2009年01月31日

【心理学講座】婚活に役立つ自己分析・自己表現の仕方

婚活に役立つ自己分析、自己表現の仕方について、お伝えしていきたいと思います。女性向けに書いていますが、もちろん男性の方にも役立てていただけますので、男性の方は、性別を置き換えて読んでくださいね。

***********

女性にとっては男性を見るとわかると思うのですが、その人本来のよいところを本人がわかっていない場面を垣間見ることって意外に多いのではないかと思います。

例えば、合コンや飲み会などの場面で、なかなかかっこいいのに、モテていないと勘違いしていて、ムリにしゃべろうとしすぎて裏目に出てしまってる、外見をちょっと磨くだけでモテそうなのにモテないタイプだと思ってあきらめてしまっているだとか、本当はモテているのに消極的といった場合です。

もったいないなぁ〜と感じる場面ですね・・。でもこれは、女性自身についても、同じことが言えるんです。

本来、やさしいのだけれど、やさしさが仇となって傷ついた経験をすればやさしさに劣等感を感じ、クールに努めることがありますし、本来物静かなおちついた魅力があるのに、静かなことが仇となって傷つくと、おちつきに劣等感を感じムリに騒がしく努めることもあります。すると本来の自分の魅力が、かえってダメなところだと感じ、隠してしまうこともあるのです。


人には、本来のよいところ、つまり本来の価値というものがあります。これは、その人がムリな努力をしなくても元々もっている価値のことで、それを知って、上手に表現できると、本来の価値に魅力を感じてもらうことができ、このもったいないなぁ〜という状態を防ぐことができるんです。

カウンセリングの臨床の現場でも、モテない・・とあきらめてしまっていたり、過去の心の傷や失恋の痛手、両親との問題の影響から自分の本来のよいところ、つまり価値を見出せず、ネガティブになってしまっているお客様は非常に多いのですが、セラピーやアドバイスで心の傷を癒やしていき、お客様が本来持ち合わせている才能や魅力に気づいていただき、才能や魅力を引き出していくというアプローチの仕方をしています。

本来のよいところを見つけるには自分では難しいですから、自分をよく知るお友達やカウンセラーに教えてもらうとよいと思います。


本来の価値を見出すことができるとたくさんのメリットがあります。ムリな努力をして新しく価値を手に入れる必要がないためその過剰な労力(行動面、精神面、経済面)を節約できます。さらに将来にわたって楽に本来の価値を育んでいくことができるため、結婚生活の中でもムリをする必要がなく、結婚後の幸せ実現にもとても力を発揮します。実はこれはお仕事などすべてに通じる重要なところです。

さらに健全な努力によって、本来の価値に、磨きをかけ、上手に表現していくことができれば、鬼に金棒ですよね。


自分本来の価値を知って、それを武器として上手に表現していくこれが、婚活に役立つ、自己分析、自己表現の基本といえます。まずは、自分本来の価値を知ることを目標にとりくんでみてはいかがでしょうか?


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔