◆鈴木美穂

カウンセリングサービス所属カウンセラー。
すずき・みほ(女性カウンセラー)
東京地区担当

対人関係や男女関係を始め、家族や仕事、心の問題まで、どんなテーマにも寄り添うように根気強く取り組むカウンセラー。
「恋愛プロムナードの歩き方」「復縁プログラム」「上司・部下・同僚と良い関係を作る方法」「浮気の深層探索術」「男性浮気マニュアル読解法」「パートナー育成プロジェクト」「女語男語異話対訳」等を考案、提供を行っている。
20年以上の医療施設での勤務経験と3回の転職経験を持つ。
2013年3月 放送大学教養学部卒業。
柔らかい雰囲気で、うまく話を引き出してくれるため、自然と心を開く事ができ、「カウンセリングが楽しかった」との声も多数届く。
皆の幸せを何よりも願いながら、その実現のためのサポートを行っている。

「エキサイト・健康コネタ」にコラムを掲載 。
『今日を楽しく』『人間関係を良くするたったひとつの方法』

携帯サイト【運命の恋占い】にコラム「Happy Cafe〜愛と幸運の法則〜」を掲載。

「自分を見つめる」「自分と対話する」「心とつながる」カウンセリングとイメージワークを行っています。

カウンセリング実績 6000件以上

2016年9月30日 退会

>>>カウンセラーの一覧へ
>>>カウンセリングサービスのHPへ
>>>カウンセリングサービスって?

photo

ダリ展

昨日、ダリ展に行って来ました。

http://salvador-dali.jp/

先日、日曜美術館で紹介されていたので。

人は多かったけど、めちゃ混みというわけでも、ありませんでした。
午後に行ったのですが、待ち時間もなく、すぐ、入れました。

不思議な世界でした。やっぱり。
大胆な表現の中に、ものすこく、精緻に描かれている部分もあって、驚きました。

もう少し、知識があると、もっと、いろいろ理解できたんだろうなあ。

《素早く動いている静物》

確かに、すべてのものは、とっても、とっても、ミクロの世界では、浮いているんだよね。

その不思議さと、あの絵の不思議さは、一致する。
当たり前か・・・。

最近、現代美術をよく見ているせいか、インパクトは思ったより、強くありませんでしたが、おもしろかった。


帰りの六本木のイルミネーションはとっても、きれいでした。


        131214_2052261

      以前に撮った、六本木のイルミネーションですが・・・。
      これから、各地で、どんどんきれいになるね。






『言葉のGIFT』


【 
たくさんの ギフトを
  
  ありがとうございました。



皆様と関わらせていただいた日々は、私の人生の宝物です。

皆様の今日と明日と、そして、未来を応援しています。

                     
                     鈴木美穂

                Scan0009
                 イラスト  竹田亜由美


『言葉のGIFT』

【 疲れたら 
   
        積極的に 
   
            休もう!!



      
         DSC_0863
             おひるね なすさん
            

ホームページのTopics & Informationでお知らせしていますように、私は、9月末日をもちまして、カウンセリングサービスを退会いたします。

今後の電話カウンセリングは4回セットのお客様のみ、お受けいたします。
できるだけ、ご希望に沿った待機枠をご用意するようにいたしますが、未使用の場合は、返金させていただきます。
よろしくお願いいたします。


詳しくは予約センターまで、お問い合わせください。

【カウンセリング予約センター】 
電話番号: 06-6190-5131   06-6190-5613 
受付時間:12:00〜20:30 月曜・月1回日曜 定休(祝日の場合は翌日代休)


職場でのコミュニケーション(20)〜モラハラ、パワハラが辛いあなたへ〜

心理学アメーバブログで、恋と仕事の心理学火曜日の「うまくいくコミュニケーション」は、小倉健太郎カウンセラーと吉村ひろえカウンセラー、樋掛豪カウンセラーの4人で担当しています。

 モラハラ、パワハラを受けた時の対処法

 

      081788



モラル・ハラスメント、パワー・ハラスメントのハラスメントは、いやがらせと訳される事もありますが、精神的な暴力です。

職場で上司や同僚など、身近な人から、そのような行為を受ける事は、とても、辛い事だと思います。

常識的に考えると、そのような事は、あるはずの無い事です。
人の気持ちを考えなさい。
人の嫌がる事をしてはいけないと、学校教育の中で、ずっと、言われてきた
はずです。

けれど、そのような事をされてしまう事は、けっして、稀な事ではないようです。

職場の中で、自分だけ無視される。
些細な失敗で、どなられる。
仕事のやり方を頻繁に注意される。
どんなやり方をしても、非難される。
理不尽な事を言われる。

ひどい、と思っても、なかなか、本人には言えません。
辛い事を、誰にも、訴えられません。

まわりの人も、なぜか、見て見ぬふりなような気がします。

そして、毎日が憂鬱になり、何をやっても、楽しくなくなります。

仕事も、その人かまた、何か言うのではないか、攻撃されるのではないかと、びくびくしてしまうので、ミスが増え、さらに、攻撃される事になります。

恐れてはいけない、毅然とした態度をと言われても、暴力の前では、無理なのではないでしょうか。

殴られた時、相手に、恐怖を感じるのと同じです。
よっぽど、腕に自信が無い限り、向かって行く事はできません。

人は防衛本能があるので、自分を守るために恐怖を感じてしまうのです。
精神論では、どうにもなりません。

仲の良かった同僚にも、なかなか、打ち明けられません。
味方を作ればいいのではないかと言う意見がありますが、それもできづらくなります。

人は、自分を責める癖を持っているので、相手の事情での攻撃でも、暴力を振るわれるのは、自分が悪いからではないかと思ってしまいます。

ひどい目に合うのは、自分が原因、自分が悪いからと言い聞かされて、育って来たからかもしれません。

暴力を振るわれるほど、自分は悪い事をしている。
そんな行為を受けても、仕方がないほど、だめな人間なんだと感じるようになります。

誰かに助けを求める事は、自分は暴力を受けるほど、だめだという事を表明するようなものなので、言う事ができません。

また、こんなダメな自分を人は軽蔑するかもしれない、助けてなんかくれないかもしれないと心の奥で思ってしまうのです。

そして、「あなたが悪いんじゃないの」と言われる事が恐くなります。

そう言われてしまったら、居場所も生きる場所も失ってしまうように思えるからです。
真っ暗な闇に転落して行く気分になってしまうのかもしれません。

この精神的な暴力は、同じような立場で、同じように受けていない場合、理解できにくいという事があります。

「そんな事、気にしなければ、いいんじゃないの」
「そんな事、する人には見えないよ。たまたま、機嫌が悪かったんじゃない」

そういわれる事もあるかもしれません。
そうなると、誰にもわかってもらえす、孤立感を深めて行きます。

また、職場は利害関係の場でもあります。

みんなは我慢できているのかもしれない。
自分だけが大げさに考えているのかも。
もし、自分が何か言ったら、輪を乱したとして、みんなに嫌われてしまうかも。

仲が良かった同僚でさえ、どう思われるか、恐くて、何も、言えなくなります。
同じような環境にいる同僚も、信じられなくなります。

こんな事で、悩んで、辛いと言っている自分をみんなは嫌うのではないか。


精神的なものであっても、暴力を受け続けていると、心は壊れて行きます。
数回、ひどい責められ方をしても、また、同じような事があるのではないかと、心は怯えます。

まわりの人がなかなか助けられないのは、潜在的に、暴力を受ける事を恐がるからです。
それは、道徳の問題ではなく、生存を維持するために、自動的に気がつかないうちに、そうしてしまうのです。


モラハラ、パワハラによって、精神的に暴力を受けると、そうされる自分を責め、人に助けを求める事もできず、人を疑うようになり、孤立感を深め、追いつめられて行きます。

そうなると、日々は辛いだけになり、何の希望も持てなくなります。
感情も感じなくなります。
生きる意欲も無くなります。


それでも、生活のために仕事は辞められないのかもしれません。
仕事を辞めてしまったら、生きて行くことができない。

がんばり続けて、事態が好転すれば、その体験は、忍耐を養う事になるのかもしれません。

けれど、心が壊れてしまい、体も、そして、命さえも壊そうとしてしまったら、何もなりません。

命を壊してしまったというニュースを見るたびに心が痛みます。


私も、ずっと、以前ですが、会社でそのような体験をした事があります。

その時は、本当に辛くて、
「神様、私を連れて行って下さい。こんなに辛いのは、もう、嫌です」と祈りました。

私の心も壊れかけていたのかもしれません。
「生きるのがめんどくさい」と、よく言っていた事を思い出しました。

私は、上司に部署替えを申し出て、それを受け入れてもらい、心の平安を取り戻しました。


続きを読む

『言葉のGIFT』


【 
がんばる事は 
   
    力を入れる事ではなくて、
   
    集中する事 




がんばろうと思ったら、

深呼吸をして、力を抜いて、

ゆっくりと始めてみる。

動けるところから、動く。

できる事から、やる。


がんばろうと思うと、体も心も固まってしまう
あなたと 私へ



               bg_ine_t03


夫婦のコミュニケーション〜夫婦の危機に遭遇した時〜

ホームページのTopics & Informationでお知らせしていますように、私は、9月末日をもちまして、カウンセリングサービスを退会いたします。

恋と仕事の心理学・火曜日の「うまくいくコミュニケーション」において、私のコラムを
5年間、お読みいただき、ありがとうございました。

9月が最後の執筆になります。


心理学
アメーバブログで、恋と仕事の心理学火曜日の「うまくいくコミュニケーション」は、小倉健太郎カウンセラーと吉村ひろえカウンセラー、樋掛豪カウンセラーの4人で担当しています。

                                                          
                    ill_sudare_ho


「信じられない」
「裏切られた」
永久に変わらぬ愛を誓ったはずなのに・・・。

結婚生活の中では、そんな危機に遭遇してしまう事があります。

今回は妻の立場から、夫の浮気に、遭遇した時の対処法をお伝えします。

無意識からの浮気の心理学〜復縁プログラム〜

夫が浮気をしていた。
追求したら、逆切れして、手がつけられない。

もし、そんな事になってしまったら。

「許せない。もう、別れるに決まっている」
と決心できる場合は、ひとつの道を選択できたという事になります。
そんなひどい事をする人に未練を残す必要はありません。
新しい幸せを求めて、新しい道を歩いていくという事は勇気ある決断だと思います。

ただ、
一度は好きになった相手。
ずっと、一緒に生活して来た。
ひどいとは思うけれど、嫌いにはなれない。
やり直そうと言っている。
子どももいる。
新しい生活に不安もある。

という気持ちと、

でも、許せない。
ひどすぎる。
人として、どうよ。
また、やるんじゃないの。
私の事、もう、愛してないのかも。
もう、信用なんてできない。
なんで、平気でできるわけ。
うそつき。

という気持ちがぐるぐる回って、動けなくなる事があります。

許せない、でも、別れたくない、修復したい。でも、どうして、いいかわからない。
でも、でも、でも。
心の中がぐちゃぐちゃになり、ひどい事をした夫を責めてしまい、また、距離が開いてしまう。

真っ暗い世界にひとり取り残されたように感じてしまうかもしれません。

けれど、修復する事は不可能ではありません。
場合によっては、今までよりも良い関係になれる事もあります。
ただ、それには、コツがあります。

その方法を説明しますね。
続きを読む

『言葉のGIFT』


 【 
I am  I . 


 

   
     スズメノカタビラ


こんな英語の表現はないんだけれど・・・。



           IMG_0859


☆人間関係を良くする5つの方法
1、ほめる。

2、頼る。

3、感謝する

4、やってもらって、うれしかった事を感じて、伝える。

5、がんばっている事を認めて、伝える。
婚活応援プロジェクト
Categories
カウンセリングサービスの
ご案内

■カウンセリングのご案内…100名以上の心理カウンセラーがあなたのお電話お待ちしています。
無料カウンセリング
カウンセリングのメニューと料金
会場案内(カウンセリングルーム)
カウンセラー一覧(名前順)
カウンセラー一覧(地域別)
ご予約方法
カウンセリングとは?コラム編/理論編/マンガ編
カウンセリングの効果
体験談FAQ
カウンセリングの実際

■ワークショップのご案内…心理学をライブで学ぶ!心を癒す!カウンセラー達と会ってみる
心理学ワークショップ
カウンセラーズ・フェスタ
カウンセリングサービス感謝祭

■無料コンテンツ…読み応えたっぷり。心を知る/学ぶ/癒すためにご活用下さい。
心理学講座心理学ワークショップ
ご相談事例集無料相談コーナー
びっくり心理テスト〜あなたならどうする?〜
心のアンケート集
カウンセラーのコラム集
心理カウンセラー発!毎日が輝くハッピーライフの秘訣
心のエクササイズ集
40代からの心理学
カウンセリングサービス@携帯

■メールマガジン…自宅で職場で気軽に心に触れる/学ぶために
「カウンセラー発!すぐに役立つ心理学講座」
「心理カウンセラー発!毎日が輝くハッピーライフの秘訣」
「40代からの心理学」
「ミニミニ心理学 」(携帯版)
「心のエクササイズにTRY! 」
  • ライブドアブログ