よく心理学サイトに、男性は褒められるのが嬉しいので、
「すっごーーい!」
「さっすが~!!」
と褒めましょうとあります。

でも夫を褒めると、
「口だけなんだろう?」
「心にもないこと、いうな!」
「何考えているんだ?」
「うるさい!」

などと、キレられたりします。

私のほめ方がおかしいのでしょうか?
2016-09-26_055530





 
XXXX

時々こんなご相談をカウンセリングで伺います。

こんな方はきっと子供時代に親から褒められた経験がほとんどないことが多いです。

いつもダメ出しされたり、
あなたが悪いんじゃないの?と否定されることが多かったり、、。

褒められたことがないと、褒められた時に感じる感情の処理ができなくなっちゃう、
、。
でも本来、子供は褒められたいんですよね。

私は15年半の海外駐在生活から戻ってきてから、パートで幼稚園で子供たちに英語を教える
仕事を2年程やっていましたが、
「みえ子せんせーーい!見て~!すごいでしょ!?私こんなこともできるんだよー!」
と、バレーを習っている子は開脚を披露してくれると、別の子がすかさず
「僕は今度の日曜日、サッカーの試合なんだ!僕試合に出るんだよ!」
と知らせてくれる。

そのわきで、「みえ子先生見て!これ私が書いたの!」
と漢字で書かれたその子の名前を見せてくれたり、、。

「きゃー、すごいじゃない!そんなことできちゃうんだ~!!すっごいねぇ~」
「お~、サッカーやってるんだ!かっこいいねぇ~!将来は本田選手みたくなるのかな?」

と伝えると、本当に皆嬉しそうに笑うんですよ。
(子供時代のホメの大切さの記事はこちらをクリックです!)

でも、そのような経験が少ないと、褒められたかったのに褒められなかったという悲しみが
こころの中に生まれてきた子供時代が存在し、その悲しみを感じないようにこころの中に押し込めちゃった経緯があります。

でもその悲しみは押し込めても、澱(おり)のように積もり積もってこころの中には存在しています。
褒められると、その昔の悲しみも一緒に心の表面に浮上してしまうので、怒りでそれを
感じないようにします。

だからキレたりしちゃう、、。

なのでこのような男性には感謝から伝えていくことの方がベターな場合があります。

「●●してくれて本当に助かったよ。ありがとうね」
「あなたのおかげで今日も楽しかったよ!ありがとうね」

といった感じに。

ホメ言葉よりも「ありがとう」「あなたのおかげで、、」
という言葉の方が受け取りやすい場合が多いですから。

この感謝を十分伝えてから、もう一度「褒める」という段階に進まれるといいと思いますよ。

===
カウンセリングは、予約センターにてご予約を入れてご利用くださいませ。


カウンセリング料金や東京カウンセリングルームの場所はコチラをご覧くださいね。
カウンセリングスケジュールはこちら>>


電話番号:06-6190-5131 

営業時間:12:00~20:30

定休日:月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日。

皆さまからのご予約、お待ちしております。