上手に生きたくて、穏便に暮らしたくて『怒らせたくなくて』正しい答えを探そうとしていました。

4月23日【大阪感謝祭】で講演させていただく事になりました。
私の講演テーマは『愛に始まり愛に戻る~家族という関係~』です。

◆お願い!話しかけないで

「あなたには本音が話せない」
本当の事を言っているようには思えない。
と何度も何度も言ってくれた友人がいました。

そして
「あなたといても 心が通じ合わなくて寂しい」と去って行きました」
もう、何十年も前のことです。

今、やっとその意味の片鱗が見えてきたので、その事について書きます。



私は母に本音が話せませんでした。
「でした」と書きましたが、今も「よし!言うぞ」と意識しなければ
ついつい母の気にいる答えを探そうとしてしまいます。

身についてしまっているんですね。

幼い頃に刻み込んだ記憶を、
忘れないように何度も何度も繰り返して自分に言い聞かせてきたのですからね。

それは何かと言いますと
母の悲しむ背中を見たくない。
あんなに辛そうな母を見たくない。
母を悲しませたくない。

そして

母を助けられなかった自分に会いたくない。
2017-03-14-09-43-31

「自分の意見を言うよりも母の気持ちを優先させたい。」

そう思って生きて来ました。


始まりは愛なのに

自分を責めだした頃から
愛が恨みつらみに変わっていきます。

だって、弱い、価値のない、助ける事が出来ない私に会いたくなかったんですもの。

2017-03-14-09-46-19

 母を見るのも話すのも嫌になってきます。
母の話し相手にならずに済むように、どんどん距離をとっていきました。

 

◆母との距離は人との距離

身近な、一番親密なところにいるはずの母との距離が
気を使い、怒らせないように、悲しませないように、
自分を殺して
良い子でいようとする私は

母の前だけのはずが

社会に出ても同じ事をやっていました。



そして冒頭の
「あなたは本音を言っていない、信じられない」
と言う言葉を言わせてしまった私です。


パートナーシップでも同じです。

「お前とは 本音で付き合えない。彼女(不倫相手)とは喧嘩出来るけどお前とは喧嘩する気にもなれない。」


この言葉に込められた
ここまで ずっと「本気で愛し合おうよ」のメッセージを発信し続けてくれていたんだな…


がわからずに
ずいぶん長い間彼を恨み続けていたものです。

 

◆愛に始まり愛に戻る

私たちって
愛する人を助けたくて始まった事なのに

ちゃんと愛せていないと《誤解》した事で
無力感や、罪悪感を持ってしまうようですね。

 それは

もっと愛したい。
もっと幸せを与えたい


という大きな愛があるからなんですね。


愛ゆえに作ってしまった人との距離は
愛があった事を思いだそうとする事で

元々の愛と親密感のある世界へ戻っていけるのではないでしょうか?


愛に始まり愛に戻る


淋しさや、痛み
恨みつらみでさえも

元々は愛なのですね。

2017-03-13-23-22-46

 ベル年に1度のお祭り!4月は大阪で開催です!

◇◆カウセリングサービス・大阪感謝祭2017◆◇

o0640048013887577768

聞いて学べる講演!カウンセリングをプチ体験!
豪華景品があたるクイズ大会!他、イベント盛りだくさん♪

・日時:2017/4/23(日) 10:00~18:00(*開場/受付9:30〜)
・会場:江坂・サニーストンホテル北館4F、5F
   ※まずは4Fの総合受付にお越し下さい。
・料金:3,240円 (出入り自由のフリーパス)

○大阪感謝祭の詳細は>>>こちら
○お申し込みは>>>こちら
○Facebook大阪感謝祭特設ページは>>>こちら