2018年04月22日

【大阪感謝祭】ありがとうございました!

 
こんにちは。塩田です。


昨日は、カウンセリングサービスのイベント、大阪感謝祭へお越しくださいましてありがとうございました。


予想以上に沢山の方が足を運んでくださり、本当にいろんな方が普段からカウンセリングサービスを覗いてくださってるのだなぁと思いました。
感謝です。



それぞれに思いをもって、ドキドキ緊張したり不安をもちながら参加してくださった方も多いと思うのですが、一生懸命講演に耳を傾けたり…、話をしてくださったり…、いろんな姿に私も勇気をもらいました。



いつも思うのですが、こういう場に集まってくださる方て、とても温かいんですよね。
私自身デビューして初めての感謝祭だったのでとても緊張していたのですが、みなさんの笑顔にとても癒されました。 ありがとうございます。



電話でお話していた方とも実際にお会いすることができて嬉しかったです!
そして、ワンポイント相談会で勇気をもってお話してくださったみなさまもありがうこざいます。
短い時間でしたが、自分に向き合ってお話してくださってる姿に、それぞれの方のよさがでていましたよ。
初回無料電話カウンセリングも行っていますので、よかったらお話の続きもきかせてくださいね。



長丁場でしたが、クイズ大会や最後の公開カウンセリングまで本当にたくさんの方がお付き合いくだいました。笑いあり涙ありの公開カウンセリング、カウンセラー一同も集まって一緒にきいていたのですが、最後にみなさんの緊張が心なしか和らいでいるような気がして、私も嬉しかったです。



打ち上げにも沢山の方が参加してくださり、盛り上がりましたね。
それぞれに学んだことや聞いたことを日常でも実践してくださってるのだなぁ、素敵だなぁとお話ききながら思っておりました。
またお会いできるのを楽しみにしています。



言葉ではいいきれない感覚がいっぱいあるのですが。。

ほんとうに、ありがとうございました!









cs_shiota at 22:34|Permalink

2018年04月18日

ディズニー映画『シンデレラ』に学ぶ女性性

 
こんにちは、塩田です。
いつもありがとうございます。


あっという間に四月も半分過ぎてしまいました。(>_<) 早いです。



前回、40からの婚活では女性の方がリードした方が上手くいくのでは、という話を書いたのですが、その続きで、おススメしたい映画があるのです。



ディズニー映画の『シンデレラ』ですが、ご存じですか?
シンデレラは、有名な話なのでみなさん知ってますよね。
何年か前に、確か実写版の映画『シンデレラ』もやっていましたが、私が見て感動したのは古いアニメの映画『シンデレラ』です。(実写版はまだ見てません。。)
先ほど調べてみたら、1950年の映画だそうです。古いっ 



うちの子供が幼稚園の発表会でシンデレラのミュージカルをやることになった時、たまたまBSか何かでやっているのを見つけて見ることになったのですが…。
私的にはこれがすごく意外で、小さい頃自分が本の世界で読んでいた『シンデレラ』の世界とは全然違っていたのです。



もちろん、ストーリーは同じです。
でも、描かれていたシンデレラ本人のキャラクターが、とても明るくて、そして何より!とても前向きで積極的な女性として描かれていたのです。



確か私の記憶では、シンデレラって継母や義姉にいじめられて、『おしん』のような(知ってますかね…?(-_-;)悲劇のヒロインのイメージだった気がするのです。
どちらかというと、控え目で、おくゆかしくて…、というような。
でもですね。。裏切られました!いい意味で。



この映画のシンデレラは、もちろん継母にいじめられ下働きをさせられ可哀そうなのですが、とても前向きだし、夢みることを純粋に楽しんでて、周りの動物や生き物にもすごく優しくて、そして魔法がきれた後も素敵な経験ができたことを素直に感謝していたり。とにかく明るいのです。



そして一番びっくりしたのはラストです。

王子様の使いがガラスの靴をもってやってきた時、シンデレラが出てくるのを意地でも阻止しようとする継母の勢いに、負けることなく自分で知恵を働かせて脱出し、前に出ていくのです。
「わたしにためさせて下さい!」と自ら主張して。

そしてシンデレラがいよいよ靴をはこうと思った時、ガラスの靴が割れてしまうのですが…、すかさず自分からもう片方の靴を差し出します。
「そうがっかりなさらないで。私、もう片方もってます。」と、ニッコリ笑顔で。(笑)



むっちゃ自分でつかみにいってます!!
言葉わるいですが…(^_^;)、びっくりする位。 ほんとに。
全然控え目でも奥ゆかしくもないし、でも女の子らしくチャーミングなのです。



これを見た時、私が小さい頃読んでいた『シンデレラ』は、日本の風潮にあわせて伝えられてきたものなのかも…と思いました。(>_<)
女の子は控え目で男性のうしろを3歩ひいて…というような感覚があるところできくと、そういう部分が前面にでて伝えられてしまうのかもしれません。
もしかしたら、私の世界から見て…ということだったのかもしれませんが。。
それでも、ここまで大胆で自分を主張している女の子ではなかったような気します。



そう思うと、環境の影響てすごいです。
私達は、家族の中でいろんな経験をしますが、もっと広くいえば、自分がいる社会環境にどっぷり影響を受けているわけです。
小さい頃当たり前に目の前にあったものが、当たり前になって、普通になって。。



何がいいかはわかりません。(>_<)
でも、何が好きかは選べます!
何が好きか?どんな世界を選ぶか?は、自分で決められるんですよね。
もちろん今からでも、いくつからでも選べると思います。



この『シンデレラ』の映画は、シンデレラの明るく元気な女の子っぷりだけじゃなくて、夢と現実のバランスや、ものごとのとらえ方や、その他にもいろんなことを教えてくれるようなエッセンスがつまっていて、面白いです。
私も大好きな映画のひとつになりました。(小さい頃知っていたシンデレラはあまり好きではなかったけれど。



こんな大昔に書かれたお話に元気づけられるなんて。
ディズニーやっぱりすごいです。(^_-)
自分で幸せをつかみにいく!女の子素敵です。



もし、女性はこういうものだ…こうあるべきだよね…にしばられてるなぁと思ったら、違う世界にふれて、新しい感覚をいれてみるのもなかなか楽しいですよ。
私は男の子っぽいと思っている女子の方も、その感覚は今まであなたがいた世界からみて当たり前のように感じていたもので、実はただの思い込みかもしれません。見方を変えると女性のいいところとして使えるのかも。
そして本当はたくましい女子のみなさんにも、『シンデレラ』はおススメです。



どんなストーリーを自分の世界に入れてあげますか? 
自分の好きな世界を選んでみましょう☆



実写版『シンデレラ』も今度見てみようと思います。(^_-)
みなさんのおススメの映画があったら、教えてくださいね。





☆☆☆☆ 大阪感謝祭2018もうすぐです ☆☆☆☆
  
出入り自由のフリーパスで、気軽に参加いただけるカウンセリングサービスのイベントです!

https://www.counselingservice.jp/lecture/23131/






















cs_shiota at 10:45|Permalink

2018年04月14日

40からの婚活は女性がリードしよう

 
こんにちは。塩田です。

いつもありがとうございます。



最近、婚活のご相談をいただくことが多いですね。
30代から40、50代の方、最近では60代の婚活も多いとか。
お母さん友達でも、旦那とは婚活で知り合ったよ~という方います。(^_-)
昔だったら合コンというところも…、今は普通の出会いになりつつあるのでしょうね。



私の知人も、婚活していて今年再婚しました!
彼女のとても大変だった時期を知っているので、報告を聞いた時はとても嬉しかったです。 
いろんな事があっても、「私は一人で生きていけるタイプじゃないから~」と、明るく話してくれた彼女の素直さ&強さが素敵だなぁと思いました。



婚活で大切なことって何でしょう?
純粋に恋愛を楽しむというよりも一緒に生活する相手を見つけていくわけですから、一緒の時間を共有しながらコミュニケーションを重ねていくことだったり、お互い我慢せず言いたいことを言い合える関係性をつくっていくことだったり。もちろん、こういうことは大事です!



あと、いつも感じるのは、やっぱり女性がリードしていった方が上手くいくのでは?という素直な感想です。
特に40位の年齢になると、男性も女性もいろんな経験をしてきて、ある意味人生の酸いも甘いも知っている年ですよね。。



私自身も40を過ぎてから身にしみて感じるのですが、体力や身体の変化って本当に顕著です。
自分がもう若くなかったり、昔みたいに勢いだけで行ける年ではないよなぁ…と(笑)、あきらめとは違ってもどこかそういう感覚ってあったりします。物の見方やとらえ方が違ってくるんですよね。



だから、20代や30代半ば位までで結婚する、というのとはちょっと感覚が違うと思うんです。
結婚したいと頭では思っていても、自信がなかったり、どこかで諦めモードだったり。
仕事でも責任ある立場になって、いろいろ背負っていたり。中堅になったもののいろんな現実に疲れていたり。離婚経験があれば、また結婚するぞー!と胸はっては言いにくいですよね。
それぞれの事情があり、憧れと希望にみちた若い頃とは違ってきます。

特に、男性側はこれが顕著ではないでしょうか。元々結婚にふみきるのにプレッシャーがかかるのは男性の方が強いと思うので、それに輪をかけて大きな決断になると思うのです。



だから尚更!ここは女性がリードした方がいいと思いませんか?
肝心な所で男性に決めてもらいたい!気持ちはあったとしても(笑)、お互いの相性や気持ちが確認できているなら、そこは女性が積極的に男性をひっぱって事を進めていく方がスムーズにいくような気がします。



結婚というものにつきものの一般常識にとらわれず(まずは指輪を買いにいく、男性からプロポーズしてもらう、男性から積極的に家を探してもらう、男性が事をすすめる…、などなど)、女性から一緒に一緒に住もうと提案したり、彼をひっぱって家を見にいったり、プロポーズもどきだって女性からでも全然OKだと思います。
むしろその方が、結婚したいけど怖くてちょっと腰がひけてしまうような男性にとっては嬉しいのではないでしょうか。



私の周りには、男性からのプロポーズなしで(笑)結婚に至ったカップルが沢山います。
そして、みなさん結構いい姉さん女房です。
ちなみに、うちもプロポーズはありませんでした。(^_-)



それに、女性から既成事実?をつくって自然と家族になったカップルは、みんな結構仲がいいんですよね。
ラブラブという若い頃のような雰囲気ではなくても、言いたいこともいいながら、でもお互いに尊重し合って、いい距離のある関係を気づいている夫婦の方が多いような気がします。
強い憧れから入ってないので、相手に求めるものも少ないからなのか。それ相応の年で結婚してるので腹もすわってるというか。。(笑) 
あくまで傾向ですが。こういうパートナーシップも素敵だなぁと思わされます。



だから、婚活中の女性の方、特に40代の方や相手が40前後の男性であれば、女性から積極的にリードしていってほしいなと思います。
もちろん、ずっとというわけではなくて、きっかけをつくるような感じでね。怖がりの男性をサポートするという意味でもね。



そして男性の方も!一人で進めたりリードしていく自信がない時、助けてほしい時は、素直に女性に「助けてほしい」ことを伝えてみましょう。
女性って元々強い生き物ですが、年を重ねてきた女性は特に懐が深いんですよ。
素直に「一人じゃ無理だから助けてほしい」といえるだけで、無用な喧嘩は避けられるし、大切なものも失わなくてすみます!!
簡単なことですが、意外に男性の方は抵抗あって…、でもとても大事なことです。



やっぱり、お互いの立場の違いを理解して助け合っていけた方が、パートナーシップを組んで人生を進んでいく楽しさは増えます。
いざという時のパートナーシップ貯金にもなりますしね。(^_-)



そしてそのためにも、女性のみなさんは自分のいいところをきちんと認めてあげてくださいね。これすごく大事です。
上手くいかなかったり不安になると見失ってしまいがちですが…、特別なことでなくても自分のよさって必ずあるはずですから。
結婚生活も特別なものではないです。
だから、魅力も特別なものでなくてもいいんです。
さり気ない、あなたらしいところで。
それが、えいっと前に進む時に力になってくれます。



大丈夫です。
自分を見失いそうな時は、カウンセラーも使ってくださいね。(^_-)



☆☆☆☆ 大阪感謝祭2018もうすぐです ☆☆☆☆
  
出入り自由のフリーパスで、気軽に参加いただけるカウンセリングサービスのイベントです!

https://www.counselingservice.jp/lecture/23131/






cs_shiota at 15:08|Permalink

2018年04月11日

末っ子は劣等感からのスタート??


こんにちは。塩田です。

いつもありがとうございます。



先日、子供の春休みに従兄達の集まりで久しぶりに姉と会ったのですが。
たまたま子供の頃の話になりました。



姉が母と話していた時に、話の流れで私達の子供の頃の話になって、私(三人兄弟の末っ子です)はいつも「お姉ちゃんみたいに上手くできない…」と口癖のようにいっていた、らしいのです。
らしいというのは、私は全く覚えてないことだったからです。



よく昔の事をこと細かに覚えている方っていますが、私は逆で、良くも悪くも細かい出来事はすぐに忘れてしまう方です。(>_<)



ただ、幼稚園でも周りの子は上手くできるのに私はできないなぁ…と感じていたことは覚えていて、でも姉に対してそんなこと言ってたのか…と、ある意味新鮮な驚きでした。
姉から言われることで印象深い事はあっても、自分が姉に対してどう思っていたか?は完全にぬけてました。



そういえば、うちには今2人の男の子がいるのですが、下の子はお兄ちゃんの後追いが激しいです。
大人の私達から見れば、すごく器用で何でもこなしてて、お兄ちゃんより度胸もある!と思えるのですが。
当の本人は、お兄ちゃんにできることは自分にもできる…!お兄ちゃんにできて自分にはできないことはすごく悔しい…!と、とてもわかりやすく(笑)、表現しています。



赤ちゃんの頃から、大人の私達におもちゃをとられても全く怒らないのに、お兄ちゃんがとるとムキになって怒るんですよね。。
どうやら、大人は違う生き物で、子供は(年がはなれていても)自分と同類と感じてる?
だから、お兄ちゃんにできて自分にできないことは、意地でもやりたいし、できないとむっちゃ悔しい…。そんな図式があるように思えます。



年が離れているので、ましてやこの年齢でお兄ちゃんよりできないのは大人から見れば当たり前…なのですが、本人はそれがわからないんですよね。


ただ、自分にもできる…!と思いこんでいる分、本当にできてしまったりすることもあります。(笑)
とても高い塀の上から平気で飛び降りようとしたり…(^_^;)、大人が注意してないと危険なことも一杯あったりするのですが。。
それでも、目指す対象がある分、とても器用にいろんなことができるようになったりするようです。



でも、周りからの目線とは裏腹に、実は本人は劣等感を感じていたり、それをモチベーションに必死でやっていたり…(>_<)、そういう面もあるのかもしれないなぁ、と目の前で兄を追いかけるを息子をみながら、ふと思った話でした。



周りの子供達をみていても、やっぱり、末っ子は器用なんだけど、意外に繊細で必死で頑張っていて…という子が多いような気がします。
よい悪いということではなくて、あくまで傾向として。

もちろん、末っ子だからといってそれが絶対ではないし、環境や親の関わり方によっても変わってくるとは思いますが。。



そう思うと、一人っ子は比較する対象がないので、案外のびのびと自分らしさを自由に出せていたり、いい面もあるよねぇ…等など、何気ないことから話は広がりました。(^_-)



どちらが良くて悪くてという話ではなくて…、要はどういう立場でもいろんな見方ができるんですよね。



カウンセリングでお話を伺っていると、妹や弟は恵まれてて…うらやましい…!(>_<)と言われる方も多いです。
確かに…、そういう面もあると思います。



でも、弟や妹に限らず、兄や姉、そして他人に対しても、出来がよくてすごいなぁ…と思える人でも、案外劣等感を感じていたり…そんな側面もあるのかも?という見方で感じてみると、意外に心の距離を縮められるのかもしれません。卑下するということではなくてね。



自分とは立場も違うし、感じ方も経験も違うかもしれないけれど、それぞれにプラスとマイナスがあって。この人はこうだ…と勝手に決めてしまわず、いろんな見方をふやして理解していく=受け入れていく、というのも大きな癒しの一歩になります。



そして、もし私はそっちの方、劣等感をモチベーションに頑張ってしまってるわ…という方も、自分の劣等感を嫌わないであげてくださいね。(^_-)
それをダメなものとして扱わないで、そんな自分もしっかり受け止めてあげてください!!



嫌って切り離してしまうと上手くいかないことも、自分が受け止めてきちんと愛してあげると、その部分は劣等感ではなくて、人から愛される部分になったりするのですよ。周りからみるとすごくチャーミングだったりユーモアたっぷりだったり、あなたの魅力に変わっていくのです!



だから嫌わないで。まずは、何より自分自身が受け止めてあげてくださいね。



そんなこんなの兄弟(姉妹?)話。
みなさんはどんな体験をおもちですか?
自分は一番上だからこうだった…、下だけど違う感じ方してた…等など。。
また機会があればお聞かせくださいね。(^_-)




☆☆☆☆ 大阪感謝祭2018もうすぐです ☆☆☆☆
  
出入り自由のフリーパスで、気軽に参加いただけるカウンセリングサービスのイベントです。
私も参加します☆

https://www.counselingservice.jp/lecture/23131/






cs_shiota at 15:23|Permalink

2018年04月06日

【大阪感謝祭】ワンポイント相談会へのお誘い&私の得意なカウンセリング


こんにちは。塩田です。


いつもありがとうございます。m(__)m


大阪感謝祭が近づいてまいりました!
大阪感謝祭の魅力を連日カウンセラーによるリレーブログでお伝えしています。


昨日の 東条正貴カウンセラー につづいて、本日は私塩田がお届けいたします。


◇◆カウセリングサービス・大阪感謝祭2018◆◇

聞いて学べる講演!無料でカウンセリングをプチ体験! 

豪華景品があたるクイズ大会!など 盛りだくさん
コミコミ3240円で1日過ごせる超お得なイベント!
20180421OsakasaThanksgiving

カウンセラーや、心理カウンセリングを身近に感じていただける1日です。


・日時:2018/4/21(土) 10:00~19:40(*開場/受付9:30~)
・会場:江坂・サニーストンホテル 北館4F/5F(御堂筋線「江坂駅」7番出口すぐ) 

  ※まずは4F総合受付にお越しください。
・料金:3,240円
(出入り自由のフリーパス)


○大阪感謝祭の詳細は>>>こちら
○お申し込みは>>>こちら
○Facebook大阪感謝祭特設ページは>>>こちら



感謝祭では来て下さった皆さまに、いろんな角度からカウンセリングというものを楽しんでいただけるように、様々なイベントを設けています。


毎年好評をいただいているワンポイント相談会もそのひとつです。


参加するカウンセラーと1対1の対面でお話頂けるコーナーで、20分という短い時間ですが、実際の対面カウンセリングの雰囲気を体験していただけます。


普段電話カウンセリングをご利用いただいている皆さまにとっては、対面でお話するのはまた違った空気感を味わっていだたけるのではと思います。


初めてカウンセリングをご利用いただく皆さまにとっても、お一人最高3人のカウンセラーとお話いただくことができますので、カウンセリングをより身近に実感していただきやすいかな、と思います。


私もカウンセラーとして参加させていただいて、やはり電話でお話するのと対面でお話するのではお客さまから感じとるものがぐっと増えるなぁといつも思います。
声だけの対話でもその方の個性はでてくるのですが、実際にお会いするとやはり印象が変わることも多いです。親近感もわきますしね。


とはいえ、カウンセラー自身も緊張していますのでお気軽に!


同時に沢山のカウンセラーが集う機会も1年に一度ですので、ぜひ沢山のカウンセラーとふれあって活用していただけると嬉しいです☆



私塩田もワンポイント相談会に10枠待機しております。↓

①10:40-11:00
②11:00-11:20
③11:20-11:40
④11:40-12:00
⑩15:10-15:30
⑪15:30-15:50
⑫15:50-16:10
⑬16:10-16:30
⑭17:40-18:00
⑮18:00-18:20


小さい頃から人との距離感がわからず、これでもか…!という位、人との関係や恋愛で苦労してきたので、パートナーシップのご相談を受けることが多いです。


そして、女性としてどうやって生きていったらいいんだろう…?という思いをずっともちながら生きてきたので、女の人が女性として自分を愛して、自信をもって進んでいけるよう応援したいと思っています。
女性はある意味とても強くてたくましいと感じているので、それを女性らしい感性で発揮していけると、とてもいい影響力になって、周りを幸せにしていける力になる!と強く(笑)信じています。


もちろん、男性の方のご相談も大歓迎です。
カウンセリングを受けられるのはまだまだ女性が多いように思いますが、普段社会で頑張っておられる男性の方にも、心や感情をほぐしていく機会が普通にあるといいなと常々思っております。
子育てをしていて、女の子は優秀で男の子は天才で、という言葉を実感する日々ですので、ぜひ男性の方にもカウンセリングの世界を体験していただいて、より自分らしい天才性を発揮してほしいなと思っています。


他にも、経験豊富で個性豊かなカウンセラー達が沢山スタンバイしております。↓ ↓ ↓


○ワンポイント相談会待機【全体表】
https://www.counselingservice.jp/lecture/wp-content/uploads/2018/03/2018Osaka_onepoint_timeschedule.pdf

○ワンポイント相談会待機【カウンセラー別】
https://www.counselingservice.jp/lecture/wp-content/uploads/2018/03/2018Osaka_onepoint_counselor.pdf


私も初めてカウンセリングを受けた時は、死ぬほど緊張して(>_<)ドキドキしたのを覚えています。
それでも、カウンセリングサービスのカウンセラーは、みんな本当に気さくで優しい方ばかりです。
ぜひ初めての方にも、楽しんでいただければと思っています。


皆さまとお会いできるのを、カウンセラー一同楽しみにしております。


明日は、夏川けいこカウンセラー が感謝祭の魅力を語ってくれます!
お楽しみに☆



最後に!!これまでの感謝祭の記録を集めて、実際の感謝祭の雰囲気を感じていただける動画も届いています。
ぜひご覧くださいませ。^^ ↓ ↓ ↓


cs_shiota at 20:00|Permalink

2018年04月02日

身近な人を元気にする方法☆


こんにちは。塩田です。


いつもありがとうございます。



春ですね。新年度の始まりのシーズン。
入学したり新社会人になったり、新しい環境での生活がスタートする方も多いですよね。
私達世代も見守る側ですが、傍で一緒にいろんな感情を感じながら過ごしている方も多いのではないでしょうか。 



ちょうど一年前、我が家も子供達が同時に入園・入学を迎え、緊張とワクワクを感じながら過ごしていたのを思い出します。



上の息子は小学校に入学となったのですが、元々の真面目で几帳面な性格に加え、近所でよく遊んでいた年上の大好きなお兄ちゃんと同じ小学生になれる!と、憧れに強い気持ちをもって、小学生になるのをとてもとても楽しみにしていました。



ところが、新しい環境に入った息子は、身体や顔にヘルペスが出てきては消えを繰り返し、結膜炎やらとどひやら便秘やら、身体にいろんな症状がでてきて、大きな病気ではないとはいえ病院通いを繰り返す日々でした。。



下の名前で呼び合っていた開放的な幼稚園の雰囲気とは一転、先生もみんなを“さん”づけで呼ぶし、机に座って勉強することも増え、その単調な学校生活は、口にはしないものの、息子にとっては憧れていた感覚とは少し(いや大分?)違うように映っていたのでは…と感じていました。
大体入る前の憧れが強すぎるやろ~!とは、親の私の心の中のツッコミです。(^_^;)



それでも、身体にでてきているものは見てもらわないといけないし…、と又病院に行っていたある日、ある眼科の先生の対応がとても横柄で、久しぶりにカチンときました。 私の話ですよ。
「医者やのにそんなこというなんてっー!!」と口には出してないですが、オーラが出ていたと思います。(笑)



しかし、何もいえないまま診療室からでてきた私は、怒りが満タンで、その内、なんだか泣けてきてしまったのです。。悔しくて…?いや、何でしょう。多分、心配でどうしよう?と必死に動いていた不安やら何やら…、そんなものがごっちゃになっていた感覚でしょうか。



そしたらですね、、それを見ていた息子が急に変なテンションで「お母さん~~!見てや~~!」と、その場でふざけたように踊り始めたのです!



私は…、吹き出してしまいました!思わず。



また息子に助けられた!と思った瞬間です。



その時ふと気付いたのです。
多分、不安だったのは私以上に息子だったんだ、と。
なかなか治らないできもののことを毎日観察され、病院に行っては、血液検査しましょうと、大きな病院に連れて行かれ、その内違う病院にまで通うようになって。一緒にいく親の私達も、決して元気とはいえない顔をしていて。
それを見て、本人が自分を頼りなく感じていたとしても不思議ではないんですよね。。



でも、泣いている私を元気づけようと必死で踊っている息子は、間違いなく元気な時の息子くんでした!
顔にいっぱいぶつぶつをつけながら、むっちゃ明るいオーラをまとってニコニコ踊っていました。(>_<) 病院の待合室で!



今思い出しても、そのゾンビのようなチグハグな姿は笑えます。



そうなんですよね…。
息子クンのぶつぶつに振り回され、大切なことが見えなくなっていたのは私だったのです。
そして、顔にたくさんのできものができることよりも大切なのは、やっぱりその本人が自分に自信をもって過ごしているか?だったな、と。。



そして思い出したのです。
誰かを元気にしたい時、一番簡単にできるのは、その人に助けてもらうこと…だったなぁと。
子供は(いや大人だって!)誰かの役に立ちたい!という想いをもっているということ
むかーし教えてもらったなぁと。



みなさんの周りには、元気にしてあげたい人がいますか?



もし周りで元気ない人がいたら、もしくは元気にしてあげたいな……と思う人がいたら、大切なのはその人に助けさせてあげること=受け取ってあげること、みたいですよ。
自分が何とかしよう…とすることではなくて。



そして、お子さんがいらっしゃる方はぜひ子供に助けてもらってください!!
これ結構使えます。(^_-)
頑張ってるいいお母さん、いいお父さん、だけでなく、たまには子供にも甘えてみてくださいね。
きっと子供達は、いろんな思いで凝り固まった大人たちよりも、はるかに上手にやってくれると思います。そうやって、子供達からも受け取っていきましょう
何より!子供はそれが嬉しいはずですから。(^^)




ちなみに、息子はその後ぶつぶつの悪夢から解放されました。全く違った新しい環境も、彼なりに受け止め、馴染んできたようです。
一年経った今では、学校から帰って宿題をすませると、元気に友達と遊びにでかけています。
よかったよかった…。(^_-)



新しい春、始まりの春、楽しんでくださいね。




☆☆☆☆ 大阪感謝祭2018もうすぐです ☆☆☆☆
  
出入り自由のフリーパスで、気軽に参加いただけるカウンセリングサービスのイベントです!

https://www.counselingservice.jp/lecture/23131/








cs_shiota at 23:40|Permalink

2018年03月28日

大阪感謝祭もうすぐです☆&才能の見つけ方


こんにちは。塩田です。
いつもありがとうございます。



すっかり春の陽気ですね~。
近所に買い物帰りに通りかかった神社、桜が満開であまりにもきれい!でつい立ち寄って写真撮影してしまいました。
こんな風に、ふと立ち寄ってもらえる?(日本語あってますか?)桜の魅力ってすごいですよね。。



そういえば、つい先日ある方のお話をきいてきたのですが、私達の才能や魅力についてとても素敵なことをおっしゃっていました。
才能というと特別なものに感じてしまいますが、案外自分が普通にやってることや当たり前にしていることに才能はあるものだと。自分にとってはあまりにも普通になっているのでわからなかったりするんですよね。。
頑張って何かするのがすごいことのように感じてしまいがちですが、実は簡単にやれてしまえることの中にあなた本来の才能や魅力もあるのかもしれません。



周りの空気を察知してパッと明るい雰囲気で盛り上げてしまう人もいれば、いつも人と人の橋渡しをしているなぁ…とか。いつもじゃんけんで負ける人は実は人に譲ってあげるのが上手だったり。(これだって立派な才能です!)素っ頓狂な言葉に緊張がゆるむことだってあります。
自分は暗かったり話すのが上手くなくて…という方でも、いつも無理して明るく振舞っている人が一緒にいると落ち着くなぁと感じられるのです。一緒にいる人を本来のその人らしい場所にもどしてあげるセンターという才能なのですよ。



私達が自信がない時、自分をちっぽけに感じてしまう時って、大抵相手の良い所と自分の悪い所を比べてしまっていることが多いんですよね。相手の良い所と自分の良い所ではなくて、ですよ。基準が違いすぎます!!これでは自信をなくしてしまうのも仕方ないですよね。(>_<)



そんな時も、あなたの魅力を意識して探してみてくださいね。
そう、特別なところではなくて、あなたがさりげに、当たり前にやっていることです。
いつも自信がない…という人は、相手が上手に隠している自己嫌悪を理解してあげることも上手だったりします。



才能や魅力って、全然とんがってなくていいのです。
さりげなく隠れている、あなたらしさにもっと気づいてあげましょう!




そして…!大阪感謝祭2018まで一ヶ月きりました。
早いです。
私も参加させてもらうので、もうすでにドキドキしています。。
こんなにカウンセラーが一堂に集まることってなかなかないので、いろんなカウンセラーがいるのだなぁ…と、いろんな方に見に来ていただきたいです。(笑) カウンセラーにもすごく個性あります。



各カウンセラーのワンポイント相談会もスケジュールが公開されています。
私も新人として10枠ほどスタンバイさせてもらいますし、普段予約がとれないような人気のカウンセラーもスタンバイしています!
事前に一枠優先予約もできますので、ぜひこの機会にチェックしてみてくださいね。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓


○ワンポイント相談会
https://www.counselingservice.jp/lecture/23131/#onepoint



そういえば、感謝祭でも「私のいいとこどこですか?」と参加していただいた方の魅力をカウンセラーが直感でお答えするというコーナーもあるようです。 ぜひぜひ活用してみてくださいね。



みなさまとお会いできるのを、カウンセラー一同お待ちしています☆






cs_shiota at 23:09|Permalink