ここのところ、月に1度のペースで福岡のながのカウンセラー宮本カウンセラー、ボランティアカウンセラーで熊本に行っています。
熊本市、熊本ワークショップ事務局が主催する
「よりよいパートナーシップを築くために〜カウンセラーの心理テクニック公開〜」
というワークショップを、3回シリーズで熊本市の女性センターの男女共同参画事業の一環として行わせていただいています。

講座に参加いただいている皆さん、とても暖かくて、私たちも楽しく、面白く講座を行わせていただいています。

そして楽しい、面白いと言えばそこはカウンセリングサービスのカウンセラー、いつでも、どこでも楽しむことを忘れてはいません。

「人生の目的は楽しむこと!」といつも皆さんにお話ししていることをリーダーシップを発揮して実践しようと(理由をつけて)、今回も前日入りです。

先ずは、福岡から熊本より距離があるんじゃない?と思いつつも熊本を通り過ぎ、熊本県と宮崎県の県境にほど近い湯山温泉へ。
ゆるやかな硫黄の香り漂うヌルヌルのお湯にゆっくりと浸り、トロトロ気分で明日の講座の鋭気を養う私たちでした。
「ここ、いいんじゃない?オススメだよね」
などと話ながら熊本へ移動。
夜は地元のカウンセラーに連れられて天草の海の幸を堪能できるお店で天然ヒラメの活き造りを始めとして海の幸で軽く一杯、いえいえ、ビール、焼酎、赤ワインフルボトルといつもの調子でした。

さて講座前の昼ご飯。
熊本といえば、馬刺、辛子レンコン、熊本ラーメン、肥後牛、数々あれど、本日は太平燕(タイピーエン)。
太平燕て何だ?
と思われるかも知れませんが、きわめて粗っぽく言えば、(長崎)チャンポンの麺を春雨にした感じのものです。
熊本では学校給食のメニューにもなると地元カウンセラー。
老舗の中華料理店紅蘭亭に連れて行ってもらい、全員で仲良く太平燕をいただきました。
紅蘭亭の太平燕は、スープが後を引かないさっぱりした、でもコクのある白濁のスープ。そこに弾力のある春雨が入り、海老やイカの海鮮と野菜の炒めものが載ります。そうそう、揚げたゆで卵が載っていましたが、これも太平燕の特徴だそうです。
とっても美味しい昼ご飯をいただきました。

熊本、来るたびに「大好き〜!」と叫びたくなる街です。

写真は左から9月に僕が講師をした講座の様子、そして噂の太平燕です。

熊本講座の写真紅蘭亭 太平燕