2019年08月16日

8月17日土曜日より、来月9月のカウンセリング(面談・電話)のご予約が出来ます。

ご予約は下記お電話にて承っております。

🍀予約センター
06−6190−5131

🍀予約センター受付時間
12:00〜20:30 月曜定休(祝日の場合は火曜代休)

※8月東京出張面談カウンセリング追加分は満席となりました。ありがとうございました。(8/18追記)

cs_tada at 22:30 

2019年08月13日

8月は14日(水)、15日(木)、16日(金)、19日(月)、25日(日)、26日(月)は事務所予約センターはお休みをいただきます。

お電話は 06-6190-5131

〜ご予約は本日20時30分までとなっております〜

8月16日17日の面談カウンセリングの大阪のお席を1枠ずつ追加しました❣️

この期間にカウンセリングを受けたい方は、お早目のお電話をお勧めします🍀






cs_tada at 17:47 

2019年07月25日

8月度のカウンセリング(面談・電話)ご予約受付中です。

ご予約は下記お電話にて承っております。「多田カウンセラーで」とご指名くださいね。

🍀予約センター
06−6190−5131

🍀予約センター受付時間
12:00〜20:30 月曜定休(祝日の場合は火曜代休)

8月は"豊かさ"と"女性性"を受け取るのに完璧な月です!

お話できること、楽しみにしていますね。



cs_tada at 21:30 

2019年07月24日

今日ご紹介する罠は、《権威との葛藤》です。

《権威とは自分の外側にあるもの》
という概念と思い込みが、あらゆる問題を生じさせています。

無意識層の最も深いところでは、私たちの誰もが(権威者に見える人であっても)権威への恨みつらみや無力感を抱いています。

"神様は、上司は、お父さんは、大統領は、お医者さんは、、、
どうして◯◯してくれないの?"

※権威のシンボルは、その他、名声やお金、国家、支配者、などなど。好きに置き換えてくださいね。

女性が男尊女卑の被害を受けてきた場合には、
神さまやお上の部分を男性に置き換える場合もあります。

"男はちっとも分かってくれない"

権威者が嫌でどうしても好きになれないなら、それでいいのですよ。

でもボスを嫌うと、自分自身が憎むべきボスと同様のマインドを取り込んでしまうのです。
気付かぬうちに。

「自分のやり方で押し通すぞ」
「違うやり方なんか聴く必要がない」

と思っているマインド。
自分が神でありたいという考えです。

どれだけこの《罠》を手放せるかどうかで、私たちの運の良さ・恩恵・ミラクルの「受け取りやすさ」が違ってきます。

全ての問題とは、

『私がいかにお上から保護されていなかったか』

『私がいかに神や親から愛されていないか』

を証明しているものだからです。

力のある存在に頼れなかった被害者の時代が長いと、権威者のそばにいくことすら、どうしていいかわからなくなりますよね。

話しかけるのが怖くなったり、
成長しても自分自身がリーダーの位置に就くのが怖くなったり。

心理療法が効果的ですが、この罠から抜け出す日常的な方法は、お上とのコミュニケーションを辞めないことなんです。※リハビリとしてカウンセラーを使って頂くと、安全にクリアできます。

権威との親密感を取り戻すのです。

あなたの本質は「愛すべきヒーロー」であり、「闇を照らす明るいスター」なんです。

受け取れたら、あなたが助けたい人と分かち合うことが出来ます。

権威を信じて、懐に飛び込んでみること。

初めはスムーズにいかなくても、「見捨てられた」と決めつけないでくださいね。

運の良さは、"信頼の強さ"なんです。


cs_tada at 19:00心理学用語 

2019年07月15日

🔷7月17日水曜日より、来月8月のカウンセリング(面談・電話)のご予約が出来ます。

🔷今月のカウンセリング(面談・電話)のお席を追加しております。

ご予約は下記お電話にて承っております。

🍀予約センター
06−6190−5131

🍀予約センター受付時間
12:00〜20:30 月曜定休(祝日の場合は火曜代休)※7月15.16日はお休みです。



cs_tada at 16:40 

2019年07月14日

今日ご紹介する罠は、《痛みの取り込み(イントロジェクション)introjection》です。

ここでいう《痛み》とは、心の苦しみ、辛い気持ち、トラウマなどを指します。

私たちは、大切な人の痛みや苦しみを自分のものにすることで、相手を助けようとすることがあります。
《痛みの取り込み》は、小さい子供でも、やります。お父さんやお母さんの苦しみを取り込むことは、無意識のレベルでやっています。
 
自然に癒しの能力が高く、引き受けても大丈夫な人もいますが、自分の健康と意識をダウンさせることがあります。
《痛みの取り込み》もまた《犠牲》の一種です。
 
何が一番の問題かというと、痛みを取り込むことがその人のパターンになってしまうことです。

カウンセリング・セラピーの現場では、
「もうこれは私の"体質"みたい」と自覚なさっている方もいらっしゃいます。
 
あなたがもし浄水器や空気清浄機ような"体質"だとしたら、フィルターの掃除や交換をしておきましょう。

面談カウンセリングでセラピーを受けることはご自身のタイプを診断するのにも、引き受けた痛みを解放するのにも、とても有効な手段のひとつです。

人といると疲れやすい方や、ヒーラー体質の方、人の肌によく触れる仕事をしている方などは、《取り込み》をしていないかどうかチェックしてもいいかもしれませんね。


イメージしてみましょう
 
『家族、恋人、友人、職場の人、他の人から、どのくらい自分は痛みを引き受けているだろうか?』と聞いてみてください。

無意識でやっていることなので、ご自身の直感でかまいません。

そして、
「これは本来、私の仕事ではありません。神様の仕事です。」
「私はもう、神様の肩代わりをすることは、出来ません。」
「観音様、神様、仏様(対象のシンボルは誰でも構いません)にお渡しします。お願いします。」
 
と宣言してください。
 
そして、「痛みを取り込むパターンも、手放します。」と言ってください。
 
無意識で行われているものですから、頑張って手放すのではなく、
幼子がお願いごとをするかのように、シンプルにするのがポイントです。

ではまた

cs_tada at 17:30心理学用語 

2019年07月13日

8月の東京出張面談カウンセリングは満席となりました。
早速のご予約ありがとうございました!

今日、ご紹介するのは《浸りこみ》の罠です。

《自立》と《罪悪感》の罠と連動しています。人に迷惑をかけまいとして自分で自分の心の穴を埋めようとする、孤独な試みです。

何かにハマりこみ、一時的には気分がよくなるのですが、
本当には満足してないので、また"それ"をやる・・の繰り返しになります。

何かにどっぷりと浸りこんだ後に残るのは《罪悪感》です。
その罪悪感の埋め合わせをしたくなって、無意識的にすごくいい人を演じて《犠牲》をします。

そうすると、当然疲れて燃え尽きそうになってしまうので、さらなるカンフル剤でも打ち込むかのごとく、また"それ"に耽溺します。

この悪循環にハマると自分の中心を見失います。
感覚が麻痺してきますね。

この罠にハマるということは、実は未だに昔の誰かや何かをゆるしていないことを示しています。

運命や神様を恨まなければならないほどのひどい物語を持っているかもしれません。

失望感と絶望感と共に、強い無力感を内面で感じているかもしれません。

どうしようもなかった・・・という気持から、

"自分なんてちっぽけな存在だから、こんなことしか出来ないんだ・・"

というエゴの声が聞こえますが

これはまったくのデタラメであり、真実ではありません。

貴方の「偉大さ」を受け取る前に現れてくる大きな《罠》が、まさにこれなんです。




もしもこの罠にハマっているなと感じたら、別の選択をするときです

本当に価値のあることを自分自身に与えると決めましょう。

ご自身の生来の才能にも目を向けましょう。ひどい物語の裏には貴方にしか出来ないこと、生きがいがあるはずです。

「本当にしたいことのために、生きよう」という決意が罠から抜け出させてくれます。

本来のパワーと輝きに繋がれますように。
お手伝いをさせてくださいね。

cs_tada at 00:00心理学用語 

2019年07月12日

8月度の東京出張面談カウンセリングのご予約受付を開始しております

すべて満席となりました。ありがとうございましたm(_ _)m ※7月13日時点

7月大阪面談カウンセリングにはまだ空きがございます。


ご予約は下記お電話にて承っております

予約センター
06−6190−5131

予約センター受付時間
12:00〜20:30 月曜定休(祝日の場合は火曜代休)

7月15日と16日は予約センター定休日となります。ご注意くださいね



今日は《自立》の罠についてお話しします。

私たちの心には成長プロセスがあります。
依存から始まり、自立を迎え、限界を感じ、デッドゾーンを乗り越えられると、
男性性と女性性のバランスが整い、自分自身とのつながりが深まります。
このサイクルを、何度も何度も繰り返して成長していきます。

自立・依存・犠牲 という"心の3大役割"から何度も脱皮を繰り返し、真にパワフルに生きて行けるようになるわけです。

自立的な人は、いっけん魅力的に見えます。
でも自立も依存も、役割にすぎません。
一時的な状態であって、いずれも真実ではありません。

自立的な人は依存時代の心の傷を必ず隠し持っていますし
依存的すぎる人は、かつて散々自立してきた結果、今はそうなっているだけなのです。

自立の人はいつもクールに見えますが、実は意識下に、いろんな感情を隠しています。
いつの機会に超依存側になるかもわかりません。

自立の何が問題かというと、男性性ばかりが強化されてしまい、「受け取る」「ゆるむ」「感謝する」「深い感情を感じる」などの女性的な部分が枯渇してくるから。心の砂漠状態なんですね。


自立の最終段階デッドゾーンに入ったら、私たちは、自分のニーズ・依存心を改めて見直して、受け入れ始める必要があります。

自分に優しくする、人に頼る、情けない自分でもOKを出す、
自分に厳しくしない、自分にも慈悲深くする、実は困ってるのだからちゃんと助けを求めることにより

今までの人生の中で、かつてないレベルの愛と絆を感じられるようになります。
心身ともに若返るのです

自立を手放すということは、頑固な自分のやり方に気づいて、辞めることでもあります。

ハートが生き生きと回復し、一回り大きく成長しますよ


今日はあなたがまだ自立している分野を見てみましょう。

仕事、恋愛、性、子育て、家事などなど、、、
全部自力で間に合わせようとしていませんか?

行き詰まりを感じたら、勇気を持って、助けを求めてみてくださいね。

勇気が出ないときでもカウンセリングを試してみて下さい。

貴方の背中をポンと(バーンかもしれませんが笑)押させていただきます


それではまた

カウンセリングサービスの
ご案内

■カウンセリングのご案内…100名以上の心理カウンセラーがあなたのお電話お待ちしています。
無料カウンセリング
カウンセリングのメニューと料金
会場案内(カウンセリングルーム)
カウンセラー一覧(名前順)
カウンセラー一覧(地域別)
ご予約方法
カウンセリングとは?コラム編/理論編/マンガ編
カウンセリングの効果
体験談FAQ
カウンセリングの実際

■ワークショップのご案内…心理学をライブで学ぶ!心を癒す!カウンセラー達と会ってみる
心理学ワークショップ
カウンセラーズ・フェスタ
カウンセリングサービス感謝祭

■無料コンテンツ…読み応えたっぷり。心を知る/学ぶ/癒すためにご活用下さい。
心理学講座心理学ワークショップ
ご相談事例集無料相談コーナー
びっくり心理テスト〜あなたならどうする?〜
心のアンケート集
カウンセラーのコラム集
心理カウンセラー発!毎日が輝くハッピーライフの秘訣
心のエクササイズ集
40代からの心理学
カウンセリングサービス@携帯

■メールマガジン…自宅で職場で気軽に心に触れる/学ぶために
「カウンセラー発!すぐに役立つ心理学講座」
「心理カウンセラー発!毎日が輝くハッピーライフの秘訣」
「40代からの心理学」
「ミニミニ心理学 」(携帯版)
「心のエクササイズにTRY! 」
Archives
  • ライブドアブログ