心理カウンセラー◆沼田みえ子(カウンセリングサービス)

◇こちらは心理カウンセラー達が作る癒し系サイト「カウンセリングサービス」のカウンセラーのプロフィールページです。

カウンセリングサービス所属カウンセラー。
東京地区担当 ぬまた みえこ 

5人連続フラれまくりの独身時代、その後の離婚危機も乗り越えて、
今までの人生で一番のラブラブ夫婦関係を得ることができた
カウンセラーが、

夫婦問題、婚活に悩むあなたにうまくいくパートナーシップのための
カウンセリングをいたします。


>>>カウンセラーの一覧へ
>>>カウンセリングサービスのHPへ
>>>カウンセリングサービスって?

男性心理

女性のあなた、「オトコって本当にメンドクサイっ!」と思ったこと、ありますか?

先日、アメブロの恋愛テクニックの記事「あなたは”あげまん”になれる!(下)」に、記事コメントやフェイスブック上でコメントを頂きました。

そのコメントで、「ほぉ、、成程、、」と思ったので、ちょっとブログ記事にしようかと思いました。
2016-03-22_095801







☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

出かける間際、彼が「服装変じゃない?」ときいてきました。
あなたなら何と答えます?


「変じゃないよ!」と答えてしまいませんか?
いやはや、私なら反射的にそう答えるよなぁ、、と思ったのですが、

「そういう時は『かっこいい!』と言うんだよ~~☆」と言われました」

というコメントを読んだ時、なるほどねぇ、、と妙に納得してしまいました。

男性を褒める技って、奥が深いなぁ、、。
でもこういう「裏技的(って全然裏じゃないかな?)」なことの積み重ねが、男性をいい気分にさせる女性なのかな~~と思いました。

もう一つ、「『〇〇したら絶対できるよ~!』というアドバイスをして、間接的に否定しちゃっていました。」というコメントもあったのですが、これもついつい、言っちゃうよなぁ、、とやっぱり思ったのですよ。

そして「オトコってメンドクサイ~~><!」と女性なら1度は思ったこと、あるのでは?という声がいくつかのコメントで書かれていました。(笑!)

ヨイショしてあげないといけない!
いちいち「すごいね!」と言ってあげなきゃいけない!
褒めても感謝しても素直に受け取らない!


なんでここまで私がしなきゃならないの~~!ぎゃおーーっ!(≧◇≦)

と火を噴きたくなるお気持ち、わかりますよぉ、、。
(あ、大道芸人じゃなくて、ドラゴンレディで火を噴くという意味です)

森川カウンセラーとのあるある対談でも、よく私が「ぎゃーっ!」や「めんどくさ、、」とさけんだりぼやいたりしていますよね?

ここは本当に女性性の一つである「女性の中の母性」の力の発揮どころだなぁ、、と思うのですよ。

メンドクサイ!!と切り捨ててしまうのか、、
はたまた「まったくしゃーないなっ!」と思えるのか、、。

「しゃーないなっ!」と思えるには、やっぱり自分に余裕がないと難しいと思うのです。

そのためには「私はよくやっている!」と自分で自分を労えるのか、
または誰かに労って承認してもらえるのか、、。

順番としては、「誰かに承認してもらう」方が楽にできるかな、、。
自分で自分を労うことは、ここもやはり自分に余裕がないと、
「自分じゃなくて、誰かに言われたーーい!」という気持ちがあふれてくるでしょうから。

もっと突き詰めていくと、この「あなたはよくやっているね!」は、実は昔々お母さんに言われたかった言葉であることが多いのですよね。

あなたの心には、この欲求ありませんか?

ですのでカウンセリングでは、やはり「母子関係」を扱うことがどうしても増えてきます。
あなたの心の形成に母親のかかわりが、やはり大きく影響があるからなのですね。

よろしければ、是非一度向き合ってみてはいかがでしょうか?
あなたのパートナーシップを変えるきっかけにきっとなりますよ!

こちらも関連記事です。⇒女ばかりが譲らないといけない訳!?

           ⇒男性ってやつは!
===

カウンセリングは、予約センターにてご予約を入れてご利用くださいませ。


カウンセリング料金や東京カウンセリングルームの場所はコチラをご覧くださいね。
カウンセリングスケジュールはこちら>>


電話番号:06-6190-5131 

営業時間:12:00~20:30

定休日:月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日。

皆さまからのご予約、お待ちしております。

あなたに「豊かさ」を提供できる女性になって欲しい。
もっと言うなら、愛される女性になって欲しい。

もう色々な気持ちで書いた記事。

1記事では収まらない内容になりました。

アメブロ記事をこちらでも掲載しますね。
1238124039578[1]

続きを読む

よく心理学サイトに、男性は褒められるのが嬉しいので、
「すっごーーい!」
「さっすが~!!」
と褒めましょうとあります。

でも夫を褒めると、
「口だけなんだろう?」
「心にもないこと、いうな!」
「何考えているんだ?」
「うるさい!」

などと、キレられたりします。

私のほめ方がおかしいのでしょうか?
2016-09-26_055530





 
XXXX

時々こんなご相談をカウンセリングで伺います。

こんな方はきっと子供時代に親から褒められた経験がほとんどないことが多いです。

いつもダメ出しされたり、
あなたが悪いんじゃないの?と否定されることが多かったり、、。

褒められたことがないと、褒められた時に感じる感情の処理ができなくなっちゃう、
、。
でも本来、子供は褒められたいんですよね。

私は15年半の海外駐在生活から戻ってきてから、パートで幼稚園で子供たちに英語を教える
仕事を2年程やっていましたが、
「みえ子せんせーーい!見て~!すごいでしょ!?私こんなこともできるんだよー!」
と、バレーを習っている子は開脚を披露してくれると、別の子がすかさず
「僕は今度の日曜日、サッカーの試合なんだ!僕試合に出るんだよ!」
と知らせてくれる。

そのわきで、「みえ子先生見て!これ私が書いたの!」
と漢字で書かれたその子の名前を見せてくれたり、、。

「きゃー、すごいじゃない!そんなことできちゃうんだ~!!すっごいねぇ~」
「お~、サッカーやってるんだ!かっこいいねぇ~!将来は本田選手みたくなるのかな?」

と伝えると、本当に皆嬉しそうに笑うんですよ。
(子供時代のホメの大切さの記事はこちらをクリックです!)

でも、そのような経験が少ないと、褒められたかったのに褒められなかったという悲しみが
こころの中に生まれてきた子供時代が存在し、その悲しみを感じないようにこころの中に押し込めちゃった経緯があります。

でもその悲しみは押し込めても、澱(おり)のように積もり積もってこころの中には存在しています。
褒められると、その昔の悲しみも一緒に心の表面に浮上してしまうので、怒りでそれを
感じないようにします。

だからキレたりしちゃう、、。

なのでこのような男性には感謝から伝えていくことの方がベターな場合があります。

「●●してくれて本当に助かったよ。ありがとうね」
「あなたのおかげで今日も楽しかったよ!ありがとうね」

といった感じに。

ホメ言葉よりも「ありがとう」「あなたのおかげで、、」
という言葉の方が受け取りやすい場合が多いですから。

この感謝を十分伝えてから、もう一度「褒める」という段階に進まれるといいと思いますよ。

===
カウンセリングは、予約センターにてご予約を入れてご利用くださいませ。


カウンセリング料金や東京カウンセリングルームの場所はコチラをご覧くださいね。
カウンセリングスケジュールはこちら>>


電話番号:06-6190-5131 

営業時間:12:00~20:30

定休日:月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日。

皆さまからのご予約、お待ちしております。

今日は日頃から私のブログを読んでくださっている方からの、ご報告メッセージ。
「彼から連絡がこない!」とやきもきしている方の参考になるかな、と思います。

2017-05-31_064928







こんな気持ちになるのは、自分だけじゃないんだ!
あ~、こんな考え方は取り入れたい!

あなたが色々と思うことがあるかもしれません。

私の解説は特に入れていませんが、太字の部分が、「試験に出る箇所」ですよー!
あぁ、最後から2行目に書かれてる「私もみえ子さんのようになりたいな」は試験範囲ではないですが、何度エンターキーを押しても、細文字にならんのですわ。

不思議だな~、なんでかな~?怪現象かな~!?まさか試験に出るってk、、

こんにちは🎵

先週に、XXさん達と合計8名で楽しく飲み会をしました🎵

とっても、とっても楽しくて、最初から最後までXXさんが隣にいてくれて(^^)

ただ、お店をどうするかってやり取りをしたあと、6日間連絡が取れなくて…
前日のお昼、やっと連絡が来て…

嫌われたのかと、勝手に決めつけてたりしながら、でも手助けしてくれる周りの人達のおかげで、みえ子さんが書いてた長男君のように(自分のやりたいことを優先しがちの)XXさんを信じて待ってたら、連絡が来ました。

みえ子さんの長男君の彼女の日傘の話、
そして長男君の大切なものを大切にする長男君なりのやり方(と同じかな)?
(日傘の話はこちら)

XXさんから連絡が無くて、XXさんを疑ったりしたけど、

「でもXXさんは約束はきちんと守る人だし、
いい加減なことはしない人だ、
きっと何かあって今はそっちを優先してるだけで、必ず連絡は来る、」

って思い直してたら、
トラブルが続いてお店の予約が出来て無くてと、謝ってくれたり。

その時、心理学のセミナーで習ったことを活かしました!(笑)

「大変だねぇ、
トラブル続きだったの?
落ち着いた?」

とラインで伝え、
そして「私もお店を探すね!」と書いて、

「部屋で倒れてたりしてないかなぁと真面目に心配したけど、元気で良かった!」って送ったら、

「ごめんね」と伝えてくれて。

それも、連絡しなくて、とか、
お店の予約が前日だけど出来てなくて、とか。、。
きっと色んなごめんねなんだろうなぁって思いながら、

「元気で生きてたから良いよお(笑)」って返事しました。

そして、私も色々探したけど、
XXさんが見つけてくれたお店が素敵だったから、
そちらにしましょうと、彼のおすすめのお店に決定。

私が選んだ方でも良いよと言ってくれたけど、
●●ビルの最上階のワインバーで3時間の飲み放題でしたし。

本当に素敵な時間でした!

男性への扱いなどは、
みえ子さんと森川カウンセラーの対談ブログにあるじゃないですか(^^)
(対談ブログはこちら)

その時の、森川カウンセラーの言ってることとか、みえ子さんがブログで書いてくれてることを覚えてるから、で、実践してみよう🎵って思ったのです(^▽^)

みえ子さんが日常での実体験から感じたり、知った事をブログに書いてくれてますよね?

読んだ時はXXさんと出会って無かったけど、「へぇ~o(^o^)o」って楽しみながら読んでいました。

で、いざ、XXさんと出会って連絡取って、などとなった時に、「そんなこと言ってた!!書いてた!!」って思い出して。
 
だから、XXさんから前日に連絡来たとき、
まぁ~付き合ってる訳でもない、っていうのもあったけど、

ここは先ず、XXさんの状況を理解しよう、
XXさんも今までこんなことは何度かあっただろう、

そしてもしかしたら、そういう時、相手の人にキレられたりしたかも知れない。

だったら先ず私がしたいことは、XXさんを理解したいって思ったのです。

我慢じゃなくて、
XXさん、経営者だし、
凄く優しくて誠実な人だと思ってるから、
そのXXさんを信じようって。

けど、みえ子さんや森川カウンセラーの言葉の後押しもあって、はい☆
とーーーっても楽しかったです。

あっ、ブログにこのネタどうぞ使ってください。

恋愛には不器用で、、何だかなぁーってずっと思ってきたけど、
今とっても楽しくて嬉しかったりで((o(^∇^)o))

それもXXさんのおかげなんです\(^o^)/

だから、いつもXXさんには、ありがとう❤って思ってるし、伝えてる☆
メールでだけど(^^)

でも、XXさん優しくて格好良くてちーっとおバカにもなるし(笑)
色んなXXさんがステキ❤って思ってて、本人にも伝えています(笑)

飲み会の席でも、他の人も交えてXXさんと話してたら、

「XXさんはねぇ、○○の時にこうな風に言ってくれて、なんて優しい人なんだろうって思ったのぉ~」、とか、XXさんのステキさを(彼の前で皆に)アピールばかりしてた(笑)

みえ子さんの長男君へのハートブレイクも、
息子を持つ母親ってそうなんだ!って、これもへぇ~、と思いました(^▽^)

みえ子さんがブログで言ってくれること、いつも参考にさせてもらってます❤❤
良いですよねぇ、こういうの❤

自分の経験がいつか、誰かの役に立つなんて💕
私も、みえ子さんのようになりたいな(^O^)

いーっぱい、ありがとうございます\(^o^)/

====
カウンセリングは、予約センターにてご予約を入れてご利用くださいませ。


カウンセリング料金や東京カウンセリングルームの場所はコチラをご覧くださいね。
カウンセリングスケジュールはこちら>>


電話番号:06-6190-5131 

営業時間:12:00~20:30

定休日:月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日。

皆さまからのご予約、お待ちしております。

昨日長男の部屋を掃除しようと入ったら、隅にフリルのついた黒い日傘が立てかけてありました。
ベッドのわきには、先月に出かけたらしいディズニーランド界隈のホテルのルームキーを入れる
ホルダーが、、。

「え?ここかなり高い宿泊費のホテルじゃん!!宿泊者2名って書いてあるから、
これは彼女といったんだなぁ、、。
『学食高いからママ、弁当作って』と言っていたけれど、こんな高いホテルに泊まるお金はあるじゃんか~っ!」

と、半分嫉妬が入っているからか、変にイラっときてしまう。
しかも、このカワイイ系日傘を持ってる彼女は、きっと女子力高いんだろうなぁ、、。

あぁ、、、母さんは負けか、、。とほほ。

などと意味不明な惨敗感を味わう私。
あぁ~、いかん、掃除掃除、、と飲みかけのペットボトルやら脱ぎ散らかしの靴下を拾い始める、、。
DSC_0079







ママはいまだに、4歳の時の長男が母の日にくれた「手作りペン立て」を大切に持っているのに、、ハートブレイクじゃのぅ、、。

XXXX

長男は高校時代は2年越しの彼女がいましたが、その後の彼女は長く続いているのか、何人目かの彼女なのかは、もう何を聞いても「ママには関係ないでしょっ!」と突き放されてしますので、皆目わかりません。

バイトから遅くに帰宅して、一人で夕飯を食べている長男。

夜中に誰かと電話で話している声は時々聞こえますが、起業家セミナーに出かけたり、バイトしたり、サークルの仲間と南アルプスに登山に出掛けたり筋トレに燃えたり、自分のやりたいことを、どう時間をやりくりしてるんだ?と思うくらいやっています。

彼は次男坊と比べると、明らかに口数は少なく、自分の気持ちをほとんど語らないタイプです。
つまり「何を考えているのかさっぱりわからない」典型的な『ざ、オトコ』。

以前のブログにも書きましたが、(以前のブログはこちら)私からのラインの返事はその日に来ることはめったにありません。

そんな彼にカマかけるように
「ねぇ、日傘がお部屋にあったけれど。
あれは彼女の?若いうちから紫外線気にするあたり、女子力意識たかいねぇ~。」
と、ちょっと褒めると、いつもの
「ママには関係ないでしょっ!」という冷たいセリフではなく、

「あぁ、なんかオレが手に持っていること、すっかり忘れてさよならしてから、途中で『あ、持ってきちゃった!』って気が付いたんだよ。明日学校で返すよ。」
「へぇ、彼女の持ち物持ってあげるなんて、やさしいじゃん」
「そんなの、普通でしょ」

と昨夜の会話。
そうして今朝、いそいそとカワイイ日傘を手にもって学校に向かっていきました。
筋トレで鍛えている胸板厚い体とカワイイ日傘があまりにも対照的で、笑えました。

異性の親に対する心の距離と、パートナーとの心の距離はほぼイコールです。
長男はきっとラブラブ期を過ぎ、慣れてくると彼女にはあまり自分の気持ちを語らないほうなんじゃないかな、、と私にも口数が少ないので、なんとなく想像がつきます。

でも、長男はその都度女性のことは、ちゃんと好きなんだな~~と伝わってきます。
それは、昔の彼女とのペアのぬいぐるみ、大切にとってありますし、
夜、太陽がなくなった時間の日傘は邪魔な存在。
それをちゃんと持ってあげる長男の気配りはさすが。

彼は言葉ではなく、態度で愛情を示すようです。

でも、自分のやりたいことは優先しているでしょうし、
週末も異業種交流会に先輩と出かけたり、将来を見据えた活動には積極的な分、彼女が我慢していることもあるんじゃないかな~~と感じました。

女性は「恋愛が最優先!」となりがちで、相手にもそれを求めようとしますが、
男性はやっぱり違うんだな~と長男を見ていて感じます。


でも、恋愛が大切ではないわけじゃない。
彼女は大切。でも、それを上手に表現はしないし、女性の様に「いつも人生の中で1番」じゃあないのかもな、、。と感じました。

そこで寂しく思うのか。
応援できるのか。


そこで、パートナーである男性のあなたに対するこれからの意識って変わってくる気がしますよ。

====
カウンセリングは、予約センターにてご予約を入れてご利用くださいませ。


カウンセリング料金や東京カウンセリングルームの場所はコチラをご覧くださいね。
カウンセリングスケジュールはこちら>>


電話番号:06-6190-5131 

営業時間:12:00~20:30

定休日:月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日。

皆さまからのご予約、お待ちしております。

こんなことはありませんか?

ラインを送ってもなかなか既読にもならない。

なんで?
私はいつもすぐに返すのに、、。
どうしていつも放置!?

私のことに関心がないんじゃないかと悲しくなる、、。

XXXX

家に帰ってきた夫は、当たり前のようにビールの缶をあけながら、
そのままテレビの前に座って、夕飯が用意されるのを待っているようだ。

私もパートだけれど、仕事して帰ってきてから夕飯を作っているのに。
私なんかゆっくり座る時間もないんだよ!
子どもはまだ幼稚園生だし、お風呂入れたりちょっと遊び相手になったり、
本当に息つく暇もないのに!!

ずっと立ちっぱなしだし、今の今までっ!

どうして手伝うという発想がないんだろう?
私のこと、ただの家政婦にしか思っていないんじゃないか?と思うと、ムカッとして、
わざと聞こえるようにため息ついたりしちゃう、、。

でも反応なし、、。
聞こえないふりしているってこと?
それとも私に無関心?

XXX

パートナーとの心の距離と親との心の距離は、ほぼイコールだと言われています。
なので、付き合いたての「相手に気に入られよう!」と頑張る、いわゆるラブラブ期を過ぎちゃうと、

「これくらい、わかるよね?」
「まぁ、これくらい許してくれるでしょ?」
「これくらい、わがまま言っても構わないでしょ?」
「まぁ大目に見てよ」

のような気持ちが男性に出てくること、多い気がします。
つまり、お母さんに気を使わない感覚がそっくりそのままパートナーとの間に再現されてしまう。

だからメールの返事が全然返ってこなかったり、
友だち優先で、こちらは後回しされたり、
ご飯を一緒に食べているのに、スマホをいじっていたり、、

なんだか全然、大切にされていない!!(≧ヘ≦) ムゥ

と感じる現象が起こりやすくなります。

現在大学2年の長男は私とのラインのやり取りは、未読の期間がヒジョーーーーに長い。
日にちをまたぐことは結構あります。

昨日は何とか日にちをまたぐことなく、ラインの返事がきましたが、、。
出だしが「君、、、」と私が書いていることからも、「どーーせまた返事が来ないんでしょっ!」とお怒りモードのブラックミエポン(ブラックな感情を持つ私のことです)がうかがえます。

Screenshot_2018-06-20-08-58-29










(日本大勝利、といれるあたり、どうやらバイト先でサッカーの日本ーコロンビア戦を見ていたようです)


以前長男にきいたことがあります。

「あなたは友達や先輩のラインにもすぐに返事しないの?」
「それはするよ!」
「え?じゃあママのラインにはなぜ間がかなり空いて返事?優先順位が低いわけ?」
「え、だって親じゃん。親には気を使わないでしょ?」
「はぁ?」(気をちょっとでイイから使ってけろーーっ!←「心の声」)

なんてやり取りがありました。

つまり、、
「僕がどんな態度をとっても、嫌いにならないよね?」
と愛されている安心感があるということ。

あなたを大切にしていない、というつもりはなく、
あなたの大きな愛に安心している、
ということなんじゃないかと、オトコしかいないこの家族で生活していると、本当に思い知らされます。

でも、だからこそ伝えて欲しいのです。

「すぐに返事がこないと、大切に思われていないんじゃないかって心配になっちゃうんだ」
「なにか手伝おうか?と聞いてくれるだけで、関心を持ってくれているのかな?っとすっごくうれしくなるんだ」

と、パートナーにあなたの気持ちを伝えて欲しい。

男性はあなたはお母さんではないと分かってはいるのですが、
無意識に「これくらいは許してくれるよね?」というちいちゃいボクちゃんの甘えが出てくること、多いと思います。

女性としてはまったく「オトコってやつは!」と叫びたくなっちゃいますが、
(あれ?叫びたいの私だけかな?)
彼を安心させるくらい、あなたの愛が大きい!という証かもしれませんよ。

====
カウンセリングは、予約センターにてご予約を入れてご利用くださいませ。


カウンセリング料金や東京カウンセリングルームの場所はコチラをご覧くださいね。
カウンセリングスケジュールはこちら>>


電話番号:06-6190-5131 

営業時間:12:00~20:30

定休日:月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日。

皆さまからのご予約、お待ちしております。

私の周りには、旦那様から愛されているなぁ~。
めっちゃ大切にされているな~という方が結構多いのですが、
先日もそんな仲良し夫婦何組かで集まる機会がありました。

「愛される女性たちっていったい何をしているんだろう?」と観察眼を見開いて、
言葉かけや行動を見張っている私だったのですが、共通点がいくつかあるな~と気が付きました。

お料理を取り分ける、という「女性らしさ」をアピールするよりも、お願い上手ほめ上手が多いな~と感じました。
DINNER PARTY







「あ、ちょっとあのお皿取ってくれる?」
「あ、はい。どうぞ」
「わぁ~、ありがとう!いつも快く動いてくれるよね」

といった感じや

「だれか、このお皿あけてもらっていいですか?次に別のお料理が来るから」
男性「あ、じゃあ僕もらいます」
「もうさすが、〇〇さん、食べっぷりが良いから仕事もできる男性なんですね~」
男性「いやいや、、そんなことないですよ~。XXさんの奥さん、ホント、ほめ上手ですよね」
夫(ご満悦)

と、夫以外の男性も褒めることができる場合。
(ただし、夫のことは褒めないのに、他の男性を褒めることはNGですよ~)

よく女性は「うちの旦那ったらさぁ~、もういびきがうるさくてほんっと、嫌になっちゃうのよ~!」
とパートナーの悪口で盛り上がることって、結構多いように思いますが、男性たちは妻の悪口で盛り上がることって、ほとんどないようです。

そもそも妻の悪口を言うような器の小さい男、と思われることも嫌いますし。

それよりも「自分の妻は素晴らしい」と思われたい、という気持ちは強いようです。
だから、他の男性に妻が褒められ、しかしながらその妻は僕を(夫を)見ている、というのが一番の理想なんだとか。

女性からすると、「都合がよすぎ~っ!」とツッコミを入れたくなっちゃうかも、ですけれど。

上記の短い会話からも

人の役に立ちたい
すごいねって言われたい
ありがとうと言われたい


という欲求を見事に網羅しています。

できる女性ほど「自分でやってしまったほうが早い!」と何でも自分でやりがちですが、是非「お願い上手」「ほめ上手」で、愛され女性を楽しんでくださいね~(≧▽≦)

====
カウンセリングは、予約センターにてご予約を入れてご利用くださいませ。


カウンセリング料金や東京カウンセリングルームの場所はコチラをご覧くださいね。
カウンセリングスケジュールはこちら>>


電話番号:06-6190-5131 

営業時間:12:00~20:30

定休日:月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日。

皆さまからのご予約、お待ちしております。

先日5/20の沼田&森川コラボワークショップ「オトコが惹きつけられるオンナが持っている2つの要素を教えます!」(⇒講座の詳細はこちら)の「対談レクチャー」内で、是非教え込み方式を実践したらどうだったか、結果報告をメールしてください!とお願いしたところ、早速送られてきました!

コラボワークショップ開催日に即実行してくださったところが素晴らしい!!
内容も具体的ですので、是非ご覧ください!
原文そのまま掲載です。

沼田先生、森川先生 

お世話になっています。 
5/20のワークショップで教えてもらった教え込み作戦が成功したのでお二人にご報告です!
 
(森川先生ー約束どおりメールしましたよ^^) 

ワークショップのお題で出た、『いつも家でDVD鑑賞ばかり。たまにはパートナーと外でデートしたいときどうやって誘う?』という問題。 

森川先生の提案は、過去の楽しかったデートの話題を出して『あれ楽しかったよねーーまた行きたいわーー♪』と誘う作戦。 

実はたまたま同じグループでお話しさせてもらった森川先生の奥様が、事前の意見交換で仰った内容と全く同じ作戦だったのでびっくり。 
で、森川先生の回答の理由は「なぜなら僕がそれでおちたから」と。 
心の中で奥様のこと『師匠ーーーーーー!!!(*゜Д゜*)』と叫んでました(笑) 

で、ワークショップの当日にうちに帰ってからさっそく実践してみました! 
普段私がいても一人でも、食事中Facebookをいじるのが好きな主人。 

本当は、

『私が目の前におるのに不特定多数のいいね!がそんなにほしいんかーーーい!!せっかくご飯作ったのに味わってよーーー(怒)悲しいわーーさみしいわーーっっ』

といつも不満でした。 
その日もやっぱり主人はスマホいじりながら晩ごはんもぐもぐ。。 

実はワークショップ当日の5/20は主人との付き合った記念日だったのですが、私がどーしてもセミナーに参加したかったので(笑)前日の夜に時間をとってもらって二人で食事に行きました。 

その日の食事中はスマホ忘れたの?と思うくらい、Facebookどころかスマホにすらさわらない。 
ふと「今日はFacebookしないの?」と聞いてみたら、「今日は大切な日だから」と。 
おかげで主人とたくさん話ができて、おいしいご飯も食べられてすごく嬉しかったのです。 

前日のその気遣いがすごくすごく嬉しくて感動したので、『あ、今これ伝えればいいのかな?』と思い、 
「きのう食事の時、『大切な日だから』ってスマホ触らないでいてくれたのすっごく嬉しかったんだよー!いっぱい話もできたし、ごはんもおいしかったし、めっちゃ楽しかったーありがとう^^」 
と、がんばってかなりテンションあげて伝えました(笑) 

そしたら主人が「え、そうなの?そんなに?(*_*)」
「(私)うんっ!」
「そんな嬉しかったの?」
「(私)めっちゃ嬉しかったっ^^」 
「ふーーん、、(ニヤニヤ)」
と、スッとスマホさわるのやめてちょっと離れたところに置いたんです! 
内心ガッツポーズです(笑)でも本当にうれしかったです。 

(でも食事中スマホさわらなかったのその日だけなんですが、 
毎回これやらないといけないんでしょうか。どんだけほめられたいんでしょうか。。笑) 

後日森川先生にご報告した際、泣いて喜んでくださったことになんだかこちらまでうれしくなって感動してしまい、すごくあったかい気持ちになりました。本当にありがとうございました。 
みえ子さんにも報告しなきゃー!と思いメールさせていただきました。 

お二人のワークショップ本当に楽しくて、参加できてうれしかったです。 
どうもありがとうございました! 

とっても具体的でわかりやすい内容ですね。
本当にブログ掲載ご快諾ありがとうございました。
繧ウ繝ゥ繝帙y03








文中に(でも食事中スマホさわらなかったのその日だけなんですが、 
毎回これやらないといけないんでしょうか。どんだけほめられたいんでしょうか。。笑) 

とありますが、何度か「〇〇してくれて、本当にうれしいわ~!」「あなたのそういう行動が素敵だと思う!」といった言葉がけをしていくと、男性は少しづつ学んでいきます。

なので、「ずっと永遠にやり続けるのか~(げんなり~)」とは思わないで欲しいのです。

講座内でもお伝えしましたが、「男性攻略ゲーム、1面クリア!くぅ~!(>_<) 2面の相手は結構強敵じゃ~!」と楽しみながらゲーム感覚で取り組んで欲しいのです。

深刻になると、「なんで私の理想とするオトコに、あーたはならないのよ!?(怒!)」となってしまい、不満感がうまれやすくなりますから。

是非、この報告メールを参考にしてくださいね!

以前のこちらの報告メールも、同じような「教え込み方式」について書かれています!きっと参考になりますよ!(⇒その記事)  

======

直近の面談カウンセリング空き枠
6月10日(日) 19時 
6月13日(水)  10時  13時  16時  19時  
6月14日(木)  10時  13時  16時  19時
6月15日(金) 10時  13時   16時   19時
6月17日(日) 10時  13時  16時  19時

カウンセリングは、予約センターにてご予約を入れてご利用くださいませ。

カウンセリング料金や東京カウンセリングルームの場所はコチラをご覧くださいね。
カウンセリングスケジュールはこちら>>


電話番号:06-6190-5131 

営業時間:12:00~20:30

定休日:月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日。

皆さまからのご予約、お待ちしております。

私たち女性が学生の頃から読んでいた恋愛を描いた漫画。
この登場人物の男性って、スケートの王子羽生選手のような「美男子系」
が圧倒的に多かった気がしませんか?

子供の頃に読んでいたキャンディキャンディに出てくるアンソニーやテリィなんて、
体臭なんかまったくなさそうですし、そもそも「ガツガツ、ギラギラ感」はゼロ。

そんな意味では、「セクシュアルな大人の欲求」なんぞはわきに置いての、もうフワフワしたファンタジーでの恋愛を、女性は感じていたいものなのかもしれませんね~。

だからこそ、「ギラついためちゃ男性的な人」には一瞬警戒をするものですが、
同時にちょっと「どきっ!」としませんか?特に野性的な感覚、男性の力強さのようなものに。

男性の世界に恋愛本はおそらくほとんど存在しないのでは?と思いますが、
(本屋さんに行ってもほとんど見たことがない)
エッチな動画でお勉強をされる方々はどうやら多そうです、。

(なので、息子の部屋に入るときは必ず『入るよ~!いい?』と聞くようにしています(笑!)
えーえー、お互いのために、です)

つまり、男性にとって「どきっ!」とする瞬間と、恋に落ちる瞬間と、この「野性的なセンサー」とは
密接なかかわりがあるのではないでしょうか?


胸を強調しましょうとか、ミニスカートをはきましょう、という話ではありませんよ~。
(でもしぐさや表情は結構大事なんじゃないかと、私個人的には思っています)

相手を「どきっ!」とさせるには、女性側にもそれを感じさせる感情、感覚が大事なんですよ。

その感情を持っていると、男性が
「あ、なんだかこの娘(こ)、妙に気になる。なんでこんなに気になるんだ?」
とあなたに惹かれる現象が起こるんですよ。

どんな感情?どんな感覚?

それを知識で知ってさらに体感してもらいたくて、こんなワークショップを企画しました。
弊社カウンセリングサービスではこれまであまり取り扱ってこなかった内容ですので、
貴重な機会ですよ~( *´艸`)
もちろん、大人気あるある対談形式のレクチャーもたっぷりお届けします。

↓ この講座、あと残り2席です。
※おかげさまで満席となりました。ただいまキャンセル待ちを受付中です。


第2部「オトコがドキッ!とするオンナになるための2時間」

日時: 2018/5/20(日) 18:30~20:30
会場:機械工具会館4F第4会議室
交通:JR田町駅徒歩7分、都営三田線三田駅徒歩7分、都営浅草線三田駅徒歩5分
料金:3240円(昼夜通しで講座を申し込んだ方は割引料金7560円)
講師:沼田みえ子&森川陽介


>>講座の詳細はこちら<<
>>お申し込みはこちら<<
>>キャンセル待ちフォームはこちら<<

↓ 第1部はただいまキャンセル待ちを受付中です!

第1部「オトコがずっと一緒にいたいと思うオンナになるための4時間
日時: 2018/5/20(日) 13:30~17:30
会場:機械工具会館4F第4会議室
交通:JR田町駅徒歩7分、都営三田線三田駅徒歩7分、都営浅草線三田駅徒歩5分
料金:5400円(昼夜通しで講座を申し込んだ方は割引料金7560円)
講師:沼田みえ子&森川陽介

>>キャンセル待ちフォームはこちら<<
2018-03-05_164503





=====

カウンセリングは、予約センターにてご予約を入れてご利用くださいませ。

カウンセリング料金や東京カウンセリングルームの場所はコチラをご覧くださいね。
カウンセリングスケジュールはこちら>>


電話番号:06-6190-5131 

営業時間:12:00~20:30

定休日:月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日。

皆さまからのご予約、お待ちしております。

彼や旦那様に、こんな男性になって欲しいのに、、、
そんなお気持ちの女性って多いのでは?

今回は私たちの対談の質問コーナーにご質問くださった方から、その後のメッセージ
が届きました!

あるある対談、日本人のみならず、外国の方にも効果があったようですよ。
2017-05-31_064928








森川陽介先生 
沼田みえ子先生 

対談コーナーで、森川先生宛に質問させていただいた者です。 
まさか本当に取り上げていただけるなんて思っていなくて、質問第1号というのもびっくりで、
とても嬉しかったです。本当にありがとうございます! ⇒その対談記事はこちら

そして、まき餌に教え込みにモテるねの言葉。。本当に勉強になります。
早速全部使ったら、平静を装ってましたがちょっと『ふふん♪』という感じがだだ漏れでした(笑)。

 
女性性の部分を褒められても男性は不完全燃焼というのも目からウロコで、でもとても
しっくりきました。やはり男性目線で見ないとそういった心理はわからないものですね。
森川先生にお伺いしてよかったです。 

沼田注※『森川カウンセラー、いい仕事したね!』

逆に、男性のアドバイスを毎回全部受け入れることも、みえ子先生が仰る通りストレスだし、
女性側が不完全燃焼となるので、うまく折り合いをつけて気長にいこうと思いました。 

あと、焼き肉の下りは意味わかんないと思ったら、みえ子先生が代弁してくださってたので、
一人で笑ってしまいました。(笑 )

実は以前、別のセミナーでみえ子さんにお会いしました^^。
 
(海外から)帰国当初は本当にゴミの出し方から新聞の縛り方まで全部(外国人の)
主人に教えなくてはいけなくて、彼に頼れない事に本当に日々イライラしていたのですが、
お二人の対談コーナーを読んでからとにかく褒めまくる&あなたは私のヒーロー作戦を続けたところ、自主的に家事を手伝ってくれる&気遣ってくれる率が200%増えましたーーT0T* 

しかも今日に至っては「新聞しばっといたよー」と翌日の分を覚えてて早々に用意してくれていて、
もうはじめてのおつかい並に感動でした。

主人のことはすごく大好きなので、またお二人のブログからヒントをいただいて、
今後の関係をもっとよくできたらいいなと思います。本当にありがとうございました^^ 

5月のセミナー楽しみにしています! 

そしてメッセージ掲載のお願いをしたら、以下のメールを頂きました。

沼田みえ子様 

わざわざご返信いただき、 本当にありがとうございます。 

主人は褒められると否定することが多いので褒められるのが苦手なのかなー? 
と思っていたのですが、最近私が褒めちぎるせいか慣れてきたようです笑。 

掲載に関する件ですが、お役にたてる事であればどうぞ使ってくださいませ^^ 
本当に、ちょっとしたことなのに変化が出るもんなんだなーと驚いています。 

対談ブログ読んでてよかったー!と思いました。笑 
改めて、お二人に感謝です。 

以前お会いしたときのことも覚えていてくださってうれしいです。 
みえ子さんは、なんだかかっこいい美しいおねえさまがいる!と印象的だったのと、 
帰国直後でまだ慣れない時期に、みえ子さんが海外生活の経験をお話ししてくださったおかげで安心できました。 

またお会いできるのを楽しみにしています。 

褒めることに旦那様が慣れてきたということは、彼が感謝を受け取れる器の人間に
奥様がしてあげられたということ。

ちょっとしたことなのに、変化が出るもんだなぁ~と書かれていますが、
本当に毎日の積み重ねって大きいのですよね、


この方は5月のコラボセミナーにお申込みいただいているようです。
よかったぁ!

というのも、一昨日から受け付け開始しておりますが、申し込み開始30時間経過した昨日夕方17時半の時点で、広い会場にしたにもかかわらず、既にお席の半分以上が予約で埋まっております。(驚!)

本当にありがとうございます。

今回のコラボワークショップでも「あるある対談レクチャー」をたっぷりとお伝えし、
皆様にすぐにパートナーシップで使える実践的なワークもご用意しております。

>>講座の詳細はこちら<<
>>講座のお申し込みはこちら<<

皆ですてきなパートナーシップを手に入れましょ☆

  沼田&森川スペシャルコラボワークショップPART2  
「オトコが惹きつけられるオンナが持っている2つの要素を教えます!」

2018-03-05_164503









第1部「オトコがずっと一緒にいたいと思うオンナになるための4時間

日時: 2018/5/20(日) 13:30~17:30
会場:機械工具会館4F第4会議室
交通:JR田町駅徒歩7分、都営三田線三田駅徒歩7分、都営浅草線三田駅徒歩5分
料金:5400円(昼夜通しで講座を申し込んだ方は割引料金7560円)
講師:沼田みえ子&森川陽介


第2部「オトコがドキッ!とするオンナになるための2時間」

日時: 2018/5/20(日) 18:30~20:30
会場:機械工具会館4F第4会議室
交通:JR田町駅徒歩7分、都営三田線三田駅徒歩7分、都営浅草線三田駅徒歩5分
料金:3240円(昼夜通しで講座を申し込んだ方は割引料金7560円)
講師:沼田みえ子&森川陽介


>>お申し込みはこちら<<

=====

カウンセリングは、予約センターにてご予約を入れてご利用くださいませ。

カウンセリング料金や東京カウンセリングルームの場所はコチラをご覧くださいね。
カウンセリングスケジュールはこちら>>


電話番号:06-6190-5131 

営業時間:12:00~20:30

定休日:月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日。

皆さまからのご予約、お待ちしております。

 

彼との関係をもっといいものにしたい!
そう思ってカウンセリングを受けてくださるのは、圧倒的に女性が多いのですが、
こんなわかりやすい変化を遂げてくださった男性がいます。

実際の面談カウンセリングで交わされた会話なのですが、クライアント様の許可を頂いての
再現です。

クライアント様(以下ク)「沼田さん、実は報告があります。」

沼田(以下沼)「なんでしょうか?」

「以前、沼田さんと森川さんとのコラボワークショップの翌日のデートで、ワークショップで
習ったことを実践したら彼に変化があった!というブログ記事があったじゃないですか、、。」


沼 「あ~、『恋がうまくいくたった1つの方法」講座の翌日に実践したら、こんなことになりました!」という記事ね。※⇒その記事はこちら」    

ク 「同じようにやったら、私の彼も変わったんですよ~。
以前はクリスマスイブにとんかつ屋さんに私を連れて行くような彼だったのに、
あの教え込み方式を試してみたら、今では『ぐるなび』で事前にレストランを調べてくれて、
星3.5以上のところをチェックして、予約してくれるようになったんです!」


沼 「へぇ~、クリスマスイブにとんかつ屋さんとは!それだけ変に遊んでいない、
誠実そうな彼、という証でもありそうだけれど、確かにイブにとんかつ屋さんは、
女子としてはロマンチックではないかも(笑!)

でもそこから、『ぐるなび』でしかも星3.5以上でお店検索とは、目に見える進歩ですね。
いや~、愛されているじゃないですか~(≧▽≦)」

という会話だったのです。

2017-03-24_080404






教え込み方式は沼田&森川のあるある対談でもちょいちょい出てくる手法ですが、
例えば普段、もっと彼に私の話を聞いて欲しい時には、まず出来ているテイで

「話が聞けるあなたって最高だわ~♡ そんなに女性の話が聞けるなんてなかなかフツーの男性では
できないものよね。きっと会社でもモテるんじゃないの~?このこの~っ!(≧▽≦))! 罪な男よね~!」

と、「こういう男になるとあなたはきっとモテちゃうくらい、イイ男よね~」
と教え込んでいくやり方
、なのです。

すぐに変化する男性と、変化がゆっくりの男性と、人によって見える変化にバラツキはありますが、
多くの方から「効果がありました!」というご報告を頂いております。

どんな女性にも男性を育てる力がありますからね。是非あなたもお試しあれ!

沼田&森川コラボワークショップでは、「今日からすぐ使える実践的な方法」もお伝えしていますし、参加される方の意気込みがすごいのか、講座の後にすぐ実践に移される方も多いなぁ~と感じます。

昨日から5月20日開催のコラボワークショップの申し込みを開始しましたが、
昨日1日だけで、ほぼお席の3分の1が埋まりました!(驚!)
(キャパ増やしておいてよかった~!「参加したかったのに!もう満席!?」というお声が
実際前回にコラボの受付段階でありましたので、、)

「初参加させていただきます!お2人の掛け合い楽しみにしています!」

「前回のワークショップを逃してから半年待っていました。楽しみにしています!」

「前回のコラボもとっても面白くてよかったので、今回も是非参加させてください!」


などなど申し込みと一緒にメッセージも沢山頂いております。
本当にありがとうございます。

>>講座の詳細はこちら<<
>>講座のお申し込みはこちら<<

皆ですてきなパートナーシップを手に入れましょ☆

  沼田&森川スペシャルコラボワークショップPART2  
「オトコが惹きつけられるオンナが持っている2つの要素を教えます!」

2018-03-05_164503









第1部「オトコがずっと一緒にいたいと思うオンナになるための4時間

日時: 2018/5/20(日) 13:30~17:30
会場:機械工具会館4F第4会議室
交通:JR田町駅徒歩7分、都営三田線三田駅徒歩7分、都営浅草線三田駅徒歩5分
料金:5400円(昼夜通しで講座を申し込んだ方は割引料金7560円)
講師:沼田みえ子&森川陽介


第2部「オトコがドキッ!とするオンナになるための2時間」

日時: 2018/5/20(日) 18:30~20:30
会場:機械工具会館4F第4会議室
交通:JR田町駅徒歩7分、都営三田線三田駅徒歩7分、都営浅草線三田駅徒歩5分
料金:3240円(昼夜通しで講座を申し込んだ方は割引料金7560円)
講師:沼田みえ子&森川陽介


>>お申し込みはこちら<<

=====

カウンセリングは、予約センターにてご予約を入れてご利用くださいませ。

カウンセリング料金や東京カウンセリングルームの場所はコチラをご覧くださいね。
カウンセリングスケジュールはこちら>>


電話番号:06-6190-5131 

営業時間:12:00~20:30

定休日:月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日。

皆さまからのご予約、お待ちしております。

 

最近、男性からのご相談がぐーーんと増えてきました。

男性たちが、いったい何を問題だととらえているのか?
がわかると、女性にとっても男性心理を理解しやすく、
また男性にとっては、「自分だけが問題と感じているわけではない」
とある意味安心できるかな?と思い、今回は承諾を得て、
お伝えさせていただきますね。

2017-01-19_094825






よく伺うお話で、
「なぜ妻が不機嫌なのか、さっぱりわからない」
というものがあります。

帰宅するとなんだか妻がイラついている。
この時点で、男性は「怖い」と反射的に思うようです。

「何怒ってるの?何かあったの?」
ときければまだいいのですが、なかなか怖くてきけないようで、

とにかく、退散する。(部屋に逃げる)
またはスマホの世界に逃避。
会話すると何か地雷を踏みそうなので、とりあえず黙って夕飯を食べてしまう。

という行動をとる方が多いようです。

正直そんな妻の態度もこっちだっていやだ!っと男性陣は思うようですが、
この「いやだ!」と感じることも我慢して極力感情を感じないようにすること」
で乗り切ろうとします。


ところがっ!
この行動が余計女性をイライラさせることもまた多し!なのですねぇ。

私がお話を色々と奥様達から伺っていると、
「私が育児で大変なのに、まったく手伝いもしない!
たまに一緒にお風呂に入れてくれるくらいじゃ、手伝っているうちには入らないっ!」
と育児関係で不満をかなりためているか、

「私も仕事をしているのに、わたしにばっかり家事の負担がかかっている!
不公平だっ!」

というご意見はかなり多いです。

とはいえ、殿方たちも「仕事を遅くまでやらにゃ~ならんのじゃい!」
「俺だって家族のために働いているんだっ!下げたくもない頭を取引先に下げているんだっ!」
などといろいろと言い分もあるかと思うのです。

妻もわかってはいるのですよ、お仕事忙しいこと、家族のために頑張ってくれていること。

なので、ただ声をかけてほしいのです。
「本当に育児って大変だよね。本当に今日もお疲れ様。ありがとうね」
「みえぽん(私のことです)も本当によくやっていると思うよ!本当にすごいと思う」
っと。

特に育児は「達成感」を感じにくいものですから。
毎日毎日、子供に朝ごはん食べさせて公園連れて行って、買い物して、
合間に掃除洗濯、、慌てて夕飯作り、、。

その繰り返しを延々しているわけで、、。
何をもって「合格!」なのか。
何をもって「よくやった!」なのか。
そんなわかりやすい目安もないので、
本当に疲弊しちゃうんですよね、、。

次いで多いのが
「どうほめたらいいのか、よくわからない。」
「どう感謝を伝えたらいいのか、よくわからない。」

というもの。

ありがとう、なんて恥ずかしくて言えない。
褒めるところが見つからない、

なんていうお話もちょいちょい伺います。

これ、男性の独特の心理なのかな~と感じます。
男性社会は競争社会。
1番になろうと頑張るのが、男性特有の心理。
営業成績でも、同僚の中での出世競争でも、、。
当然1番になるって並大抵なことではなく、
ほとんどの方が1番になることができないのが現状。

そんな自分は「全然すごくない、たいしたことない」という意識が生まれやすく、
よって相手に対しても1番じゃないところを褒めても仕方ない、、
という気持ちになりやすい
傾向があります。

男性は結果重視の考えですが、女性はそうではありません。
プロセスもとっても大事なんですよ。
その過程をみてくれること、承認してくれることがうれしく感じます。

出来上がった料理の味を褒めてくれることもうれしいですが、
「これ、準備大変だったでしょう?
昨日の夜から仕込みしたんじゃない?」

などと、その味に到達するまでの過程を見てくれると、
本当にうれしく思うのですよ。

そんな男性のご相談を伺っていると、
「何かしてあげたいけれど、何をしたらいいのかさっぱりわからない」
というお話が本当に多いので、是非女性の方から
「ありがとうって言ってもらえると嬉しんだよ~」
「食べ終わったらお皿を洗っておいてくれると、本当に助かるの。
お願いしてもいい?」
とわかりやすくお願いするといいかな~と思います。

ここで大事なのは「指示」ではなく、「お願い」であることなんですよ。

「感謝してよ!それくらい言えるのがふつーよっ!」
「ちょっと!お皿くらい洗ってよっ!」
と言いたくなっちゃいますが(大昔のブラックミエポンだった私は連発していました)

怒りの感情をのせて伝えると、まずまず9割は反発されちゃいます、、、。
または男性特有の「我慢」で感情そのものを感じないようにして
だんまりを決め込んだりされちゃう、、。

女性側の怒りたくなる気持ちも、わかります、、。
そうですよねぇ、、、何黙ってるのよ!?こっちも大変なんだ!
お前もやれ!って思っちゃいますから、、。
あ、私だけかな?(笑)

結婚生活が長くなればなるほど、不満や期待、そしてあきらめの感情が
交錯します。

今日はバレンタイン。
海外では男性が女性にお花をプレゼントしたりするのですよ~。
是非奥様に、彼女にいかがでしょうか?
きっと大感激されますよ!

我が家はバレンタインデーが夫のお誕生日なので、
今晩、夫と2人でディナーにお出かけです☆

Happy Valentines!!

2018-02-14_114042








=====

カウンセリングは、予約センターにてご予約を入れてご利用くださいませ。

カウンセリング料金や東京カウンセリングルームの場所はコチラをご覧くださいね。
カウンセリングスケジュールはこちら>>


電話番号:06-6190-5131 

営業時間:12:00~20:30

定休日:月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日。

皆さまからのご予約、お待ちしております。


自立系男子(じりつけいだんし)
生息地:地球
特徴:最初はグイグイと押してきたくせに、やっと距離が縮まってきて、
イイ感じ~となったとたん、音信不通。
本心をあまり語らないので、何を考えているのかさっぱりわからない。
仕事がハードワークなのか、忙しそうにしていることが多い。

2017-12-08_153610





カウンセリングをしていると、世の中の大半が自立系男子なのか?
と錯覚してしまうほど、この手の男性にほとほと手を焼いている
女性がなんと多いことか!

この自立系男子たちは、自分の依存の部分(感情的な弱さ)
をものすごーく嫌っているため、
自分の「寂しさ」「悲しさ」「心の痛み」をガチガチにコーティングして、
絶対に自分では感じないように、感情を抑圧してしまっています。

だから、こういった彼を持つ女性は彼の抑圧した感情を
代わりに感じることが多くなるのですよね。
パートナーは必ずバランスを取りますから。


何日も連絡をくれなくて「寂しく」感じたり。
親密感を求めて手をつないだり、ハグをしようとすると拒絶されて、
「悲しく」なったり。

私の何がいけないのだろう?
私が魅力的じゃないから嫌われちゃったんだ。

と自分を見てしまうと、どんどん無価値観にはまっちゃうんですよね。
こうなるとかなり辛い辛い、、(汗)

ここで「この寂しさがもしも彼の感情だとしたら?」
と見る目が養えると、無価値観のループから抜けられるきっかけに
なることが多いです。
すくなくとも、自分攻撃はする必要がないと感じられますから。


見た目には全くその様子は感じられないでしょうが、
「もしも彼が寂しく思っているとしたら、それはどうしてかな?」
「仕事で何か悲しい想い(大抵は失敗や敗北である場合が多い)をしたのかな?」
とみることができるようになると、

「なんで会ってくれないのよ!」
「どうしてラインの返事、くれないのよ~!」
「ムッキーっ!」

という対応ではなく、

「私はあなたの頑張りはよくわかっているよ。
私もうっかりあなたに影響されて、今日も仕事頑張っちゃったよっ!」
「あなたがパワー全開でお仕事頑張れるように、めっちゃおいしいイタリアン
のお店見つけておいた。時間作って一緒に食べに行こ!」

なんてメールが送れると、責めなくて済むんじゃないかと思います。

男性はとにかく「責められる」のが大の苦手ですから!
(実はこういったことが天下分け目になること、多いです。
関ヶ原の戦い、ですね~。元武士の女性(!?)ならご存知かも?
勝敗はこういったことで決まるのです)

親密感を感じると、自分が弱くなってダメになるんじゃないか?
といった親密感そのものに抵抗感を感じることもある自立系男子の皆さま。

自立系男子とのパートナーシップはほんと、一緒にいる女性が
「寂しさ」を感じやすいパートナーシップになりがちなので、
女性は「なんで会えないの?」「どうして返事くれないの?」
と責めたくなっちゃう状況に入りやすい
ですからね~。

私も結婚前は自立系男子ばっかりとお付き合いして、
まぁ、手を焼いたクチですから、、。
当時は心理学なんぞ知らず、最後は自爆してしまうことが多かったです。(遠い目)

あなたは自爆しないでくださいよ!

=====

カウンセリングは、予約センターにてご予約を入れてご利用くださいませ。

カウンセリング料金や東京カウンセリングルームの場所はコチラをご覧くださいね。
カウンセリングスケジュールはこちら>>


電話番号:06-6190-5131 

営業時間:12:00~20:30

定休日:月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日。

皆さまからのご予約、お待ちしております。





あなたの大切な彼がなんだか落ち込んでいたり、
どうやら仕事上なのか、何か悩んでいる様子、、。

さて、あなたならどうしますか?

まさか、「何かあったの?話してごらんよ!」
とか、
「無理しないほうが良いよ!」
なんて言ってはいませんか?

2017-11-20_153947






女性同士なら「話して発散!」なので、
「どうした?話してごらんよ」
というアプローチはOKです。
むしろ、女性は「聞いて聞いて!」の気持ちが男性よりも強いので、
話を聞いてあげるほうが良いですよね。

でも男性は「自分で解決したい生き物」なのですよ。

なのでカウンセリングにやってくる男性はよっぽど我慢して、もう限界!
という状態で初めてこられたり、、。

または「専門家の意見を聞きたい」
「専門家にこの苦しい気持ちを何とか解決してほしい」という場合が多いです。

だから、相手から話してくるまで、ほっといてあげる。
これがベストです。


私の夫も結婚して丸23年が経ちましたが、
仕事の相談なんて1度もされたことがありません。

自分で解決できることが「ざ、おとこ道!」だと思っているのが男性たちですから。

でも、ほっておくなんて「私の無価値感が騒ぎ出す!」
なんて思って、何とか役に立とうと、

「話してごらんよ!何か道が見つかるかも、、」
「ダメでもいいじゃん!無理しない無理しない」

なんて言っちゃうと
「あなたは問題解決もできない、情けない男」
というレッテルを貼ってしまう行為になりかねませんよ~。

それじゃあ男性は嬉しくないですよね?

あなたが無価値感を感じてしまうとしたら、、
自分は魅力的な女性だもーーん!っと思えていないのかもしれません。
自信がある方は相手を信頼して、一人考え込む世界から戻ってくるのを
待つことができますから。


そんな「あなたの魅力」を磨いていく講座を12月2日(土)に開催しますよ~!
ありがたくもお席残り数席となり、まもなく満席となります。
ご参加をお考えの方は、お早めにお申し込みくださいね。

※この講座はおかげさまで満席となりました。
ただいまキャンセル待ちを受付中です。(11/20 20:15現在)


そうそう、放置プレイも「自分が必要とされないんじゃないか!?」
とご心配の方は、

「あなたならできると思うよ」
「信頼しているよ」
「私は応援してるからね」


と声をかけてあげるといいと思いますよ。

⇒こちらもおススメ記事「男性が相談してきたら、ききたい言葉はこのセリフただ1つ!」

 沼田みえ子ワークショップ 

「あなたの才能&魅力開花レッスン~素敵なパートナーシップのために~」

※お陰様でまもなく満席となります。
ご参加をお考えの方は、どうぞお早めに。(11/18 23:45現在)


※この講座はおかげさまで満席となりました。
ただいまキャンセル待ちを受付中です。(11/20 20:15現在)


※この講座はキャンセル待ちも定員に達しましたので、キャンセル待ち受付を
終了しました。多数のお申込みをありがとうございました。(11/30  20:30現在)

日時:2017年12月2日(土)16:00~18:00
受講料:3240円
会場:機械工具会館3F第1会議室⇒MAP
交通:JR田町駅徒歩7分、都営三田線三田駅徒歩7分、都営三田線三田駅徒歩5分
参加条件:18歳以上の方。ただし2歳未満のお子様に限り同伴可能です。
ゲストカウンセラー:大みぞなおみ  土肥幸司  樋掛豪  
   松尾たか  安池泰子  山本美登里



>>>講座の詳細はこちらから<<<
>>>キャンセル待ちはこちらから<<<

このような方に是非参加してほしい講座です。

いつも恋愛がうまくいかない人
自分に自信が持てなくて「都合のいい女(男)」になりがちな人
恋愛が始まっても「どうせ終わっちゃう」と思ってしまう人
悪い妄想ばかりして、パートナーシップがうまくいかなくなる人
一生パートナーシップは持てないとあきらめている人
ラブラブな関係を作りたい人
自分の魅力や才能は何か知りたい人
自信をもって生きていきたい人


この講座に参加すると

自分の魅力や才能がわかります
自分に自信をつけられます
恋愛だけではなく、人生を自分軸で生きられる人になります
未来に受け取るあなたの「未来魅力」がわかります
苦しいパートナーシップから、楽なパートナーシップを手に入れるマインド作りができます


心を込めて、講座の準備を進めております。
楽しみにしててくださいね。

>>>キャンセル待ちはこちらから<<<
>>>講座の詳細はこちらから<<<

2017-10-13_090058




☆料金について☆
2講座以上参加される方には、通常1講座あたり3240円のところ割引料金を適用させて頂きます。
当日現金にて会場でお支払いください。
(1講座・・3240円  2講座・・5940円  3講座・・8640円)
>>>キャンセル待ちはこちらから<<<


☆上記お申し込みフォームから、ご希望のワークショップ1本ずつお申込みしてくださいね。

=====

カウンセリングは、予約センターにてご予約を入れてご利用くださいませ。

カウンセリング料金や東京カウンセリングルームの場所はコチラをご覧くださいね。
カウンセリングスケジュールはこちら>>


電話番号:06-6190-5131 

営業時間:12:00~20:30

定休日:月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日。

皆さまからのご予約、お待ちしております。


「12日の23回目の結婚記念日、どこでお祝いする?」
「あ、12日だったっけ?あちゃー、その日ゴルフいれちゃった、、」
「あのさぁ、、結婚記念日忘れてたの?」
「ごめん、完全に忘れてたわ。前の日でもいい?」

こんな夫とのやり取りが、先月頭頃にあったのですよ。

このようなやり取り、今回が初めてではありません。
えーえー、過去に何度も夫はやらかしております。

新婚で一緒に住み始めてから初めての夫の誕生日は、出張でインドに行っちゃっていたり、、。
私の誕生日もすっかーり忘れていることも2度3度どころではありません、、。
結婚記念日も然り、、。

まぁ、何はともあれ、1日前倒しで23回目の結婚記念日を2人でお祝いしてきました。

InkedDSC_0027_LIDSC_0044








女性は男性以上に本当に記念日をよく覚えていますよね。

新婚当初の夫のお誕生日をお祝いできなかったことは、ちょっとがっかりでしたが、
この「記念日を忘れる男性」の理由は
「脳の構造上にある」と言われています。

記憶をつかさどる海馬の発達が男女では違う、からだとか。

ただ日々カウンセリングをしてお話を多くの方からうかがう立場としては、

男性にとって、「記念日は特に重要とは思っていない」
という見方があるのではないかと思うのです。
(女性にとっては結構衝撃的な事実ですよね)

女性は過去から現在に意識が向きやすく、感情と共に物事を記憶していきます。

なので、パートナーの過去の浮気などには、長いこと
「どうしてあんなことをしたのか?」
という過去を掘り返して責めてしまうことがよく起こり、
「今更どうしろって言うんだよ?」
と過去を顧みない男性たちは、うんざりする返答をしてくることは
よくあるお話。

男性は現在から未来に意識を向ける傾向が女性より強いようです

なので、過去の浮気を責められると
上記のような「今更どうしろと?過去は変えられないだろう?」
というセリフが生まれ、
「これからの2人を見ていこうよ」と未来を見るように促そうとします。

女性からすると、「過去をもみ消す気か?」と感じてしまい、
また喧嘩の火種になりかねない事でもあるのですが、、。(爆!)

記念日は「過去の出来事」を思い出す日、でもありますからね。
過去に意識が向きにくいから、忘れがちなのかな、殿方たちは。

なので、

記念日を忘れている=私への愛情が薄れた

ではありませんからね。

来年、24回目の結婚記念日を夫が覚えているか、みものですわい。(笑)

=====

カウンセリングは、予約センターにてご予約を入れてご利用くださいませ。

カウンセリング料金や東京カウンセリングルームの場所はコチラをご覧くださいね。
カウンセリングスケジュールはこちら>>


電話番号:06-6190-5131 

営業時間:12:00~20:30

定休日:月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日。

皆さまからのご予約、お待ちしております。


↑このページのトップヘ