目の前で弱音を吐かれたり、甘えたそぶりをみると「あまったれんじゃない!!」と感じてしまうのは、あなた自身も「いっぱいいっぱい」なときじゃないでしょうか?

a459da14e1915382f522facb00860992_s

こんにちは
カウンセリングサービスの那賀まきです。
いつもご覧いただきありがとうございます。

最初にお知らせです。

アメーバブログ「恋愛テクニック」
本日担当しています。

周りを優先して「大丈夫じゃないのに大丈夫と言ってしまう人」が自分も大切するために(1)

よろしければご一読くださいね。

□■*:;;;:*□■*:;;;:*■
さて、本題です。

目の前で誰かが溜息をついている。
「疲れたなぁ」とつぶやく。
「自信ないです!」と堂々と言い切る。
「これ、お願いします~」と簡単な仕事なのに他人に頼んでいる。

そんな様子を目にした瞬間
650991
「あまえてんじゃないわよっっ!!」
と思ってしまう・・・。

そんなあなた・・。


もしかしたら
自分に対しても
「あまえてんじゃないっ!」と
叱咤し続けているのかもしれません。


自分がいっぱいいっぱいで心に余裕がなくなると、
「ちょっとでも自分に優しくすると自分を保てなくなって崩れ落ちてしまうんじゃないか?」
「ほんのちょっとでも気を緩めると全く動くことができなくなってしまうんじゃないか?」と感じます。

それっくらい
ぎりぎりのところで踏ん張っている時には、他人の弱音や甘えを許すことなんてできませんよね。

ですから
そんな心の状態の時には、
弱音を吐いたり、
甘えているなと感じさせる人をみると、

それだけで
「ぷっちーん!と線がきれていしまいそうな怒りが湧いてきたりもするんですね。

5a81b4698b462cbad7123d2bd4fb1c3c_s

「怒りは感情の蓋」というように
怒りの下には、自分の言いたくても言えないような思いが隠れています。

「もういっぱいいっぱい、誰か助けてよー!
「わたしだってもう限界だってこと、わかってよー!!

そんな思い。

弱音を吐けるなら、吐いている。
甘えられるなら、甘えてる。
泣き言を言えるなら、言っている。


でも、
そんなことできない。
そんな姿を見せること、できない。
できる相手もいない。


生きていれば、そんな時もあります。

でも、
はき出せない気持ちを抱え続けるのは苦しいですよね。

踏ん張らずにすむなら、とっくに止めてる・・
でも、今は、踏ん張るしかない!!

そんなときは
踏ん張り続ける力を維持するためにも、
いっぱいいっぱいになった気持ちを吐き出すことが大事です。


気持ちを吐き出せる相手がいないなら
甘えられる場所がないのなら

燃え尽きる前に
疲れ果ててしまう前に

一度「カウンセリング」を使ってみてください。

はき出せない気持ち
泣き言、不安、怒り・・

そんな荷物を
ぜーんぶ下ろしてしまいましょう。

それだけで
心がすっと軽くなりますからね・・。



カウンセリングのご案内
◆6月のご予約中です!
6月の面談は 
6/17(日)←(残2枠)
6/23(土)6/24(日)です。
よろしければご利用くださいね。


【参考記事】

ご利用方法や面談・電話それぞれのメリットについて
那賀の得意なカウンセリングについて

詳しいスケジュールは予約センターまでお問い合わせください。 
カウンセリングのご予約お問い合わせは
カウンセリング予約センター
 06-6190-5131

「那賀(なか)のカウンセリング希望」とお伝えいただくとスムーズにご予約いただけます☆