自信を育むカウンセリング♬◆心理カウンセラー 紙谷まみ

◇こちらは心理カウンセラー達が作る癒し系サイト「カウンセリングサービス」のカウンセラーのプロフィールページです。

   You are beautiful.
   『自分の美しさ』を知るという冒険にようこそ☆

カウンセリングサービス所属カウンセラー(名古屋地区担当)

自身の経験をもとに、感受性の強さゆえの傷つきやすさ、ひとが怖い・ひと前で緊張しやすいなどの人間関係にまつわる問題や、長女気質のいい子特有の問題、自分に自信がない、自分が好きになれない悩みを癒すサポートを得意とする。

安心感を与える素直でまっすぐなパーソナリティーに加え、
ずばぬけた感受性の高さと、鋭い洞察力には定評がある。

「自分を愛することがすべて問題解決の鍵」をモットーに
そのひとが持つ才能や本質的な美しさを見つめ、
相手を勇気づけるカウンセリングが特徴。

お客様からは「“誰も分かってくれない”と思っていた気持ちを分かってもらえた」という声を多数いただいており、そのほかにも「ほっとできた」「心の整理ができた」などの好評を頂いている。

こんにちは
紙谷まみです。(*'ω'*)

11/25開催の名古屋カウンセラーズフェスタで
講演をさせていただくことになりました。
Festabana(640x480)
池尾千里カウンセラーからバトンをうけとりまして
フェスタの講演内容についてお話させていただきます。

わたしのテーマはこちら

②講演10:50~11:50 どうしたら自分を好きになれるんだろう?

自分を好きになる方法なんて
本屋さんに行けば自己啓発本はいくらでもうってるし
Googleで検索すればブログ記事が山ほどでてきます。

わたしが自分を嫌いだったころ、
方法論をさがしてたくさん書籍を読んだのですが
なかなかうまくいきませんでした。

そもそも、「どうして自分を好きになっていいのか?」
「自分を好きになったら、何が変わるのか?」

という根本的な疑問が付きまとっていたからなんですね。

ものごとを納得しながら進みたいタイプのわたしにとっては
この疑問が腑に落ちないままでは
Howtoをいくら学んでも身につきませんでした。

そして逆に、腑に落ちたとたん、ものすごく自分が変化したのを覚えています。

いま、自分をそこそこ好きになって感じるのは
急激な世界の広がりです。

カウンセラーになって、こうやってみなさんの前でお話することもそのひとつ。

新しいものにチャレンジしたり、フットワーク軽く気になるものを見に行けたり。

べつに自分を好きになったからといって、バラ色の人生になったわけじゃないですが
自分を好きになったことで、人生がより面白くなりました。

どんな方法論も、モチベーションがないと役に立たないと思います。

なので、今回は内容をピンポイントに絞って
「自分を好きになること」への抵抗を生んでいる誤解を
丁寧に解説していきたいと思います。

間違いなく紙谷にしかできない講演ですので、興味のある方はぜひ!!(^_-)-☆

さてさて。
明日は、はたのえりカウンセラーです。

以前、はたのカウンセラーに、大人の色気の秘訣を聞いたところ
「40デニールのタイツを履く」というとても実践的な回答をいただきました。(笑)
絶妙な透け感が色気のもととのことだそう。
勉強になります。
こんなウエットな返しのできる、はたのカウンセラーが講演で何を話すのか。
こうご期待です。( ̄▽ ̄)

    

【名古屋カウンセラーズフェスタ】

『「私」をめいっぱい楽しむための7つの方法』

日時:2017年11月25日(土)10:00~17:40
会場:(名駅)愛知県産業労働センター・ウインクあいち
交通:名古屋駅より徒歩5分
料金:¥3,240-(税込)
  ※出入り自由の1DAYフリーパスです。
  ※打ち上げへのご参加は別途割勘での精算となります。(飲食代3,000円程度)
  ※参加条件:18歳以上の方。ただし、2歳未満のお子様に限り、お一人まで無料でご参加頂けます。
  ※本会場は、食べ物持ち込み厳禁となっております。
    ご昼食・ご休憩などは会場付近の飲食店をご利用ください。


<当日の講演タイムスケジュールご案内>

★10:00~10:10 <オープニング>

10:10~10:40 講演1・池尾 千里
10:50~11:20 講演2・紙谷まみ
11:30~12:00 講演3・多楽田ひろみ

★12:00~13:30 <お昼休み・90分>

13:30~14:00 講演4・高見 綾
14:10~14:40 講演5・仁和 智美

★14:50~15:50 <イベントタイム・60分>

16:00~16:30 講演6・はたのえり
16:40~17:10 講演7・服部 希美 

★17:10~17:20 <エンディング・10分>

★17:20~17:40 <カウンセリングサービスの歩き方&アンケート・20分>

★18:00~20:00頃 <懇親会・120分>
会場近くのお店です。ご都合よろしければ、是非ご参加くださいませ。


皆さまのお越しを、カウンセラー一同、心よりお待ちしております。
どうぞお気軽にお出かけいただけたらと思います。



こんにちは、紙谷まみです。(*'ω'*)
今日は個人的な話をさせてくださいね。

* * * *

”こじらせ”女子という言葉を生んだ「雨宮まみ」という作家さんがいました。
女性の自意識、性や恋愛について、
鋭く、優しく、なにより美しい文章を書くかたでした。

去年の11月に、アルコールの事故でなくなったそのひとは
わたしがいままで生きて生きたなかで、最も影響をうけた作家さんのひとりです。

>雨宮まみさんのコラムはコチラ:https://cocoloni.jp/scategory/anasoko/

雨宮さんの文章にであったのは、
わたしが自分を愛せなくて苦しんでいたころです。

要領が悪く、他人と上手く関われない自分が嫌で嫌で
もう生きるのを辞めたい衝動と闘っていたさなか

ふと目にしたコラムの一節に、心臓を鷲掴みにされたんですね。

最初から自分のことを自然に愛することができなかった人間にとって、
人生は自分を愛するための冒険であり、
それをする過程で他者への愛を知ろうとする冒険でもあると私は思います。


自分自身の内側に白い光をあてられたような感覚でした。
モニターの前でマウス握りしめて、ぼろぼろ泣いたのを覚えています。

わたしがこだわっているところ、何に葛藤を感じているのかを
かわりにすとんと言葉にしてもらったような。
そして言葉にすることで、肯定してもらったような感覚になりました。

いまカウンセラーとしてカウンセリングをするうえで
もやもやして、ごちゃごちゃした内側を整理することを重視しているのですが

その原体験になったのが雨宮まみさんの文章でした。

本当に本当に、もっとたくさん彼女の作品を読みたかった。
すごく悔しいです。
ご冥福を心よりお祈りいたします。

★電話カウンセリングの待機枠について

月曜日、火曜日・水曜日・金曜日の
23:00~を中心にご用意しております。

よろしければご利用くださいね。

POI



こんにちは。
紙谷まみです。(^^)v

何年もたっているのに、大したことじゃないはずなのに
まだ心が痛むんです、というお話をうかがうことがあります。

そういうお話をされるクライアントさんは
たいてい、弱くて勇気のない自分のことを責めていておられます。

でもですね。
紙谷は逆に質問するんですね。

いまでも痛むってことは、
その出来事はあなたにとってはすごく衝撃的だったんじゃないんですか?

大したことないってなんで思うんです?
心の痛み、哀しみ、寂しさ、過小評価してこなかったですか?

わたしたちはひとりとして同じ人間はいないし

どの出来事が、どれだけ衝撃なのか、いまどのくらい辛いのかって
その人にしか分からないことで、
これだけ時間がたったんだから、とか、平気なひとはいっぱいいるだろうし、とか
一般化って役に立たないんですよね。

病気の治療って、診察したり検査したり
どこがどのくらい悪いんだろうって確かめるところから始めますよね。

心もいっしょで、
いまでもこれだけ痛いってことは、当時は、どのくらい辛かっただろうって
あらためて振り返ることが、癒しのスタートになります。

あらためて振り返ってみたら、

平気と思ってたけど全然平気じゃないわ…、って思うかも知れないし
あんがい癒しが進んでいるな~、ってことにもなるかもしれません。

心の痛みを、過小評価も過大評価もしないで
落ち着いて、俯瞰的にみつもっていく。

急がば回れで、焦って無理しないことで、
癒しをよりはやく進めていけるのです。

読んでくださってありがとうございました。(^_-)-☆
Festabana(640x480)

こんにちは。
紙谷まみです。(*'ω'*)

カウンセリングのなかではよく「怒り」の話が出てきます。

あのひとに腹が立って仕方がないとか
あの一言が今でも許せないとか。

怒りをあつかうために知っておくと役立つのは
「怒りは二次的な感情である」ということ。

怒りのしたには、かならず「寂しい」「悲しい」という
心の痛みがあります。

コールセンター時代にうけたクレーム対応研修で

怒りを爆発させているクライアントというのは
その原因になっている「寂しい」や「悲しい」に共感を求めている方である

なので「寂しい」や「悲しい」に話をフォーカスして
「あなたの痛みを理解した」というコミュニケーションをとることで
相手の怒りは沈静化されていく

というようなことを習いました。

あんまり技術力の高いオペレイターではなかったので
習っても使いこなせたわけではないんですが、

でも、自分自身の怒りをあつかううえでは、
「怒り」のコミュニケートでは終わらないで
そのしたの「寂しい」や「悲しい」をコミュニケートする

を意識するのはすごく役にたっています。

感情は表現することで解放がすすみます。

そのときに二次感情の怒りの話を多くするよりも、
一次感情の「寂しい」「悲しい」の話を多くしたほうが
心の中がよりすっきりするんですね。

とくに怒りんぼな自分で困っているかたは、
一呼吸おいて心を観察してみるといいかと思います。

本当は怒りたいんじゃなくて、
「寂しい」「悲しい」を分かってほしいだけなんだな
と気が付くと、もっと自分に素直になれるかもしれません。

読んでくださってありがとうございました。

★電話カウンセリングの待機枠について

月曜日、火曜日・水曜日・金曜日の
23:00~を中心にご用意しております。

よろしければご利用くださいね。

POI

Festabana(640x480)

こんにちは。
紙谷まみです。


なんて云ったら分からない気持ちってありますよね。
辛い、苦しい、寂しいだけでは取りこぼれていく繊細な気持ちです。


カウンセリングでは、よく言葉をつまらせる方に出会います。
「黙っちゃってすみません」と云われるのですが
謝らないでくださいね。

わたしもかつてなかなか内側が言葉にならないタイプだったので
どういう状態に陥っているのか、重々分かります。


わたしは今までたくさん本を読んできました。
もちろん娯楽のためであったのですが
もうひとつは、なかなか言葉にならない繊細な気持ちに当てはまる文章を
無自覚的に探していたのだと思います。


本を読んでいるとふと、涙がこぼれるような一節にであうことがありました。
なぜだかわからないけれど、すごく心に響く、みたいな。


カルタシス効果、と呼ばれるのですが
漠然とした気持ちを表現する方法を得たとき、
わたしたちはそれを解放することができます。


わたしは、心に響く一節に出会うたび、それを大切にしてきました。

そしてそういう一節が、心にたくさん溜めこんでいったあるとき
急激に、自分の気持ちを言葉にするのが上手くなりました。


だからもし、言葉にならない気持ちで苦しんでいるのなら
まず、心に響く、セリフ、詩、本の中の一節を探して、それを大切にしてみてください。


そしてよかったらそれをわたしに聞かせてください。
一緒に内側を表現する練習をさせてもらえれば幸いです。


★電話カウンセリングの待機枠について

月曜日、火曜日・水曜日・金曜日の
23:00~を中心にご用意しております。

よろしければご利用くださいね。

POI

landscape-nature-green-tree-travelling[1]

こんにちは。

紙谷まみです。(*^_^*)

11月25日の名古屋フェスタテーマが決まりました。

『「私」をめいっぱい楽しむための7つの方法』

紙谷の講演は、10:50~11:20

講演タイトルはこちら
「どうしたら自分を好きになれるんだろう?」

紙谷は、すごく息苦しい10代、20代を過ごしました。
その大きな理由は、自分が好きじゃなかったからです。

全然完璧じゃない自分が嫌いで、その欠けた部分を補うべく
色んな努力をしては上手くいかず、もがいてばかりの毎日でした。


いま30代になって、やっと
「わたしは自分のことが好き」って公言できるようになりました。


私をめいっぱい楽しむには、その土台として、いかに自分を好き
になれるのか、いかに自分の人生を肯定できるのかが重要です。

自分を嫌いだったわたしが、何が起こったのかを中心に、
お話をさせていただければと思います。
ぜひ足を運んでみてくださいね。


    

【名古屋カウンセラーズフェスタ】

『「私」をめいっぱい楽しむための7つの方法』

日時:2017年11月25日(土)10:00~17:40
会場:(名駅)愛知県産業労働センター・ウインクあいち
交通:名古屋駅より徒歩5分
料金:¥3,240-(税込)
  ※出入り自由の1DAYフリーパスです。
  ※打ち上げへのご参加は別途割勘での精算となります。(飲食代3,000円程度)
  ※参加条件:18歳以上の方。ただし、2歳未満のお子様に限り、お一人まで無料でご参加頂けます。
  ※本会場は、食べ物持ち込み厳禁となっております。
    ご昼食・ご休憩などは会場付近の飲食店をご利用ください。


<当日の講演タイムスケジュールご案内>

★10:00~10:10 <オープニング>

10:10~10:40 講演1・池尾 千里
10:50~11:20 講演2・紙谷まみ
11:30~12:00 講演3・多楽田ひろみ

★12:00~13:30 <お昼休み・90分>

13:30~14:00 講演4・高見 綾
14:10~14:40 講演5・仁和 智美

★14:50~15:50 <イベントタイム・60分>

16:00~16:30 講演6・はたのえり
16:40~17:10 講演7・服部 希美 

★17:10~17:20 <エンディング・10分>

★17:20~17:40 <カウンセリングサービスの歩き方&アンケート・20分>

★18:00~20:00頃 <懇親会・120分>
会場近くのお店です。ご都合よろしければ、是非ご参加くださいませ。


皆さまのお越しを、カウンセラー一同、心よりお待ちしております。
どうぞお気軽にお出かけいただけたらと思います。

こんにちは。
紙谷まみです。


まずは告知から


10月29日(日)名古屋
『インナーチャイルドを“いけないの魔法”と“がまんの魔法”から解放しよう』のワークショップ
昼の部 13:30-17:30
夜の部 18:30-20:30
にゲスト参加いたします!!


原カウンセラーの十八番、インナーチャイルド(大人になるまでに作ってきた精神構造)を癒すワークショップ。
ぜひぜひ、足を運んでみてくださいね。


◆ ◆ ◆ ◆ ◆


毎日が息苦しい方が良くおっしゃるセリフに
「こんなこと、思っちゃいけないんでしょうけど…」
「こんなこと、云っちゃいけないんでしょうけど…」
という言葉があります。


あのですね。
思っちゃいけないこと、云っちゃいけないことなんてないですよ。

「わたし」の心は、気持ちは「わたし」だけのもの。

「わたし」が辛いなら、辛い、でいいんですよ。


わたしたちは、社会の仕組みの中で縛られて生きています。
外側の縛りのなかでは、相手と折り合いをつけて行動する必要があります。
その中では、飲みこまざる得ない想いもあるでしょう。


でも、心は自由です。
これが好き、これが嫌い、こんな風になったらいいな、こんな未来がほしいな

どんなにちっぽけなものでも、あなたが大事だ、と思ったら、大事にしていいですよ。
大事だって云っていいんです。


紙谷がずっと苦しかったのは、内側に自主規制を強いていたからです。
嫌なことを嫌だと思っちゃだめだ、と押さえつけて生きていたから。

でも規制すればするほど、クリエイティブな気持ちが死んでいって、
何のために生きているのか分からなくなっていきました。

せっかく生きているのに、死んだようにいるのなんで、ほんともったいないですよ。


外側が自由になるのが物理的に難しいなら、まず内側から。
心の自主規制をとっぱらって、自由を大切にしていきましょうよ。

あなたの感じる感情のすべてを、大切にしていきましょうよ。

それが生きやすさにつながっていくと、わたしは信じています。

読んでくださってありがとうございました。


★電話カウンセリングの待機枠について

月曜日、火曜日・水曜日・金曜日の
23:00~を中心にご用意しております。

よろしければご利用くださいね。


POI



このページのトップヘ