【ちょっとお金の話】手放すってやっぱりパワフル。

こんにちは。冷たい雨ですね。体調を崩さないように気をつけてくださいね。



私は、あまりお金に執着しないんです。

こういうと「それはお金があるからでしょう?」と言われてしまいます。

確かにそれもあるんです。

でも、それだけではないんです。


それは、あまり執着しない、

であって、

全然執着しない、

ではないからです。


本当のことを言うと、

多くの場合、執着しないのですが、

執着してしまうときもあって。

でも、執着すると大概お金は逃げていきます。

(そうなの。恋愛しているときの、<男>と一緒です。)


だから、執着は手放すに限ります。


お金への執着を手放すと、もっといいものが入ってくる。

(85%くらいの彼氏を手放すと、理想のパートナーが手に入る、というのと一緒です。)


私はいつもこのパターンで、思いがけない形で「幸せ」を感じさせてもらっています。


暗礁に乗り上げた結婚生活を手放したから、今のダーリンとの幸せがあります。

破格に高給だった投資の仕事を手放したら、フィナンシャルフリーダム(お金に支配されない生活)が手に入ってしまった。


手放す前に結果がわかっていたわけではありません。

そして、大きな決断の前後には、必ず葛藤があります。


でも、執着って、大概は、過去に自分がしたこと、欲しかったものを追い求め続ける気持ちなんですよね。

必ずしも、今、一番欲しいものではないの。


もう流行から外れてしまって、だから全然着ていないのに捨てられないデザイナーブランドの服のようなもので、昔、「惚れた」、「高いお金を払った」から手放せない。

もうスカート丈が今っぽくないから着ないのに。過去のステキだった自分が手放せない。いえ、ステキになろうとして頑張った(お金を出した)ことに執着しているんです。


時代は移り変わっていくからね。

それは、今のあなたが着たい服ではないかもしれないのに。

そろそろ昔の頑張った自分に「よくやったね」と努力をねぎらう時が来たのかもしれません。


昔の服を捨てると、

今の自分に合ったスタイルが手に入るでしょう?

今の自分に合ったスタイルを身につけていると、

今の自分に合った人、友達、仕事仲間、取引先が集まってきます。

そんな仲間とつながると、またアイディアがあふれてくるでしょう?


あなたはいくらのことを惜しんで、今の自分に投資できずにいるのかしら?

いつだってお金が大切なわけではありません。

お金で何を手にいれるか、が大問題なのです。


あなたがお金で手に入れたいと思っているものが、

あなたが今、本当に欲しいものであるならば、

欲しいものを手にいれるために動き出せば、必要なお金はついてきます。


でも、昔、頑張って働いた自分に執着しているとしたら、

今の自分が欲しいもののためにお金を使えないかもしれません。


今の自分に投資をしなければ、

マンションが時間の経過とともに劣化するように、

あなたの価値もまた目減りしてしまいます。


いつだって、今のあなたが一番欲しいものを大切にするためにお金を使えますように。

そのために、「1円でも多く欲しい」と思う心を手放せますように。


先日も、5つ星ホテルの「予約取り消し不可」のスイートルームをやりたい仕事の打診があったから手放したら、今度はお仕事の方がキャンセルになりました。

「あら、今回は休め、ということなのね」

とお仕事を手放してホテルに行ってみたら、スイートルームがエグゼキュティブスイートにアップグレードされていました。

「ラッキーかも」

と別用で仕事仲間と飲んでいたダーリンを呼んで来てもらって、

思いがけずにいただいた時間で旅行まで楽しみ、つくづく

「日日是好日」

と幸せな気持ちに包まれたのです。

どっちにころんでも幸せ。

それは、「◯◯でなければ!」と、キャンセル料にもお仕事の収入にも執着しないから。

そうそう。これだっだわね。幸せの秘訣って。


ちょっと前の「自分の計画」を手放す勇気がもてると、お金も手放しやすくなりますよ。

いつだってあるのは、「今」「ここ」の自分をどう幸せにするか、という選択なんです。