地域から考える世界史プロジェクト

北海道から沖縄までの高校教員、研究者、市民から構成される歴史教育グループです。日本列島各地と世界を結ぶ歴史教育の構築のために、日夜取り組んでいます。

地域から考える世界史プロジェクト イメージ画像

更新情報

 当サイトでは,「地域から考える世界史プロジェクト」の基本情報や活動紹介・会員による論考等を公開しています。基本情報はこちらにまとめています。地域から考える世界史プロジェクトとは新規会員募集連絡先 なお,執筆者名を明示して公開している論考等については,必

【北海道】【青森】【秋田】【山形】松森昌「出羽国加茂村長五郎・権吉の漂流話」(中学生向け授業実践、2018年)【岩手】【宮城】【福島】☆関東地方はこちら☆中部地方はこちら☆近畿地方はこちら☆中国・四国地方はこちら☆九州・沖縄地方はこちら☆テーマ別教材サイトは

来る8月18,19日に「地域から考える世界史」プロジェクト等主催の下記の企画が開催されます。ぜひとも、ご参加くださいませ!ユネスコ世界遺産高校生会議 ―明治日本産業遺産から先人の志を学び、世界遺産の未来を考えるー ※チラシは以下からダウンロードできます。ユネスコ

【岡山】【広島】【鳥取】【島根】【山口】藤村泰夫「大内氏と東アジア」(2018年2月)【香川】【徳島】【愛媛】【高知】☆北海道・東北地方はこちら☆関東地方はこちら☆中部地方はこちら☆近畿地方はこちら☆九州・沖縄地方はこちら☆テーマ別教材サイトはこちら=====

【福岡】【佐賀】【長崎】【大分】【熊本】【宮崎】 【鹿児島】【沖縄】・琉球大学西洋史ゼミ(池上大祐研究室)共同研究「ドイツ商船R.J.ロベルトソン号漂着事件における「博愛美談」再発見―宮古島・日本・ドイツー」(2016年度)・琉球大学西洋史ゼミ(池上大祐研究室)

久しぶりの更新です。HP担当といいつつ、長期間何もできませんでした・・・。申し訳ございませんでした。さて、いよいよ今月末から来月初旬の間に、わたしたちの活動の集大成ともいうべき本がついに刊行されます!私も編集担当の末席に加えていただき、ささやかながら係わっ

シンポジウム「歴史教育の未来を拓ひらくⅡ」ご参考までに、本プロジェクト会員の先生方も多くご参加されている高大連携歴史教育研究会共催のシンポジウムについてご案内いたします。詳細は、上記PDFをご覧ください。*ブログ上でも、ワードファイル、エクセルファイル、

【この「会員の新刊紹介」のカテゴリーでは、会員の皆様のご著書を紹介いたします。皆様からの情報をお待ちしております。】岩下哲典先生より、秋田 茂・桃木至朗編著『グローバルヒストリーと戦争』をご紹介いただきましたので、掲載いたします。=============

2016年5月21日、大阪大学歴史教育研究会・第96回例会にて、代表の藤村泰夫先生がご登壇されます。以下、プログラムです。詳細は、以下のURLをご覧ください。https://sites.google.com/site/ourekikyo/reikai====================【大阪大学歴史教育研究

【この「会員の新刊紹介」のカテゴリーでは、会員の皆様のご著書を紹介いたします。皆様からの情報をお待ちしております。】HP担当の池上です。随分と、更新がとどこってしまっておりました。勝手ながら、わたくしが気づいた範囲内で、会員の新刊を紹介したいと思います。出

↑このページのトップヘ