こんな文章をブログ記事なんかで見かけませんか?

自分のことをもっと認めてあげよう。
自分をもっと好きになろう


そんなこと、できないです。

だってこんなところもダメだし。
こんなこともできないし。
あんなこともできない。

こんな自分をどうやって承認したらいい?
こんなにダメなところばかりなのに、、。

本当に私も含めて人って、「できない」「ダメなところ」は沢山見つけようとする。
いつも、ふいに。
無意識に。

どうしてなんだろう?
いつからなんだろう?

今日はそんなお話。

XXXX

昨日、夕飯の買い出しに近所のスーパーにでかけました。
レジを終えて、台の上でかごから買ったものを袋に詰めていると、私のわきにやってきた親子のうち、
2人の小学生くらいの男の子が「スイカの棒アイス」を食べていました。
見ると金髪の外国人の男の子でした。

すると突然お母さんが怒りだしました。
人目もはばからず、大声で怒鳴り散らすお母さん。
でも英語でもなく、ドイツ語でもなく、何か別の言語でした。
ロシア語かポルトガル語かなぁ~?

何を怒っているのか、私には言葉がわからず状況はわかりません。
でも、口調から怒っている様子は伝わってきました。

すると一番上のお兄ちゃんが、ベビーカーに座っている妹に哺乳瓶で飲み物を与え、
自分はスイカの棒アイスを食べていました。

うわー、3人連れての買い物かぁ、、。
さぞかしストレスもたまるだろうなぁ。
異国の地だし。
うちは2人でも大変だったものなぁ、、。

自転車置き場でもまだお母さんの怒りは収まらず、、
西日の眩しい中、まだ子供たちに怒鳴り散らしていました。

こう暑いと、ホントただでさえイラついちゃうよなぁ、、。

そんなことを思っていたら、渋谷のスクランブル交差点の出来事を思い出しました。

渋谷のハチ公前の交差点は、どのタイミングで信号が変わるか、グラフのようなものがだんだんと減っていくことでわかるようになっています。

私の目の前に家族4人が信号待ちをしていました。
まもなく青になろうかという時に、小学2年くらいの女の子が、のどが渇いたのか、
持っていた小さな魔法瓶のふたを開けて、お茶をふた兼コップに入れようとしました。

「あれ?もうすぐ青になっちゃうよー」
と私もこころの中で思い、大丈夫かな~と思った矢先。

「何考えているんだよ!もうすぐ青だろ!ばっかじゃねぇか?オマエ空気読めよ!
ほんと、オマエってクズでバカなんだよな、いつもよぉ~!」
と隣に立っていたお父さんが怒りだしました。

「ホント、ばかでさー。なんでわからねぇかなぁ?」

交差点を渡り切るまで、ずっとお父さんは怒鳴り続け、その女の子は下を向いたまま
一生懸命小走りで渡っていました。寂し気な表情でした。
2017-02-22_120620







XXXX

子育てをしていると、いつも親がにこにこしていることは難しい時もあると思います。
子育ては24時間、365日。
いつも優しく、笑顔でいることは不可能でしょう。

親も実は自分を責めているのかもしれません。
親もそれぞれストレス社会で生きていますし。

でも、小さな子供はお母さんやお父さんからの言葉を、そのまま純粋な心で受け止めます。

怒られたら「あ、私が悪いんだ」
「ばかだなー!」と言われたら「あ、私はばかなんだ」と思ってしまう。

本当は、「信号が変わるってわからなかったのよ!そんなに怒らないでよ!」
と子供ながらに言いたかったかもしれません。

でも言えない。
怖いし。
もっと怒られるかもしれない。

だから自分が悪いことにしよう。
だから自分がバカってことにしよう。

そうすればこの場は収まるから、、。

こうして「自分はダメだ教」の信者になっていく、、。
本当は誤解なのに。
本当はお父さんやお母さんの言葉は、「絶対正しい」わけじゃないのに。


子供と大人の違いは
「もしかしたら、親の見方はいつも正しいわけではない」と気がつけること。
そして思い込みを修正できること。

「わたしは、だめじゃない」
「わたしは、ばかじゃない」
「わたしは、悪い子じゃない」
2018-07-20_103806





生まれてからずっと一緒に生きてきたあなただから、言ってあげられると思います。
自分自身に。ダメなんかじゃないよって。


===


  8/4(土)に東京カウンセラーズフェスタで講演しますよ。是非聞きに来てくださいね~。

15:40~16:10 講演 沼田みえ子 『自分を好きでいると見える世界』


今回の会場は今までの田町ではなく、上野ですから、お間違えなく!

>>申し込みフォーム<<

東京カウンセラーズフェスタとは?⇒詳細はこちら

20180804Tokyo-FESTA







日時:8/4(土)10:00~18:10
※開催場所は上野です。前回まで開催していた田町会場ではございません。近隣の「TKP上野ビジネスセンター」とお間違えないようにお気を付けください。
交通:JR上野駅より徒歩2分 / 東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅より徒歩1分
料金:¥3,240- (出入り自由のフリーパスです)


※参加条件:18歳以上の方。ただし、2歳未満のお子様に限り、お一人様まで無料でご参加頂けます。
※会場には授乳・おむつ替えに対応出来るスペースやお子様の待機スペースがごさいません。
必要なものは各自でご準備の上、お持ちくださいますよう、予めご了承ください。


===
カウンセリングは、予約センターにてご予約を入れてご利用くださいませ。


カウンセリング料金や東京カウンセリングルームの場所はコチラをご覧くださいね。
カウンセリングスケジュールはこちら>>


電話番号:06-6190-5131 

営業時間:12:00~20:30

定休日:月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日。

皆さまからのご予約、お待ちしております。