

ご縁を感じられた方は、下記予約センターまでお気軽にご連絡ください。
カウンセリング予約センター 06-6190-5131 
受付時間:12:00~20:30 月曜定休(祝日の場合は翌日代休)

 

まさに「我慢の限界」だったのではないでしょうか。
そうならない秘訣は、普段からなるべく我慢をしないことだと思います。が、我慢せざるをない場合だってありますよね。

このブログにご訪問していただきありがとうございます。
カウンセリングサービスの前田薫です。

「我慢しよう、我慢しよう」と思っていたのに、相手のちょっとした態度についイラッとして、まるでそれで沸点に達したかのように、怒りをぶつけてしまう。
そして後で冷静になって「やってしまった」と後悔してしまい、罪悪感まみれになってしまう。

先にこう書きました。
「我慢しよう、我慢しよう」と思っていたのに、と。
怒りをぶつけちゃいけないと我慢した結果、ぶつけてしまうのです。

そんな時に先ずやってほしいのは、これを機会に吐き出してしまう、ということです。
我慢していた気持ちを誰かに話して受け止めてもらう。あなたの気持ちを聞いてくれる人がいる場合はそのひとに、そういう人がいないという場合は、カウンセラーを使ってもいいので、我慢している気持ちを吐き出して受け止めてもらってください。

その際気を付けてほしいのは、「怒りをぶつけてしまった自分はサイテーだ」というようにジャッジをしないこと。「怒りをぶつけてしまったな」とただ思うだけでいいんです。

何故なら、ここで「サイテー」とジャッジしてしまった自分の言葉に辛くなるからです。
ただ「怒りをぶつけてしまったな」で、ストップ。
もし出来るなら、「そうだよねー怒りをぶつけてしまうよねー」と思ってあげられるともっといいと思います。

だけど、これを一人でやるのはなかなか難しかったりします。特に、罪悪感を強く感じると、ついつい「サイテー」「何やってんだか」「バカじゃないの」等という言葉しか浮かばなくなると思うのです。自分の頭には、そういう言葉しか浮かんでこない、そんな言葉しかない世界に思えるんです。

だから、誰かに頼ることが必要だと思います。自分ひとりだと、どうしてもネガティブな世界にしか見えなくなるところが、他の人から見たら、そこまで自分を責めることはない、ということだってあります。

誰かに頼ることで、つい自分を責めてしまう癖を軌道修正しながら、我慢していた自分の思いを吐き出すことはとても大切です。
私自身も、先ずこれをやって自分の気持ちをまず落ち着かせました。
そして、相手に謝るのはそれから。

誰かに怒りをぶつけてしまったとき、すぐにどうやって相手に謝ろうかを考えることがあると思います。早くこの状況を何とかしたいと思いますからね。
だけど、焦って行動してかえって上手くいかないことも多いんじゃないかと思います。

そういう意味でも、先ずは自分。
本当は怒りをぶつけたくなんかなかったと思います。
自分の気持ちを整理してから、素直に謝れるといいかなと思います。
自分の気持ちを整理してからの方が、素直になりやすいと思います。

堪忍袋の緒が切れる、ということは、我慢して我慢して我慢の限界に達してしまった、ということだと思います。我慢しなくていいと言われても、我慢せざるを得ない状況もあると思います。
なので、怒りをぶつけてしまって後悔しないように、普段から「我慢してないかな」って自分の気持ちをチェックする癖をつけるといいなと思います。
ジャッジではなくて、チェックです。
その我慢を溜め込まないように、我慢している気持ちを普段からこまめに吐き出し、心に余裕を持たせることで、

例えばよく言われる「怒りをぶつける前に6秒待って」というやり方にも効果を発揮するんじゃないかと思います。

怒りってぶつける方もぶつけられる方もしんどいですもんね

* * * * *

【お知らせ】10月5日~16日までお休みを頂きます。

私事ですが、ただ今地区の役員をやっています。
今年の9月~10月頃は大きな行事が続くため、待機が少なくなります。
ご都合が合わない方は出来る限り調整したいと思いますので、お手数ですがご連絡ください。

皆さまには大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解を頂きますようよろしくお願いします。

*  *  *  *  *

【電話カウンセリング】
13時~、14時~、21時~、22時~で待機しています。
都合により曜日は特定していません。土日は夜のみ待機しています。

【面談カウンセリング】
京都北部、京都府舞鶴市の公共施設で面談カウンセリングをお受けします。
詳しくはこちらです。 

ご縁を感じられた方は、下記予約センターまでお気軽にご連絡ください。
カウンセリング予約センター 06-6190-5131 
受付時間:12:00~20:30 月曜定休(祝日の場合は翌日代休)

 

よくある例え話に、同じ夕陽を見て「きれいだなぁ」と思う人もいれば、「寂しそうだなぁ」と感じる人がいるように、その出来事そのものよりも、それを「どう思うか」で感じ方は変わってくるんです。

このブログにご訪問していただきありがとうございます。
カウンセリングサービスの前田薫です。

「きっと私のことが嫌いだから話したくないんだ」
「きっと私のことが嫌いだから私を避けるんだ」等々

きっと私のことが嫌いだからフィルターを通して相手を見てしまう、ということは無理もないことだと思います。そう思う出来事が過去にあってのことでしょうから。それは、ほんと辛いですよね。

そういうとき、どうしたらいいか。
もしも出来るなら、第三者の意見を聞いてみるといいかなと思います。
友人でもいいし、そんなことを話す人がいないなと思ったらカウンセラーでも構いません。「あなただったらどう思う?」って。

なぜなら、人によって感じ方はそれぞれだからです。
「きっと私のことが嫌いだからフィルター」がない人には、同じような出来事でも違うように感じるかもしれません。

よくある例え話に、同じ夕陽を見て「きれいだなぁ」と思う人もいれば、「寂しそうだなぁ」と思う人がいるように、その出来事を「どう思うか」で感じ方は変わってくるんです。なので、

「たまたま虫の居所が悪かったのかもしれないな」
「旦那さんと喧嘩でもして、笑えない気持ちだったのかもね」
なんていう返事が返ってくるかも。

それは「いや、絶対私のことを嫌ってるに違いない!」と、わかってくれない感じがするかもしれません。そう思うときは無理しようとしなくていいのですが、

「違いない!」って決めつけてしまうと、なかなか解決の糸口が見いだせないことがあるので、誰かの意見を聞いてみることで、その糸口が見るかるかもしれないのです。

また、「きっと私のことが嫌いだからだ」というのは自分が思ってることであって、相手が本当に同じことを思ってるかどうかは、必ずしもイコールではない場合があります。

こういった場合、「いいえ、絶対に私を嫌ってます!その証拠にこんなことがあったりあんなことがあったり…。」と反論したくなることもあると思います。私もそうやって証拠探しやってました。

確かに、本当に自分のことを嫌いな人もいるかもしれません。だけど、そうではない人まで証拠探しをしたり、他の人がこうだったからと別の人の証拠をこじつけて、知らず知らずのうちにその人を「私のことが嫌いな人」にしてしまってる場合があります。

そうすることでますます「きっと私のことが嫌いだからだ」という思い込みが強化されたり、「私のことが嫌いな人ばっかり」としか思えなくなることだってあるようです。

例えば、過去にその人から無視された、という出来事があったとします。
それを相手は全く覚えていなかったり、たまたま目を逸らした瞬間だったりと、相手が悪気がない場合だってあったりします。だからそういう誤解を解くのも一つの方法です。

また、無視された=嫌われた ではないかもしれません。
相手も人間なので、もしかしたら人見知りするタイプだったのかも、ということも考えられるんです。


きっと私のことが嫌いだからだ、と思ったとしたら
自分でも自分のことが嫌いだから、ということが考えられます。

だからシンプルに言うと、自分のことが好きになれば、感じ方も変わってくるのですが、それがなかなか難しい。だから、第三者の意見を聞いてみる、ということを試してみてほしいのです。

その意見は、私の気持ちをわかってくれない!って思う意見かもしれません。
イラッとする意見かもしれません。
それでも、ちょっと耳を傾けてみようと思ってみてください。
感じ方が変われば、それが問題じゃなくなることだってありますからね

 * * * * *

【お知らせ】10月に2週間ほどお休みします

私事ですが、ただ今地区の役員をやっています。
今年の9月~10月頃は大きな行事が続くため、待機が少なくなります。
ご都合が合わない方は出来る限り調整したいと思いますので、お手数ですがご連絡ください。

また、10月の前半に2週間程度お休みする予定です。
日時が確定しましたら、このブログでお知らせします。

皆さまには大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解を頂きますようよろしくお願いします。

*  *  *  *  *

【電話カウンセリング】
13時~、14時~、21時~、22時~で待機しています。
都合により曜日は特定していません。土日は夜のみ待機しています。

【面談カウンセリング】
京都北部、京都府舞鶴市の公共施設で面談カウンセリングをお受けします。
詳しくはこちらです。 

ご縁を感じられた方は、下記予約センターまでお気軽にご連絡ください。
カウンセリング予約センター 06-6190-5131 
受付時間:12:00~20:30 月曜定休(祝日の場合は翌日代休)

 

メールは文字だけだから、相手がどんな感情を感じながらメールを打っていたのかわからない。そんなとき自分の気持ちを投影してしまうことがあります。「やっぱり怒らせちゃった」というように。

このブログにご訪問していただきありがとうございます。
カウンセリングサービスの前田薫です。

私は最近ある先輩にメールで踏み込んだ質問をしてみました。ここでは詳しく書けないのですが、それは、言葉足らずでもしかしたら相手に失礼だったかもしれない、という質問でした。

だから返信が来るまでの一週間、「やっぱり失礼だったかな」「やっぱり怒らせちゃったかな」と思っていたのです。いつもは早い方なのに、一週間も返事がないなんて珍しいかったので、忙しいのかなぁと思いながらも、「こんなに返信が遅いなんてやっぱり怒らせちゃったかも」とどうしても思ってしまうものです(^^ゞ

返信が届きました。メールを開いてみると、「やっぱり怒ってるみたい」「やっぱり失礼だったんだ」としか思えなかったのです。すぐに返信しようとメールを打ち始めたのですが、途中でなんだかもやもやしてきたので、下書きを一旦保存することにしました。

それから数日、そのメールが気にはなるものの色々忙しく過ごしていて、それどころじゃなかったのも幸いしたのか、数日後には少し気持ちも落ち着いてきました。

そして再び先輩からのメールを読んでみると、今度は感じ方が違う。まったく同じ文章を読んでるはずなのに、怒ってるように感じないのです。

いや、「失礼を承知で質問しますが」と一応伝えていたが、いやいや、やっぱり失礼だった、としか思えない私は、先輩の器の広さも感じることが出来ました。とにかく、もう一度読み返したのですが、やはり前回と感じ方が違うのです。

言葉の伝え方には、そんなつもりはないのに相手に誤解を与えてしまったり、こっちが勝手に誤解してしまったり、ということがあると思います。

メールのように文字だけのやり取りだと、面と向かったときのように相手の表情がわからないから、相手がどう思ってるのかわからないことがあります。そういうとき、つい投影してしまうのです。

「怒ってるんじゃないか」と思うと、「やっぱり怒らせちゃったかな」というように。

で、肝心の内容ですが、的確なアドバイスを頂きました。
もしもあのまま、「怒らせてしまったかも」という気持ちにばかりに目を向けていたら、折角の先輩のアドバイスも頭に入ってこなかったかも。

今回の場合は、「こんな質問失礼かも」という思いが大きかったので、つい、自分の思い込みと罪悪感ばかり見てしまいました。
そっちを見てしまうと、受け取れるものも受け取れなくなくなります。
気をつけなくちゃなぁと思いました

連日猛暑が続きますね。
お願いだから、そんなに頑張らなくていいよ~暑くしないでよ~と言いたい(^^ゞ
みなさま、どうかご自愛ください

 * * * * *

【お知らせ】10月に2週間ほどお休みします

私事ですが、ただ今地区の役員をやっています。
今年の9月~10月頃は大きな行事が続くため、待機が少なくなります。
ご都合が合わない方は出来る限り調整したいと思いますので、お手数ですがご連絡ください。

また、10月の前半に2週間程度お休みする予定です。
日時が確定しましたら、このブログでお知らせします。

皆さまには大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解を頂きますようよろしくお願いします。

*  *  *  *  *

【電話カウンセリング】
13時~、14時~、21時~、22時~で待機しています。
都合により曜日は特定していません。土日は夜のみ待機しています。

【面談カウンセリング】
京都北部、京都府舞鶴市の公共施設で面談カウンセリングをお受けします。
詳しくはこちらです。 

ご縁を感じられた方は、下記予約センターまでお気軽にご連絡ください。
カウンセリング予約センター 06-6190-5131 
受付時間:12:00~20:30 月曜定休(祝日の場合は翌日代休)

 

昨日だったかな、カルピスのCMをやっていました。実家に帰省した娘と母の会話。そして全員が縁側でカルピスを飲んで楽しそうに過ごしていました。帰省シーズンになるとこういうCMを目にすることもあると思います。

「なんだか、帰省するのは当たり前って言われてるみたいで、あんなCM流してほしくないなぁ…。」と、以前友人が言ってたことがありました。
義務、ではないはずなんだけど、それこそ暗黙の了解というか。どうしてお盆やお正月だからと言って、実家に帰るのが当たり前、みたいになってしまってるんだろうと。

帰省することを何とも思ってない人は、義務だなんて思ってないでしょう。義務だと思うということは、「帰らなくちゃいけないって頭ではわかってる、けど…」と思ってる方だと思います。

帰省したくない理由は様々。実家に帰るとお見合いを勧められる、同級生が結婚したとか孫が生まれたなんて話を聞かされる、という類のものや、

実家が汚い、義実家が汚い。孫に会わせろという親と、わかってるけど連れていきたくないと悩む嫁、という理由もあります。

女性の場合は、ご主人の実家に親戚が集まって一日中台所でお手伝いをする、疲れるために帰省するようなもの、という理由の方もいます。

そして、家族と折り合いが悪い、親と距離を置きたくて家を出たのに、という理由もありました。

帰省シーズンになると、
へのアクセスが増えてきます。

おそらく似たような記事を色々探していく中で見つけてくださったんだと思いますが、それらの記事を読みながら一人で悩んでるのではないかと思います。自分なりの答えを探そうとしてるのではないかと思います。

もしもひとりで悩んでるのだとしたら、せめて誰かに話してみませんか。話すことで少しでも気持ちが整理出来るかもしれません。それだけでも少し心が軽くなるかもしれません。

私自身もずいぶん悩みました。だから少しはわかるつもりです。
あなたに届きますように


もしよろしければこちらもご覧ください




* * * * *
【お知らせ】10月に2週間ほどお休みします

私事ですが、ただ今地区の役員をやっています。
今年の9月~10月頃は大きな行事が続くため、待機が少なくなります。
ご都合が合わない方は出来る限り調整したいと思いますので、お手数ですがご連絡ください。

また、10月の前半に2週間程度お休みする予定です。
日時が確定しましたら、このブログでお知らせします。

皆さまには大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解を頂きますようよろしくお願いします。

*  *  *  *  *

【電話カウンセリング】
13時~、14時~、21時~、22時~で待機しています。
都合により曜日は特定していません。土日は夜のみ待機しています。

【面談カウンセリング】
京都北部、京都府舞鶴市の公共施設で面談カウンセリングをお受けします。
詳しくはこちらです。 

ご縁を感じられた方は、下記予約センターまでお気軽にご連絡ください。
カウンセリング予約センター 06-6190-5131 
受付時間:12:00~20:30 月曜定休(祝日の場合は翌日代休)

 

このページのトップヘ