【心理学サロン】男と女はどう違う?〜憎らしいけれど愛しい相手を知る〜

こんにちは。
みずがきひろみです。


本日、【心理学サロン】にいらしてくださった皆さま、ありがとうございました。

早速ですが、次回、7月の第6回【みずがきひろみの心理学サロン】『男と女はどう違う?〜憎らしいけれど愛しい相手を知る〜』のご案内です。


第6回【心理学サロン】『男と女はどう違う?〜憎らしいけれど愛しい相手を知る〜』

日時:2017年7月20日(木)13:00〜15:00

場所:渋谷第一生命ビル5階

受講料:3,240円

ゲストカウンセラー:大みぞなおみにしむらみく沼田みえ子松尾たか


【心理学サロン】のお申し込みはこちら

【心理学サロン】はどんなところ?


*2歳未満のお子様はご同伴できます。

*終了後に自由参加のお茶会を予定しています。
ご都合がつくようでしたら、そちらもご参加くださいませ。(実費別途負担)。




7月は、私はあまりやらない「男と女の違い」についての講座です。リクエストをたくさんいただきましたので、今年は重い腰を上げてやろうかと思います。(笑)

今は、あまりこのテーマでお話をしませんが、私自身、パートナーシップで悩んでいた頃は、知りたくてこのテーマの講座に足しげく通いました。ちょっとわかっているだけで、コミュニケーション力がグンと上がるので、知っていて損はありません。

日本でも3組に1組は離婚すると言われる時代です。女性の生き方の選択肢が増えたからだ、などと言われますが、どの時代でも、男性も女性も生きるために一生懸命に頑張ってきたはずです。カップルが長く添い遂げるためにたくさんのチャレンジがあることは、今に始まった話ではないでしょう。

ただ、技術の進歩により、生活の仕方が変わって、「男でなければできないこと」「女でなければできないこと」が少なくなる中で、今、もう一度、「男って何だろう?」「女って何だろう?」と考えることが増えているのだと思います。

私たちは、「自分と違う」ものに魅力を感じます。なので、「違う」もの同士が惹かれ合います。でも、おつきあいが長くなればなるほど、お互いに「安心感」を求めるようになります。そうすると、「違い」がケンカのタネになるのです。

男と女は、異文化間交流なのですが、異文化だからこそ「わかってもらえない」痛みが刺激されて、大好きだった相手を疎んじてしまうのはとても残念なことですね。

異文化なのだと知った上で、相手としっかり向き合い、つながれたなら、私の世界とあなたの世界が合わさってもっと豊かな世界に生きられそうです。

この世には、男と女しかいないのですから、仲良くしたいですよね。

大好きで憎らしいパートナーをもっともっと好きになるためにリーダーシップをとりたい。そんなあなたのための講座です。

お待ちしていますね。


lots of love,

みずがきひろみ




第6回【心理学サロン】『男と女はどう違う?〜憎らしいけれど愛しい相手を知る〜』

日時:2017年7月20日(木)13:00〜15:00

場所:渋谷第一生命ビル5階

受講料:3,240円

ゲストカウンセラー:大みぞなおみにしむらみく沼田みえ子松尾たか


【心理学サロン】のお申し込みはこちら

【心理学サロン】はどんなところ?


*2歳未満のお子様はご同伴できます。

*終了後に自由参加のお茶会を予定しています。
ご都合がつくようでしたら、そちらもご参加くださいませ。(実費別途負担)。