失恋は本当につらい出来事。
涙をポロポロ流しながら辛いお気持ちを面談ルームで話してくださったクライアント様から、

「今恋に悩む女性の代表者」のような声を寄せていただきました。
メッセージの後に、ちょっと私からの解説が入っています。

全文掲載です。

沼田さんのカウンセリングの感想です。
 
今日は19時からの面談カウンセリングありがとうございました! 

彼とお別れするということで、今までは彼以外に私を好きになってくれる人なんていないと思っていたのですが、今日のカウンセリングで、私も幸せになれるかも!と思えるようになってきました! 

今まで、周りの友人はカウンセリングを利用してないですし、試験や失恋だけでカウンセリングを使うということが恥ずかしいような、罪悪感を感じていて、母に言うことができませんでした。

自分が弱いような気がしてしまったからです。
カウンセリング後に母と電話した時に、母にカウンセリングを受けていると打ちあけることもできました。

母にカウンセリング内容を話したら、
「そんないい人がいるんだ!●●も心理興味あるし、そういう道にいくのもいいかもね!」
と言ってくれました。

公務員にこだわっていたあの母がです!笑
適当に言ったのかもしれませんが!笑
また、母に「ブスだけど大丈夫よ~」などと言われましたが、
「ブスブス言うから自信なくなるんだってよ!笑」などと笑いながら話しました。 

あと、今まで恥ずかしがって話してくれなかった、父との馴れ初めなども教えてくれました!
とてもいい経験になりました! 

友人も電話してくれて、今はとてもみんなの愛を感じれています。
波があるので辛くなったら、すぐみえ子さんに電話相談を申し込ませていただきます!
本日はありがとうございました! 

(※沼田から掲載をお願いするメールを返信したところ、、、)

返信ありがとうございます! 

まだ付き合っていたころは、フラれたら死んだ方がマシ、、とまで思うときがあったのですが、
今は思ったよりスッキリしていて
、みえ子さんや、友人などのおかげでわりと元気に過ごせています。ありがとうございます。 

また、「今でも美人だよ!」と言っていただいても、嬉しい気持ち半分、褒めるの上手なんですね、、という気持ち半分くらいなのですが、まずは自分で自分をブスと思う回数を減らしていきたいと思います。 
また詳しくは電話しますね! 

こんな感想でも役に立つのなら、ぜひブログに掲載してください! 

カウンセリングで、どうしてそういう考え方をしてしまうのか等を教えていただけて、とても楽になりました。また男性と女性の違いを知ることで、悩みごとも少なくなりました。 

ただ、周りの友人が恋愛でうまくいっていたり、失恋しても元気そうな人を見ると、私はなんで心理学に頼らないと恋愛できないんだ、?と思ってしまうときもあります、、。

あとは、同年代の友人に男性心理の話をしても、あまり理解してもらえないというか、なんで女がそんなに気を遣わなきゃいけないの?!という反応だったりもします。 

私の感じたことや体験が、カウンセリングを受けるか迷ってる方の参考になればいいなと思います!! 
2015-12-11_094352







本当に掲載許可をありがとうございました。

この方が書いてくださった点、失恋ごとき(本当はごときなんかじゃなく、すっごく大きな出来事ですよね)でカウンセリングなんて受けていいのか、、?
ときっと多くの方が思うんじゃないかな。

私も自分が夫婦関係のことで相談しようと思う前までは、カウンセリングはうつ病など心の病になったときに受けるものだと思っていました。

欧米では割と普通にカウンセリングを受ける人は多いのですが、日本ではまだそこまで浸透していないのかもしれませんね。

特に失恋のカウンセリングでは、まず悲しい気持ちを話して感情を解放してもらいます。
そして悲しい気持ちが何度も何度も波のようにやってくることは、あなたの心が正常に動いている証拠という話をしたり、心がどう回復していくか、、といった話をすることもあります。

失恋は同時に「自己否定」された感覚が強くなり、自分はだめなんだ、、と落ち込みやすい状況です。
でも、あなたの魅力はこんなにありますよ!!とお伝えしていき、自信を回復していく手助けをしていきます。

同時に「多くの愛」にも触れてもらいます。
「愛」は全てを癒す力がありますからね。

>なんで私は心理学に頼らなきゃ恋愛できないの?

>なんで女がそんなに(男性に)気を遣わなきゃならないの?

といったことが書かれていましたが、ほんと、そう思うだろうな~~と大きくうなずきながら読みました。

人は1人1人、成育歴が違うので親がどんな言葉を発してきたか?や、褒められて育ったか、叱られて育ったか?兄弟構成は?両親の仲はどうだったか?などによって、思考パターンは細分化されて行きます。

心理学は心の動きを体系立てて説明しているのですが、例えば「問題とギフトは表裏一体」と心理学ではとらえます。

例えば失恋は悲しい出来事(問題)ですが、このことをきっかけに男性心理に興味を持ち、理解していくと、これからの長い人生でパートナーシップは驚くほど上手くいくようになります。(ギフト)

これを自然にできている人もいるのですよね。
ものごとの「ギフト(良い面)」を探す目を、育ってきた過程で得たのかもしれません。

でもこの目を一度持てば、もう一生ものです。
人生を生きやすくする知識や考え方ですので、心理学は知っている方がいいことは沢山あると思いますよ。

恋愛だけでなく育児にも、セルフイメージをあげるにも、お金を稼ぐことにも、ビジネスにも、人間関係全般にも活用できます。

女性ばかりが気を遣う、、の話は、よく「女ばっかり損じゃん!(怒!)」という声で伺います。
その記事はこちらにも書いてあるので、よかったらご覧ください。⇒「女ばかりが譲らないといけないわけ!?」

これ、女性共通の気持ちだと思います。私もよく思っていましたもの。

ただ、パートナーシップは感情が大きくかかわることなので、女性がリーダーシップをとったほうが上手くいくことは多いです。男性って感情に関しては「鈍感」ですからね(殿方の皆さまごめんなさい!)

是非心理学をジャンジャン実生活で活用して、幸せになっちゃいましょう!!

====
カウンセリングは、予約センターにてご予約を入れてご利用くださいませ。


カウンセリング料金や東京カウンセリングルームの場所はコチラをご覧くださいね。
カウンセリングスケジュールはこちら>>


電話番号:06-6190-5131 

営業時間:12:00~20:30

定休日:月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日。

皆さまからのご予約、お待ちしております。