【アメブロ】恋と仕事の心理学

2017年11月15日

こんにちは

中村きよのです

カウンセリングサービスが運営しているブログ
【恋と仕事の心理学】火曜日の「うまくいくコミュニケーション」を
担当させていただいております

火曜日の「うまくいくコミュニケーション」は
4人のカウンセリングサービス所属カウンセラーが
それぞれの視点でうまくいくコミュニケーションを
ご案内いたしております

今回私が担当させていただいたブログ記事を
こちらのブログでもご紹介させていただきたいと思います

---

私たちがいろんな人とコミュニケーションをとるときに

『どのようにコミュニケーションをとったら良いんだろう』
『目の前の人はどんな人なんだろう』
『ちゃんとスマートに話ができるかな・・・』

といろんな思いを相手に感じながらコミュニケーションを取るかと思います。

そして、目の前の人に興味を持って、どんな人か、好きなものはなんだろうかと、
相手の人のことを思いながらコミュニケーションをとって少しずつ親密感を作
っていきます。

そして、相手もあなたと同じように

『あなたってどんな人なのかな』
『あなたの好きなものはなんだろう』

とあなたに興味を持ちながら、コミュニケーションを取ってくれると思うんで
すね。

でも、普段からコミュニケーションを苦手としている人の中には、相手に興味を
持とうと頑張りすぎて、相手ってどんな人だろうかと質問したり、相手の好きな
話題ばかりをしてしまい、ちょっぴり気疲れしてしまう・・・という経験をされ
た方もいらっしゃるかもしれません。

相手に良かれと思い頑張ってコミュニケーションをしても、あなたはとても疲
れてしまったり、相手はあなたの事をあまりわからずでその時間が終わってし
まったりで、相手を知ろうと頑張りすぎて相手に対して重点的に行うコミュニ
ケーションは双方にとってベストなコミュニケーションとは言えない場合が多
いケースがたくさんあるように感じます。

では、そのときにどのようにどのように相手との距離を縮めながらコミュニケ
ーションを取っていけば良いでしょうか。

あなたと相手との間を縮めながらより親密感を感じられるコミュニケーション
方法は色々とありますが、その中の一つを今回はご案内させていただければと
思います。

そのコミュニケーションとは『『私』をしっかりと伝えるコミュニケーション』
です。

『私』をしっかりと伝えるコミュニケーションとは、あなたが相手の事を知りた
がっているのと同じく、相手もあなたの事を知りたいと感じているという事を
踏まえてのコミュニケーションとなります。

だからこそ、『相手はどんな人なんだろうか』という質問と、『私はこういう人な
んだよ』という自己紹介を交えながらの会話や仕草がとても大切となってきま
す。

人とコミュニケーションを取る中で大切な事は、『相手に興味を持つ』事であり
ますが、それプラスあなた自身が『自分に興味を持ってみる』という事がとても
大切となってきます。

自分に興味を持たなければ、相手に『自分はどんな人』という事を伝えるときに
一瞬頭が真っ白になり何を伝えて良いかわからなくなってしまう場合に遭遇す
る場合もあります。

だからこそ、

『今の私はどんな事に興味を持っているんだろう』
『今の私のブームな食べ物はなんだろう』
『今の私の中のニュースってなんだったろう』

と、自分の中にある大好きなもの、ワクワクするもの、ブームなどを定期的に振
り返る時間を持ってみてください。

そうする事で、初めてお会いした方との会話の際、相手に対しての質問をする際
に、自分の持っている話題を交えながら自己紹介をし合えるコミュニケーショ
ンが取りやすくなってきます。

初めて会う人とのコミュニケーションや、普段から人とのコミュニケーション
を少々苦手と感じられている方にとって、お互いが笑顔になれるコミュニケー
ションをとるための一つのきっかけとなれば幸いです。


今日も
ご訪問いただけた事
心より感謝いたします

ありがとうございました



*twitter*
https://twitter.com/kiyononakamura

*カウンセリングのご予約は、電話にて承っております*
予約センター:06−6190−5131
       06−6190−5613
予約受付時間:12:00〜20:30
       月曜定休(祝日の場合は翌日代休)

cs_seinocyan at 05:43 

2017年09月21日

こんにちは

中村きよのです

カウンセリングサービスが運営しているブログ
【恋と仕事の心理学】火曜日の「うまくいくコミュニケーション」を
担当させていただいております

火曜日の「うまくいくコミュニケーション」は
4人のカウンセリングサービス所属カウンセラーが
それぞれの視点でうまくいくコミュニケーションを
ご案内いたしております

今回私が担当させていただいたブログ記事を
こちらのブログでもご紹介させていただきたいと思います

---

私たちが日々過ごしていく中で
色々な人とのコミュニケーションを取ることが多いかと思いますが、その中でちょっとしたモヤモヤした感覚を感じてしまうというご経験をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

色々な人とのコミュニケーションを取るために、日々努力しているにもかかわらず感じてしまうモヤモヤした感覚や、ちょっとした違和感というものに対して私たちはその感覚を横に置いて目の前にいる人にたいしてのコミュニケーションを意識しがちとなってしまうことが多くなってしまうケースというのは少なくないんじゃないかなと、そう感じております

そういう時に感じてしまうモヤモヤした感覚やちょっとした違和感の元となる原因の一つとして、自分自身とのコミュニケーションを取ることを少し忘れていることが挙げられます。

自分自身とのコミュニケーションというのは、自分の心の声に耳を傾ける作業でもあり、自分の中で何を感じ思っているのかを知る事はとても色々な場面でのコミュニケーションを取る中でとても大切な部分なのではないかなと、そう感じております。

色々な場面で色々な人とのコミュニケーションをとる中で感じるモヤモヤ感やちょっとした違和感を感じた時は、感じたその日の夜にそっと自分の胸に手を当てて、自分自身の心に色々な質問をしてみるのも自分自身とのコミュニケーションを取る為の一つの方法であります。

しんどかったの?
辛かったの?
寂しかったの?
怒っていたの?

等、その時あったシュチュエーションを思い出し、その時に自分自身の心で感じていた感覚や感情を問いかけてみて、なんだかしっくり来るなという感覚と出会えたら

『そっか、あの時私はこう感じていたんだね』

とその時に自分自身が感じていた感覚に対し良し悪しとジャッジせずにただそう感じた事を『そうなんだ・・・』とまずは受け止めてみましょう

そして、もしその感覚や感情を感じた理由をふと感じた時は、また先ほどと同じく自分自身が感じていた感覚に対し良し悪しとジャッジせずにただそう感じた事の理由に対して
『◯◯というのがあったから、あの時私はそう感じていたんだね』
とそのあった事に対して受け止めてみてみませんか。

そうする事で、自分自身の心に寄り添う事がでできるようになってきます。

自分自身の心に寄り添えるようになってきたら、色々な場面での色々な人たちとのコミュニケーションを取る中でも、その時に感じた違和感の理由を知る事ができ、場合によっては
「あなたにそういう事を言われるととても悲しい気持ちになってしまうわ」
と、あなたの今の気持ちを相手に伝えやすくなってきます。

自分自身の感じている事を相手に差し出す事も、大切なコミュニケーションのひとつでもあります。

人とのコミュニケーションを取る中でふと感じてしまったモヤモヤした感覚や違和感を知る事を通して、皆さまの周りの人とのより深いコミュニケーションを取る為のひとつのヒントとなれば幸いです。


今日も
ご訪問いただけた事
心より感謝いたします

ありがとうございました



*twitter*
https://twitter.com/kiyononakamura

*カウンセリングのご予約は、電話にて承っております*
予約センター:06−6190−5131
       06−6190−5613
予約受付時間:12:00〜20:30
       月曜定休(祝日の場合は翌日代休)

cs_seinocyan at 05:43 

2017年08月23日

こんにちは

中村きよのです

カウンセリングサービスが運営しているブログ
【恋と仕事の心理学】火曜日の「うまくいくコミュニケーション」を
担当させていただいております

火曜日の「うまくいくコミュニケーション」は
4人のカウンセリングサービス所属カウンセラーが
それぞれの視点でうまくいくコミュニケーションを
ご案内いたしております

今回私が担当させていただいたブログ記事を
こちらのブログでもご紹介させていただきたいと思います

---

私たちは多かれ少なかれ心に思っていることを素直に言葉にすることができないという経験をしたことがあるかと思います。

ありがとう
大好き
ごめんなさい
これ苦手なんです
助けてください

ちょっとした想い
そしてちょっとしたお願い

これを口に出せないとき、私たちの心の中で色々な想いがその言葉を遮ってしまう事があります。

そんなとき私たちの心の中ではどんな事が起こっているのか、その一部分を見てみると

これを言うと嫌われてしまったらどうしよう
これを言うと重い人だと思われてしまったらどうしよう
これを伝えてもどうせ伝わらない

など過去に自分の想いを伝えて悲しい想いをしたり、後悔したり、悔しい想いをしたり等の嫌な記憶がふと頭によぎってしまうという事が挙げられるんじゃないかなと、そう感じております。

過去の嫌な経験や思い出というものは、今の私たちがチャレンジしようとする事にとっての大きなブレーキとなる事も時にあったりします。

過去の経験で辛い想いや悲しい想いをした時、私たちの心は
『もう過去に感じたこの辛い想いを感じたくない!』
と感じてしまい、私たちがチャレンジしようとする想いに待ったをかけてしまいます。

もしあなたが今あなたが感じている事を言葉にしようとした時に、心のブレーキを感じた場合に思い出していただきたい事は

あなたの想いはあなたの言葉で伝えないと伝わらない

という事です。

私たちは心に思っている事を言葉にしないと伝わらないという事があります。

それは、私たちが当たり前と思っている事に対しても自分以外の誰かにとってはそれが当たり前じゃない事もありますし、あなたの想っている事や感じている事を知りたいと想っている人もあなたの周りにいるんじゃないかなと思うんです。

だからこそ勇気を持ってあなたの想いを言葉に出すチャレンジをしてみませんか。

チャレンジし始めは自分の想いを言葉にする事はとても難しく感じる事もあるかもしれません。

そういう時は、誰かに何かをしてもらった時に

『ありがとう』

と感謝の気持ちを伝えてみる事からスタートしてみるのはいかがでしょうか。

ちょっとした普段の生活の中での”当たり前”の中にあるありがとうを探して伝えてみる事を継続してみる事を通して、少しずつ自分の想いや気持ちを言葉に表現してみてくださいね。

あなたの心に想っている事を伝える事で、周りの人とのコミュニケーションも今までとは少し違うものとなるかもしれませんよ。

自分の想いを伝えたくてもどうしても心のブレーキを踏んじゃうな・・・と感じられている方の多くは言葉に出す事の大切さをとても強く感じていらっしゃる方が多いんじゃなかなと、感じております。

その言葉に出す事の大切さを感じていらっしゃる方に取って、心に感じてる事を言葉で表現するためのひとつのヒントとなれば幸いです。


今日も
ご訪問いただけた事
心より感謝いたします

ありがとうございました



*twitter*
https://twitter.com/kiyononakamura

*カウンセリングのご予約は、電話にて承っております*
予約センター:06−6190−5131
       06−6190−5613
予約受付時間:12:00〜20:30
       月曜定休(祝日の場合は翌日代休)

cs_seinocyan at 05:43 

2017年07月26日

こんにちは

中村きよのです

カウンセリングサービスが運営しているブログ
【恋と仕事の心理学】火曜日の「うまくいくコミュニケーション」を
担当させていただいております

火曜日の「うまくいくコミュニケーション」は
4人のカウンセリングサービス所属カウンセラーが
それぞれの視点でうまくいくコミュニケーションを
ご案内いたしております

今回私が担当させていただいたブログ記事を
こちらのブログでもご紹介させていただきたいと思います

---

私たちが誰かとコミュニケーションをとる時
「どうやって話していこうかな・・・」
「話を盛り上げないと!その為に気合入れないと!!」
とどうしてもこれから会う人との話すことをしようという気持ちに意識が向きがちになってしまいます。

もちろんコミュニケーションの中で会話はその相手の考えていることや想いパーソナリティを知る為にとても重要な部分であります。

だからこそ私たちは『コミュニケーション=話すこと』というイメージをどうしても持ってしまうものです。

でも、コミュニケーションは話すこと以外にもたくさん存在しているのです。

それは『言葉以外のコミュニケーション』

この『言葉以外のコミュニケーション』とは言葉の通り会話以外でのコミュニケーションを指します。

その言葉以外のコミュニケーションとは大きく2つの種類があります。

それは

視覚的コミュニケーション
聴覚的コミュニケーション

となります

聴覚的コミュニケーションは言葉の通り『目で見る(視覚を使った)コミュニケーション』であり

目の前にいる人のパッと見た印象
服装
表情・仕草

等目に入る物から受ける印象を指します

そして聴覚的コミュニケーションは『耳で聞く(聴覚を使った)コミュニケーション』となり

声の質・テンポ・大きさ・速さ

等耳に入る物から受ける印象を指します

そして、それらの言葉以外のコミュニケーションは

コミュニケーション全体の93%

を占めるとも言われています。

逆に言葉のコミュニケーションは7%ということになります。

普段コミュニケーションが苦手だな・・・と感じられいてる多くのケースは『言葉のコミュケーション』の悩みがどちらかといえば多いかもしれません。

もし、今上手に喋れないな・・・と感じられいらっしゃる場合にオススメのコミュケーション方法は『聴く姿勢を持つ事』かなと私自身は考えております。

私たちは、会話の中で話を聴いてくれる人に対して印象を良く持つ事が多いかと思います。

だからこそ会話する目の前の人に対して
『あなたのお話しっかりと聴いていますよ』
という姿勢を見せる事も一つのコミュケーションの取り方です。

会話という物は『話す人』と『聴く人』がいなければ成立しません。

コミュケーションも視覚的な部分や聴覚的部分、そして言葉の部分のキャッチボールかあるからこそ成り立ちます。

今、コミュケーションがちょっぴり苦手だなと感じている方は、もしよろしければ会話の中で『聴いていますよ』という姿勢を意識してみてくださいね。

『聴いていますよ』
という姿勢のポイントとしましては
『相手が話している事に対して興味を持つ』事に意識を向ける事とも言えます。

その姿勢を持つ事で、話している相手も
『ちゃんと私の話聴いてくれるんだ』
と感覚的に感じ感じ安心感や親密感を感じやすくなりますよ。

しっかりと話さなきゃとコミュケーションに対してプレッシャーを感じられている方にとって、そのプレッシャーを乗り越えるための一つのヒントとなれば幸いです。


今日も
ご訪問いただけた事
心より感謝いたします

ありがとうございました



*twitter*
https://twitter.com/kiyononakamura

*カウンセリングのご予約は、電話にて承っております*
予約センター:06−6190−5131
       06−6190−5613
予約受付時間:12:00〜20:30
       月曜定休(祝日の場合は翌日代休)

cs_seinocyan at 05:43 

2017年06月28日

こんにちは

中村きよのです

カウンセリングサービスが運営しているブログ
【恋と仕事の心理学】火曜日の「うまくいくコミュニケーション」を
担当させていただいております

火曜日の「うまくいくコミュニケーション」は
4人のカウンセリングサービス所属カウンセラーが
それぞれの視点でうまくいくコミュニケーションを
ご案内いたしております

今回私が担当させていただいたブログ記事を
こちらのブログでもご紹介させていただきたいと思います

---

私たちは普段、家族やパートナー、友人、会社仲間等色々な人たちと日々コミュ
ニケーションを取っております。

色々とやりとりしている中で、意思の疎通がしっかりと取れている時は良いの
ですが、ふとした時に自分の思っている想いと違うように解釈されているな・・・
と感じてしまったり、
「なぜあの人は私の気持ちをわかってくれないんだろうか」
と少々怒りに近い感情を感じてしまったりする事を経験された方も、このブロ
グを読んでいらっしゃる中にはいらっしゃるかもしれません。

自分の気持ちをわかってもらえない時、私たちはとても悲しい気持ちになって
しまい、悲しさのあまり自分の気持ちをわかってもらえない相手に対し少々怒
りに似た感情を感じてしまいがちになってしまいます。

そしてこれは多かれ少なかれなのですが、自分の気持ちをわかって欲しいのに
わかってもらえないという辛い気持ちになってしまうタイプの方には特徴があ
ったりします。

特徴あるタイプの種類も色々と分けられるのですが、その中の一つを二あげて
みますと、これは私たちの素晴らしい所でもあると思うのですが『人の気持ちを
察する』事をとても大切にされていらっしゃる方にその想いで苦しんでいらっ
しゃる方が多いのではないかと、そう感じております。

これは私たちの誰もが陥りやすい心の罠でもあるのですが、どうしても

私があなたの気持ちを察する事が出来るように
あなたも私の気持ちを察する事ができるよね?

と、自分のできる事は相手もできるに違いないと感じてしまう事があるのです。

その想いを感じてしまうのは、とても普段から仲のよい間柄や、大切にしたいと
思っている人等、あなたにとって心の距離がとても近い人に対してそう感じて
しまう事が多いように思われます。

お互いに心の距離が近い間柄では阿吽の呼吸で分かり合える所というのは沢山
あるのですが、人はそれぞれ個性があるのと同じように、人の想いや考えをキャ
ッチしたり先取りして理解するという感覚も人それぞれ。

だからこそ、阿吽の呼吸の間柄でも時には自分の気持ちを言葉に表す事がとて
も大切となってきます。

「手伝ってくれたのがとても嬉しかったよ!ありがとう!!」

「連絡をもらえなかったら、とても悲しい気持ちなっちゃうの」

「バスの時間に間に合わないと困るので時間厳守でお願いします」

等、『〜されるとどういう気持ちになるか』というふうに

相手が行う行動とそれに伴う自分が感じる(想う)感情や想い

これをセットに相手に伝えると、相手にとってもあなたがどのような事をすれ
ばご機嫌になったり、悲しい想いをするのかがわかります。

そうする事であなたの大切に思っている人たちとより良いコミュニケーション
を取れるようになってきます。

大切なあの人と今よりもより深いコミュニケーションをとるための一つのヒン
トとなれば幸いです。



今日も
ご訪問いただけた事
心より感謝いたします

ありがとうございました



*twitter*
https://twitter.com/kiyononakamura

*カウンセリングのご予約は、電話にて承っております*
予約センター:06−6190−5131
       06−6190−5613
予約受付時間:12:00〜20:30
       月曜定休(祝日の場合は翌日代休)

cs_seinocyan at 05:43 

2017年05月31日

こんにちは

中村きよのです

5月30日より
カウンセリングサービスが運営しているブログ
【恋と仕事の心理学】火曜日の「うまくいくコミュニケーション」を
担当させていただく事になりました

火曜日の「うまくいくコミュニケーション」は
4人のカウンセリングサービス所属カウンセラーが
それぞれの視点でうまくいくコミュニケーションを
ご案内いたしております

今回より
私が担当させていただいたブログ記事を
こちらのブログでもご紹介させていただきたいと思います

---

4月から新入社員として会社に入ったり、お子さんが幼稚園や小学校等に進学
したり、気分一新しようと新しい環境に入り、色々とチャレンジされている方も
多いのではないでしょうか。

新しい環境やこれまでいていた環境の中で私たちは色々なコミュニケーション
をとりながら日々の生活を送っております。

その私たちの日々過ごす生活の中であるちょっとした一コマである挨拶、今回
はこの挨拶について少しお話しさせていただきたいと思います。

「おはよう」
「こんにちは」
「ありがとう」
「お疲れ様です」

挨拶には色々な種類があり、挨拶を行う事で色々な人とコミュニケーション
を図りながら私たちは日々の生活を送ります。

その中で、例えば朝の挨拶で
「おはよございます」
と声をかけるけれど他の人は挨拶を返してくれるのに、どうしてもあの人は
挨拶を返してくれない・・・と不安になってしまう場面を経験された方もい
らっしゃるかもしれません。

そして私たちの心の中で
“私何か悪い事しちゃったのかな・・・?”
“私あの人に嫌われちゃったのかな・・・?”
という想いが心の中でいっぱいになり、挨拶を返してもらえないあの人に挨拶
をするのを躊躇してしまう気持ちを持ってしまう事があります。

私たちがコミュニケーションを取る中で一番不安を感じる事は、相手に挨拶な
どの行動を送った時に、その挨拶に対しての反応(挨拶や会釈)がない場合、
いわゆる『無反応』という対応をされると不安になってしまいます。

もしかしたら挨拶をされた相手側で、とても体調が悪くて挨拶ができなかった
り、あなたの事以外で少々イライラしていてあなたの挨拶をする余裕が持てな
かったので挨拶できなかった・・・等、相手側にも色々な理由があったのかも
しれません。

でも、相手の心の中を私たちは知り得る事はないので
「何か私やったのかしら・・・」
と挨拶を返されなかった事に対して私たちは不安な気持ちでいっぱいになって
しまうのです。

そして、その不安な気持ちが大きくなればなるほど私たちはその不安な気持ち
を感じたくないという想いが強くなるので、その人への挨拶を止めてしまうよ
うになってしまうのです。

でもしかし、職場やグループで行動する時等、公な場でどうしても色々な人に
挨拶をする事が大切な場面に遭遇する事がある場合や、苦手なあの人にも挨拶
しないといけないというケースがやってくる時に、挨拶をすべきかどうかと悩
んでしまうかもしれません。

そういう時は
”私は◯◯さんに挨拶をしたいからする。“
と、挨拶というコミュニケーションの行動のゴールを
“◯◯さんから挨拶が返ってくるか返ってこない”
という風に、相手の反応が返ってくる所にコミュニケーションのゴールを設定
するのではなく
“自分があの人に挨拶をしたいと思ったから挨拶をした”
と自分がコミュニケーションをとりたくて挨拶をした所で挨拶のコミュニケー
ションのゴールを設定する事も時には大切となってきます。

そうする事で、たとえ相手が挨拶を返してくれなくとも
『私が挨拶をしたかったから挨拶をした』
と挨拶する行動のゴールを自分自身の行動したかった事に対して行った挨拶と
いう風にする事で、挨拶した後の反応(挨拶・会釈をしてくれた・挨拶に反応
してくれなかった)に対して感じる不安が軽減します。

挨拶をしても反応が無くて不安だな・・・と感じられた時の一つのヒントとな
れば幸いです。


今日も
ご訪問いただけた事
心より感謝いたします

ありがとうございました



*twitter*
https://twitter.com/kiyononakamura

*カウンセリングのご予約は、電話にて承っております*
予約センター:06−6190−5131
       06−6190−5613
予約受付時間:12:00〜20:30
       月曜定休(祝日の場合は翌日代休)

cs_seinocyan at 05:43 
■□カウンセリング予約状況□■
電話カウンセリング及び
大阪・東京にて面談カウンセリングを承っております。
2017年11月21日12時時点の予約状況

□■□面談カウンセリング□■□
<大阪面談カウンセリング>
11月
全ての予約可能枠にご予約いただいております
12月
ご予約受付中です

<東京面談カウンセリング>
11月
ご予約受付中です
12月
ご予約受付中です
1月
ご予約受付中です

□■□電話カウンセリング□■□
11月
前半:全ての予約可能枠にご予約いただいております
後半:予約可能枠が残り少なくなってきております
12月
前半:ご予約受付中です
後半:ご予約受付中です

予約状況につきましては変動ございますので、最新の予約状況につきましてはカウンセリング予約センターまでお問い合わせください。

カウンセリング予約センター
06−6190−5131
06−6190−5613
予約受付時間:12:00〜20:30
月曜定休(祝日の場合は翌日代休)
Profiles
中村きよののコラム集

☆皆さまへのご報告☆
2016年3月1日より担当地区が「東京地区」より「大阪・東京地区」へ変更となります
今後ともどうぞよろしくお願いいたします

2015年9月1日より中村季代乃から氏名変更し中村きよのとして活動させていただいております
今後ともどうぞよろしくお願いいたします
twitterでもつぶやいております
☆オススメな本☆
  • ライブドアブログ