2009年01月07日

気に入った人との出会いは作れるもの?

『気に入った人との出会いは作れるもの?』

婚活応援プロジェクト


私は、誰でも何処であっても、出会いは充分作れると思っています。
あなたが本気で行動すれば、必ず出会えると思っています。
でもその前に少し、自分自身に問いかけて欲しいことがあります。

私は本当にパートナーが欲しいとこころから思っているのだろうか?

カウンセリングをしてて、”パートナーが欲しいのに出会いがない!”とおっしゃられる方は、本当に大勢います。けれどもパートナーを手に入れることについて、お話をたくさん伺っていると、

「欲しいけど、また失敗するのが怖い。」
「どうせ私は選ばれない、ってどこかで信じてる。」
「所詮若くて可愛い(かっこいい)人には勝てない。」

など、欲しいけど、何かこころの中に恋愛に関しての傷があり、それが、本気でパートナーを得ることに対して、大きな壁を作ってしまう人が多いようです。
私たちは恋愛関係において、失恋というのを経験すると、

●やっちゃったなぁ、傷つけちゃった・・・。
●私じゃダメだったんだ・・・。

という自分への責めや、

●最低の人だった。
●男運(女運)が悪いんだ。
●いい男なんかいない。

など、出会った異性に対しての怒りがまだあったり、自分の運命のせいにしてしまうと、

”恋をしたい!”

という気持ちとは裏腹に、

「もういいわ。」
「どうせ男なんて・・・。」
「どうせ私なんて・・・。」

と、こころの何処かで諦めてしまうことも少なくありません。。
だから、本当は恋人が欲しいのに、

”どうせ無理”

が、恋愛においてブレーキをかけてしまうんですよね。
そうなると、ますます”どうせ無理”を、現実にしてしまうかのように、

・自分を着飾らず。(おしゃれをすることなく)
・異性を意識せず。
・気に入った人がいても、なかなか自分から近づかない。

など、自然とうつむき加減になってしまったり、異性の目をちゃんと見て話すことも出来ず、姿勢も悪くなったりと、ますます異性を遠ざけてしまう結果になってしまいます。

”恋するハートを閉じてしまう”

なんて言い方を、よくするのですが、ハートを閉じちゃうと、恋愛においての”直感”が、自由に働かなくなってしまうんですよね。

「ああ、いいなぁこの人・・・」

って思うと瞬時に出てくるんです。

”どうせ私は選ばれない。”

と、こころの奥底にある自分の経験による痛みが、行動にブレーキをかけてしまいます。
本当は凄く欲しいので、人によっては夢を描いてしまうこともあります。

”いつか素敵な人が現れてくれないかしら。”

そうなると、自分は動かずに、誰かが来てくれることを待つだけになります。それでも向こうから近づいてくれる場合もありますが、こちらは夢を描いていて、そのイメージを近づいて来てくれた異性に当てはまりますから、そのイメージとのずれが生じると、

「この人じゃない・・・。」

と、近づいてくれたことに喜びや嬉しさを感じれず、ただ不満が募るばかりになります。

「どうして・・・してくれないの!?」「彼氏なら、・・・すべきだ!」

って。

だから、気に入った人との出会いを作りたいと思うなら、まず恋愛に関しての傷に向き合うことも、必要かもしれません。

過去は過去。
今は今。

過去の恋愛から、わずかでも構いませんから何かを学ぶと、次の恋愛が前と全く同じということにはならないと思います。
今のあなたの

「出会いが欲しい!」「パートナーが欲しい!」

という情熱を、”過去の痛み”で消さないでください。
諦めず、勇気を持って、行動を起こして欲しいと思います。
失恋という経験は、決して「失敗」ではないのですから。


cs_noricham at 15:03││婚活プロジェクト