フェスタバナー

来る8月21日に福岡でカウンセラーズフェスタを開催します。

フェスタのページはこちら

カウンセラーズフェスタでは、さまざまなカウンセラーが講演を行いますが、私も講演をさせていただきます。

講演テーマは「目で見る、脳で見る。心で感じる、脳で感じる。〜私達の作り出す世界〜」
です。

どんなお話しかというと、

私たちは、身の回りにある物、風景や人の顔、机やテレビなどを“目”で見ていると思っています。
確かに、目を閉じると何も見えなくなるので、それは一つの事実ですね。
しかし、“見る”という行為は果たして目だけで行われているのでしょうか?
答えはNOです。
例えば、実は、私たちの目の仕組みでは、物は平面にしか見えないのです。
では、なぜ私たちには目で見た物が立体にみえるのでしょうか?
それは、頭の中で立体に見えるように補正を行っているからです。
その補正の影響が、時にイタズラをしてしまう事があります。
皆さんは、トリックアートとか、錯視図形とかという言葉をお聞きになった事はないでしょうか。
トリックアートは、平面に書かれた絵が立体に見えたり、自分がどこに移動しても、人物画の目が自分を見ているように見えたりするものです。
写真は、大分県にある「道の駅みえ」の建物の中の床(当然、平面です)に描かれたトリックアートで、ある位置から見ると、まるで鬼が這い出してきているように見えます。


鬼の立体画像縮小
ミューラー・リアの錯視








錯視図には様々なものがありますが、例えば、同じ長さの線分の両端に外向きと、内向きに付けられた矢羽根の方向によって線分の長さが異なって見えるというようなものがあります。
図は、同じ線分に矢羽根を付けたものですが、矢羽根が内向きの場合は、矢羽根が外向きの場合に比べて線分は短く見えないでしょうか。
このように、私たちは目から入ってきた情報を“脳”で補正して“見ている”ので、脳の補正の仕方によっては見え方が異なるのです。
恋をしている時にも、脳の影響により恋愛相手の見え方が異なるという事もありますね。
恋をしている時には凄くイケメンに見えた相手が、恋愛が終わってしまうと「イケメンと思っていたけど・・・」と思ってしまう事もあるのではないでしょうか。
このように、脳は、私たちが意図するか否かに関わらず、様々な状況を見たいように見てしまう事があるのです。

さて、トリックアートや錯視に代表される脳の補正機能は長年の進化の中で自然と身についてきた、生きていく為の合理的な見え方です。
一方、これと同様に、私たちが脳の中に刻み込んできた潜在意識や顕在意識が影響して、目で捉えた情報を加工して見る事があります。
いえ、実は私たちはそうして“見て”いたり、あるいは、そうして“見ないように”しているのです。
これを感じさせてくれる面白い心理学の実験の1つに、「バスケットゴリラ」というものがあります。
何人かでバスケットボールのパスをしている映像を見て、パスの回数を数えましょうという課題なのですが、途中、映像の中にゴリラが現れるのです。
しかし、多くの人がそのゴリラに気がつきません。
答えを知っていれば容易にゴリラが見えるのですが、パスの回数を数える事に集中していると、全く気が付かないのです。
この映像はYouTubeでも公開されていますので、興味ある人はご覧いただければと思います。

さて、一方、私たちは日常の中で様々な事を感じます。
この感じるという事を私たちは体のどこで行っているのでしょうか。
そう、お尋ねすると、「心で感じる」とお答えになる方も多いのではないでしょうか。
では、心は体のどこにあるのでしょうか。
好きな人に会う時には、心臓がドキドキしますね。
感動的なシーンを見ると、胸が熱くなりますね。
怖い時には背中がゾクゾクする事もあるでしょう。
以前、講演をさせていただいた時に「心はどこにあるでしょう」と皆さんにご質問させていただいた事があるのですが、半分ぐらいの人が「心臓のあたり」とお答えいただきました。
それも、見方を変えると必ずしも間違ってはいないのですが、実は脳に“心”があるのです。
脳で感じた事で体に反応が現れるので、心臓がドキドキしたり、胸が熱くなったりするのですね。
事故で脳の一部に損傷を受けた人の中には、怖れを感じなくなる人もいます。
私達の感じ方は、人それぞれであったり、その人の今の状況によって変わります。
道端に咲く小さな花を見て「綺麗」と感じる人もいれば、「こんなところで1人でよく頑張っているね」と感じる人もいるでしょう。
同じ人でも、熱烈な恋愛中に見た景色は輝いているように感じていたのに、その恋愛が終わってしまった直後には、同じ景色を見てもくすんだ様に見えることもあるでしょう。
何を感じるかは、その人の心の状態、即ち脳がどのように捉えるかによるのです。
そして、脳の中には、無意識、潜在意識、顕在意識に感じ方に影響を及ぼす様々な事柄がひしめいているのです。
それが感じ方に対して大きく影響を及ぼしているのです。

私たちが見ている世界、私たちが感じている世界は、一人一人のオリジナルの世界であり、実は、私たち自身の脳が作り出している世界なのです。

今、人生が上手くいっているのであれば、今の見え方や感じ方で何も問題はないでしょう。
しかし、何か問題があるとすれば、それは私たち自身の脳が作り出している世界に、問題を作り出す何らかの素因があるという事になります。
従って、その問題を解決する一番の方法は、その素因に何らかの変化を起こす事ですね。
これが、人に対して変化をさせるという事であれば、なかなかうまくはいきません。
皆さんも人から「お前、変われよ」と変化を強制されるのは嫌ではないかと思います。
しかし、自分の脳の中にある素因を変化させればいいのですから、自己完結的にできます。
もちろん、心の問題ですから、様々な葛藤や抵抗があってそう簡単ではないかもしれません。
でも、問題を解決したい、状況を変化させたいという強い思いがあれば、それを成し遂げる事が必ずできるのです。

今回の講演では、脳科学的な観点、心理学的な観点、カウンセラーの視点から、カウンセラーズフェスタの共通テーマである「あなたが変われば世界が変わる」のお話をさせていただきます。
もちろん、理論だけではなく、具体的にどのようにすれば自分の世界を変化させることができるのかというHOW TO的なお話もさせていただきます。