心理カウンセラー◆沼田みえ子(カウンセリングサービス)

◇こちらは心理カウンセラー達が作る癒し系サイト「カウンセリングサービス」のカウンセラーのプロフィールページです。

カウンセリングサービス所属カウンセラー。
東京地区担当 ぬまた みえこ 

5人連続フラれまくりの独身時代、その後の離婚危機も乗り越えて、
今までの人生で一番のラブラブ夫婦関係を得ることができた
カウンセラーが、

夫婦問題、婚活に悩むあなたにうまくいくパートナーシップのための
カウンセリングをいたします。


>>>カウンセラーの一覧へ
>>>カウンセリングサービスのHPへ
>>>カウンセリングサービスって?

【人間関係をスムーズにしたいあなたへ】

例えばの話。

私は今日も一生懸命、仕事で頑張っている。
だけど、上司は全然私のことを評価してくれない。

なんで?
私、すっごく努力しているのに?

例えばの話。

パートナーは私の事、全然大切にしてくれない。
昔はもっと優しかったのに?
どうして私にもっと優しく接してくれないの?

とっても私は悲しいよ!
2016-06-13_145914







☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

ほんと、評価されたいのに全然評価してくれないと、いやはや悲しいですよね。
報われない絶望感や、認めてくれない悲しみや、、、色々な気持ちを感じてしまうよね。

パートナーに大切にされたいのに、大切にしてもらえない。
愛されている気がしなくて、ほんと、孤独感を感じちゃうかもな。

そんな時は、、

あなたの周りに、あなたに認めて欲しい人がいませんか?
あなたが、あえて認めてあげていない人がいる可能性が高いですよ。


あなたが、評価してあげていない人がいないかな?

あなたがあえて優しくしてあげていない人は、誰だろう?

旦那さんかな?奥様かな?子供かな?部下かな?友達かな?親かな?
誰だろう?

心のエネルギーって面白いもので、出したものがそのままブーメランのように戻ってくるのですよ。

「あなたのこんなところがすごいですよ!」
といつも周りに伝えている人は、きっと周りから
「あの人、いつも人のいい所が見える目を持っていて、本当にすごいよね」
と評価されるもの。

同じように文句ばっかり言っている人は、
「あの人っていつも不満ばっかり言っているよね。」
と、批判されることは多いのですよ。

もしも私のことを、もっと褒めてよ~!と思っていたら、、
是非、まずあなたが褒めてみてね。

心の法則では、「欲しいものはまずこちらから差し出してみるとイイよ」という公式がありますから。

会社でも、夫婦関係でも、親子関係でも、彼氏彼女でもみんなこれが当てはまりますからね~。

 続々お申込みを頂いています~。

  沼田&森川スペシャルコラボワークショップPART5  

「セクシュアリティを解放して最高のオトコとオンナになる!」

  
日時:2019年3月30日(土)13:30~19:30
会場:東京渋谷 TKP渋谷カンファレンスセンター 10B 
交通:JR渋谷駅東口徒歩3分、東京メトロ銀座線渋谷駅徒歩3分、東京メトロ副都心線、半蔵門線、東急東横線、東急田園都市線渋谷駅15番出口徒歩3分 ⇒MAP
料金:10800円(税込)

講師:沼田みえ子&森川陽介

>>お申込みはこちら<<


>>講座の詳細はこちら<<

この講座はこのような方に向いています。

素敵なパートナーシップを築きたい方
本当の自分らしさを発見したい方
女性はより素敵な女性に、男性はより力強い男性になりたい方


この講座に出ると、こんなあなたになれます。

素敵なパートナーシップを待てるようになります
生きるのが楽に感じられます
もっともっと前向きにチャレンジができるようになります
女性として、男性として自信を持てるようになります
20190330沼田森川6h_blog











↓ ただいまキャンセル待ちを受付中~!


   沼田X森川コラボワークショップ 【FOR MEN】   
     「これだけ知っていたらあなたもモテ男!」

日時:2019年2月22日(金) 19:00~20:50
会場:TKP上野駅前ビジネスセンター(⇒MAP
交通:JR上野駅広小路駅口から徒歩2分、東京メトロ銀座線、日比谷線上野駅2番、3番出口から徒歩1分。
料金:3240円

>>キャンセル待ちフォームはこちら<<

20190222Numta_Morikawa_ForMen_Blog








また、「ここがわからん女ココロ!」を大募集!是非「お問い合わせフォーム」を使って、
ご質問をお寄せください!ブログ記事、またはワークショップ内でお答えさせて頂きたく思います!

>>お問い合わせフォームはこちら<<     

=====

カウンセリングは、予約センターにてご予約を入れてご利用くださいませ。

カウンセリング料金や東京カウンセリングルームの場所はコチラをご覧くださいね。
カウンセリングスケジュールはこちら>>


電話番号:06-6190-5131 

営業時間:12:00~20:30

定休日:月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日がお休み。

ブログアップ通知がLINEで届きます。よろしかったら登録してみてくださいね。
  ↓   ↓

本当はもっと会いたいのに、「会いたい!」って言えない。
本当はもっと私を大切にして欲しいのに、その言葉を何度も飲み込んじゃう。

なぜ?なぜ本当の気持ちを言えないの?

だって、、、

私の気持ち、受け止めてくれなかったら、、そう思うと怖いもん。

もしかしたら、「こいつメンドクサイやつ!」って私のこと負担に思われて嫌われるのでは?と
怖いから、、。だから物分かりのイイ女を演じてしまう。

ケンカになったら嫌だから、、。
私さえ我慢したら、今の関係を壊さなくてすむし、、。
だから我慢するしか方法を知らない。

XXXX

もしもあなたが「自分の本当に感じていること」を言えないとしたら。
その気持ちを押し込めちゃう、、でしょうか?こころの中に。

そうすると、そのうちに「怒り」が蓄積されてくるのではないかな。
「なんでわかってくれないのよ!」
「なんで私ばっかり我慢なのよ!」って。

それは、「私のこの悲しさ、わかって欲しいのに、、」
「この辛さ、わかって欲しいのに、、」

でも、、
「わかってくれないんだ、、」と悲しみを感じているから、、、。
ちっちゃな子供のあなたが、膝を抱えて部屋の隅っこで泣いている感覚に近いかもなぁ。
2016-11-09_152809






私は子育てをしてきて実感しているのですが、ちっちゃいころ(3歳くらい)の子は、いっつもママにまとわりついてくるのですよ。

面白いのは、キッチンでお野菜とか切っていると、キッチンとママとの間に入ってきて、
ぐぐぐ~~~っとママを押すの。
そうしてね、「ママ、だっこ」っと言うわけです。

「ほら、ママ、今ご飯作っているからね」と、あっちに行って!!としたくなるのですが、
子供は食事作りに集中して、ママが自分をかまってくれないことに寂しさを感じているのですよね。

(夕飯準備はてんてこ舞いなので)いつもはできないのですが、「もう、ママがぎゅーーー攻撃しちゃうぞ~~っ!」
とハグをしてあげると、子供はキャッキャ喜んだりするのですよ。

なぜ?
僕の寂しさを受け止めてくれた感覚があるから。
私のこと、わかってくれたーーって満足するから。

ちいさいころは、遠慮なく「自分の気持ち」を表現できるのですが
「もううるさい!ママは今は忙しいの!!あっちいけっ!しっしっ!」
などとされることが何年も続くと、子供の心には

「自分の本心を伝えると、ママに怒られる」
「自分の気持ちを伝えると、迷惑がられる」
「自分の気持ちは受け止めてもらえない」


といった思い込みが生まれてくるのですね、、。

だから、だんだんと本心を言わない人間に成長していく、、。
そしてそれがいつしか、「当たり前」になって、心が勝手に我慢するモードになったりするのですよ。

あまりに当たり前すぎて、本人には自覚がないことも多く、
でもいつも「なんでわかってくれないのよ!」という怒りだけがこころの中にあるから、

イライラをぶつけて関係性を壊す

ということが多い人生になっちゃう。
でもどうしてこうなるのかが、なかなかわからないんですよね。
心理学を知っていくと、上記のようなメカニズムがわかり、
「ほぉ~~、そーゆーわけかー」と理屈ではわかってくるのですけれどね。

どうしたら「本心を伝えることができる人間になれるか?」と思いませんか?
私は思うなぁ~。

カウンセリングでのアプローチの一つとしては、

⇒「ママにわかって欲しかったちっちゃいころの私」と向き合って、わかって欲しかった思いを解放する。

⇒今わかって欲しい気持ちがあるとしたら、それは何か?という深堀をしていくことをしていく。

⇒伝えるノウハウを知る。
例えば

「私は〇〇と思うの。XXしてくれると嬉しいな」
と、「うれしい」や「助かるんだけれどな」といった愛が絡む言葉とセットに伝える方法や、、

特に男性パートナーは「自分が責められる」「怒られる」といった罪悪感を感じながら
言葉を受け止める傾向が強いことも多くあるため、

「責めているわけじゃないんだよ」「怒っているわけじゃないからね」
という言葉を最初にくっつけて気持ちを話す方法などを実際の場面場面でお伝えして行きます。

この「本当の気持ちの伝え方」のワークショップが、ちょうど1か月後に開催されますよ。
講師は「やさしさオーラ全開」の大野愛子カウンセラー。

優しい語り口調が好評の、多くのファンを持つカウンセラーです。私もゲストカウンセラーとしてお手伝いに行きますよ~!一緒に参加しませんか??>>講座の詳細はこちら<<
2018-08-08_100718






講座: 学校では教えてくれない、ホントの気持ちの伝え方~相手も自分もHAPPYになる~
日時: 2018.09.08(土)  18:30-20:30
場所: TKP上野駅前ビジネスセンター  カンファレンスルーム7A 
交通: JR野駅より徒歩2分 / 東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅より徒歩1分
料金: 3,240円
<ただいま受付中!>

<会場への道案内 最寄り駅:上野>
●JR線上野駅中央改札から広小路口へ。すぐ左にある歩道橋を昇り、途中の分岐を右に曲がり陸橋をくぐる。突き当り左側「常陽銀行」方面の階段を下り、「レオパレス21」左側に「TKP」入口。>>写真付き道案内はこちら

●地下鉄銀座線・日比谷線上野駅1・2番出口(日比谷線側にある)に向かう。途中分岐するので右に曲り、2番出口の方向へ。2番出口出たら左にすぐ「レオパレス21」左側に「TKP」入口。>>写真付き道案内はこちら

この日はスペシャルワークショップデーですので、森川陽介カウンセラーやなぎあこカウンセラーのワークショップも開催されます。複数受講の方には割引が適用されます。
(1講座目の森川陽介カウンセラーの講座は満席です。ただいまキャンセル待ちを受付中)
キャンセル待ちフォーム

2018-08-08_100827





※お申し込みについて
上記お申し込みフォームより、ご希望のワークショップを1本ずつお申し込みください。
※料金について
2本以上参加される方には、通常1本あたり3,240円のところ割引料金を適用させていただきます。
(1本・・3,240円  2本・・5.940円  3本・・8,640円)
※受付について
受講料は当日現金にてお支払いください。
その際、どのワークショップを受講されるのかを受付でお伝えください。

*参加条件:18歳以上の方。ただし、2歳未満のお子様に限り同伴可能です。
*当日飛び込み参加もOKですが、できるだけお申し込みいただけると助かります。
*妊娠中の方は誓約書を書いていただく必要がございます。
 (詳しくは>> こちら のページでご確認ください。)

===
直近の面談カウンセリング枠
8月9日(木) 16時  19時 
8月11日(土)  10時  13時  16時  19時
8月12日(日)  10時  13時  16時  19時

直近の電話カウンセリング枠
8月10日(金)  11時 13時 14時 15時 21時 22時 
8月13日(月)  11時 13時 14時  15時 21時 22時
8月14日(火)  11時 13時 14時 15時 21時 22時
 
カウンセリングは、予約センターにてご予約を入れてご利用くださいませ。


カウンセリング料金や東京カウンセリングルームの場所はコチラをご覧くださいね。
カウンセリングスケジュールはこちら>>


電話番号:06-6190-5131 

営業時間:12:00~20:30

定休日:月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日。

皆さまからのご予約、お待ちしております。

最近、パートナーシップのご相談に加えて、特に男性からは「職場の人間関係」についてのご相談がとても多いです。

その中でも、「何かを頼むとき、どう頼んだらいいでしょうか?」というご相談も結構あります。

上から目線だ!と思われて嫌な印象を与えたくない。
相手から「迷惑だなー」と思われるんじゃないか?と不安。

そんな気持ちが浮上してきてしまうから、、、とおっしゃいます。

確かに確かに。
2018-04-27_083611







私がCA時代、色々な国籍、色々な年齢層やら職場でのポジションの方をお客様として接するとき、

荷物を上の棚に入れて欲しい。
洋食と和食のチョイスなのだが、和食が人気でなくなってしまい、洋食しかチョイスがなくなてしまった!
映画を上映するので(昔はなんと!機内の前方スクリーンで映画を上映していたのです!今の個人画面とは大違い!!)シェードを閉めて欲しい

などとお客様にお願いしなければならない機会が沢山ありました。

どう、嫌な気分にせずにお願いするか。

それは「依頼形」でお願いすること。

「お荷物を上の棚に上げていただけませんか?」
「あいにく和食を切らしてしまいました。洋食でお願いできませんでしょうか?」
「窓のシェードを下げていただけませんでしょうか?」

雰囲気としては「YES」「NO」の選択肢があるかのようですが、ほとんどの方は「YES」つまり、
お願いしたことを行動に移してくれます。

一応、「NO」と言える状況を言葉上では与えているので、強制感は少なくなります。

なので
上から目線だ!と思われて嫌な印象を与えたくない。
相手から「迷惑だなー」と思われるんじゃないか?と不安。

という心配は払しょくされますし、事実これでクレームになったケースは私の場合、1度もありませんでした。

もちろん最後の「助かりました。本当にありがとうございます」の感謝の言葉は必ず!!ですよ。

XXX

今日から8月のご予約を承りまります。
8月の中旬は夏休みを1週間ほど頂いておりますので、中旬の枠が少なめです。

また夜枠を中心に既にご予約が埋まってきていますので、最新の空き枠は予約センターにお問い合わせくださいませ。

いつも本当にありがとうございます。

>>8月のカウンセリングスケジュール<<
===

  8/4(土)に東京カウンセラーズフェスタで講演しますよ。是非聞きに来てくださいね~。

15:40~16:10 講演 沼田みえ子 『自分を好きでいると見える世界』


今回の会場は今までの田町ではなく、上野ですから、お間違えなく!

>>申し込みフォーム<<

東京カウンセラーズフェスタとは?⇒詳細はこちら

20180804Tokyo-FESTA







日時:8/4(土)10:00~18:10
※開催場所は上野です。前回まで開催していた田町会場ではございません。近隣の「TKP上野ビジネスセンター」とお間違えないようにお気を付けください。
交通:JR上野駅より徒歩2分 / 東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅より徒歩1分
料金:¥3,240- (出入り自由のフリーパスです)


※参加条件:18歳以上の方。ただし、2歳未満のお子様に限り、お一人様まで無料でご参加頂けます。
※会場には授乳・おむつ替えに対応出来るスペースやお子様の待機スペースがごさいません。
必要なものは各自でご準備の上、お持ちくださいますよう、予めご了承ください。


===
カウンセリングは、予約センターにてご予約を入れてご利用くださいませ。


カウンセリング料金や東京カウンセリングルームの場所はコチラをご覧くださいね。
カウンセリングスケジュールはこちら>>


電話番号:06-6190-5131 

営業時間:12:00~20:30

定休日:月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日。

皆さまからのご予約、お待ちしております。

お花見のシーズン。
友達がワイワイと桜の木の下で楽しそうにビールを飲んでいる写真を、
インスタで発見。
2018-03-30_093825






いいな~、仲間がいて。
私には、お花見する仲間がいない。

そうかと言って、会社の飲み会が企画されているのは知っているんだけれど、
いざ当日になるとなんだかおっくうになって、行かないことがしょっちゅう。

行けばよかったかな。
でも言っても話が弾まない気がするし。
私と一緒に座った人は、もしかしたらつまらなく思うかもしれないし。
私もなんだかみんなのノリについていけない。

買ってきたお惣菜で、今晩も一人でおうちごはん。
一人は寂しいけれど、正直気楽。

でももしも私が結婚式をするとしたら、誰が私のために出席してくれるかな。
招待状出しても誰もきてくれなかったら、、
誰が私のために2次会を企画してくれるんだろう、、
何だか思い当たらない。

XXX

今日は3月最後の金曜日。
会社の部署が変わる人、学校を卒業する人、引っ越しをして新しい土地に移動する人。
今日は沢山のさよならをかみしめる日かもしれませんね。

人間やって生きていると、本当に「人間関係」をどう作っていくか、、
あれこれ悩むことはカウンセリングの世界でも多く取り扱うことでもあります。

自分以外の人は、みんな上手くやっているように見えるんですよね~。
だからとても寂しいし、なんで自分だけ上手くいかないんだろうって落ち込むし、
余計人と関わるのが怖くなったり。

もう生きていることさえ、辛く感じることもあるかもしれませんね。

自分だけ、どういうわけか嫌われているんじゃないか?と怖くなったり。
私といても、「全然つまらないし」と思われるんじゃないか?と怖くなったり。
「迷惑な存在」と思われるのは、正直傷つくしな、、。
だったら独りのほうが気楽、、

そう思ってしまう。寂しさも同時に感じているくせに。
あ~、こんな自分めんどくさ、、

っとこんな感じに「自分攻撃」をしちゃうこと、ないですかね~?
「私ってサイテー」みたいな「自己嫌悪」を感じてしまうことがありませんか?

「あ、そうかも!?」と気づけたらしめたもの!
手を打っていくことが出来ますよ!!
ほとんどの場合、無意識に自己攻撃をしてしまって、心が疲れてしまうことが多いのです。

まずは「あ~、私ってサイテーな人って自分で思っているんだなぁ、、。
でも本当にそんなにサイテーかな?そんなにつまんない人かな?」と自分を今一度
「100%サイテーかな!?」と疑ってみてほしいのです。

最初は「絶対100%そう!」と思いがちでしょうが。
長いこと、そう思い込んでいたんですもの。あたり前の心の反応です。

実は「こんな私ってつまんない人」と自分のことを思うと、
皆もそう私を見ているに違いない、と思うんですよ~。

心の罠、ですわな。(あ、変なギャグがぁ、、)((+_+))

だから「私はつまらない人」という証拠を無意識にかき集めようとします。

ランチの席で前の人がため息をついた⇒あ~、私がつまらない人だからだ、、
喫茶店でなかなか注文取りに来てくれない⇒あ~、私が暗い人に見えるからだ、、
人事で希望の部署に移動できなかった⇒あ~、私が人当たりが明るくないからだ、、

上記のどうしようもないギャグに笑えない⇒あ~、私って笑えないつまらない人なんだ、、
(大丈夫、多くの方がさむがっていますからwあなたがつまらないのではなく、ギャグがつまらないのです)

でもそれはあなたが偏った見方をしているから。
「私はつまらない人」という眼鏡で世界を見ているからなのですよ。


あなたがそんなにサイテーな人なんて、ありえないのではないでしょうか?

でもあなたが生まれてきたとき、あなたの寝顔を見てパパやママはにっこり微笑んだのでは?
あなたは小学生の時、隣に座っている子に消しゴムを貸してあげたりしませんでしたか?
クラスの子がお休みしたら、「連絡ノート」をその子の家にもって行ってあげたことはなかったですか?
スタバでコーヒー頼んだ時、「どうもありがとう」と言ってコーヒーをうけとりませんでしたか?
おばあちゃんに電車内で席を譲ったことはありませんでしたか?

あなたは道端のたんぽぽを踏まないで避けてあげる、優しい人なのかもしれない
あなたは応援することができる、心の広い人なのかもしれない
あなたは人を許す、器の大きい人なのかもしれない

そんな小さなことを1個1個見つけて、自分を好きになっていくことが、実は人と繋がっていくこと
にとても大切なことになりますよ。

人間関係をうまく作っていくには、

もちろん相槌を打つのが上手になることも大事
話し上手になるために、いつも話題を探しておくことも大事
笑顔の練習をすることも大事

でも、まずは「自分で自分を好きになること」が何よりも大事で、
そこを乗り越えられると、人との距離感を縮めていける、つまり「私の良さを知ってね」と
自分を差し出すことができるようになってきますよ。


あなたの生きてきた軌跡には、沢山の魅力の証拠があちこちに落ちています。
それを1つ1つ拾って「だから私って素晴らしいんだ」を実感していくことを
してみると、あなたの見える世界がどんドン変わっていきますよ。

それでももしも一人で抱えて辛くなったら、、
是非私にお声をかけてくださいね。
一緒に「素敵探し」「頑張ってきたこと探しをしてみましょうか。


=====

カウンセリングは、予約センターにてご予約を入れてご利用くださいませ。

カウンセリング料金や東京カウンセリングルームの場所はコチラをご覧くださいね。
カウンセリングスケジュールはこちら>>


電話番号:06-6190-5131 

営業時間:12:00~20:30

定休日:月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日。

皆さまからのご予約、お待ちしております。

誰かにバカにされる。
見下される。

とっても嫌な気持ちですよね。
自分がみじめに感じたり、無価値感を思いっきり感じちゃう。

2017-01-05_093732





でもこの状態って
「コイツも私のこと、バカにするんじゃないか?」
っと相手の言動にものすごく警戒心をもつので、そりゃ~疲れますし、
実は心のどこかで
「私はバカにされる存在なんだ。だって不器用だし気が利かないし、
仕事も実はできていない気がするし、、」

と自分で自分のこと、思っちゃっている。

だから、周りで見下せる人を無意識に探しては
「自分のほうがこの人よりは素晴らしい!」
と思いたくて安心したくて、周りをバカにしちゃう。

だから自分がいかに正しいか、正しさの証明をしたくなっちゃうし、
「あなたは間違っているのよ~!」
と声高に言いたくなっちゃう。

自分がバカにされなうように。
見下されないように、、。

「あなたは間違っている~!」と見下したくなる、、。

攻撃は最大の防御なり。
自分を守るために攻撃的になっちゃうんですよね。


だから人が寄り付かない。
だからいつも寂しい気持ちを感じる。

本当はもっと仲良くしたいのに。
本当はもっと優しくされたいのに。

本当はあなたの頑張りを認めてほしかったんだよね、きっと。
よくやっているよね、すごいよね、って言って欲しかったんだよね、きっと。


でも言ってもらえないと、私のこと見下してるの!?
私のことバカにしているの!?っと悲しい気持ちを感じてしまって、
自分を守るために、周りを見下してバカにして、この悲しい気持ちに
ふたをしたかっただけではないかな?

もしもこんな方がいるとしたら、、

「本当はあなたの頑張りを認めてほしかったんだよね、きっと。
よくやっているよね、すごいよね、って言って欲しかったんだよね、きっと。」

と自分の気持ちを認めてあげることが大事だと思います。

事実、毎日毎日頑張っていたんだろうから。
まずは一番そばにいてくれている、「自分」が認めてあげませんか?

私がそばにいたらそんな声をかけてあげたいし、
私も言ってもらいたい言葉だから。

「本当はあなたの頑張りを認めてほしかったんだよね、きっと。
よくやっているよね、すごいよね、って言って欲しかったんだよね、きっと。

あなたはよくやっているよ、がんばっているよ。
すごいよ!」


=====

カウンセリングは、予約センターにてご予約を入れてご利用くださいませ。

カウンセリング料金や東京カウンセリングルームの場所はコチラをご覧くださいね。
カウンセリングスケジュールはこちら>>


電話番号:06-6190-5131 

営業時間:12:00~20:30

定休日:月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日。

皆さまからのご予約、お待ちしております。


子供は皆、お母さんが大好きなんですよね。

え?私は大っ嫌いだ?
許せん?
顔も見たくない?

ということは昔々に大好きだったのでしょうね。
(そんなことは絶対ナイナイ!ケッタクソ悪い!
と思われる方程、是非読みすすめてほしいなぁ~)

なぜなら愛の反対は無関心。
そこまで「大っ嫌い!」と心の中にお母さんへの怒りを
抱えていらっしゃるとしたら、
少なくとも無関心ではない、ということ。 2017-03-13_152907

この「親への怒り」というものは、大人になってからの人間関係
に少なからず影響を与えてきます。

例えば甘える方法がわからない「超自立的な人」になって、
人との距離感がよくわからない、という場合や

逆に甘えた経験があまりないので、
大人になってから「依存心がコントロールできない」状況になって、
特にパートナーに依存心100%になってしまう。
だからこそ、いつも不安感に襲われる、
ということが起こったりします。


子育ての経験のある方なら、実体験として身に染みていらっしゃるかも、
ですが、生後半年を過ぎると、
「ママ以外の人にだっこされると泣く」
という時期がやってきます。

パパもダメ、ママじゃなきゃ嫌!という「人見知りの時期」です。
この時期はママが美容院に行こうものなら、
大泣きして大騒ぎになるので、
こっそり子供に気づかれないように玄関から外出したり・・。
(私が子育て中、経験しました)ヽ(TдT)ノ

1人の外出が「大掛かりなイベント」と化する時期。

それ位、子供にとってママは特別な存在なんですよね。

子供はママを助けたい
ママの役に立ちたい
ママを困らせないようにしたい


といった心理が多くの子供の中に働きます。

この心理そのものは全く当たり前のもので、
問題はないのですが、
親の愛情が子供に流れる、
または双方で循環する、 
は良いのですが、

子供から一方的に愛情が流れる

という場合に問題が生じることがあります。


わかりやすく言うと、
お母さんのお母さんをやっていた、という場合です。


例えば
いつもいつもお母さんの愚痴を聴いてあげていた。
お母さんは頼りにならない人だから、私が何でもしてあげないといけなかった。
というような場面。

子供はママを助けたい、と思っているので、
犠牲的に母親の役割を頑張ってしまう、ということが起こります。

でも本来、子供は年齢的にも立場的にも
「依存の位置」にいるので、甘えたり頼ったりしたい気持ちを持ち、
親がその甘えを引き受ける相手となる存在。

つまりは子供は受け取る側で、親が与える側なんです。
野生でも、お母さん鳥が口を大きく開けた雛たちにエサを与えるけれど、
雛がお母さん鳥にエサを与えませんよね?2017-03-13_154115

だから親に甘えることに罪悪感を感じる必要は、本来ないんです。

もちろん親の事情で、
「今は忙しいから、ごめん、今ちょっと、甘えられても無理だ」
と言われることがあるかもしれませんが、
「あ~、親の事情を分からず甘えた私は悪い子なんだ」
と自分を責めることはしなくていいと思います。

XXX

カウンセリングでは、子供が親の位置に入る、つまり
お母さんのお母さんをやり続けているとしたら、
その位置を正しい位置に戻す、

ということに取り組むことがあります。

この場合は母子癒着(特に母親が子離れできていない状態)
となる場合が多いので、

1人暮らしをして親との心理的距離をとる。
お母さんのために生きるのではなく、自分のために生きる選択をする。

ということも一つの方法としてあります。

実際思い切って親の反対を押し切って一人暮らしをした方も十数名
いらっしゃるのですが、最初は

「私を捨てる気?」
「この恩知らず!」
「あなたを想ってお母さん頑張って来たのに!」

などと言われることもあり、罪悪感に襲われることも多く、
苦しい心境に陥ることも多い時がありました。

ここで大事なのは親を見捨てるのではなく、
「できることはするよ。
でもできないこともある。
出来ないことを犠牲的にはこれからはしない。」
という考え方だと私は思います。

できることとできないことの「境界線をひく」
という行為は、共倒れを防ぐことができます。


出来ないことも無理してくることは犠牲。
けれどもできることはできるだけしてあげることは愛だと思うのです。


犠牲(我慢)からは怒りが生まれることが本当に多い。

犠牲は「そこまで頑張らないと愛されない」という無価値感や
「犠牲にならないといけないほど、自分は悪い子だ」という罪悪感
から生まれることが多いです。

あなたはどのような子供時代でしたでしょうか?
犠牲、ありましたか?

もしも犠牲があったとしたら、
そのことで今、実生活に問題を抱えていますか?

人に甘える、頼る、ができますか?
自分の考えを伝えることに抵抗感、怖れはありますか?

私がカウンセリングするとしたら、
このようなことをうかがっていきたいですねぇ。

生きにくさは「犠牲の心理パターン」からうまれること、
本当に多いのですよ。

※こちらの関連記事もおススメ!
「昨日の記事のアクセス数1650超え\(◎o◎)/!~お母さんへの想いは
特別なんですねぇ~」


「親への怒りの影響とは?」



 ===

カウンセリングは、予約センターにてご予約を入れてご利用くださいませ。

カウンセリング料金や東京カウンセリングルームの場所はコチラをご覧くださいね。
カウンセリングスケジュールはこちら>>

電話番号:06-6190-5131 

営業時間:12:00~20:30

定休日:月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日。

皆さまからのご予約、お待ちしております。

 

この受験シーズンの頃になると、
ママ友の間では、微妙な空気が流れるんですよね。

自分の子は第一志望校に入ることができた。
でも、お友達の〇〇ちゃんは、残念ながら第一志望校には
合格をもらえなかったようだ。

どうしよう、もしかしたら嫌味言われちゃうかな。
「なによ、うちの子の方が模試では偏差値高かったのに・・・」
なんて、妬まれたりしないかな・・。

XXX

今度の春から、私にはもったいないくらいの花形の部署に
人事異動が発表になった。

でも、同僚や先輩からの視線が、なんか痛い。
嬉しいことは嬉しいんだけれど、目立つと攻撃される気がして
なんだか心がざわざわする。

あ~、なんだか複雑だぁ・・。

XXX2017-02-27_153712

「嫉妬されるのが怖い」というお話は、カウンセリングでも
かなり多いお話なのです。

特に日本人は、島国だからか、単一民族だからか、
みんな同じ、みんな一緒、ということに安心感を感じやすい気がします。

その上、多くの人は「自己嫌悪」や「自分を小さく評価する」
という目線を持ちやすく、「自分のダメ探し」を無意識にしてしまい、
良いところを持っている人、自分より優れているものを持っている人
を見ると、「ダメな自分」をより意識化されるので、
妬む気持ち(攻撃したくなる気持ち)を持っているのですよね。


攻撃して、弱らせて、自分と同じ位置に引きずりおろしたい・・
のような気持ち。

「第一志望校は入れてすごいね!」
「栄転できてよかったね!」

と素直に言えたらいいのですが、
「それじゃあ、余計自分のみじめさを思い知らされる。
そんなの感じたくない!見たくない!」
という気持ちから、嫉妬の攻撃は生まれます。

なので、嫉妬される側は
「すごいね!」
と思われているわけなんですねぇ~。

なっかなかこの気持ちを見つけられないのですが・・。

攻撃されて、怖い!嫌だ!

の気持ちが前面に出てきちゃいますもんね。

なので、自分を守るために小さく見せようと
「いやいや、大した学校なんかじゃなありません。」
「いや、実力じゃなくてまぐれなんですよ!」
なんていうと、余計嫉妬の感情を煽るのわかりますでしょうか?

うちの子は一生懸命頑張ったのに、”大した学校にさえ入れなかった”
と言われているようにも聞こえますし、
まぐれって、血を吐くように努力したわが子の立場は、どうしてくれる?
努力は足りないってことかよっ!!

と余計に、攻撃性を煽りますよね。
本人はそんなつもりは全くないのでしょうけれど。

なので、自身の価値を見てくれているんだ!という自覚はとても大切。

「おかげさまで、本当にありがたいです」
と、価値をありがたく受けとることが大事。


「1000万稼いで、いいなぁ~,うらやましいなぁ~」
とあなたが知り合いに言ったら
「いやいや、私の友達は1億稼いでいるんだよ。
それに比べたら私なんか虫けらみたいなもんだよ。」

なんて言われたら、
「1000万稼いでいない私は、虫けら以下かよ!」(#`皿´) 
と、後ろからケリ入れたくなりませんか?

「いや~、おかげさまでねぇ。何とかここまで頑張ったよ~。」
と返された方が、少なくともイラッと来る度数はかなり減りますよね?

自分のすばらしさは、当たり前になりすぎていますから、本人は気が付かないもの。
嫉妬はそれを教えてくれる、またとないチャンス。

そして、嫉妬をぶつけてくる方も、またその才能魅力を持っている場合が
多いのですよね。


「自分にもそれを手に入れる力があるのに、手に入らないから
悔しさを感じる」のですから。

同僚に負けないくらい、自分も頑張っているのに認めてもらえない。
なんでだよ!

うちの子だって、夏休みも冬休みも返上して、頑張って志望校目指したのに!
良いセンいってるな!もしかしたら行けるかも!っと思っていたのに!

そんな気持ちから、嫉妬は生まれるのですから。

なので、その嫉妬してきた方の才能や魅力を上から目線ではなく、
相手に伝えられたら最高だと思います。

あなたがその方の才能を信頼し、
承認する。

これは本当に繊細な領域のお話ですので、
慎重さも問われます。

嫉妬されるのは、あなたに魅力や才能がある証拠。
「よし、これをうけとろう!」
と思える心の強さ、これも育てていけると嫉妬に負けませんし、
才能、魅力をもっともっと伸ばしていけますよ。
===

カウンセリングは、予約センターにてご予約を入れてご利用くださいませ。

カウンセリング料金や東京カウンセリングルームの場所はコチラをご覧くださいね。
カウンセリングスケジュールはこちら>>

電話番号:06-6190-5131 

営業時間:12:00~20:30

定休日:月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日。

皆さまからのご予約、お待ちしております。

 

年末年始は親戚や仕事関係など、
新年会などで人が集まる機会が普段より多いことがあります。

例えばまだ独身だったりすると
「まだ結婚しないのか?
誰か良い人はいないの?
早く孫の顔を見せてあげなさいよ」

と言われなくてもわかっているし、
言われたくもないことをわーわー言われ、

適当にあしらおうとすると
「ちょっとまだ話はおわっていない!」
などと、最後はお説教じみた話になってしまう。

田舎の近所のおばさんは、
ひとたび道すがらに会うと話が止まらない。

正直会いたくないのだけれど、
会ってしまったら挨拶だけではすまない。

永遠続くつまらない話。
話が終わりそうになったら、

「じゃあ失礼しますね・・」
といえば、
「そういえばね・・・」

と話がさらに続く・・。

もう助けてぇ・・。ヽ(TдT)ノ

何てこと、あるかもしれません。2017-01-06_095009

このような人は悪気がない場合が多く、
本人も相手が迷惑に思っていることに気が付いていないことが多いのですよね。

でも、ここで聞き役になってしまう方の多くは
「とてもいい人」が多いのです。

「NO!」がなかなか言えない人。
優しいのですよね。

「これも人助け。
きっと寂しいのね。
人恋しいのね」

と思えて話を聞けていれば問題は全くないのですが、
本当は嫌なのに、無理して犠牲して聞いているとしたら、
自分と相手の境界線(バウンダリーズ)があいまいになっている方かもしれません。

境界線の内側は「パーソナルスペース」とも言いますが、
自分と相手の程よい距離感をさします。

この境界線をはっきりさせる話方の一つに
「私は・・・・・だと感じる」
「私は・・・・だと思う」

と、主語をはっきりさせることが大事です。


「私はその手の話はしたくない」
「私は今時間がないので、失礼しますね」

などと、相手を良いか悪いか、とジャッジするのではなく、
自分はこう思う、と自分の意思を伝える。

それによってどう感じるかは相手に任せる、というもの。

もちろん極力相手を傷つけたくない、という気持ちは素晴らしく、
優しさにあふれているのですが、

それ以前に自分自身が犠牲をして我慢をしてしまうことは
自分を大切にしていることにはならず、
辛さが増すだけ。

「いい人」と「都合のいい人」は別物です。

ちょっと話に付き合ってあげるかぁ~
と思えるならば、じっくり話を聞いてあげてOKですが、

断れないから我慢して聞くか・・・
という場合には、

「私は・・・・と思う」という「私はで始まるメッセージ」で伝える
方法、試してみてはいかがでしょうか?

こんなこと言っちゃうと嫌われちゃうかな?
と心配な方は、5回に1回の割合でもいいと思うのです。
(過干渉な親をお持ちの方は、なかなか言えない方が多いです)

境界線を引く。
自分を守るために大事なことですよ~。 

 ===

カウンセリングは、予約センターにてご予約を入れてご利用くださいませ。

料金や東京カウンセリングルームの場所はコチラをご覧くださいね。

電話番号:06-6190-5131 

営業時間:12:00~20:30

定休日:月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日。

皆さまからのご予約、お待ちしております。

今回は自立系の方に知って欲しいお話。
自立だけでは、やはり良くないかも・・・
依存もバランスとして大事、という経験談です。

XXX

ただ今1年間頑張った自分をバンコクに連れてきております。

今日はタイ滞在(なんかゴロがいいぞ!)中の2回目のゴルフ
をまわってきました。

タイのゴルフは1人のプレイヤーに1人のキャディーさんが
必ずついてくれます。

私、初めてでした、キャディーさんがついたの。DSC_0359

まるで王様ゴルフ。

ボールを打ったカウント数も
太陽の日差しから守るため、傘をかかげて日陰を作ってくれたり、
グリーン上ではボールのマーキングも
泥で汚れたボールを拭いてくれることも

打つ前には指定したアイアンを手渡してくれ、
打てばすぐ、アイアンを受け取ってくれ、

つまり手ぶらで歩くんです。
ゴルフクラブを持つのは打つ瞬間だけ。

ボールが見当たらなくなれば探してくれ、
ボールが池に落ちれば拾ってくれようと探し、

カートの運転もすべてやってくれる。

もうすごいです。

でもね、私、 こういうゴルフなれていません。

今までプレーしていたアメリカやイギリスでは、すべて自己責任、自己管理。
ゴルフと関係ないですが、アメリカでは交差点右折(日本の感覚だと左折)
は、たとえ信号赤でも車が来ていなければ、交差点に入って右折ができるのです。

でももちろん、自己責任において。
でもこれって個人判断で信号と違う行動が認められているとは、
すごいなぁと思いました。

でも非常に合理的。

もとい、話を戻しますね。

ついつい、初日は自分でなんでもやろうとしちゃいました。

自分でアイアンをゴルフバックから抜き取り、
グリーンの上では自分でボールをマーキング。

歩くときは小走り気味に歩くから、(サクサクまわりたいから)
日傘を持ってキャディさんがもう走る(に近い!)

そこでハタと気が付きました。

あ、私、キャディーさんの存在、否定しているんじゃないか?
だってアイアンも自分で抜き取って
打ってしまって・・。
ボールもマーキングしちゃったら、キャディーさんの存在の意味がなくなる・・。

これじゃあ、キャディーさん、しょんぼり、ですよね。

これに気が付いてから、全てお任せすることにしました。
最初は慣れずに、私の方が違和感がありました。

あ~、それだけ私、何でも自分でやろうって意識が心の中にあるんだなぁ~。
「ちゃんと頼っていますか?
お願い、大事な行為ですよ!」

と、カウンセリングやブログで伝えていながら・・・
自分がまだまだ意識改革、できていないことを痛感させられました。

もちろん、してくれたこと、全てにありがとうの言葉は忘れませんよ~。
的確な打ち方の情報には、
「さすが!素晴らしい指導をありがとう~!」
を伝えましたし。

実際、パターの打ち方、言われたとおりに打つと
ちゃんときれいにボールが弧を描いて、穴にすとんと落ちるんですよ!
キャディーさんの芝目を読むスキル、すごいです!

お願いする、という行為で

雇用機会が生まれ、
その人に(生きるための)チャンスが生まれ、
存在価値の認識(自己肯定の意識です)が上がり、

本当にいいことづくし。

これは何も、雇用関係だけの話ではありません。

家の中のこと、何でも自分でやった方が早い!
頼んでも、どうせ口だけだし・・・。
ちょっとやったくらいで「いい旦那だろう??」なんてドヤ顔されてもムカつくし。

部下に仕事頼んでも、なんだか心もとないし。
自分でやった方が早いし確実。


こんな考えの「自立の人」は、頼みごとをするとものすごく違和感があると思います。

負けたような気持ち
頼んで大丈夫か?という不安感

感じるかも。

でも、自立の人は何でも自分で抱え込むことで

怒りがあったり、
八方ふさがり感を感じていることは非常に多い気がします。


私の経験から、
頼ること、お願いすることで、

また自分のできることが増えていきます。
エネルギーを他に回すことができるんですよね。


今回のゴルフでは、
打つことのみに集中でき、
なかなか良いショットも多かったです。

初めて気が付くことが多かった今回のゴルフ経験。
残りのホリデーも、また何か気が付きましたらお伝えしますね。

===

カウンセリングは、予約センターにてご予約を入れてご利用くださいませ。

1月のカウンセリングのご予約、早速毎日のように
ご予約を頂いております。

ご縁を頂けて、本当にありがとうございます。

12月29日(木)~1月4日(水)まで年末年始で予約センターはお休みです。

料金や東京カウンセリングルームの場所はコチラをご覧くださいね。

電話番号:06-6190-5131 

営業時間:12:00~20:30

定休日:月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日。

皆さまからのご予約、お待ちしております。


この季節は、忘年会、クリスマスパーティ、新年会などなど、
職場、ママ友、親戚、友達、スポーツの仲間などで
集まって飲む機会がいつもより多くなる方もいらっしゃるのでは? 2016-12-18_105453

気心しれた仲良し友達なら良いのですが、
大人の付き合い(あ、下ネタじゃ~ありませんよ w)だと、

あまり普段の接点のない方、
上司など目上の人
義理の親戚など、失礼があってはならない人
正直苦手な人

とも同じ席につかなきゃならないこともあります。

こういった席のお酒ほど、味を感じないものはないですよねぇ?

実は私、人見知りなので、結構大人数の飲み会、
苦手なんですよ。(´;ω;`)

ホントいうと、ボッチになったら・・・って怖いことしょっちゅう (汗)

私も色々な会に参加する機会がありがたくもあるのですが、
行く直前まで緊張する会もあります。

出席者のほとんどがあまり面識のない会、などは
何を話題にしたらいいのか、事前まで本当に悩みます。

例えば子供が所属しているスポーツチームの親の懇親会とか、
子供の学校の忘年会などは、子供同士は毎日のように会ってはいるけれど、
親同士はよっぽどの仲良しでない限り、年に数回会うような感じ、ですよね?

XXX

よくよく観察してみると、みなと楽しそうに談笑している人は
以下の傾向があるなぁ~と思います。

☆ 始終笑顔でいる人


これは元祖、王道ですよね。
話を聴いている時、
そして話しかける時、
この笑顔は最強!

私がイギリス駐在時代、現地校のイギリス人ママで、
断トツ人気のママがいました。

その人は、絶対いつも笑顔。
そして、自分から話しかける人でした。
もちろん、満面の笑顔で。

私も自分の英語力や、やはりアジア人コンプレックスがあったので、
クラスのクリスマスパーティなどは気おくれしてしまっての、
超緊張状態での参加で、家を出る直前まで胃が痛い思いをしていました。

だからこそ、彼女の
「Hi, Mieko! How's going?」
の一言が、そして彼女の笑顔がどれだけ緊張を溶かしてくれたことか!

☆ 相槌

「へぇ、そうなんですか!」
「わぁ、しりませんでした」
「なるほど~」
「それは大変でしたよね」
「えぇ、本当に?びっくりですよね!」

共感の言葉は多岐にわたります。

人は自分の気持ちに共感してほしい、という欲求があります。
これは相槌を打ちながら、頷きも加えるともう完璧☆

またはオウム返しの会話も使えますよ!
過去記事「人間関係がうまくいく、オウム返し会話」はこちら>>

☆ 話題を用意している人

これもとても大事。
やっぱり一瞬、話が沈黙になる瞬間ってあるのですよね。

一通り話が終わって、皆が手持無沙汰になって、
とりあえず「飲むしかない!」的な雰囲気の中、

そういえばさぁ・・・と

この年末はどこかに行く?
クリスマスイルミネーション、もう行った?
この前入ったレストランで、こんなカップルを目撃した!
ふるさと納税、一番お得なのはこの自治体だよ

なんて話題を私は準備していました~。(思い切り自分目線ですみません)
結構どれも何とかそれなりに場が盛り上がりました。(笑)

でも、それでもダメな時には、
もうトイレで一人、はぁぁ~~っと一息入れたりしています~。

☆気心知れた人と固まりやすい人 


これは誰か一人でも確保しておくと、
もう気を使って限界だぁ!というときに、心のオアシスになりますよね。

周りの人はわいわいしているように見えるかもですが、
意外と同じ人と固まって、保身に走っていることは多いもの。

みんなやはり不安なんですよね~。

でも、もしも「仲良しがいない」としても、
笑顔と 相槌で、印象は「グッド!」となります。

ホント、お付き合いも大変ですよね。
わかります、わかります!

心が疲れたら、ゆっくり話す経験もされてくださいね。
私がじっくりあなたの話をうかがいますよ。

===
 
カウンセリングは、予約センターにてご予約を入れてご利用くださいませ。

12月の予約枠も残り少なくなりました。(12月18日現在)

面談枠 12月22日(木)  10時  16時

電話枠 12月21日(水)  11時  21時
    12月22日(木)  21時 
    12月23日(祝金) 9時 

料金や東京カウンセリングルームの場所はコチラをご覧くださいね。

電話番号:06-6190-5131 

営業時間:12:00~20:30

定休日:月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日。

皆さまからのご予約、お待ちしております。

ご近所の方からおすそ分けを頂いた。
(って昭和の世界ですねぇ。今は都会ではすくないかな)

友達が「これ京都のお土産、よかったらどうぞ!」
と生八つ橋を買ってきてくれた。

ありがたいけれど、何かお返ししなくちゃ・・・。
あぁ、何がいいかな・・?

そう考えると、はっきり言って物をもらうの、負担だわ・・。

こんな方はいませんか??

このような方は、モノだけではなく、何かをしてもらうと、
これまた「何か返さなきゃ!」と思って負担に思っちゃいませんかねぇ?

例えば、上の子を病院に連れて行かなきゃ!
でも、下の子をを連れて行って、病院でインフルエンザなんかうつされたらヤだな。

そんな様子をママ友が見ていて、
「あ、うちで預かるよ!病院行ってきなよ!」
と言ってくれても、どこか「申し訳ない気持ち」
が先に立つ。

なんて発想になりがちなのでは? 

XXXX

なにか頂いたら、お返しをしないといけないよな。

だって、
「あの人ってもらいっぱなし。
何なの?ジョーシキ知らずね!」

なんて言われて、嫌われるかもしれないし。

あぁ、そんなの怖い!

という発想や、

私が何かを頼んだら「迷惑だなぁ」って思われちゃうかな。
「みてあげるよ」と言いながら、本当は心の中では

「えぇぇぇ~、めんどくさい」

と思っているんじゃないかな?

何この人、子供の面倒を押し付けてずうずうしい!
と思われるんじゃないかな。

と「怖れ」が心の中に充満しているのではないかと思うのです。


xxxx

何かをあげる側の感情は、
「何をお返しにくれるのかなぁ?ひひっ!楽しみ楽しみ!」
というよりは、

「おいしいって喜んでくれたらいいな。」

と、喜んでくれるかどうか?に意識が向いているのではないかと思います。

確かにバレンタインなどでは 
このあげたチョコが何に化けるか?なんて下心ありありで
ホワイトデーに期待する女子もいるでしょうが、

こうなるともう、「取引き」ですよね。または「投資」?

あげた京都の八つ橋が、
神戸牛に化けてくれたらいいなぁ~、みたいな感じでしょうか(笑)2016-12-06_170832

どちらかといえばそれは少数派で、
ほとんどの方は
「この前頂いた八つ橋、家族で争奪戦になるくらい人気で、
すごくおいしかったよ!本当にありがとう!家族皆がお礼言っといて!と
言っていたよ!」

という言葉が、何よりうれしいのではないかと思うのです。

下の子を見てもらったとしたら、何かをお礼するというよりも

「今日は見てもらえて、本当に本当にありがたかった!
◎◎さんが神様に見えるよ!
本当に助かったよ~!

何か助けが必要になったら、何でも言ってね!」

という言葉で、きっと
「あ~、私、役に立てた。よかった」

と嬉しい気持ちになるのではないかと思うのです。

もしも、何か物でお返しを・・・と考えるとき、
心の奥底では、

「自分はもらう立場にはない」
「頂き物をもらえる身分じゃない」

位に、本当に自己肯定感がずどーーーんと低い状態かもしれませんね。

人は
誰かの役に立ちたい!
という欲求があります。

自分の存在価値を見出したい欲求があります。

「ありがとう!こんなにあなたの愛はすごいよ!」
というメッセージは、相手の価値を承認するメッセージ。

そんなメッセージを飛び切りの笑顔で伝えられる表現力があると、
きっと与える側も受け取る側も、両方がWIN WINになれるんじゃないでしょうか。

 ========

カウンセリングは、予約センターにてご予約を入れてご利用くださいませ。

12月のご予約を受付中です!
>>>12月のスケジュール<<<

料金や東京カウンセリングルームの場所はコチラをご覧くださいね。

電話番号:06-6190-5131 

営業時間:12:00~20:30

定休日:月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日。

皆さまからのご予約、お待ちしております。

職場の人間関係のご相談も多い案件の一つです。

※>>>過去記事「上司とウマが合わないクライアント様が
なぜ状況を変えることができたのか?」も合わせてごらんくださいね


職場だけではなく、

子供の幼稚園が同じのママ友
同じ趣味のサークルのおばさま 
お姑さんや親せき


などなど人間関係全般に言えることでもありますよね。

私にだけ挨拶を返してくれない
私だけランチの声をかけてくれない

なんてことがあって、

「ショックー!」
「傷ついた~!」

という経験、ある方もいらっしゃるかもしれませんね。

会社をやめる理由一位は「人間関係がうまくいかない」
というものですから。

~~~~~~~~~~

このような方に共通していることは
「自己嫌悪感」が強いことが多いです。


「こんな私大っ嫌い!→私ってホントに嫌な奴!と自己攻撃をする」
という心の構図があり、

私たちの心は「フィルターを通して世界を見ている」という投影の法則を
使っていますので、

「あいつが大っ嫌い→あいつってホントに嫌な奴!と他者を攻撃する」

ということを無意識にしてしまうんですよね。2016-10-28_092033

だから嫌いだ!と思う人のやることなすことがすべて「自分への攻撃」ととらえてしまう。

「あ~、こんな私だから嫌われているんだ~!がびーーーんっ!」

ととらえる人、いますよね。(私は以前、この考えでどーーーんっと落ち込むクチでした) 

ランチに誘ってもらえないことはもちろん、ショックはショック。

でも、
「あんなに人に酷いことができる人と、ランチしなくてこっちもせいせいしたわ~!」
「ランチの時まで気を使わなくって超ラッキー☆」
「なぁんだ、私が仕事できるからってきっと嫉妬してるんだ~」

なんておめでたいとらえ方ができる人もいるのも事実。

このおめでたい考えの方がストレスもなく、
きっと幸せ感を感じることの方が多いように思います。

このおめでたい人間になるには、「自己嫌悪感」をできるだけ手放し、
自分を好きになること、許す気持ちを持つことが大事です。


「自分自身、よくやっているよねぇ」
「こんなところ、できているじゃん!」

毎日寝る前に「できたこと探し」をしてもらう
こと、カウンセリングでも多いです。

また、好きなことを自分にやらせてあげましょう~!

ということにも取り組んでもらいます。

好きなことをしている時は、「自分責め」はしていませんからね。

1週間に1回でも、1か月に1回でもいいです。

ちなみに私は「ちょっと高くてもおいしいものを食べることを許す!」
ということをしています。

(10年前の私には、こんなことをすると途端に罪悪感を感じちゃっていました!)

先日は黒毛和牛の鉄板焼きを食べに行き、
「もうミエポン、喜べよ~」
と自分の口にとろけそうな黒毛和牛ちゃんを放り込んでいきました。

「私にこんなにおいしいものを食べさせてくれるミエポン、本当に大好きだわ~」
と自分をいたわり、自己愛を育てていくんです。

もちろん今でも私、自己攻撃しちゃうこともちろんあります。

以前もうまく講演できないと、
「あ~、もう自分にがっかり・・。最低な私・・」
なんて自己嫌悪感満載でしたが、

「ま、がんばった、がんばった!」
「次、またベストを尽くそう!」
「失敗は成功のもとじゃ!」

なんて、すっかりおめでたい人間と移行しつつあります~。

するとね、「嫌な奴!意地悪をするやつ!」って人が目に入らないのか、
実際いないのか、
鈍感になっただけなのか、

いやはや私の世界にいなくなりました。

本当に心のフィルターを変えるだけで、世界は変わって見えますよ~。


  東京感謝祭2016で講演をいたします  

 私、沼田は感謝祭で講演も致します!
しかもトップバッター、紅白でのAKB枠(!?)でございます~☆
是非こちらも聴いてくださいませ。

沼田みえ子講演 10:40~11:10

愛され体質を作る方法~愛されやすい人と愛されにくい人の違いはこれ!~」
(詳細はタイトルをクリックしてくださいね)

 恋愛がなんだかうまくいかない方
 婚活を頑張っている方
 夫婦関係もう一度やり直そうとお考えの方 
 特にパートナーと大きな問題はないけれど、もっとラブラブになれたらいいなぁ~、

  と思っている方そんな方にお届けしたい講演です。

カウンセリングサービス東京感謝祭2016
 
講演・ミニカウンセリング体験・クイズ大会他、イベント盛りだくさん♪ 
日時:2016/11/6(日) 10:00~19:00(*開場/受付9:30~)
会場:三田・機械工具会館 6階ホール 
料金:3,240円 (出入り自由のフリーパス制。打ち上げ参加費は別途。)
東京感謝祭の詳細は>>>こちら 
満席御礼!キャンセル待ちエントリー受付中です。
キャンセル待ち受付専用フォームは>>>こちら
Facebook東京感謝祭2016は>>>こちら


会社の人間関係。
ママ友との関係。
ご近所さんとの関係。

人は色々な場所で繋がっていて、助け合っている関係ですが、、、、。

でも、
他人からどう見られているのか・・。
きっと「仕事ができない奴!」と思われているんだろうな。
きっと「なんか変な人」って思われているんじゃないかな。
きっと「あなたといてもつまらない人」と思っているに違いない。

そんな気持ちに襲われて、家から一歩も出られなくなること、あるかもしれません。
会社に行けなくなること、あるかもしれないんです。

    

私の場合、この気持ちが顕著に出たのはドイツにいるとき。
ドイツ語ができない上に、アジア人が非常に目立つ地域、つまり
ほとんど日本人がいない所に住んでいました。

長男が現地幼稚園に通っている時、お迎えの時間にはドイツ人のママがあちこちに
輪になって話しています。

私はドイツ語がほとんどゼロの状態でドイツ駐在が始まったので、
彼女たちが話しかけてくれても、何を言われているのかわからない状態がありました。
その時に、
「話しかけられても幼児並みの言葉しか話せないから、私のこときっとバカって
思っているに違いない。」
「私がアジア人だから、きっと人種差別的なこと、心の中で思っているに違いない。」
そう感じて、非常にお迎えに行くことが怖くて、そして逃げ出したい気持ちに襲われる
毎日でした。

     

でも確かに、病院の予約を電話でとる時に会話が理解できなくて、かみ合わなく、
いきなり電話を切られたことはありました。
人種差別だったのかどうかはわからないのですが、
「グーテンモルゲン(おはようございます)」と朝、子供を幼稚園に連れて行った時に
すれ違ったお母さんに挨拶しても、スル―されたことがありました。

そんな出来事が1、2回あっただけで
「ドイツ人皆が、きっと私のことを攻撃してくる」
と思いこんでいました。
皆がそう思ってはいないかも、と頭ではわかっていても、
感情では怖くて怖くて、その気持ちを拭い去ることができなかったのです。

心理的にこのことを見てみると、
「ドイツ語が出来ない私は最低」
「日本人である私は劣っている」
と思っていたのは、他ならぬ私でした。

だからきっと皆もそう思うに違いない。

そんな気持ちに支配されていました。
まさに自分の心を外に映し出す「投影」をしていたのです。

      

過去学生時代にいじめにあったしまった経験をお持ちだったり。
会社で上司にモラハラ的な扱いを受けていたり。

そのような心に傷になるような出来事を経験された場合、
過去に起こったことがきっと未来にも起こるに違いない、
と「未来に過去の出来事を投影する」ということがあります。

カウンセリングではこのように
「人が怖いんです」というご相談、割と多く受けます。

そのようなクライアントさんにお伝えしていることは、
「自分が自分を嫌っている可能性があるかどうか(私のドイツ時代のように」、
今一度心の中をご自身で見られるように、色々な問いかけをしていきます。

そして、もうひとつ。
あなたは攻撃されない人なんですよ、と自信を持ってもらうために、
どんなときにも寄り添う事をします。
そして何度も何度もクライアントさんの自信につながる言葉を投げかけて行きます。

人の心は本当に不思議なのですが、
何度も何度も存在を肯定されると、心の中で「自信」を育てて行けます。

最初は「カウンセラーだから言うんでしょ?」と疑いの目で見つめています。
でも、何度も何度も根気よく声がけをしていくうちに、心のあり方は変わってきます。

本当に心に携わる仕事をしていると、人の心の力は不思議だな、、と感じることが
なんと多いことか

もしもあなたが「人が怖い」と感じていたとしたら。
自分で自分を責めていないか、嫌っていないか、どうかチェックしてみてくださいね。

良い週末をお過ごしください

先月末のサンクスギビングから週末にはあちこちでホリデーパーティが開かれています。
私もお向かいさんにパーティに先日呼んでもらいました。

夫はこの日は会社のクリスマスパーティに参加のため、私1人での参加。
しかもほとんど誰も知らない状態での参加です。
何人参加なのか、どんな人が来ているのか皆目わかりません。
正直、行く前は本当に緊張と不安感でいっぱいでした。

夜7時半をまわると、向かいの家の庭からラテン系の大音響のミュージックが聞こえてきました。
どうやらパーティが始まった様・・。
心臓バクバクの状態で「いざ出陣」的な意気込みで出かけました。

ドアをあけるとガヤガヤとかなりにぎやか。
多くの人が飲み物片手におしゃべりを楽しんでいます。

一番玄関の手前にいた男性2人に
「ハーイ、こんばんは!」と握手をして御挨拶です。
それから次から次へと色々な人に笑顔で挨拶をしていきました。

この日のパーティは本当に色々な国の人が参加していました。
アジア人は私一人でしたが、半分以上は中南米系の人達。約半分はアメリカ人。
私が日本から引っ越してきたと知ると、
「ドウモアリガトウ」
「ヨウコソイラッシャイマシタ」
などどこで覚えたのか、知っている日本語を披露してくれる人も数人いました。

そう、私としては「少しでも私の世界に合わせようとしてくれた感覚」を感じ、
本当に嬉しく感じました。
見かけは金髪青い目の外国人が、急に親密感あふれる印象に変わるから不思議
です。

夜23時を過ぎる頃にはパーティはさらに大盛り上がりとなり、ラテン系のダンス
ミュージックに皆ノリノリ。ラテンの人はどうしてこんなにダンスが上手なの?
と思うくらいに、本当にセクシーに上手
最初はイスに座って眺めていた私でしたが
「ほらミエコ、こっちに来て!」
と何人かに手招きされたら、もう行くしかありません。
見よう見まねのラテンダンスに挑戦しました。
出来たんだか出来ていないんだか?のダンスですが、皆大歓声でさらに盛り上がり、
南米での公用語のスペイン語と英語のミックスのクリスマスソング
[I want to wish you a Merry Christmas]をマイクを持ちまわって皆で大合唱。
私がこの日に覚えたばかりのスペイン語を口にすると、とにかく皆が「いいぞ~!
と大袈裟に喜んでくれます。

人との垣根を超える技。
それはきっと相手の世界をちょっとでも知ろうとしてみること。
相手をもっともっと知りたいと思うこと。
相手の事を受け入れようとすること。
そんなことをとても実感する夜でした。

そして夜中0時を過ぎるころ、警察官がやってきました。
「庭でこの時間以降、音楽を流すことは控えてください。
苦情が寄せられています。」
噂には聞いていたけれど、夜中まで騒いでいると本当に警察が来るんだ~
と私にとっては新たな発見でした。

日本では経験しないような出来事の毎日で、新しい発見にワクワクです。
今日も日本から遠く離れたこの地で沼田は頑張っています。
皆さまにとって素敵な一日でありますように

私の住んでいるところでは、先週の木曜の「サンクスギビングデー」を境に雰囲気が1年で
一番華やぐ季節になりました。
このサンクスギビングデーはご存知、七面鳥の中に色々な具を入れて丸焼きしたものに
グレービーソースをかけて家族、親戚、友達など大人数で食卓を囲んでワイワイ過ごす1日。
この日が終わると、一斉に家の外を電飾で「クリスマスムード」に飾り付けをしていきます。

このサンクスギビングデーの数日前に、次男の学校では「サンクスギビングランチ」の企画
があり、親のボランティアを募集していました。
私も初めての「ザ★アメリカ」の雰囲気を知りたく、8時から午後2時までの長い
ボランティアに参加してきました。

会場は広い学校のホールで、そこにわらわらと朝、子供を学校に連れてきた後のママや
数人のパパもやってきました。
そこで私に与えられた任務は「テーブルセッティングと子供達のランチのおかわりやら、お皿
をさげるお世話係」でした。
5人のママ達とグループを組まされ、仕事開始です。

テーブルにビニールシートを張り付けながら、早速皆は自己紹介を始めます。
「ハーイ、私はレイシーよ。3年生と5年生に子供が通っているの。
去年からこの学校に来ているのよ。あなたは?」
「私はみえこ。6年生に息子が通っているの。今年の8月に日本から来たばかり。
初めてのサンクスギビングなのよ。」
「まぁ、遠いところから来ているのねぇ。」

こんな感じに話しをしていきます。
これ、実は同じグループに限らず、目が合うと誰かれ関係なくどんどん話かけられ
ました。
アジア人は私一人で、目立っていたこともあるかもしれないのですが、本当に皆、
話しかけ上手なんです。

その雰囲気を最初に実感したのは、スーパーのレジでした。
レジのおばちゃんは大抵、どのお客ともよく話をします。
今ではだいぶ慣れましたが、最初英語が上手く聞き取れない時には、
実はこのレジが一番恐怖でした。
「何を言っているのか聞き取れなかったら、どうしよう・・・
そんな不安感でした。

でも慣れてくるとその恐怖心は薄らぎ、「ちょっといい習慣だな
と感じるようになりました。
日本でしたらきっと
「いらっしゃいませ」と丁寧にお辞儀をされ、金額のバーコードを読み込み、
「ありがとうございました」と金銭のやり取りをしておしまいです。

こちらでは
「ハーイ、お元気でしょうか?何か買い忘れていたり、探していたものは
ありませんか?」
「元気ですよ、買い物はこれで全部。大丈夫です。ありがとう。
ここで、もっと話したい人は、
「この前この冷凍食品使ってみたのだけれど、なかなかおいしかったのよ。」
「あらー、どんなふうに料理したの?」
「あーで、こーで・・・(と続く)」
金銭授受をして、(ここではカード払いがほとんどです)
「良い一日を
「ありがとう。あなたもね」
とお会計が終わります。(なので次の人は時々ちょっと待たされるときもあります

正直、最初は煩わしさを感じました。
私は買い物をしに来たのであり、おしゃべりをしに来たわけではない。
ちゃっちゃと買い物を済ませて、次の予定に向かわないと・・。
日本では効率よく物事処理する、こなしていく・・・
と言うことが最優先だったように思います。

私が以前書いたブログ、
「お店の人と一線を越える」
に書いたような世界がここでは普通なんだなぁ・・と実感です。

日本人は丁寧で仕事も早く、そして正確。
海外にいると余計、日本の良さが際立って見えます。

そして店員さんがよく口にする「Hi, How are you?」も、「お元気でしょうか
というよりは、「いらっしゃいませ」のニュアンスできっと使っているのでしょう。
けれども「How are you?」と訊かれると、こちらは何かしらの反応をしないと何だか
気まずいので、必ず「返事」を返します。

返事を返す。何かしらの反応をする。

だからちょっと気持ちが通った感覚になるのだろうと思います。

先週のサンクスギビングから年末にかけてアメリカではパーティシーズン。
多くの人が集まる機会が増えます。

アメリカの人付き合いの極意、これからも色々盗んでみようと思います
みえぽんこと沼田は今日も何とか地球の裏で頑張っていますよ

今日もブログにお立ち寄りありがとうございます。
皆さまにとって良い一日でありますように

↑このページのトップヘ