2012年03月

2012年03月30日

2012/04/22心理学ワークショップへのお誘い

こんにちは、カウンセリングサービスの河合一孝です。

2012年4月22日(日)の夜、東京・五反田で心理学ワークショップを開催いたします。
タイトルは『自分の人生を生きる』です。


皆さまは「ご自分の人生」を生きている、と感じていらっしゃいますでしょうか。

両親の敷いたレールの上を歩いているな。
パートナーの犠牲になっているな。
上司の言いなりになっているな。
人の顔色を窺ってばかりだな。
人の目が気になって、世間の目が気になって、もしくは失敗が怖くて、前に踏み出せないな。
なんだかよくわからないけど窮屈だな。

など、今の生き方は自分の人生って感じがしない、と感じていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
カウンセリングやワークショップなどでも、そのようなお話を伺うことがよくあります。

今回のワークショップでは、そんな皆さまがご自分の人生を生きていると感じられるようになるためのヒントをお伝えしたいと思っています。


もしかしたら、こう生きられたらいいな、と願いながらも、本当にそれでいいのだろうか、と疑ってしまうこともあるかもしれません。

この人と結婚していいのだろうか。
今の仕事を辞めて転職したいのだけど、それでいいのだろうか。

本当にそれをしたいんだろうか。
もしかしたら現状から逃げ出そうとしているだけなんじゃないだろうか。
どう生きることが本当の「自分の人生」なんだろう。

自分の人生を見極める「目」を養えたらいいですよね。


環境や運に恵まれず、または身体的なハンディキャップや社会的な立場などのために、思うように生きられない、と鬱屈した想いを抱えておられる方もいらっしゃるでしょう。
そのような方々は自分の人生を生きられないのでしょうか。

いいえ、そんなことはありません。

確かに環境に変わってもらうことは難しいでしょう。
運が悪くて失敗するとしても、運は天任せですから自分ではどうにもなりません。
ハンディキャップをなくすことも難しいでしょうし、社会的な立場をドブに捨てるようなこともなかなかできません。

それでも、こういった条件を何も変えなくても、しっかりと今の現実を踏まえたままで、ご自分の人生を歩むことはできるのです。


「自分の人生」って何でしょうか。
自分で納得できる人生じゃないかな、と思います。
自分の人生に納得していなければ、心から人生を楽しむこともできませんから。

今回のワークショップでは、自分の人生を見極める目を養い、自分で納得できる人生を歩く、そのための道標をお伝えしようと思っています。


今回のワークショップには、大塚統子カウンセラー、大野愛子カウンセラー、安池泰子カウンセラーも手を貸してくださいます。
こちらに興味をお持ちの方もお気軽にいらしてください。

もちろん、今回のワークショップでは心理学を基礎的なところからご説明させていただきますので、心理学に触れたことのない方でも問題なくご参加いただけます。

ワークショップの詳細はこちらをご覧ください。

皆さまのお越しをお待ちしております。


cs_kawai at 15:07イベント この記事をクリップ!
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)