地域から考える世界史プロジェクト

北海道から沖縄までの高校教員、研究者、市民から構成される歴史教育グループです。日本列島各地と世界を結ぶ歴史教育の構築のために、日夜取り組んでいます。

地域から考える世界史プロジェクト イメージ画像

2015年01月

【この「会員の新刊紹介」のカテゴリーでは、会員の皆様のご著書を紹介いたします。皆様からの情報をお待ちしております。】藤村泰夫会員より、ご紹介いただきました。藤川隆男、後藤敦史編『アニメで読む世界史2』山川出版社、2015年1月。アニメで読む世界史〈2〉 [単行本]

藤村泰夫会員より、プロジェクト関連企画の情報をいただきましたので、ご案内いたします。ふるってご参加くださいませ。(上記の画像はチラシです。)~~~~~~~~~~~~~~~~~市民セミナー「地域から考える大航海時代」in 山口日時:2015年2月14日(土) 10:30
『市民セミナー「地域から考える大航海時代」in 山口(2015年2月14日開催)』の画像

 本プロジェクトでは,新しい会員を教員に限らず各界から募集しております。お気軽にご連絡下さい。参加対象:会費:ありません。活動内容:普段は,google gloupのメーリングリストを用いて意見交換を重ねています。そのうえで,必要に応じて,個別の企画の運営に参加しま

 今日、日本の歴史教育は大きな岐路に立たされています。私たち「地域から考える世界史」プロジェクトは、2007年の石見銀山世界遺産登録を契機に結成された歴史教育グル-プです。グル-プは、北海道から沖縄までの高校教員、研究者、市民から構成され、日本列島各地と世界

問い合わせは以下の連絡先までお願いします。HP管理担当 池上大祐(琉球大学法文学部)dikegami[★]ll.u-ryukyu.ac.jp([★]を@に変えてください)代表 藤村泰夫(山口県立宇部西高等学校教諭)yasuowht-th1960331[★]hotmail.co.jp([★]を@に変えてください)

↑このページのトップヘ