◆大谷常緑

◇こちらは心理カウンセラー達が作る癒し系サイト「カウンセリングサービス」のカウンセラーのプロフィールページです。

カウンセリングサービス所属カウンセラー。
おおたに・ときわ(男性カウンセラー)
福岡地区を担当。

恋愛や夫婦などのパートナーシップを始め、対人関係や家族の問題、自己変革のプロセス、ビジネスや転職などあらゆるジャンルを得意とする。
どんなご相談にも全力投球で臨み、分かりやすく優しい語り口で多くのお客さまを虜にしている。
理論と感覚を併せ持ち、豊富な社会経験をベースとした面倒見の良い“お兄さん(おじさん?)”カウンセラーである。
日本心理学会認定心理士。

>>>カウンセラーの一覧へ
>>>カウンセリングサービスのHPへ
>>>カウンセリングサービスって?

2008年06月

明日のジョー〜カウンセリングの現場から感じること〜

昨日書いたブログ「M〜もう一つのラブストリー」は、多分多くの方々に読んで戴いたようです。
反響もいただきました。
で、戯言(敢えて言うなら酔っぱらいの”たわごと”)なのですが、明日のジョーを思い出しました。
あの、リングサイドの丹下段平が、リングに突っ伏した矢吹ジョーに
「ジョー、立つんだ、ジョー」
と叫んでいる姿です。
そして、矢吹ジョーはふらふらになりながら立ち上がるのですね。

カウンセリングをさせて戴いていて感じるのは、人の強さです。逞しさです。
どんなに悲惨な状況でも、どんなに痛みが激しい状況でも、殆どの方が何とかしようとされています。
その姿って、とても美しいなぁと思います。
思うように事が進まないかもしれません。焦るかも知れません。あきらめかけるかも知れません。

でも、本当はこうありたい自分と、しかしそうなれない自分と根気よく戦っておられるのですね。
だから、悩みが生まれる。
だから、問題を抱える。

問題を切り離すこと、感情を切り離すこと、これも逃げではありません。
それぐらい、辛いことなのですね。

僕は、人間の本質は光だと思っています。
みんな、この光の本質を持っているが故に、悩んだり、問題を抱えるのです。
顕在意識(頭で考えてわかる意識)では、そうではないかも知れません。なぜならば、考えることは自身を守るためで、怖れからの行為なのです。そのフェース(相)では、怖いのです。とてつもなく怖いのです。

でも、本質は光なのです。無意識の最も奥深くにあるもの、人間の本質は、光なのです。そういう意味では、顕在意識からは一番遠い距離にあるかもしれません。

この光があるが故に、人は悩むのです。問題を抱えるのです。
でなければ、「あっそう!」と罪悪感や無価値感なんて感じないはずですから。

人間の心、本質ってとても尊いですね。

誰かの問題に接したときに、人はその問題に引きずり込まれます。
そして、あたかも自分自身の問題であるように感じたり、自分の中に幼い頃に仕掛けられた時限爆弾に触れてしまったりします。
そして、本当はそんなことはしたくない行動、例えば、怒りをぶつけるとか、依存的になってしまうとか、人を嫌ってしまうとか、をしてしまいます。
でもそれは、仕方がないことですね。
しかしその中にある光は、心の何処かで、そんな自分は嫌ということを感じます。感じています。
だからこそ、問題となるのですね。
そして、そこから、抜け出し、立ち上がろうとするのです。
逞しいですね。

さてさて、明日のジョーから話がそれました。
酔っぱらいは、回りくどいのです。ごめんなさい。

このブログを読んで戴いている皆さん、皆さんは前向きなのですよ。
逞しいのですよ。
強いのですよ。
何とかしたい、というお気持ちがあるのですから。
そこは、どんな状況においても自信を持ってくださいね。

酔った勢いでの戯言でした。

電話カウンセリングスケジュール(6/27)

6月27日(金)12時現在のスケジュール情報です。

電話カウンセリングです。

2008/6/27(金) 20時〜・21時〜 (2枠)

ご希望の方は、カウンセリング予約センターにお電話ください。

電話 06−6190−5131 または 06−6190−5613
受付時間12:00〜20:30

※面談カウンセリング(福岡、大阪、東京)をご希望の方は、
 予約センターにご連絡ください。日程調整をさせていただきます。
 東京面談につきましては、調整に時間を要する場合があります。
 ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

※福岡地区の面談カウンセリングは、
 ◎博多天神(新光ビルまたは光ビル)
 ◎北九州市小倉北区(JR小倉駅近く)
 の2カ所で行っています。
 福岡地区で面談ご希望の方は、博多か小倉かのご希望を予約センターにお申し出ください。

執着を手放す〜 M〜もうひとつのラブストーリー〜

友人から、「M〜もうひとつのラブストーリー」(アーティスト:RSP)という曲を教えてもらいました。
CD発売は7月になってからとのことですが、携帯電話の着メロではもうすでにダウンロード出来るようですね。
有名な「いつも一緒にいたかった 隣で笑ってたかった♪」のPRINCESS PRINCESSの「M」をベースとしてそこにもう一つのストリー展開をした曲になっています。
僕は、「M」もとても好きな曲なのですが、この、「M〜もうひとつのラブストーリー」もとてもいい曲だなぁと思いました。
パソコンでもここで無料試聴できます。
携帯では、各社のダウンロード窓口があるようですね。

で、久しぶりに恋心が芽生えて(?)、今日は執着について少し書いてみようかと思い立ちました。

執着・・・男女関係や人間関係もさることながら、人は様々なものに執着しますね。
仕事、環境、考え方、やり方などなど。

何かに執着することがいいとか、悪いとかではないのですよ。
執着が問題になったときの事なのです。

執着は、動機を変えれば、同じ事をやってもコミットメント(深く本気で取り組むこと)になります。こだわりになります。
実は、この「動機を変えれば」がミソなのですね。

では、コミットメントと執着の動機の違いとは一体何なのでしょうか?

執着は、自分のニーズを満たすために誰かや何かにしがみつくことです。
ベースにあるのがニーズなのですね。満たされない気持ち(与えてもらっていない気持ちや自分自身でそれが手に入らない気持ち)が動機であれば、執着になります。
何かが不足している感覚ですから、それを手に入れようと必死になりますね。入らなかったらどうなっってしまうのだろう・・・と怖いわけです。
そして、それを満たすためにしがみついている状態です。
このとき、私たちはそのニーズが満たされない事を怖れて必死にしがみついています。両手でぐっと握りしめている状態ですね。「離すもんか!」という感じです。
もし、執着しているものが恋愛関係であれば、そんな「何かおくれ〜」と近づいてこられると、重く感じたり、あるいは怖くなってしまったりします。
殆どの場合、そんな関係というのはうまくいきませんよね。

一方、コミットメントやこだわりは、べったりとしたニーズが動機ではありません。
状況をみて、状況を考えて、或いは人間関係であれば相手の事をしっかりと思って行うものです。
自分の不足感を満たすためのものではないのですね。
だから、ある意味爽やかです。

コミットメントすることは一時的にとても苦しい状況を生むかも知れません。
場合によっては、成就しないかもしれません。

でも、自分のニーズを満たすことが目的ではないので、たとえ成就しなくても、その結果を容易に受け入れられるのですね。
これは、奪い取るニーズが動機ではなく、与えることが動機だからです。
両手は、常に暖かい感覚で満たされています。

さて、では執着を手放すには、一体どうすればいいのでしょうか?
なかなか難しいかも知れません。なぜならば、重たい自身のニーズが動機になっているからです。怖いからです。

でも、苦しみから脱却するには・・・先ずはそのニーズ、自分の不足感が自身を苦しめている事を認めてください。
そして、その執着している物事や、人間関係であれば相手を神様(神様がいるかどうかは別にして)に預ける事です。
この感覚が、執着を手放す感覚です。
委ねる感覚です。
そして、泣いてください。
ネガティブな感情は、感じると溶けてしまいます。場合によっては、誇張して感じて戴いた方がより効果があるかも知れません。

恋愛関係でご相談を受けるときなど、僕は
「執着を手放しましょう。でも、相手を愛することは構いませんよ。遠くから、相手の幸せを祈ってあげてください」
と言うことがあります。
それは、執着を手放すことが、自分の感情を切ったり、相手を恨んだり、悪者にしたりすることではなくて、相手の意志を受け入れたり、状況を受け入れたりすること、すなわち与えることや愛につながることだからです。
愛は、相手を見る事です。愛は、自分を認めることです。
これは、執着ではありませんよね。

執着を手放すと、今までしがみついていた両手が自由になります。
この自由になった両手で、幸せを是非掴みたいものですね。

酔っぱらいの戯言でした。










電話カウンセリングスケジュール(6/21)

6月21日(土)12時現在のスケジュール情報です。

電話カウンセリングです。

2008/6/21(土) 19時〜・20時〜・21時〜 (3枠)

ご希望の方は、カウンセリング予約センターにお電話ください。

電話 06−6190−5131 または 06−6190−5613
受付時間12:00〜20:30

※面談カウンセリング(福岡、大阪、東京)をご希望の方は、
 予約センターにご連絡ください。日程調整をさせていただきます。
 東京面談につきましては、調整に時間を要する場合があります。
 ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

※福岡地区の面談カウンセリングは、
 ◎博多天神(新光ビルまたは光ビル)
 ◎北九州市小倉北区(JR小倉駅近く)
 の2カ所で行っています。
 福岡地区で面談ご希望の方は、博多か小倉かのご希望を予約センターにお申し出ください。

電話カウンセリングスケジュール(6/18)

6月18日(水)12時現在のスケジュール情報です。

電話カウンセリングです。
2008/6/18(水) 19時〜・20時〜 (2枠)

ご希望の方は、カウンセリング予約センターにお電話ください。

電話 06−6190−5131 または 06−6190−5613
受付時間12:00〜20:30

※面談カウンセリング(福岡、大阪、東京)をご希望の方は、
 予約センターにご連絡ください。日程調整をさせていただきます。
 東京面談につきましては、調整に時間を要する場合があります。
 ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

※福岡地区の面談カウンセリングは、
 ◎博多天神(新光ビルまたは光ビル)
 ◎北九州市小倉北区(JR小倉駅近く)
 の2カ所で行っています。
 福岡地区で面談ご希望の方は、博多か小倉かのご希望を予約センターにお申し出ください。

電話カウンセリングスケジュール(6/17)&ひとこと

先日、家から車で20分ぐらいのところにある、蛍が見られる場所に行ってきました。
汚れていた小川を、住民の方々が綺麗にされて、蛍が飛び交う環境を取り戻されたそうです。
夕方8時前になるとだんだん黄昏れて、ふわふわと空中を漂う光がゆっくりと点滅を繰り返します。
蛍が何百匹と舞います。
このゆっくりとしたリズムが、とても心を和ませてくれました。
蛍に感謝!そして、蛍を甦らせてくれた地元の方々に感謝!

さて、カウンセリングのスケジュールです。
6月17日(火)12時現在のスケジュール情報です。

電話カウンセリングです。
2008/6/17(火) 20時〜・21時〜(2枠)

ご希望の方は、カウンセリング予約センターにお電話ください。

電話 06−6190−5131 または 06−6190−5613
受付時間12:00〜20:30

※面談カウンセリング(福岡、大阪、東京)をご希望の方は、
 予約センターにご連絡ください。日程調整をさせていただきます。
 東京面談につきましては、調整に時間を要する場合があります。
 ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

※福岡地区の面談カウンセリングは、
 ◎博多天神(新光ビルまたは光ビル)
 ◎北九州市小倉北区(JR小倉駅近く)
 の2カ所で行っています。
 福岡地区で面談ご希望の方は、博多か小倉かのご希望を予約センターにお申し出ください。

電話カウンセリングスケジュール(6/15〜)

6月15日(日)12時現在のスケジュール情報です。

電話カウンセリングです。
2008/6/15(日) 18時〜・19時〜 (2枠)
2008/6/16 (月) 21時〜 (1枠)

ご希望の方は、カウンセリング予約センターにお電話ください。

電話 06−6190−5131 または 06−6190−5613
受付時間12:00〜20:30

※面談カウンセリング(福岡、大阪、東京)をご希望の方は、
 予約センターにご連絡ください。日程調整をさせていただきます。
 東京面談につきましては、調整に時間を要する場合があります。
 ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

※福岡地区の面談カウンセリングは、
 ◎博多天神(新光ビルまたは光ビル)
 ◎北九州市小倉北区(JR小倉駅近く)
 の2カ所で行っています。
 福岡地区で面談ご希望の方は、博多か小倉かのご希望を予約センターにお申し出ください。

辛いとき、苦しいときこそ愛を選ぼう!

辛いときや苦しいときの対処法の一つです。
これも僕の経験的に楽になる方法なのですが、そんな時には、「愛を選ぼう」なのです。
愛・・・奥がとても深いですね。
愛って何?
人によってその答えは千差万別だと思います。
それぞれに、様々な愛の形、やり方があると思います。

では、僕が愛をどう考えているかというと、「相手の事を考える(相手を見る)」という事だと思っています。
辛くなっている原因の特定の誰かでも良いですし、自分の感情が動く誰かだったり、或いは、自分より痛みを抱えている誰かだったり、何処かの難民キャンプの子供達でもOKです。
これって、でもとても難しいですね。
正直、僕もまだまだその領域には達していません。

しかし、
「この人をどうやって愛してあげようか」
「この人はどんな気持ちなんだろう?」
「とっても、辛いよね。よく頑張っているよね」
そんな事を思っている時って、心がとても温かくなって、自分の痛みが消えるのですね。

「自分が辛いときに、そんなこと出来ない!」
そうだと思います。
でも、逆もまた真なりで、そんな時だからこそ、敢えてそうしようとしてみるのです。
そうすると、摩訶不思議、自分の痛みが無くなっていくのですね。

酔っぱらいの戯言でした。

電話カウンセリングスケジュール(6/14)&ひとこと

母親は今80歳ですが、遂に例の年金特別便が我が家にもやってきました。
母は結婚する前に大手企業に何年間か勤めていたのですが、その時の記録が無く、ちょっと腑に落ちないので一緒に社会保険事務所の窓口に行ってみました。
丁寧に色々調べてくれたのですが、当時母がいたその会社は事業所ごとに社会保険に加入、非加入がばらついていて、結局、母が勤めていた事業所は非加入ということで、腑に落ちなかった内容はクリアになりました。
しかし・・・「他に心当たりはありませんか?」とその職員の方。
僕は、何かありそうなリーチの予感。
昔、母から聞いた話の記憶を辿りながら母と話をしているうちに、結婚前に1年間ほど勤めていた別の会社の記録に辿り着きました。そして、年金記録を訂正して、僅かですが年金を受け取れる事になりました。
母とのほんの僅かな会話の記憶が、役に立ったのでした。

閑話休題。
カウンセリングのスケジュールです。
6月13日(金)12時現在のスケジュール情報です。

電話カウンセリングです。
2008/6/14(土) 18時〜・19時〜・20時〜(3枠)

ご希望の方は、カウンセリング予約センターにお電話ください。

電話 06−6190−5131 または 06−6190−5613
受付時間12:00〜20:30

※面談カウンセリング(福岡、大阪、東京)をご希望の方は、
 予約センターにご連絡ください。日程調整をさせていただきます。
 東京面談につきましては、調整に時間を要する場合があります。
 ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

※福岡地区の面談カウンセリングは、
 ◎博多天神(新光ビルまたは光ビル)
 ◎北九州市小倉北区(JR小倉駅近く)
 の2カ所で行っています。
 福岡地区で面談ご希望の方は、博多か小倉かのご希望を予約センターにお申し出ください。

電話カウンセリングスケジュール(6/8〜)

6月8日(日)12時現在のスケジュール情報です。

電話カウンセリングです。
2008/6/8(日) 14時〜・15時〜(2枠)
2008/6/9(月) 20時〜(1枠)

ご希望の方は、カウンセリング予約センターにお電話ください。

電話 06−6190−5131 または 06−6190−5613
受付時間12:00〜20:30

※面談カウンセリング(福岡、大阪、東京)をご希望の方は、
 予約センターにご連絡ください。日程調整をさせていただきます。
 東京面談につきましては、調整に時間を要する場合があります。
 ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

※福岡地区の面談カウンセリングは、
 ◎博多天神(新光ビルまたは光ビル)
 ◎北九州市小倉北区(JR小倉駅近く)
 の2カ所で行っています。
 福岡地区で面談ご希望の方は、博多か小倉かのご希望を予約センターにお申し出ください。

電話カウンセリングスケジュール(6/7)

先日、友人達と小樽にあるお寿司屋さんの大阪店に行ってきました。
大きなツブ貝や、うに、いくら、毛ガニと北海道の味覚を堪能しました。
地元九州の魚も美味しいのですが、たまには北海道もいいかなぁ〜と。
ちなみに、九州の人が一番行きたい国内旅行先は北海道とか。
福岡はまだ梅雨に入っていませんが、日本各地は梅雨入りですね。
梅雨のない北海道に行ってみたいなぁ〜と思っている今日この頃です。
さて、ではカウンセリングのご案内です。

6月7日(土)12時現在のスケジュール情報です。

電話カウンセリングです。
2008/6/7(土) 18時〜・19時〜・20時〜(3枠)

ご希望の方は、カウンセリング予約センターにお電話ください。

電話 06−6190−5131 または 06−6190−5613
受付時間12:00〜20:30

※面談カウンセリング(福岡、大阪、東京)をご希望の方は、
 予約センターにご連絡ください。日程調整をさせていただきます。
 東京面談につきましては、調整に時間を要する場合があります。
 ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

※福岡地区の面談カウンセリングは、
 ◎博多天神(新光ビルまたは光ビル)
 ◎北九州市小倉北区(JR小倉駅近く)
 の2カ所で行っています。
 福岡地区で面談ご希望の方は、博多か小倉かのご希望を予約センターにお申し出ください。

楽になろう(^o^)〜自分を受け入れること〜

楽になる方法って、いくつもあると思うんですね。
例えば、どこかへ旅行に行ったり、友達と話しをしたり、美味しい物を食べたり、温泉に浸かったり、マッサージを受けたり、馬鹿騒ぎをしたり・・・。
どんな方法でも、気持ちを緩めることは出来ると思うのです。
でも、深刻さを持っていると、ともすればそれらの方法は、問題から逃げているような、問題に向き合っていないような感じがしてしまいますね。
その結果、楽にならないどころか、お先真っ暗という感じになってしまいます。

そんな時には、自分と向き合って自分を受け入れるという方法があります。
自分を受け入れるって、実は問題にはまっている時には一見、一番やりにくい方法なのですが、でも、先に書いたような方法では楽にならない人たちには適している方法なのかなぁと最近思っています。

では、自分を受け入れるとはどういうことかと言うと・・・

先ずは、自分が人間であって神様ではないと認めることなのです。
人間だから、何事も完全にはできないのです。
失敗もします。間違いもします。自分のことをついつい考えてしまいます。
人間とは、そのようなものなのです。

また、人は自分に対して優しく、人には厳しいという幻想を抱きがちです。
本当は反対で、多くの場合、人に優しく自分にとても厳しいことが多いのですが。

例えば、今、あなたが自分に対して何かハッパをかけていることがあったとしましょう。
「こんな事では駄目だ」とか、「もっと頑張らないと」とか「こんな事では幸せになれない」とか、人によって様々だと思いますが、そんな事です。
それを、仮に大親友の誰かに同じようにしてみたとしてください。
頑張って、頑張っている友人に、「まだまだ頑張らないと駄目だ!」と厳しく言ってみたとしてください。

そうしたら、果たしてどなんな状況になるでしょうか?
その大親友は、どんな気持ちになるでしょうか?

大親友は、あなたと決別するかも知れませんね。
大親友は、あなたをその辛さから攻撃するかも知れませんね。

こんなことを、私達は自分自身にしているのです。
どれほどご自身を酷く扱っていることか。

友人にはどんな風に声を掛けるでしょうか?
「十分に良くやってるよ。それは仕方ないんじゃない?」
とか
「まぁ、そんな事もあるけど、仕方ないんじゃない?」
とか、様々だと思いますが、その友人の事情を受け入れてあげる言葉ではないでしょうか?
もし仮に、そうでなくて「頑張れ!」という言葉を掛けるとしたら、それはシュチュエーションにもよるのですが、多くの場合あなたがとっても頑張っているということを現しています。

さて、神様ではない人間の自分は・・・
間違った事をやっても当然なのです。
人に迷惑をかけることもあるでしょう。
失敗することもあるでしょう。

人間とは、そのようなものなのです。
それは、決して重大な問題ではありません。
なぜならば、じゃぁ、それをどうしていこうかと取り組むことがとても重要だからです。
でも、ここで自分を責めているとそちらにばかりに気を取られてしまい、どう取り組むかに気が回りませんね。

繰り返しますが、間違う自分を責める事ではなく、そのようにしか出来なかった自分を先ずは受け止めて、では、どうするかということがとても大切なのです。

心のパターンで自分を責める「クセ」をお持ちの方もいらっしゃると思います。
でもそれって、冷静に考えて前に進まないですよね?
責めている時は、必ず時計が逆回りして、過去の自分を責める、換言すると、何かに執着しています。
執着とは、握って決して放さない事です。
過去の何かに囚われていることです。
自由が全くないですね。

だらだらと書いてしまいましたが、
人間は、間違う=自分は間違う
間違いは責めるものではなく、その都度訂正するもの
ということを受け入れて頂ければ、多くの方々に今の自分を受け入れて頂けるのではないでしょうか?

戯言でした。


Archives
  • ライブドアブログ