友人から、誕生日のお祝いにお取り寄せで鮒寿司(ふなずし)を戴きました。

僕は滋賀県の出身なのですが、滋賀(近江)の味なのですね。

ご飯に漬け込んだなれずしで、発酵食品です。
それゆえ、とてもにおいがきつく、普通のお寿司を想像するととんでもないことに。

こんな話があります。
東京の人が「鮒寿司はおいしい」と聞いて、鮒寿司を買ったそうですが、開けてビックリ!
「これ、腐っている」
と言って捨ててしまったそうです。
発酵食品ですから、腐っていると言えばそうなのですが、それが鮒寿司なのです。
まぁ、最近では納豆はポピュラーな食品になりましたが、昔は納豆が苦手な人が多かったですね。納豆も同じ発酵食品ですからにおいがありますね。それと同じとは言いませんが(鮒寿司は糸もひきませんし、粘りけもありません)、まぁ、感覚的には似たような物でしょうか。

子供の頃、我が家では樽で漬けていて、何かあると出して家族で食べていました。発酵食品ですから胃腸にも良いようです。

まぁ、初めて食べようとされる方は、覚悟をしてから食べてください。
慣れないと、食べられないかもしれません。

さて、鮒寿司ですが、琵琶湖で獲れるニゴロ鮒という種類の鮒を塩漬けにして、その後ご飯に漬け込みます。
オス、メスとも漬けますが、僕は子持ちの鮒寿司が大好きです。通はオスがいいともいいますが。

最近はニゴロ鮒が余り獲れなくなったようで、かなりの高級品になりました。

僕が鮒寿司が大好物であることを知っている友人は、わざわざ吟味して「ここが一番美味しい」と贈ってくれました。
贈り物をもらっただけでもとても嬉しいのですが、気持が感じられて更にうれしくなりました。

さて、そんな暖かい送り主の気持を感じながらの一口。
鮒寿司特有の最初はしなかやな、しかし少し堅めの歯ごたえと、口の中にふわっ〜と広がる酸味、ほどよい塩味。アミノ酸系のうまみがあふれ出ます。

これを肴に、一杯!
たまりません。お酒が進んで困ってしまいます。
とっても美味しい鮒寿司でした。

さて、写真はもらった鮒寿司です。
ご飯の上にガーゼが引かれて、食べやすいように既にスライスされている物でした。
漬けるときは内臓を取って丸ごとで、ご飯と分離してスライスします。ご飯ももちろん食べられるのですよ。

もし、勇気と興味があれば一度ご賞味を。

戴いた鮒寿司のお店はこちら



鮒寿司外装鮒寿司