心理カウンセラー◆沼田みえ子(カウンセリングサービス)

◇こちらは心理カウンセラー達が作る癒し系サイト「カウンセリングサービス」のカウンセラーのプロフィールページです。

カウンセリングサービス所属カウンセラー。
東京地区担当 ぬまた みえこ 

5人連続フラれまくりの独身時代、その後の離婚危機も乗り越えて、
今までの人生で一番のラブラブ夫婦関係を得ることができた
カウンセラーが、

夫婦問題、婚活に悩むあなたにうまくいくパートナーシップのための
カウンセリングをいたします。


>>>カウンセラーの一覧へ
>>>カウンセリングサービスのHPへ
>>>カウンセリングサービスって?

男性心理

例えばのお話。
夫は休みの日は家でのんびり過ごしたい派。
でも私は一緒に買い物に付き合って欲しいんです。

「君の買い物に、なんで僕が付き合わなきゃならないの?」
と真顔で言われると、なんだか悲しい気持ちになる。

例えばのお話。
彼はいつもデートに遅刻してくる。
「もう!なんで時間通りに来れないのよ!」といつもデート開始時にはけんかが起こる。

私はイライラするし。
彼は黙り込んで重い空気。
優しい彼なんだけれど、時間にルーズなのが嫌なところ。
2017-06-09_083714







☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

付き合い始めの頃はあまり気にならなかった部分が、そのうちに気に障るようになる。

普通夫婦だったら、週末は一緒に行動するもんなんじゃない?
なんでうちの夫はそれができないのよっ!

と怒りが生まれたり。

時間を守るって学校でも言われてきたことでしょう?
なんでそういうジョーシキ的なことができないのかしら?

とこれまた怒りが出てくる出てくる、、。

当たり前ですが、人は自分が正しいと思っていて、相手が間違っていると攻撃しちゃう。

攻撃というと言葉は過激ですが、ようは「私に合わせなさいよっ!」という気持ちで相手を説得しようとしちゃうんですよね。

いわゆるコントロールってやつですね。

でも「私は正しい」は相手も当然思っているわけで、
「休日位ゆっくり過ごして何がいけない?」
「買い物は一人で行ったほうが自由にできるから、そのほうが良いと思う」
などと思っているかもしれませんね。

「デートの遅刻しても、ちょっとくらいいいじゃん」
「それで何か大きな問題が起こっているわけでもないし」
と、時間への価値観の違いがあるのかもしれません。

だから「私が正しくて、あなたが間違っている!」ということがベースになってのコミュニケーションだと、関係性が悪くなることはホントーーーーに多いです。


じゃあどうしたらいいのでしょうか?

耳の痛い話ですが、「相手を変えるより自分を変える方が早い」と心理学ではよく言われています。

え?私がどう変わればいいのさ?
私が我慢さえすればいいってこと?

ちがうちがう!我慢じゃないよ!
我慢はしないでくださいね。我慢からは怒りしか生まれてこないからね~。

一番大切なのは、「私が正しい!」をちょっと手放すこと。
そして「なんであやつは、そんな行動をとるのかな?」と、相手の目線を理解しようとすることが大事です。

「あなたはそう思うんだね」が大切。

「あなたは家でゆっくりしたいと思うんだね」
「あなたは遅刻は大したことじゃないって思うんだね」

とまずは理解を示すこと。

そこから2人のちょうどいい落としどころを見つける作業です。

「毎週じゃなくていいんだけれど、一緒にお出かけしたいんだよね。
あなたが大好きだからさ。」

「せっかくのデートに遅刻されちゃうと、それだけ一緒にいる時間が減っちゃう気がするの。
私、あなたが大好きだから1分でも長くいたいんだよ。」

自分の気持ちと、そこに「大好きだから」「愛しているから」といった「愛」を振りかけて

「あなたはどう思う?」

と相手の気持ちを聞くことが大切。

コントロールは一方通行のコミュニケーションの時に生まれます

「自分の意見の押し付け」ですね。

「あなたはどう思う?」


はとっても大切なマジックワード。
一方通行から双方の意見交換に変わりますからね。

このようなパートナーシップのノウハウはもちろん、以下の講座では特に女性性を深く掘り下げてあなたの女性性の魅力を育てていきますよ!会場のお席、すでにお席半分が埋まりました!残り半分はあなたのためのお席ですよ!お申し込み待ってまーーす☆
過去開催した講座全て満席となった大人気のスペシャルコラボワークショップが、さらにパワーアップして戻ってきます!

  沼田&森川スペシャルコラボワークショップPART3  

<オンナの幸せをぜ~んぶ手に入れる!前編> 
「あなたの魅力を思いっきり開花させる♡」

>>講座の詳細はこちら<<
お申込はこちらをクリック

20181110Numata_Morikawa6h_twitter
  
日時:2018年11月10日(土)13:30~19:30
会場:東京渋谷 TKP渋谷カンファレンスセンター 10B 
交通:JR渋谷駅東口徒歩3分、東京メトロ銀座線渋谷駅徒歩3分、東京メトロ副都心線、半蔵門線、東急東横線、東急田園都市線渋谷駅15番出口徒歩3分 ⇒MAP
料金:10800円(税込)

講師:沼田みえ子&森川陽介 

この5月のコラボワークショップにゲストで参加してくれた樋掛カウンセラーが男性目線でわかりやすく講座内容を書いてくれています。「沼田&森川カウンセラーのワークショップ、2か月前から予約が取れない講座の秘密とは!?」

>>お申込みフォームはこちら<<

 
   以下の東京感謝祭2018で講演します。 
11:20-11:50 講演2:沼田みえ子『愛いっぱいの世界で生きる方法』
講演の詳細は上記タイトルをクリックしてくださいね。

東京感謝祭2018 プレミアムファンミーティング


カウンセリングサービス東京感謝祭は2018年
プレミアムファンミーティングとして生まれ変わります!




講演カウンセリング体験・クイズ大会他、イベント盛りだくさん♪
2018年東京限定 カウンセラーとツーショット写真会を開催!

日時:2018/11/4(日) 10:00~19:20(開場/受付9:30~)
会場:田町・グランパークカンファレンス
※会場への写真付き道案内>>>こちら
料金:5,400円 (当日お支払い・現金のみ)
早期入金割引価格4,968円(10/26着金分迄)
※出入り自由のフリーパス。打ち上げ参加費別途。

◇東京感謝祭2018プレミアムファンミーティング
  詳細は>>>こちら
◇お申し込みは>>>こちら
◇Facebookイベントページは>>>こちら
=====

カウンセリングは、予約センターにてご予約を入れてご利用くださいませ。

カウンセリング料金や東京カウンセリングルームの場所はコチラをご覧くださいね。
カウンセリングスケジュールはこちら>>


電話番号:06-6190-5131 

営業時間:12:00~20:30

定休日:月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日がお休み。

ブログアップ通知がLINEで届きます。よろしかったら登録してみてくださいね。
  ↓   ↓

森川カウンセラーと不定期にお届けしている、男女の考え方がこんなにも
違うんだよ!というリアルトーク、「恋愛男女あるある対談」。

今日はその37回目。

バックナンバーはこちらからどうぞ➡男女あるある対談バックナンバー 

それぞれの記事の最後に私、沼田や相方の森川カウンセラーの見解や感想なども
書いていますので、さらに男女の違いの理解を深めてくださいね。


森川カウンセラーの記事⇒こちらをクリック

「ようちゃん、今日もよろしくお願いします!」

「お願いします!」

「早速、質問ね。
男性はどんなときに女性に不満を感じているのでしょうか?

「ん~、そっか~。」

「そもそもね、女性からすると、『なんでこんなことがわからないかな~?』っていう不満は男性に対してあるのね。LINEの返事が遅いとか。」

「うん、そうだよね。」

「男性も不満に思うことはあるの?」

「それはあるとおもうね。」

「ようちゃんもあった?」

「うん、あったよ。」

「どういうときに不満を感じるの?」

「そうだな~。やっぱり、認められていない感じがするときかな。
オレはだけどね。でも、男性は基本そうなんじゃないかな~。」

「それは言葉で伝えたりする?」

「うん、それは伝えたことはあるね。
『そう言われると、認められない感じがするからイヤだな』とか。」

「それはさ、カウンセラーになる前にも言えてた?」

「いや、言えてないと思うな~。なんか、恥ずかしくて。」

「なんで、恥ずかしいの?」

「え、なんか恥ずかしいんだよ」

「それ全然答えになってないし!(笑)」

「だって、自分の気持ち話すのって、恥ずかしいじゃん(笑)」

「そうなんだ?」

「うん、そんなもんだよ。カウンセラーになったから、言えるようになった。」

「それは、なんでカウンセラーになると言えるの?」

「ん~、心理学を学ぶ過程でさ、自分の弱さに触れるじゃん。見たくない感情とか。

「うんうん。」

「そうするとさ、『あ~、自分にはこんなにも弱い部分があるんだな』って、たくさん感じるのよ。
もう、消えてなくなりたいくらいの(笑)
そんで、そこを過ぎると、『そんな弱い自分がいても、まぁいいか~』と思えるようになるから、表現できるようになる、みたいな感じかな。」

「へ~。」

「でも、昔のオレだとね、『へなちょこな感情なんてない』と思っているわけ。」

みえこさんとの会話










「ふ~ん、なるほどね。カウンセラーになる前の話なんだけどね、夫と一緒にテレビを観てたの。
それで、日本の雇用形態、給料が右肩上がりに上がっていく時代は終わったっていう内容でね。」

「うんうん。」

「その番組を観ながら夫が言ったのよ。『今度からみえぽん稼いでね』って。
なんとなく、私イラっときてね。
『あのさ~、あなたのせいで仕事やめて、今から稼げって言われても、無理なんですけど!(怒)』って、食って掛かったわけ。」
※(沼田注 夫の海外転勤のため私はCAの仕事を辞めて、同行した経緯があります)

「うん(笑)」

「そしたら、夫が言ったの。
『今はさ、週末みえぽんが忙しそうにしてて、僕が子どもたちの面倒一生懸命見てんだから、そこに感謝はないの?』って。
さらにイラっときたから、私が『今さら一生懸命しても遅いのよ!』って言い返したの。
そしたら、どんどんケンカがエスカレートしていったのね。」

「うん。」

「それって、男性からすると、さっきのようちゃんが言ったみたいに、『週末も、一生懸命にがんばっている僕を認めて欲しい』っていうことなのかな?」

「そうだね、そんな感じがするかな~。」

「その場面でね、男性の側が、『僕は認められていない気がするから、悲しいんだよ』と、素直に言ってくれたら、女性の側もエスカレートしないのよ。」

「そうだよね。」

「男性は、そういうコミュニケーションはとれないわけね?」

「うん、そうだな~。それは難しいかもしれないね。例えば、そういうコミュニケーションの取り方を子供の頃から見て育ってきていると、できるかもしれないけど。

「あ~、そっか。」

「こうしたら女性と上手くいくんだ、とかの見本があまりないというか。」

「そうなのね。でも、私としても、『夫がそこで認めて欲しかった』なんて分かってあげる余裕はなかったな~。」

「それはそうだよね。」

「向こうが仕掛けてきたら、こっちも!みたいな」

「うんうん(笑)男性が、本当の感情を素直に話せると、男性もすごく楽になるんだけどね。」

「男性のカウンセラーは、みんな上手に感情を伝えられるでしょ?」

「そうかもしれないね~。」

「なんでかな?」

「ん~、それは女性の本心をたくさん聞いているからかな。」

「え、どんな本心?」

「心の奥で、女性が男性のどんな部分に不満を抱えているか、みたいな。
男性が素直じゃないとか、可愛げがないとかに、女性は相当イラっとしてんだな~って思う」

「そうね~。でも、そんなに数こなしている人って、あんまりいないでしょ。」

「うん、そうなんだよね。」

だから、わかんないだろうな~。女性が何で怒っているのかが。

「うん。」

「どうしたら男性は上手にコミュニケーションをとれるようになるのかな~?」

「ん~、なかなか難しいよね。」

「何か方法はないの?」

「そうだな~、あるある対談For Menのワークショップ開くとか?」

「For Men!」

「男性たちに向けたワークショップ。もうね、そこでバシバシみえこさんに斬ってもらうしかない(笑)」

「誰が来るかな~?(笑)」

「でも、いつかできたら、すげー面白いと思うんだけどな~。あ、そういえば、ついに男性からの質問が届き始めたんだよね。」

「そうなの!ついに!」

「みえこ先生、出番です!」

「ガッテン承知の助!」

「古っ!(笑)」

沼森

「だから、来週から新企画スタートです!」

「来週は『あるある対談スペシャルウィーク!』と題して、男性からの質問に毎日みえ子さんが答えていきます」

「そう、月曜から金曜まで、バシバシお答えしますよ~。女性にとっても、男性のホンネがわかるから、とってもオススメ!

「収録はもう終わったよね」

「うん、女性側の言い分が言えて、めっちゃスッキリしたよ」

「みえ子さん、お顔ツルツルだね」

「ストレス解消したから!(笑)」

「よかった(笑)ちょっと笑いすぎて喉痛いけど」

「そういうわけで、みなさん、来週のスペシャルウィークをお楽しみください~」
====
 私、沼田みえぽんからの追記解説です。

男性は女性に比べて、「悲しい」「みじめ」「敗北感」「寂しい」などといった心の痛みに触れることを無意識に避ける傾向が強くあります。

なので、この感情を素直に表現することは男性にとってはなかなか難しくもあります。
だから女性側としては「悲しく思っていたんだ~!」「褒めてくれなくて凹んでいるんだ~!」
とは気が付きにくくもなり、ここですれ違いが起こるんですよね。

来週からのスペシャル企画は、
「え?ここで男性はこんなに傷ついていたの!?」
「え?なぜ女性がそんな行動をとったのか、男性は理解できていなかったの!?」

といった「男性のびっくりホンネ」が沢山出てきますよ!
男性側には「え~?そんな女性心理が隠されていたのか~!」ととても女性心理を理解できる機会になり、
女性にとっては、「男性はこんなことで傷ついていたんだ!」「男性はこのポイントで『僕にはさっぱりわからん!』と感じるんだ~」と男性心理のお勉強になるかと思いますよ。

是非お楽しみに。

今まで以上に大きな会場に変更しましたが、すでにお席半分が埋まりました!申し込みをしてくれた方々、ありがとうございます!
過去開催した講座全て満席となった大人気のスペシャルコラボワークショップが、さらにパワーアップして戻ってきます!

  沼田&森川スペシャルコラボワークショップPART3  

<オンナの幸せをぜ~んぶ手に入れる!前編> 
「あなたの魅力を思いっきり開花させる♡」

>>講座の詳細はこちら<<
お申込はこちらをクリック

20181110Numata_Morikawa6h_twitter
  
日時:2018年11月10日(土)13:30~19:30
会場:東京渋谷 TKP渋谷カンファレンスセンター 10B 
交通:JR渋谷駅東口徒歩3分、東京メトロ銀座線渋谷駅徒歩3分、東京メトロ副都心線、半蔵門線、東急東横線、東急田園都市線渋谷駅15番出口徒歩3分 ⇒MAP
料金:10800円(税込)

講師:沼田みえ子&森川陽介 

この5月のコラボワークショップにゲストで参加してくれた樋掛カウンセラーが男性目線でわかりやすく講座内容を書いてくれています。「沼田&森川カウンセラーのワークショップ、2か月前から予約が取れない講座の秘密とは!?」

>>お申込みフォームはこちら<<

=====

カウンセリングは、予約センターにてご予約を入れてご利用くださいませ。

カウンセリング料金や東京カウンセリングルームの場所はコチラをご覧くださいね。
カウンセリングスケジュールはこちら>>


電話番号:06-6190-5131 

営業時間:12:00~20:30

定休日:月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日がお休み。

ブログアップ通知がLINEで届きます。よろしかったら登録してみてくださいね。
  ↓   ↓

森川カウンセラーと不定期にお届けしている、男女の考え方がこんなにも
違うんだよ!というリアルトーク、「恋愛男女あるある対談」。

今日はその36回目。

バックナンバーはこちらからどうぞ➡男女あるある対談バックナンバー 

それぞれの記事の最後に私、沼田や相方の森川カウンセラーの見解や感想なども
書いていますので、さらに男女の違いの理解を深めてくださいね。


森川カウンセラーの記事⇒こちらをクリック

沼 「陽ちゃん、今日もよろしくお願いします!」

森 「よろしくお願いします!」

沼 前回のコラボワークショップで書いていただいたアンケートにあった質問なんだけれどね。」

森 「うんうん」

沼 『距離が縮まってきたな~~とこちらが思ったとたん、距離をあける男性心理を教えてください。』
ほぉ~、つまり2人の距離がイイ感じに近くなってきたな~~と思ったら、急にラインの返事が来なくなったり、デートのキャンセルはするわ、今後1か月は忙しいから会えない!とか言われたり、、。
みたいなものだと思う。

これは男性としてはどんな心理が働いているの?」

森 「これはカウンセリングでもよく聞く話だよね」

沼 「多いね~。とても多い!」

森 「あ、みえ子さんもよく聞く?」

沼 「聞くよ~~!もうカウンセリングのトップ3ぐらいの話だよね」

森 「そっか~。やっぱりそうなんだね。オレもトップ3に入るね。
このケースはさ、男性によっても色々だと思うんだけど、付き合うってことに抵抗があるんだと思う。

沼 「ほぉ、、なんで?」

森 「例えば、30代の男性に多いのは、20代の時に大きな恋愛をして結婚に行く寸前に別れたりすると、失敗感が残ったりするのよ。」

沼 「なるほどね」

森 「または、大好きな女性を幸せにできなかった無価値感とか。男は失敗感とか無価値感が嫌いだから、、まぁオレも人のこと言えないんだけれど、、」

沼 「うん、知ってる~」

みえこさんとの会話








沼森 

森 「この感情が上がってくるんだよね、いざ付き合いそうになると、、」

沼 「あ~、なるほどね~」

森 「そうなると、オトコは距離をとっちゃうんだよね。女性からすると、そんな彼の態度に不安を感じたり、『なんなのよ~!』と怒りが出てきたりするよね」

沼 「うん、そうそう」

森 「その感情が態度に出てしまうから、トコは『あ~、やっぱりオレはダメなんだ』って更に離れちゃうんだよね。
深層心理だから、実際にそこまで感じている男性はどれくらいいるのかわからないけれど。」

沼 「なるほどね」

森 「だからポイントなのは、『離れていく行動に出るのは私だけにしているわけじゃないんだな~』と、知ること。」

沼 「いや、、知ることは大事なんだろうけれど、普通女性はここで追いかけたくなるんだよね。
開いてしまった距離を縮めたくなるからさ。」

森 「そうだよね」

沼 「ってことは、縮めたらいけないってことなわけ?」

森 「あんまり追わないほうが良いかも」

沼 「じゃあなんだ、ほっとけってか?(ちょっとけんか腰)」

森 ちょっとほっとくと、そういうタイプは寂しいからまた戻ってきたりする。
まぁ、距離が近づくとまた逃げるけど(笑)」

沼 「ちょっと笑ってる場合じゃないでしょ~!(笑)
じゃあ、彼が距離をとったら、何もしないでとにかく待ってろってことね?

森 「うーん、それが他の女性陣から抜きんでる方法ではある。
普通の女性ならここで追うかブチ切れるかの2パターンしかないからね。」

沼 「そうだよね」

森 「だからそういう男性に会った時点で『はいはい知っていましたよ』的な態度は大事だと思う。
『ここは普通のオンナだったらキレるポイントね~、』みたいに。」

沼 「でもさー、ここで女性は不安になるわけさ。このまんまほっといたら離れていっちゃって、『はい、さよーならー』になっちゃうんじゃないかって。」

森 「うん、そうだよね」

沼 「だからこっちとしては、彼からの連絡がない時に、『いつまで待てばいいのか?』の見極めラインはどこなんだろう?って思うのよ。

『いつまで待ったら連絡をしてみるなどの近づくアクションをしていいのか?』って思うんだよね。」

森 「そっか~、そうだよね」

沼 「うん、そういった場合はどうしたらいいの?」

森 「それまで連絡を頻繁にとっていたのに、ある時から返信があまり来なくなった場合だよね」

沼 「うん」

森 「ん~、オレだったら3週間くらいは待つかな」

沼 「3週間くらいね。じゃあそこまで待ってどんなメールを送ったらいいだろう?『急にこいつ距離を縮めてきたな!?』って思われないメールってどんな?」

森 「えっとね、良い感情を感じているあなたの現状を伝えるメール

沼 「あぁ、じゃあ『寂しいんだけど』とか『待ってるんだけれど』という類のメールはアウトね?」

森 「うん、それはアウトだね。なんでもいいの。『今日花火見に行って楽しかった~』とか。
YES NO質問だと返事しないといけないでしょ?
でもここではスルー出来るくらいの軽いものが一番いいの。『へぇ、花火見たんだな』程度のものが良い。」

沼 「(沈黙)、、、、これで、、実際スルーされたらどうするのよ?」

森 スルーさせてあげる余地も残しておいてあげるのよ、逆に。」

沼 「うーん(納得したくない表情)」

森 女性が『良い感情を感じているんだな』ってわかると、男は楽になるの。
潜在的な罪悪感が減るから

沼 「う、、、ん、、」

森 「で、『花火すっごく楽しかったら、いつかあなたと見れたらいいな~って思ったんだ!』って、送っておしまい」

沼 「つまり軽いメールの方が返事をもらえる確率が高くなりますよ!という話なわけね?」

森 「そう、『軽い』、というのと『楽しい』、が大切。」

沼 「『軽いと楽しい』ね?わかった、、。あれ?軽いと楽しいってこの前の対談の旅先での出会いをモノにする会話術のやつにも出てきたフレーズね?

あの時は『軽やかに話すのが大事だ』って話したよね」

森 「そうなんだよ、それがホント大切。やっぱりガチっと重いのがきついんだよね。」

沼 「わかった。軽く楽しく、それで、YES NO 質問ではない、のね?
でも女性は、、やっぱりきついなぁ~。不安感を抱えながら、、だからなぁ」

森 「そうだよね」

沼 女性は親密になるのが怖くて距離をとるっていうよりは、自ら関係性を壊すってパターンが多いよね。わざと愛されにくい態度をとったり。『もう私のこと嫌いなのよね?』っと詰め寄ってしまったり。」

森 「こんなひどい私を好きになってくれるのかしら?的な罠を仕掛けてくるよね。」

沼 「わざわざ嫌われるような行為をしちゃうんだよね。あぁ、、ほんと、オトコは距離をとるだな~。」

森 「確かに!これやっぱり男女で違うね」

沼 「ね?なんか違いを発見して面白いね。」

森 どちらも根っこは『本当の自分は愛されない』という深層心理からの行動なんだよね。」

沼 「私も過去色々な男に距離をとられて終わった恋が多かったから、ホント不安に思う女子の気持ちは痛いほどわかるんだよなぁ。
でも、距離をとらない男もいるってわかったから、、」

森 「おお!それはいいね~、みえ子さん!」

沼 「え?だってうちの夫がそうじゃん!逃げない男がちゃんといたなって彼がしっかり教えてくれたし。
親バカだけれど、うちの息子も彼女のこと大切に思っているもの。だから距離をとる男ばかりじゃないと言いたいし、だから諦めないで欲しい。逃げない男も必ずいるんだ!!って。

『どーせ男は!!』って思っちゃうと恋愛は苦行になっちゃうけれど、そういう大切にしてくれる男性に出逢うには、、やっぱり自分で自分を大切に扱うのが何よりも大切なんだと思うなぁ~

森 「うんうん、本当にそうだよね」
====
 私、沼田みえぽんからの追記解説です。

私、今回の対談の文字起こし中、つくづく「なんで私達女性が、男性の罪悪感を減らしてあげなきゃならんのさ?」って正直、ちょっとイラっとしちゃいました。(笑)
(対談は1度録音して、それをもう一度聞きながら文字起こしして記事にしています)

距離を取り始めた男性に対し、ただ何もアクションを起こさないで「待ちの姿勢」って、、さらに「気持ちのいい感情の私を伝える」って、

「あんたらオトコども、どんだけ虫がいいんじゃ?」
「やっぱりオンナばっかり我慢じゃんか!!」

っと森川カウンセラーに噛みつきたくなりました。
(文字起こしは対談終了後に行うので、森川カウンセラーはもういなくて噛みつけなかったw)

当事者でない私でさえ、イラっとするくらいですから、実際に彼に距離をとられたような行為、例えば

ラインが急に未読スルー、既読スルーになる。
急に会えないと言い出す。


のようなことをされると、イライラしたり、不安になることは至極当然のことだと思うのです。

私のクライアントさんたちが、どうして恋愛を成就できているかと言えば、

「沼田さーーん、もう聞いてくださいよ~~!」
とカウンセリングでイライラや不安感を吐き出して、

「大丈夫!!今が一番の頑張り時だから!ここ、一緒に抜けていこう!」
励まされることで、皆、この不安から関係性を壊す行動に出なくて済んでいるから、なのです。

連絡が来なくてイラっとする、不安になることは当たり前の気持ちです。
この気持ちをいかに心の中で占める割合を減らしていけるか??が大事なこと。

彼からの(わかりにくーーーーーい)愛をいかにみつける心を作っていくか?
自分を扱うように、周りは扱う、という原理から、いかに自分を大切に扱える自分になるか?


ということに取り組むことが、実は根本的な解決に結びついていきます。

めっちゃ彼女を大切に思う男性であっても、『どうして私のこと、大切にしてくれないの?どーーせもう冷めちゃったんでしょ!!??』という態度を何度もとられると、やっぱり男性は罪悪感を感じたり、無力さを感じて距離をとりたくなり、上手くいかなくなっちゃいますから。ね?

 話を聞いてもらったり、励ましあえる仲間を作れる講座です!!
過去開催した講座全て満席となった大人気のスペシャルコラボワークショップが、さらにパワーアップして戻ってきます!

  沼田&森川スペシャルコラボワークショップPART3  

<オンナの幸せをぜ~んぶ手に入れる!前編> 
「あなたの魅力を思いっきり開花させる♡」

>>講座の詳細はこちら<<
>>お申込みフォームはこちら<<

20181110Numata_Morikawa6h_twitter
  
日時:2018年11月10日(土)13:30~19:30
会場:東京渋谷 TKP渋谷カンファレンスセンター 10B 
交通:JR渋谷駅東口徒歩3分、東京メトロ銀座線渋谷駅徒歩3分、東京メトロ副都心線、半蔵門線、東急東横線、東急田園都市線渋谷駅15番出口徒歩3分 ⇒MAP
料金:10800円(税込)

講師:沼田みえ子&森川陽介 

この5月のコラボワークショップにゲストで参加してくれた樋掛カウンセラーが男性目線でわかりやすく講座内容を書いてくれています。「沼田&森川カウンセラーのワークショップ、2か月前から予約が取れない講座の秘密とは!?」

>>お申込みフォームはこちら<<

=====

カウンセリングは、予約センターにてご予約を入れてご利用くださいませ。

カウンセリング料金や東京カウンセリングルームの場所はコチラをご覧くださいね。
カウンセリングスケジュールはこちら>>


電話番号:06-6190-5131 

営業時間:12:00~20:30

定休日:月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日がお休み。

ブログアップ通知がLINEで届きます。よろしかったら登録してみてくださいね。
  ↓   ↓

意外かもしれませんが、女性だけではなく男性からの失恋のお話や婚活、夫婦関係のお話を伺うこと、
結構多いのですが、ほぼほぼ全員の皆さま、

「妻を守りたい」
「パートナーの役に立ちたい」


とおっしゃいます。
綺麗事などではなく、心から「パートナーの役に立ちたい」と思っていることが、とっても伝わってきます。
2016-10-04_092513





男性が「パートナーを幸せにしたい」「守りたい」と思ってくれているとしたら、
全ての妻が幸せになれそうなものなのに、実際は、

「夫が浮気した」
「私は大切にされていない!」

といった状況や不満が出てくる場合もあります。

なんででしょうか?

理由の一つには「守りたいのに、守らせてくれない」
「役に立ちたいのに、役に立たせてくれない」
といったことがあります。

は?(((( ;゚д゚)))  私、守られたいですけど!?
え~、役に立ってくれるなら願ったりかなったりですけど!?

という声があるかもしれませんね。

男性は「不満を交えたコントロール」と「否定」が大嫌い!!
この2つをしていませんか~?と思い返してみてくださいね。


「なんでやってくれないの?やってよ!」
⇒パートナーならやってくれてトーーーゼンっ!という思い込みから感謝もしない場合が多い。

「ったくあなたって駄目よねぇ~~」
⇒自分の存在そのものを否定された!!という悲しみを隠すために、怒りしかわきません。


男性は役に立つことで
「すごいね」「さすがだね」「ありがとうね」
という承認や感謝で「愛」を受け取りたいのですよ~。


でも、人はどうしても長い年月がたつと、「当たり前」と感じることがホントに多い。
当たり前と思うことは、どうしても「不満感」を抱きやすいのですよね。

彼なら会ってくれてトーゼンよね?
彼なら奢ってくれてトーゼンよね?

夫なら家賃払ってくれてトーゼンよね?
夫なら家に帰ってきてトーゼンよね?


なれてくると、トーゼン!!っと思ってしまうことはきっときっと多いよね。
でも、ちょっとだけ「トーゼンじゃないとしたら、、」と思ってみると、ありがとうの気持ちが出てくるのではないでしょうか。

「本当にありがとうね」
「あなたってこんなところ、よくやってくれているよね」

これを伝えるだけで、パートナーシップは本当に変わってきます。
ほとんどの男性は、「パートナーの役に立ちたい!」「守ってあげたい」って思っているみたいですから。

本当に色々な男性からほぼ毎日、カウンセリングでそんな男性の本音の声を聞かせていただいていますよ。

===


カウンセリングは、予約センターにてご予約を入れてご利用くださいませ。


カウンセリング料金や東京カウンセリングルームの場所はコチラをご覧くださいね。
カウンセリングスケジュールはこちら>>


電話番号:06-6190-5131 

営業時間:12:00~20:30

定休日:月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日。

皆さまからのご予約、お待ちしております。

LINE登録されると、ブログアップ通知が届きますよ!
↓   ↓

女性のあなた、「オトコって本当にメンドクサイっ!」と思ったこと、ありますか?

先日、アメブロの恋愛テクニックの記事「あなたは”あげまん”になれる!(下)」に、記事コメントやフェイスブック上でコメントを頂きました。

そのコメントで、「ほぉ、、成程、、」と思ったので、ちょっとブログ記事にしようかと思いました。
2016-03-22_095801







☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

出かける間際、彼が「服装変じゃない?」ときいてきました。
あなたなら何と答えます?


「変じゃないよ!」と答えてしまいませんか?
いやはや、私なら反射的にそう答えるよなぁ、、と思ったのですが、

「そういう時は『かっこいい!』と言うんだよ~~☆」と言われました」

というコメントを読んだ時、なるほどねぇ、、と妙に納得してしまいました。

男性を褒める技って、奥が深いなぁ、、。
でもこういう「裏技的(って全然裏じゃないかな?)」なことの積み重ねが、男性をいい気分にさせる女性なのかな~~と思いました。

もう一つ、「『〇〇したら絶対できるよ~!』というアドバイスをして、間接的に否定しちゃっていました。」というコメントもあったのですが、これもついつい、言っちゃうよなぁ、、とやっぱり思ったのですよ。

そして「オトコってメンドクサイ~~><!」と女性なら1度は思ったこと、あるのでは?という声がいくつかのコメントで書かれていました。(笑!)

ヨイショしてあげないといけない!
いちいち「すごいね!」と言ってあげなきゃいけない!
褒めても感謝しても素直に受け取らない!


なんでここまで私がしなきゃならないの~~!ぎゃおーーっ!(≧◇≦)

と火を噴きたくなるお気持ち、わかりますよぉ、、。
(あ、大道芸人じゃなくて、ドラゴンレディで火を噴くという意味です)

森川カウンセラーとのあるある対談でも、よく私が「ぎゃーっ!」や「めんどくさ、、」とさけんだりぼやいたりしていますよね?

ここは本当に女性性の一つである「女性の中の母性」の力の発揮どころだなぁ、、と思うのですよ。

メンドクサイ!!と切り捨ててしまうのか、、
はたまた「まったくしゃーないなっ!」と思えるのか、、。

「しゃーないなっ!」と思えるには、やっぱり自分に余裕がないと難しいと思うのです。

そのためには「私はよくやっている!」と自分で自分を労えるのか、
または誰かに労って承認してもらえるのか、、。

順番としては、「誰かに承認してもらう」方が楽にできるかな、、。
自分で自分を労うことは、ここもやはり自分に余裕がないと、
「自分じゃなくて、誰かに言われたーーい!」という気持ちがあふれてくるでしょうから。

もっと突き詰めていくと、この「あなたはよくやっているね!」は、実は昔々お母さんに言われたかった言葉であることが多いのですよね。

あなたの心には、この欲求ありませんか?

ですのでカウンセリングでは、やはり「母子関係」を扱うことがどうしても増えてきます。
あなたの心の形成に母親のかかわりが、やはり大きく影響があるからなのですね。

よろしければ、是非一度向き合ってみてはいかがでしょうか?
あなたのパートナーシップを変えるきっかけにきっとなりますよ!

こちらも関連記事です。⇒女ばかりが譲らないといけない訳!?

           ⇒男性ってやつは!
===

カウンセリングは、予約センターにてご予約を入れてご利用くださいませ。


カウンセリング料金や東京カウンセリングルームの場所はコチラをご覧くださいね。
カウンセリングスケジュールはこちら>>


電話番号:06-6190-5131 

営業時間:12:00~20:30

定休日:月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日。

皆さまからのご予約、お待ちしております。

あなたに「豊かさ」を提供できる女性になって欲しい。
もっと言うなら、愛される女性になって欲しい。

もう色々な気持ちで書いた記事。

1記事では収まらない内容になりました。

アメブロ記事をこちらでも掲載しますね。
1238124039578[1]

続きを読む

よく心理学サイトに、男性は褒められるのが嬉しいので、
「すっごーーい!」
「さっすが~!!」
と褒めましょうとあります。

でも夫を褒めると、
「口だけなんだろう?」
「心にもないこと、いうな!」
「何考えているんだ?」
「うるさい!」

などと、キレられたりします。

私のほめ方がおかしいのでしょうか?
2016-09-26_055530





 
XXXX

時々こんなご相談をカウンセリングで伺います。

こんな方はきっと子供時代に親から褒められた経験がほとんどないことが多いです。

いつもダメ出しされたり、
あなたが悪いんじゃないの?と否定されることが多かったり、、。

褒められたことがないと、褒められた時に感じる感情の処理ができなくなっちゃう、
、。
でも本来、子供は褒められたいんですよね。

私は15年半の海外駐在生活から戻ってきてから、パートで幼稚園で子供たちに英語を教える
仕事を2年程やっていましたが、
「みえ子せんせーーい!見て~!すごいでしょ!?私こんなこともできるんだよー!」
と、バレーを習っている子は開脚を披露してくれると、別の子がすかさず
「僕は今度の日曜日、サッカーの試合なんだ!僕試合に出るんだよ!」
と知らせてくれる。

そのわきで、「みえ子先生見て!これ私が書いたの!」
と漢字で書かれたその子の名前を見せてくれたり、、。

「きゃー、すごいじゃない!そんなことできちゃうんだ~!!すっごいねぇ~」
「お~、サッカーやってるんだ!かっこいいねぇ~!将来は本田選手みたくなるのかな?」

と伝えると、本当に皆嬉しそうに笑うんですよ。
(子供時代のホメの大切さの記事はこちらをクリックです!)

でも、そのような経験が少ないと、褒められたかったのに褒められなかったという悲しみが
こころの中に生まれてきた子供時代が存在し、その悲しみを感じないようにこころの中に押し込めちゃった経緯があります。

でもその悲しみは押し込めても、澱(おり)のように積もり積もってこころの中には存在しています。
褒められると、その昔の悲しみも一緒に心の表面に浮上してしまうので、怒りでそれを
感じないようにします。

だからキレたりしちゃう、、。

なのでこのような男性には感謝から伝えていくことの方がベターな場合があります。

「●●してくれて本当に助かったよ。ありがとうね」
「あなたのおかげで今日も楽しかったよ!ありがとうね」

といった感じに。

ホメ言葉よりも「ありがとう」「あなたのおかげで、、」
という言葉の方が受け取りやすい場合が多いですから。

この感謝を十分伝えてから、もう一度「褒める」という段階に進まれるといいと思いますよ。

===
カウンセリングは、予約センターにてご予約を入れてご利用くださいませ。


カウンセリング料金や東京カウンセリングルームの場所はコチラをご覧くださいね。
カウンセリングスケジュールはこちら>>


電話番号:06-6190-5131 

営業時間:12:00~20:30

定休日:月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日。

皆さまからのご予約、お待ちしております。

今日は日頃から私のブログを読んでくださっている方からの、ご報告メッセージ。
「彼から連絡がこない!」とやきもきしている方の参考になるかな、と思います。

2017-05-31_064928







こんな気持ちになるのは、自分だけじゃないんだ!
あ~、こんな考え方は取り入れたい!

あなたが色々と思うことがあるかもしれません。

私の解説は特に入れていませんが、太字の部分が、「試験に出る箇所」ですよー!
あぁ、最後から2行目に書かれてる「私もみえ子さんのようになりたいな」は試験範囲ではないですが、何度エンターキーを押しても、細文字にならんのですわ。

不思議だな~、なんでかな~?怪現象かな~!?まさか試験に出るってk、、

こんにちは🎵

先週に、XXさん達と合計8名で楽しく飲み会をしました🎵

とっても、とっても楽しくて、最初から最後までXXさんが隣にいてくれて(^^)

ただ、お店をどうするかってやり取りをしたあと、6日間連絡が取れなくて…
前日のお昼、やっと連絡が来て…

嫌われたのかと、勝手に決めつけてたりしながら、でも手助けしてくれる周りの人達のおかげで、みえ子さんが書いてた長男君のように(自分のやりたいことを優先しがちの)XXさんを信じて待ってたら、連絡が来ました。

みえ子さんの長男君の彼女の日傘の話、
そして長男君の大切なものを大切にする長男君なりのやり方(と同じかな)?
(日傘の話はこちら)

XXさんから連絡が無くて、XXさんを疑ったりしたけど、

「でもXXさんは約束はきちんと守る人だし、
いい加減なことはしない人だ、
きっと何かあって今はそっちを優先してるだけで、必ず連絡は来る、」

って思い直してたら、
トラブルが続いてお店の予約が出来て無くてと、謝ってくれたり。

その時、心理学のセミナーで習ったことを活かしました!(笑)

「大変だねぇ、
トラブル続きだったの?
落ち着いた?」

とラインで伝え、
そして「私もお店を探すね!」と書いて、

「部屋で倒れてたりしてないかなぁと真面目に心配したけど、元気で良かった!」って送ったら、

「ごめんね」と伝えてくれて。

それも、連絡しなくて、とか、
お店の予約が前日だけど出来てなくて、とか。、。
きっと色んなごめんねなんだろうなぁって思いながら、

「元気で生きてたから良いよお(笑)」って返事しました。

そして、私も色々探したけど、
XXさんが見つけてくれたお店が素敵だったから、
そちらにしましょうと、彼のおすすめのお店に決定。

私が選んだ方でも良いよと言ってくれたけど、
●●ビルの最上階のワインバーで3時間の飲み放題でしたし。

本当に素敵な時間でした!

男性への扱いなどは、
みえ子さんと森川カウンセラーの対談ブログにあるじゃないですか(^^)
(対談ブログはこちら)

その時の、森川カウンセラーの言ってることとか、みえ子さんがブログで書いてくれてることを覚えてるから、で、実践してみよう🎵って思ったのです(^▽^)

みえ子さんが日常での実体験から感じたり、知った事をブログに書いてくれてますよね?

読んだ時はXXさんと出会って無かったけど、「へぇ~o(^o^)o」って楽しみながら読んでいました。

で、いざ、XXさんと出会って連絡取って、などとなった時に、「そんなこと言ってた!!書いてた!!」って思い出して。
 
だから、XXさんから前日に連絡来たとき、
まぁ~付き合ってる訳でもない、っていうのもあったけど、

ここは先ず、XXさんの状況を理解しよう、
XXさんも今までこんなことは何度かあっただろう、

そしてもしかしたら、そういう時、相手の人にキレられたりしたかも知れない。

だったら先ず私がしたいことは、XXさんを理解したいって思ったのです。

我慢じゃなくて、
XXさん、経営者だし、
凄く優しくて誠実な人だと思ってるから、
そのXXさんを信じようって。

けど、みえ子さんや森川カウンセラーの言葉の後押しもあって、はい☆
とーーーっても楽しかったです。

あっ、ブログにこのネタどうぞ使ってください。

恋愛には不器用で、、何だかなぁーってずっと思ってきたけど、
今とっても楽しくて嬉しかったりで((o(^∇^)o))

それもXXさんのおかげなんです\(^o^)/

だから、いつもXXさんには、ありがとう❤って思ってるし、伝えてる☆
メールでだけど(^^)

でも、XXさん優しくて格好良くてちーっとおバカにもなるし(笑)
色んなXXさんがステキ❤って思ってて、本人にも伝えています(笑)

飲み会の席でも、他の人も交えてXXさんと話してたら、

「XXさんはねぇ、○○の時にこうな風に言ってくれて、なんて優しい人なんだろうって思ったのぉ~」、とか、XXさんのステキさを(彼の前で皆に)アピールばかりしてた(笑)

みえ子さんの長男君へのハートブレイクも、
息子を持つ母親ってそうなんだ!って、これもへぇ~、と思いました(^▽^)

みえ子さんがブログで言ってくれること、いつも参考にさせてもらってます❤❤
良いですよねぇ、こういうの❤

自分の経験がいつか、誰かの役に立つなんて💕
私も、みえ子さんのようになりたいな(^O^)

いーっぱい、ありがとうございます\(^o^)/

====
カウンセリングは、予約センターにてご予約を入れてご利用くださいませ。


カウンセリング料金や東京カウンセリングルームの場所はコチラをご覧くださいね。
カウンセリングスケジュールはこちら>>


電話番号:06-6190-5131 

営業時間:12:00~20:30

定休日:月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日。

皆さまからのご予約、お待ちしております。

昨日長男の部屋を掃除しようと入ったら、隅にフリルのついた黒い日傘が立てかけてありました。
ベッドのわきには、先月に出かけたらしいディズニーランド界隈のホテルのルームキーを入れる
ホルダーが、、。

「え?ここかなり高い宿泊費のホテルじゃん!!宿泊者2名って書いてあるから、
これは彼女といったんだなぁ、、。
『学食高いからママ、弁当作って』と言っていたけれど、こんな高いホテルに泊まるお金はあるじゃんか~っ!」

と、半分嫉妬が入っているからか、変にイラっときてしまう。
しかも、このカワイイ系日傘を持ってる彼女は、きっと女子力高いんだろうなぁ、、。

あぁ、、、母さんは負けか、、。とほほ。

などと意味不明な惨敗感を味わう私。
あぁ~、いかん、掃除掃除、、と飲みかけのペットボトルやら脱ぎ散らかしの靴下を拾い始める、、。
DSC_0079







ママはいまだに、4歳の時の長男が母の日にくれた「手作りペン立て」を大切に持っているのに、、ハートブレイクじゃのぅ、、。

XXXX

長男は高校時代は2年越しの彼女がいましたが、その後の彼女は長く続いているのか、何人目かの彼女なのかは、もう何を聞いても「ママには関係ないでしょっ!」と突き放されてしますので、皆目わかりません。

バイトから遅くに帰宅して、一人で夕飯を食べている長男。

夜中に誰かと電話で話している声は時々聞こえますが、起業家セミナーに出かけたり、バイトしたり、サークルの仲間と南アルプスに登山に出掛けたり筋トレに燃えたり、自分のやりたいことを、どう時間をやりくりしてるんだ?と思うくらいやっています。

彼は次男坊と比べると、明らかに口数は少なく、自分の気持ちをほとんど語らないタイプです。
つまり「何を考えているのかさっぱりわからない」典型的な『ざ、オトコ』。

以前のブログにも書きましたが、(以前のブログはこちら)私からのラインの返事はその日に来ることはめったにありません。

そんな彼にカマかけるように
「ねぇ、日傘がお部屋にあったけれど。
あれは彼女の?若いうちから紫外線気にするあたり、女子力意識たかいねぇ~。」
と、ちょっと褒めると、いつもの
「ママには関係ないでしょっ!」という冷たいセリフではなく、

「あぁ、なんかオレが手に持っていること、すっかり忘れてさよならしてから、途中で『あ、持ってきちゃった!』って気が付いたんだよ。明日学校で返すよ。」
「へぇ、彼女の持ち物持ってあげるなんて、やさしいじゃん」
「そんなの、普通でしょ」

と昨夜の会話。
そうして今朝、いそいそとカワイイ日傘を手にもって学校に向かっていきました。
筋トレで鍛えている胸板厚い体とカワイイ日傘があまりにも対照的で、笑えました。

異性の親に対する心の距離と、パートナーとの心の距離はほぼイコールです。
長男はきっとラブラブ期を過ぎ、慣れてくると彼女にはあまり自分の気持ちを語らないほうなんじゃないかな、、と私にも口数が少ないので、なんとなく想像がつきます。

でも、長男はその都度女性のことは、ちゃんと好きなんだな~~と伝わってきます。
それは、昔の彼女とのペアのぬいぐるみ、大切にとってありますし、
夜、太陽がなくなった時間の日傘は邪魔な存在。
それをちゃんと持ってあげる長男の気配りはさすが。

彼は言葉ではなく、態度で愛情を示すようです。

でも、自分のやりたいことは優先しているでしょうし、
週末も異業種交流会に先輩と出かけたり、将来を見据えた活動には積極的な分、彼女が我慢していることもあるんじゃないかな~~と感じました。

女性は「恋愛が最優先!」となりがちで、相手にもそれを求めようとしますが、
男性はやっぱり違うんだな~と長男を見ていて感じます。


でも、恋愛が大切ではないわけじゃない。
彼女は大切。でも、それを上手に表現はしないし、女性の様に「いつも人生の中で1番」じゃあないのかもな、、。と感じました。

そこで寂しく思うのか。
応援できるのか。


そこで、パートナーである男性のあなたに対するこれからの意識って変わってくる気がしますよ。

====
カウンセリングは、予約センターにてご予約を入れてご利用くださいませ。


カウンセリング料金や東京カウンセリングルームの場所はコチラをご覧くださいね。
カウンセリングスケジュールはこちら>>


電話番号:06-6190-5131 

営業時間:12:00~20:30

定休日:月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日。

皆さまからのご予約、お待ちしております。

こんなことはありませんか?

ラインを送ってもなかなか既読にもならない。

なんで?
私はいつもすぐに返すのに、、。
どうしていつも放置!?

私のことに関心がないんじゃないかと悲しくなる、、。

XXXX

家に帰ってきた夫は、当たり前のようにビールの缶をあけながら、
そのままテレビの前に座って、夕飯が用意されるのを待っているようだ。

私もパートだけれど、仕事して帰ってきてから夕飯を作っているのに。
私なんかゆっくり座る時間もないんだよ!
子どもはまだ幼稚園生だし、お風呂入れたりちょっと遊び相手になったり、
本当に息つく暇もないのに!!

ずっと立ちっぱなしだし、今の今までっ!

どうして手伝うという発想がないんだろう?
私のこと、ただの家政婦にしか思っていないんじゃないか?と思うと、ムカッとして、
わざと聞こえるようにため息ついたりしちゃう、、。

でも反応なし、、。
聞こえないふりしているってこと?
それとも私に無関心?

XXX

パートナーとの心の距離と親との心の距離は、ほぼイコールだと言われています。
なので、付き合いたての「相手に気に入られよう!」と頑張る、いわゆるラブラブ期を過ぎちゃうと、

「これくらい、わかるよね?」
「まぁ、これくらい許してくれるでしょ?」
「これくらい、わがまま言っても構わないでしょ?」
「まぁ大目に見てよ」

のような気持ちが男性に出てくること、多い気がします。
つまり、お母さんに気を使わない感覚がそっくりそのままパートナーとの間に再現されてしまう。

だからメールの返事が全然返ってこなかったり、
友だち優先で、こちらは後回しされたり、
ご飯を一緒に食べているのに、スマホをいじっていたり、、

なんだか全然、大切にされていない!!(≧ヘ≦) ムゥ

と感じる現象が起こりやすくなります。

現在大学2年の長男は私とのラインのやり取りは、未読の期間がヒジョーーーーに長い。
日にちをまたぐことは結構あります。

昨日は何とか日にちをまたぐことなく、ラインの返事がきましたが、、。
出だしが「君、、、」と私が書いていることからも、「どーーせまた返事が来ないんでしょっ!」とお怒りモードのブラックミエポン(ブラックな感情を持つ私のことです)がうかがえます。

Screenshot_2018-06-20-08-58-29










(日本大勝利、といれるあたり、どうやらバイト先でサッカーの日本ーコロンビア戦を見ていたようです)


以前長男にきいたことがあります。

「あなたは友達や先輩のラインにもすぐに返事しないの?」
「それはするよ!」
「え?じゃあママのラインにはなぜ間がかなり空いて返事?優先順位が低いわけ?」
「え、だって親じゃん。親には気を使わないでしょ?」
「はぁ?」(気をちょっとでイイから使ってけろーーっ!←「心の声」)

なんてやり取りがありました。

つまり、、
「僕がどんな態度をとっても、嫌いにならないよね?」
と愛されている安心感があるということ。

あなたを大切にしていない、というつもりはなく、
あなたの大きな愛に安心している、
ということなんじゃないかと、オトコしかいないこの家族で生活していると、本当に思い知らされます。

でも、だからこそ伝えて欲しいのです。

「すぐに返事がこないと、大切に思われていないんじゃないかって心配になっちゃうんだ」
「なにか手伝おうか?と聞いてくれるだけで、関心を持ってくれているのかな?っとすっごくうれしくなるんだ」

と、パートナーにあなたの気持ちを伝えて欲しい。

男性はあなたはお母さんではないと分かってはいるのですが、
無意識に「これくらいは許してくれるよね?」というちいちゃいボクちゃんの甘えが出てくること、多いと思います。

女性としてはまったく「オトコってやつは!」と叫びたくなっちゃいますが、
(あれ?叫びたいの私だけかな?)
彼を安心させるくらい、あなたの愛が大きい!という証かもしれませんよ。

====
カウンセリングは、予約センターにてご予約を入れてご利用くださいませ。


カウンセリング料金や東京カウンセリングルームの場所はコチラをご覧くださいね。
カウンセリングスケジュールはこちら>>


電話番号:06-6190-5131 

営業時間:12:00~20:30

定休日:月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日。

皆さまからのご予約、お待ちしております。

私の周りには、旦那様から愛されているなぁ~。
めっちゃ大切にされているな~という方が結構多いのですが、
先日もそんな仲良し夫婦何組かで集まる機会がありました。

「愛される女性たちっていったい何をしているんだろう?」と観察眼を見開いて、
言葉かけや行動を見張っている私だったのですが、共通点がいくつかあるな~と気が付きました。

お料理を取り分ける、という「女性らしさ」をアピールするよりも、お願い上手ほめ上手が多いな~と感じました。
DINNER PARTY







「あ、ちょっとあのお皿取ってくれる?」
「あ、はい。どうぞ」
「わぁ~、ありがとう!いつも快く動いてくれるよね」

といった感じや

「だれか、このお皿あけてもらっていいですか?次に別のお料理が来るから」
男性「あ、じゃあ僕もらいます」
「もうさすが、〇〇さん、食べっぷりが良いから仕事もできる男性なんですね~」
男性「いやいや、、そんなことないですよ~。XXさんの奥さん、ホント、ほめ上手ですよね」
夫(ご満悦)

と、夫以外の男性も褒めることができる場合。
(ただし、夫のことは褒めないのに、他の男性を褒めることはNGですよ~)

よく女性は「うちの旦那ったらさぁ~、もういびきがうるさくてほんっと、嫌になっちゃうのよ~!」
とパートナーの悪口で盛り上がることって、結構多いように思いますが、男性たちは妻の悪口で盛り上がることって、ほとんどないようです。

そもそも妻の悪口を言うような器の小さい男、と思われることも嫌いますし。

それよりも「自分の妻は素晴らしい」と思われたい、という気持ちは強いようです。
だから、他の男性に妻が褒められ、しかしながらその妻は僕を(夫を)見ている、というのが一番の理想なんだとか。

女性からすると、「都合がよすぎ~っ!」とツッコミを入れたくなっちゃうかも、ですけれど。

上記の短い会話からも

人の役に立ちたい
すごいねって言われたい
ありがとうと言われたい


という欲求を見事に網羅しています。

できる女性ほど「自分でやってしまったほうが早い!」と何でも自分でやりがちですが、是非「お願い上手」「ほめ上手」で、愛され女性を楽しんでくださいね~(≧▽≦)

====
カウンセリングは、予約センターにてご予約を入れてご利用くださいませ。


カウンセリング料金や東京カウンセリングルームの場所はコチラをご覧くださいね。
カウンセリングスケジュールはこちら>>


電話番号:06-6190-5131 

営業時間:12:00~20:30

定休日:月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日。

皆さまからのご予約、お待ちしております。

先日5/20の沼田&森川コラボワークショップ「オトコが惹きつけられるオンナが持っている2つの要素を教えます!」(⇒講座の詳細はこちら)の「対談レクチャー」内で、是非教え込み方式を実践したらどうだったか、結果報告をメールしてください!とお願いしたところ、早速送られてきました!

コラボワークショップ開催日に即実行してくださったところが素晴らしい!!
内容も具体的ですので、是非ご覧ください!
原文そのまま掲載です。

沼田先生、森川先生 

お世話になっています。 
5/20のワークショップで教えてもらった教え込み作戦が成功したのでお二人にご報告です!
 
(森川先生ー約束どおりメールしましたよ^^) 

ワークショップのお題で出た、『いつも家でDVD鑑賞ばかり。たまにはパートナーと外でデートしたいときどうやって誘う?』という問題。 

森川先生の提案は、過去の楽しかったデートの話題を出して『あれ楽しかったよねーーまた行きたいわーー♪』と誘う作戦。 

実はたまたま同じグループでお話しさせてもらった森川先生の奥様が、事前の意見交換で仰った内容と全く同じ作戦だったのでびっくり。 
で、森川先生の回答の理由は「なぜなら僕がそれでおちたから」と。 
心の中で奥様のこと『師匠ーーーーーー!!!(*゜Д゜*)』と叫んでました(笑) 

で、ワークショップの当日にうちに帰ってからさっそく実践してみました! 
普段私がいても一人でも、食事中Facebookをいじるのが好きな主人。 

本当は、

『私が目の前におるのに不特定多数のいいね!がそんなにほしいんかーーーい!!せっかくご飯作ったのに味わってよーーー(怒)悲しいわーーさみしいわーーっっ』

といつも不満でした。 
その日もやっぱり主人はスマホいじりながら晩ごはんもぐもぐ。。 

実はワークショップ当日の5/20は主人との付き合った記念日だったのですが、私がどーしてもセミナーに参加したかったので(笑)前日の夜に時間をとってもらって二人で食事に行きました。 

その日の食事中はスマホ忘れたの?と思うくらい、Facebookどころかスマホにすらさわらない。 
ふと「今日はFacebookしないの?」と聞いてみたら、「今日は大切な日だから」と。 
おかげで主人とたくさん話ができて、おいしいご飯も食べられてすごく嬉しかったのです。 

前日のその気遣いがすごくすごく嬉しくて感動したので、『あ、今これ伝えればいいのかな?』と思い、 
「きのう食事の時、『大切な日だから』ってスマホ触らないでいてくれたのすっごく嬉しかったんだよー!いっぱい話もできたし、ごはんもおいしかったし、めっちゃ楽しかったーありがとう^^」 
と、がんばってかなりテンションあげて伝えました(笑) 

そしたら主人が「え、そうなの?そんなに?(*_*)」
「(私)うんっ!」
「そんな嬉しかったの?」
「(私)めっちゃ嬉しかったっ^^」 
「ふーーん、、(ニヤニヤ)」
と、スッとスマホさわるのやめてちょっと離れたところに置いたんです! 
内心ガッツポーズです(笑)でも本当にうれしかったです。 

(でも食事中スマホさわらなかったのその日だけなんですが、 
毎回これやらないといけないんでしょうか。どんだけほめられたいんでしょうか。。笑) 

後日森川先生にご報告した際、泣いて喜んでくださったことになんだかこちらまでうれしくなって感動してしまい、すごくあったかい気持ちになりました。本当にありがとうございました。 
みえ子さんにも報告しなきゃー!と思いメールさせていただきました。 

お二人のワークショップ本当に楽しくて、参加できてうれしかったです。 
どうもありがとうございました! 

とっても具体的でわかりやすい内容ですね。
本当にブログ掲載ご快諾ありがとうございました。
繧ウ繝ゥ繝帙y03








文中に(でも食事中スマホさわらなかったのその日だけなんですが、 
毎回これやらないといけないんでしょうか。どんだけほめられたいんでしょうか。。笑) 

とありますが、何度か「〇〇してくれて、本当にうれしいわ~!」「あなたのそういう行動が素敵だと思う!」といった言葉がけをしていくと、男性は少しづつ学んでいきます。

なので、「ずっと永遠にやり続けるのか~(げんなり~)」とは思わないで欲しいのです。

講座内でもお伝えしましたが、「男性攻略ゲーム、1面クリア!くぅ~!(>_<) 2面の相手は結構強敵じゃ~!」と楽しみながらゲーム感覚で取り組んで欲しいのです。

深刻になると、「なんで私の理想とするオトコに、あーたはならないのよ!?(怒!)」となってしまい、不満感がうまれやすくなりますから。

是非、この報告メールを参考にしてくださいね!

以前のこちらの報告メールも、同じような「教え込み方式」について書かれています!きっと参考になりますよ!(⇒その記事)  

======

直近の面談カウンセリング空き枠
6月10日(日) 19時 
6月13日(水)  10時  13時  16時  19時  
6月14日(木)  10時  13時  16時  19時
6月15日(金) 10時  13時   16時   19時
6月17日(日) 10時  13時  16時  19時

カウンセリングは、予約センターにてご予約を入れてご利用くださいませ。

カウンセリング料金や東京カウンセリングルームの場所はコチラをご覧くださいね。
カウンセリングスケジュールはこちら>>


電話番号:06-6190-5131 

営業時間:12:00~20:30

定休日:月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日。

皆さまからのご予約、お待ちしております。

私たち女性が学生の頃から読んでいた恋愛を描いた漫画。
この登場人物の男性って、スケートの王子羽生選手のような「美男子系」
が圧倒的に多かった気がしませんか?

子供の頃に読んでいたキャンディキャンディに出てくるアンソニーやテリィなんて、
体臭なんかまったくなさそうですし、そもそも「ガツガツ、ギラギラ感」はゼロ。

そんな意味では、「セクシュアルな大人の欲求」なんぞはわきに置いての、もうフワフワしたファンタジーでの恋愛を、女性は感じていたいものなのかもしれませんね~。

だからこそ、「ギラついためちゃ男性的な人」には一瞬警戒をするものですが、
同時にちょっと「どきっ!」としませんか?特に野性的な感覚、男性の力強さのようなものに。

男性の世界に恋愛本はおそらくほとんど存在しないのでは?と思いますが、
(本屋さんに行ってもほとんど見たことがない)
エッチな動画でお勉強をされる方々はどうやら多そうです、。

(なので、息子の部屋に入るときは必ず『入るよ~!いい?』と聞くようにしています(笑!)
えーえー、お互いのために、です)

つまり、男性にとって「どきっ!」とする瞬間と、恋に落ちる瞬間と、この「野性的なセンサー」とは
密接なかかわりがあるのではないでしょうか?


胸を強調しましょうとか、ミニスカートをはきましょう、という話ではありませんよ~。
(でもしぐさや表情は結構大事なんじゃないかと、私個人的には思っています)

相手を「どきっ!」とさせるには、女性側にもそれを感じさせる感情、感覚が大事なんですよ。

その感情を持っていると、男性が
「あ、なんだかこの娘(こ)、妙に気になる。なんでこんなに気になるんだ?」
とあなたに惹かれる現象が起こるんですよ。

どんな感情?どんな感覚?

それを知識で知ってさらに体感してもらいたくて、こんなワークショップを企画しました。
弊社カウンセリングサービスではこれまであまり取り扱ってこなかった内容ですので、
貴重な機会ですよ~( *´艸`)
もちろん、大人気あるある対談形式のレクチャーもたっぷりお届けします。

↓ この講座、あと残り2席です。
※おかげさまで満席となりました。ただいまキャンセル待ちを受付中です。


第2部「オトコがドキッ!とするオンナになるための2時間」

日時: 2018/5/20(日) 18:30~20:30
会場:機械工具会館4F第4会議室
交通:JR田町駅徒歩7分、都営三田線三田駅徒歩7分、都営浅草線三田駅徒歩5分
料金:3240円(昼夜通しで講座を申し込んだ方は割引料金7560円)
講師:沼田みえ子&森川陽介


>>講座の詳細はこちら<<
>>お申し込みはこちら<<
>>キャンセル待ちフォームはこちら<<

↓ 第1部はただいまキャンセル待ちを受付中です!

第1部「オトコがずっと一緒にいたいと思うオンナになるための4時間
日時: 2018/5/20(日) 13:30~17:30
会場:機械工具会館4F第4会議室
交通:JR田町駅徒歩7分、都営三田線三田駅徒歩7分、都営浅草線三田駅徒歩5分
料金:5400円(昼夜通しで講座を申し込んだ方は割引料金7560円)
講師:沼田みえ子&森川陽介

>>キャンセル待ちフォームはこちら<<
2018-03-05_164503





=====

カウンセリングは、予約センターにてご予約を入れてご利用くださいませ。

カウンセリング料金や東京カウンセリングルームの場所はコチラをご覧くださいね。
カウンセリングスケジュールはこちら>>


電話番号:06-6190-5131 

営業時間:12:00~20:30

定休日:月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日。

皆さまからのご予約、お待ちしております。

彼や旦那様に、こんな男性になって欲しいのに、、、
そんなお気持ちの女性って多いのでは?

今回は私たちの対談の質問コーナーにご質問くださった方から、その後のメッセージ
が届きました!

あるある対談、日本人のみならず、外国の方にも効果があったようですよ。
2017-05-31_064928








森川陽介先生 
沼田みえ子先生 

対談コーナーで、森川先生宛に質問させていただいた者です。 
まさか本当に取り上げていただけるなんて思っていなくて、質問第1号というのもびっくりで、
とても嬉しかったです。本当にありがとうございます! ⇒その対談記事はこちら

そして、まき餌に教え込みにモテるねの言葉。。本当に勉強になります。
早速全部使ったら、平静を装ってましたがちょっと『ふふん♪』という感じがだだ漏れでした(笑)。

 
女性性の部分を褒められても男性は不完全燃焼というのも目からウロコで、でもとても
しっくりきました。やはり男性目線で見ないとそういった心理はわからないものですね。
森川先生にお伺いしてよかったです。 

沼田注※『森川カウンセラー、いい仕事したね!』

逆に、男性のアドバイスを毎回全部受け入れることも、みえ子先生が仰る通りストレスだし、
女性側が不完全燃焼となるので、うまく折り合いをつけて気長にいこうと思いました。 

あと、焼き肉の下りは意味わかんないと思ったら、みえ子先生が代弁してくださってたので、
一人で笑ってしまいました。(笑 )

実は以前、別のセミナーでみえ子さんにお会いしました^^。
 
(海外から)帰国当初は本当にゴミの出し方から新聞の縛り方まで全部(外国人の)
主人に教えなくてはいけなくて、彼に頼れない事に本当に日々イライラしていたのですが、
お二人の対談コーナーを読んでからとにかく褒めまくる&あなたは私のヒーロー作戦を続けたところ、自主的に家事を手伝ってくれる&気遣ってくれる率が200%増えましたーーT0T* 

しかも今日に至っては「新聞しばっといたよー」と翌日の分を覚えてて早々に用意してくれていて、
もうはじめてのおつかい並に感動でした。

主人のことはすごく大好きなので、またお二人のブログからヒントをいただいて、
今後の関係をもっとよくできたらいいなと思います。本当にありがとうございました^^ 

5月のセミナー楽しみにしています! 

そしてメッセージ掲載のお願いをしたら、以下のメールを頂きました。

沼田みえ子様 

わざわざご返信いただき、 本当にありがとうございます。 

主人は褒められると否定することが多いので褒められるのが苦手なのかなー? 
と思っていたのですが、最近私が褒めちぎるせいか慣れてきたようです笑。 

掲載に関する件ですが、お役にたてる事であればどうぞ使ってくださいませ^^ 
本当に、ちょっとしたことなのに変化が出るもんなんだなーと驚いています。 

対談ブログ読んでてよかったー!と思いました。笑 
改めて、お二人に感謝です。 

以前お会いしたときのことも覚えていてくださってうれしいです。 
みえ子さんは、なんだかかっこいい美しいおねえさまがいる!と印象的だったのと、 
帰国直後でまだ慣れない時期に、みえ子さんが海外生活の経験をお話ししてくださったおかげで安心できました。 

またお会いできるのを楽しみにしています。 

褒めることに旦那様が慣れてきたということは、彼が感謝を受け取れる器の人間に
奥様がしてあげられたということ。

ちょっとしたことなのに、変化が出るもんだなぁ~と書かれていますが、
本当に毎日の積み重ねって大きいのですよね、


この方は5月のコラボセミナーにお申込みいただいているようです。
よかったぁ!

というのも、一昨日から受け付け開始しておりますが、申し込み開始30時間経過した昨日夕方17時半の時点で、広い会場にしたにもかかわらず、既にお席の半分以上が予約で埋まっております。(驚!)

本当にありがとうございます。

今回のコラボワークショップでも「あるある対談レクチャー」をたっぷりとお伝えし、
皆様にすぐにパートナーシップで使える実践的なワークもご用意しております。

>>講座の詳細はこちら<<
>>講座のお申し込みはこちら<<

皆ですてきなパートナーシップを手に入れましょ☆

  沼田&森川スペシャルコラボワークショップPART2  
「オトコが惹きつけられるオンナが持っている2つの要素を教えます!」

2018-03-05_164503









第1部「オトコがずっと一緒にいたいと思うオンナになるための4時間

日時: 2018/5/20(日) 13:30~17:30
会場:機械工具会館4F第4会議室
交通:JR田町駅徒歩7分、都営三田線三田駅徒歩7分、都営浅草線三田駅徒歩5分
料金:5400円(昼夜通しで講座を申し込んだ方は割引料金7560円)
講師:沼田みえ子&森川陽介


第2部「オトコがドキッ!とするオンナになるための2時間」

日時: 2018/5/20(日) 18:30~20:30
会場:機械工具会館4F第4会議室
交通:JR田町駅徒歩7分、都営三田線三田駅徒歩7分、都営浅草線三田駅徒歩5分
料金:3240円(昼夜通しで講座を申し込んだ方は割引料金7560円)
講師:沼田みえ子&森川陽介


>>お申し込みはこちら<<

=====

カウンセリングは、予約センターにてご予約を入れてご利用くださいませ。

カウンセリング料金や東京カウンセリングルームの場所はコチラをご覧くださいね。
カウンセリングスケジュールはこちら>>


電話番号:06-6190-5131 

営業時間:12:00~20:30

定休日:月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日。

皆さまからのご予約、お待ちしております。

 

彼との関係をもっといいものにしたい!
そう思ってカウンセリングを受けてくださるのは、圧倒的に女性が多いのですが、
こんなわかりやすい変化を遂げてくださった男性がいます。

実際の面談カウンセリングで交わされた会話なのですが、クライアント様の許可を頂いての
再現です。

クライアント様(以下ク)「沼田さん、実は報告があります。」

沼田(以下沼)「なんでしょうか?」

「以前、沼田さんと森川さんとのコラボワークショップの翌日のデートで、ワークショップで
習ったことを実践したら彼に変化があった!というブログ記事があったじゃないですか、、。」


沼 「あ~、『恋がうまくいくたった1つの方法」講座の翌日に実践したら、こんなことになりました!」という記事ね。※⇒その記事はこちら」    

ク 「同じようにやったら、私の彼も変わったんですよ~。
以前はクリスマスイブにとんかつ屋さんに私を連れて行くような彼だったのに、
あの教え込み方式を試してみたら、今では『ぐるなび』で事前にレストランを調べてくれて、
星3.5以上のところをチェックして、予約してくれるようになったんです!」


沼 「へぇ~、クリスマスイブにとんかつ屋さんとは!それだけ変に遊んでいない、
誠実そうな彼、という証でもありそうだけれど、確かにイブにとんかつ屋さんは、
女子としてはロマンチックではないかも(笑!)

でもそこから、『ぐるなび』でしかも星3.5以上でお店検索とは、目に見える進歩ですね。
いや~、愛されているじゃないですか~(≧▽≦)」

という会話だったのです。

2017-03-24_080404






教え込み方式は沼田&森川のあるある対談でもちょいちょい出てくる手法ですが、
例えば普段、もっと彼に私の話を聞いて欲しい時には、まず出来ているテイで

「話が聞けるあなたって最高だわ~♡ そんなに女性の話が聞けるなんてなかなかフツーの男性では
できないものよね。きっと会社でもモテるんじゃないの~?このこの~っ!(≧▽≦))! 罪な男よね~!」

と、「こういう男になるとあなたはきっとモテちゃうくらい、イイ男よね~」
と教え込んでいくやり方
、なのです。

すぐに変化する男性と、変化がゆっくりの男性と、人によって見える変化にバラツキはありますが、
多くの方から「効果がありました!」というご報告を頂いております。

どんな女性にも男性を育てる力がありますからね。是非あなたもお試しあれ!

沼田&森川コラボワークショップでは、「今日からすぐ使える実践的な方法」もお伝えしていますし、参加される方の意気込みがすごいのか、講座の後にすぐ実践に移される方も多いなぁ~と感じます。

昨日から5月20日開催のコラボワークショップの申し込みを開始しましたが、
昨日1日だけで、ほぼお席の3分の1が埋まりました!(驚!)
(キャパ増やしておいてよかった~!「参加したかったのに!もう満席!?」というお声が
実際前回にコラボの受付段階でありましたので、、)

「初参加させていただきます!お2人の掛け合い楽しみにしています!」

「前回のワークショップを逃してから半年待っていました。楽しみにしています!」

「前回のコラボもとっても面白くてよかったので、今回も是非参加させてください!」


などなど申し込みと一緒にメッセージも沢山頂いております。
本当にありがとうございます。

>>講座の詳細はこちら<<
>>講座のお申し込みはこちら<<

皆ですてきなパートナーシップを手に入れましょ☆

  沼田&森川スペシャルコラボワークショップPART2  
「オトコが惹きつけられるオンナが持っている2つの要素を教えます!」

2018-03-05_164503









第1部「オトコがずっと一緒にいたいと思うオンナになるための4時間

日時: 2018/5/20(日) 13:30~17:30
会場:機械工具会館4F第4会議室
交通:JR田町駅徒歩7分、都営三田線三田駅徒歩7分、都営浅草線三田駅徒歩5分
料金:5400円(昼夜通しで講座を申し込んだ方は割引料金7560円)
講師:沼田みえ子&森川陽介


第2部「オトコがドキッ!とするオンナになるための2時間」

日時: 2018/5/20(日) 18:30~20:30
会場:機械工具会館4F第4会議室
交通:JR田町駅徒歩7分、都営三田線三田駅徒歩7分、都営浅草線三田駅徒歩5分
料金:3240円(昼夜通しで講座を申し込んだ方は割引料金7560円)
講師:沼田みえ子&森川陽介


>>お申し込みはこちら<<

=====

カウンセリングは、予約センターにてご予約を入れてご利用くださいませ。

カウンセリング料金や東京カウンセリングルームの場所はコチラをご覧くださいね。
カウンセリングスケジュールはこちら>>


電話番号:06-6190-5131 

営業時間:12:00~20:30

定休日:月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日。

皆さまからのご予約、お待ちしております。

 

↑このページのトップヘ