◆大谷常緑

◇こちらは心理カウンセラー達が作る癒し系サイト「カウンセリングサービス」のカウンセラーのプロフィールページです。

カウンセリングサービス所属カウンセラー。
おおたに・ときわ(男性カウンセラー)
福岡地区を担当。

恋愛や夫婦などのパートナーシップを始め、対人関係や家族の問題、自己変革のプロセス、ビジネスや転職などあらゆるジャンルを得意とする。
どんなご相談にも全力投球で臨み、分かりやすく優しい語り口で多くのお客さまを虜にしている。
理論と感覚を併せ持ち、豊富な社会経験をベースとした面倒見の良い“お兄さん(おじさん?)”カウンセラーである。
日本心理学会認定心理士。

>>>カウンセラーの一覧へ
>>>カウンセリングサービスのHPへ
>>>カウンセリングサービスって?

2008年05月

電話カウンセリングスケジュール(5/29)

5月29日(木)12時現在のスケジュール情報です。

電話カウンセリングです。
2008/5/29(木) 21時〜(1枠)

ご希望の方は、カウンセリング予約センターにお電話ください。

電話 06−6190−5131 または 06−6190−5613
受付時間12:00〜20:30

※面談カウンセリング(福岡、大阪、東京)をご希望の方は、
 予約センターにご連絡ください。日程調整をさせていただきます。
 東京面談につきましては、調整に時間を要する場合があります。
 ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

※福岡地区の面談カウンセリングは、
 ◎博多天神(新光ビルまたは光ビル)
 ◎北九州市小倉北区(JR小倉駅近く)
 の2カ所で行っています。
 福岡地区で面談ご希望の方は、博多か小倉かのご希望を予約センターにお申し出ください。

夢見るメニュー

昼ご飯でも食べようかと洋食屋さんやファミリーレストランに入ると、とても気になるメニューがあります。
メニューには載っているのだけれども、しかし今はそれを食べさせてもらえないのですね。何ともまぁ、残念と言おうか、悔しいと言おうか・・・。
その名は
「お子様ランチ」
なのです。

多くのお店では年齢制限があるようで、メニューにその旨書いてあることもありますね。
以前、メニューに年齢制限のことが書かれていなくて、ここぞとばかりに
「お子様ランチ!」
と注文した勇気ある友人がいましたが、あっさりと断られてしまいました。

さて、お子様ランチといえば、僕だけの、私だけの、子供だけの特別なメニューなのですね。

僕の育った家庭の場合、特に子供用の料理というのは準備されていなくて、父親も母親も、僕も同じ料理を食べていました。
鍋料理ならば鍋料理、魚の煮つけならば魚の煮付け、カレーならばカレー。

いや、ひょっとしたら父親には一品酒の当てがついていたかもわかりません。
何やら、そんなのを父親の顔色を伺いながらつまんだことがあるような気もします。

今でこそ、鍋料理とか、魚の煮付けとか、酒をこよなく愛する僕にとってはもうたまらない料理なのですが、子供の頃はその美味しさがわからず、嫌なおかずでした。

たまにどこかにお出かけして、稀にデパートの食堂とかレストランで食事をした覚えがあるのですが、そんな時の定番が「お子様ランチ」でした。

いつも家では、親と一緒の「大人の食事」を食べているのですが、僕だけの、食べたいものばかりを集めた夢の食事なのですね。
何か特別扱いをされているような、とても大事にされているような感じで食べていたような気がします。
この特別さって、普段はよく怒られてばかりの子供の頃はとっても心地よかったですね。
もっとも、今でもそう感じますが。。。。

お子様ランチ(S37.9)
写真は、古いアルバムをめくっていたら出てきた、僕が2歳ぐらいの頃(東京オリンピックはまだ開催されていない頃です(笑))、動物園を見に連れて行ってもらった帰りに京都のスター食堂でのひとコマです。
旗の立ったケチャップご飯に目玉焼き、スパゲッティーにハンバーグでしょうか。
今のように自動車の形をした食器ではありませんし、お菓子もついていなかったように思います。

先日、友人とお子様ランチの話をしていて、「ご飯には絶対に旗がないと、お子様ランチじゃない!」と言っている男の人がいるという話を聞きました。
僕は「うんうん」と頷きながら、「だって男の子の野望は、世界征服なんだもん」と答えたのでした。






問題を少しでも楽にするには・・・・

僕の経験からですが・・・。

問題を抱えているときって、その問題に対してすごくナーバスで、深刻に受け止めているのですよね。

そして、そのナーバスさが様々な問題を、余計な問題を、芋弦式に引き出してくる感じがします。

ナーバスになるには、ナーバスなる理由があると思います。

未来が見えていなかったり、怖かったり、自分が嫌だったり・・・問題によって、或いは同じ問題でも人によって様々なのですよね。

ここで、問題を見つめて「どうして私はこう感じるのだろう?」と深く掘り下げていくのも一つの方法ですし、それは行き着けば問題解決に対しては絶大なる効果があると思うのです。
問題に向き合おうと本当に決めさえすれば、それは自動的に問題解決に進んでいくのですが、様々な感情が出てきて辛かったり、辛いが故に感情を切り離してしまったり、「だってそうなんだもん!」と逃げを打ってしまったりしがちになります。
勿論、「本当に」決めさえすれば、それさえも自動的に乗り越えられていくのですが、場合によってはというか、ほとんど多くの場合「本当に」決めていても行き着くのに時間がかかりますね。

時間がかかるのが決して悪いわけではないと思うんです。
時間がかかる度合いだけ、怖かったり、辛かったりするのだから、そえれはそれで認めてあげる事が必要だと思うんです。これが、自分を本当に優しく扱う一つの例でもありますね。

でも、そこで焦りを作るより、自分を責めるより、とりあえず少しでも気持ちを軽くする方法だと思うのが、
「私はナーバスになる癖を持っているのだ」
と自覚する、認めることなのですね。
問題に浸り込んで、自分を見る癖(自分の痛みに入る癖)があるということを認識することですね。

自分自身が、
「また癖が出ている」
「そういうパターンなんだ」
と認めることです。
これを認めることで、本当に苦しい自分自身を責めることを回避することが出来るようになります。

これは一見、問題からの逃げにも思えてしまうかもしれませんね。
でも、真実はそうではありません。
なぜならば、自分を責めることは問題解決にはならないからです。
自分を責めることは、浸り込みなのです。

問題解決には、先ほど書きましたように「私は、どうしてこう感じるのだろう?」と自分のそう感じる「原点=思いこみや心の傷など」を辿っていくことなのですが、それは自分を責めることを求めている訳ではなく、むしろ真実を理解し、真実を受け入れる客観的な行動なのですね。

浸り込みと真実の追求を分離されると少しでも楽になれるのではないか、と思います。
そして、自分の浸り込みパターン(ちょっと言葉は厳しいですが)を受け入れることと真実の追究の2つを同時並行して行うことで、相乗的な効果があるのではないか、と僕は思うのです。

酔っぱらいの、戯言でした(笑)



電話カウンセリングスケジュール(5/24)

5月24日(土)12時現在のスケジュール情報です。

電話カウンセリングです。
2008/5/24(土) 18時〜・19時〜・20時〜(3枠)

ご希望の方は、カウンセリング予約センターにお電話ください。

電話 06−6190−5131 または 06−6190−5613
受付時間12:00〜20:30

※面談カウンセリング(福岡、大阪、東京)をご希望の方は、
 予約センターにご連絡ください。日程調整をさせていただきます。
 東京面談につきましては、調整に時間を要する場合があります。
 ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

※福岡地区の面談カウンセリングは、
 ◎博多天神(新光ビルまたは光ビル)
 ◎北九州市小倉北区(JR小倉駅近く)
 の2カ所で行っています。
 福岡地区で面談ご希望の方は、博多か小倉かのご希望を予約センターにお申し出ください。

楽になる方法〜まず今の自分を認めませんか?〜

問題を抱えたときには、深刻さと相まって、今の自分あるいは過去の自分を心のどこかで責めていることがとても多いですね。

「俺ってとんでもないことしたよなぁ」
「こうしようと思ったのに、そう出来てない」
「う〜ん、決められない」
「怖いよう〜」

その他にも問題のタネは尽きませんが、いずれにしても、どうやら、そうありたくない自分がそうなってしまっている事もとても辛い原因の一つなのですね。

まぁ、問題が問題を呼び込むというか、1つの問題を抱えることで、次々といくつもの問題を抱えてしまうことも多いようです。
そしてどんどん深みにはまっていく・・・・。

だとしたら、問題のわずか1つかも知れませんが、そして付随的な問題かも知れませんが、問題の1つでも手放した方がとても楽になりますよね。
そして深みから抜けるきっかけにされてはいかがでしょうか?

その筆頭に是非とも挙げて欲しいのが、この状態に陥っている、あるいは過去にその状態に陥ったということを責めることです。

とかく人間は、良いとか、悪いとかで「判断」をしてしまいます。
この判断があると、どちらかのカテゴリーに全てのことを押し込まざるを得なくなりますので、今の自分は「いい」か「悪い」に分類をせざるを得なくなるのですね。
問題を抱えている時にはとかく「悪い」と感じてしまいますから、何かにつけ「自分は悪い」というカテゴリーに押し込んでしまいます。

でもここで、ちょっと考えてみてください。

例えば、赤ちゃんの頃、我々は歩くこともままならず、お漏らしも結構したわけです。
「ママごめん、歩けなくて」
「ママ出ちゃった、ごめん」
と、赤ちゃんの時には言わないのですね。
赤ちゃんの時にはそれが仕方ないことであり、それが当たり前だった訳です。

時として我々は、自分がそうしてしまった事情というものを考えもせず、自分を責めてしまいます。
自分がそうせざるを得なかった事情や背景というものが必ず存在するのですが、それは考えもしないのですね。
まるで、赤ちゃんが
「ママ、歩けなくてゴメン」
と言っているようなものです。
歩けるようになった子供が、
「ママ、生まれたての頃に歩けなくてゴメンね」
と俯いているようなものです。

皆さんが抱える問題の背景には、きっと何らかの事情があったはずです。
それを横に置いておいて、自分を責めるのは、やめてみられたらいかがでしょうか?

もし、それを邪魔するものがあるとすれば、それはご自身がお持ちになっている「観念」や「ルール」といったものではないでしょうか?
「こうあるべき」「こうしなければいけない」というものですね。

「観念」や「ルール」は、親や兄弟、友達、先生など周りにいる人から教わったものかも知れませんし、色々な経験を通して自分自身で身につけたものかもわかりません。そして、それらは、かって自分を守ってくれたものかもしれません。
でも、我々は成長し、それらの観念やルールを見直す時期にきているのかもわかりません。
一般論になりますが、観念やルールは少なければ少ないほど、とても楽に生きていくことが出来ます。
また、人の心理として、自分の持っている観念やルールは自分を縛るだけでなく、誰かをも縛る道具になっています。

さて、少しでも抱えている荷物が減ったら、前に歩き出すことが出来ますね。

良い悪いはひとまず置いておいて、
今の、あるいは過去の自分を認めてあげること、そうするしか仕方なかったことを認めてあげることをお勧めします。

ビールを片手に戯言でした。



電話カウンセリングスケジュール(5/17〜18)

5月17日(土)12時現在のスケジュール情報です。

電話カウンセリングです。
2008/5/17(土) 13時〜・18時〜・19時〜・20時〜(4枠)
2008/5/18(日) 16時〜・17時〜・18時〜(3枠)

ご希望の方は、カウンセリング予約センターにお電話ください。

電話 06−6190−5131 または 06−6190−5613
受付時間12:00〜20:30

※面談カウンセリング(福岡、大阪、東京)をご希望の方は、
 予約センターにご連絡ください。日程調整をさせていただきます。
 東京面談につきましては、調整に時間を要する場合があります。
 ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

※福岡地区の面談カウンセリングは、
 ◎博多天神(新光ビルまたは光ビル)
 ◎北九州市小倉北区(JR小倉駅近く)
 の2カ所で行っています。
 福岡地区で面談ご希望の方は、博多か小倉かのご希望を予約センターにお申し出ください。

電話カウンセリングスケジュール(5/16)

5月16日(金)12時現在のスケジュール情報です。

電話カウンセリングです。

2008/5/16(金) 20時〜・21時〜 (2枠)

ご希望の方は、カウンセリング予約センターにお電話ください。

電話 06−6190−5131 または 06−6190−5613
受付時間12:00〜20:30

※面談カウンセリング(福岡、大阪、東京)をご希望の方は、
 予約センターにご連絡ください。日程調整をさせていただきます。
 東京面談につきましては、調整に時間を要する場合があります。
 ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

※福岡地区の面談カウンセリングは、
 ◎博多天神(新光ビルまたは光ビル)
 ◎北九州市小倉北区(JR小倉駅近く)
 の2カ所で行っています。
 福岡地区で面談ご希望の方は、博多か小倉かのご希望を予約センターにお申し出ください。

電話カウンセリングスケジュール(5/14)

5月14日(水)12時現在のスケジュール情報です。

電話カウンセリングです。

2008/5/14(水) 20時〜 (1枠)

ご希望の方は、カウンセリング予約センターにお電話ください。

電話 06−6190−5131 または 06−6190−5613
受付時間12:00〜20:30

※面談カウンセリング(福岡、大阪、東京)をご希望の方は、
 予約センターにご連絡ください。日程調整をさせていただきます。
 東京面談につきましては、調整に時間を要する場合があります。
 ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

※福岡地区の面談カウンセリングは、
 ◎博多天神(新光ビルまたは光ビル)
 ◎北九州市小倉北区(JR小倉駅近く)
 の2カ所で行っています。
 福岡地区で面談ご希望の方は、博多か小倉かのご希望を予約センターにお申し出ください。

電話カウンセリングスケジュール(5/7)

5月6日(火)12時現在のスケジュール情報です。

電話カウンセリングです。

2008/5/7(水) 20時〜 (1枠)

ご希望の方は、カウンセリング予約センターにお電話ください。
※5月7日は予約センター臨時休業日となります。
 ご希望のお客様は、5月6日中にご予約ください。


電話 06−6190−5131 または 06−6190−5613
受付時間12:00〜20:30

※面談カウンセリング(福岡、大阪、東京)をご希望の方は、
 予約センターにご連絡ください。日程調整をさせていただきます。
 東京面談につきましては、調整に時間を要する場合があります。
 ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

※福岡地区の面談カウンセリングは、
 ◎博多天神(新光ビルまたは光ビル)
 ◎北九州市小倉北区(JR小倉駅近く)
 の2カ所で行っています。
 福岡地区で面談ご希望の方は、博多か小倉かのご希望を予約センターにお申し出ください。

電話カウンセリングスケジュール(5/5)

5月5日(月)12時現在のスケジュール情報です。

電話カウンセリングです。

2008/5/5(日) 13時〜・14時〜・18時〜・19時〜・20時〜 (5枠)

ご希望の方は、カウンセリング予約センターにお電話ください。

電話 06−6190−5131 または 06−6190−5613
受付時間12:00〜20:30

※面談カウンセリング(福岡、大阪、東京)をご希望の方は、
 予約センターにご連絡ください。日程調整をさせていただきます。
 東京面談につきましては、調整に時間を要する場合があります。
 ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

※福岡地区の面談カウンセリングは、
 ◎博多天神(新光ビルまたは光ビル)
 ◎北九州市小倉北区(JR小倉駅近く)
 の2カ所で行っています。
 福岡地区で面談ご希望の方は、博多か小倉かのご希望を予約センターにお申し出ください。

電話カウンセリングスケジュール(5/4)

5月4日(日)12時現在のスケジュール情報です。

電話カウンセリングです。

2008/5/4(日) 18時〜・19時〜・20時〜 (3枠)

ご希望の方は、カウンセリング予約センターにお電話ください。

電話 06−6190−5131 または 06−6190−5613
受付時間12:00〜20:30

※面談カウンセリング(福岡、大阪、東京)をご希望の方は、
 予約センターにご連絡ください。日程調整をさせていただきます。
 東京面談につきましては、調整に時間を要する場合があります。
 ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

※福岡地区の面談カウンセリングは、
 ◎博多天神(新光ビルまたは光ビル)
 ◎北九州市小倉北区(JR小倉駅近く)
 の2カ所で行っています。
 福岡地区で面談ご希望の方は、博多か小倉かのご希望を予約センターにお申し出ください。

電話カウンセリングスケジュール(5/3)

5月3日(土)12時現在のスケジュール情報です。

電話カウンセリングです。

2008/5/3(土) 18時〜・19時〜・20時〜 (3枠)

ご希望の方は、カウンセリング予約センターにお電話ください。

電話 06−6190−5131 または 06−6190−5613
受付時間12:00〜20:30

※面談カウンセリング(福岡、大阪、東京)をご希望の方は、
 予約センターにご連絡ください。日程調整をさせていただきます。
 東京面談につきましては、調整に時間を要する場合があります。
 ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

※福岡地区の面談カウンセリングは、
 ◎博多天神(新光ビルまたは光ビル)
 ◎北九州市小倉北区(JR小倉駅近く)
 の2カ所で行っています。
 福岡地区で面談ご希望の方は、博多か小倉かのご希望を予約センターにお申し出ください。
Archives
  • ライブドアブログ