2008年05月05日

新築アパート物件購入(その18)

ようやく借り換えが終了した。
結局、借り換えをしなかった方が得だったかもしれないが、これから金利が上昇するか否かはわからないので、5年後にしかわからないだろう。
変更前と変更後の違いを箇条書きにしてみた。























変更前 変更後
金利 2.8% 2.3%
抵当 アパート

マンション
アパートのみ
返済額 20.6万円 20万円



結論を述べると、借り換えのメリットはない。
ただ、ざぼんの場合、マンションの抵当を外してもらえる条件があったので、0.5%の金利差であっても借り換えをおこなった。
しかし、違約金・手数料等が結構かかったので特別の事情がないかぎりよく考えて借り換えを行うべきだろう。

csfi at 10:40|Permalinkclip!アパート経営 

2008年03月01日

新築アパート物件購入(その17)

現在、2つの銀行にアパートローンの借り換えをお願いしている。
資料を吟味し、物件を精査した上で結論が出ると思うが、2〜3週間かかるとのことなので、今週か来週あたりには何とかなるだろう。

まだ決まったわけではないが、ローンを申し込んで感じたことがある。
それは、

「人の言うことは当てにならない」

と言うことだ。
以前、不動産屋が、

「A銀行は地元に住んでいないとローンを組むことができません」

と言ったが、実際にはまったくそんなことはなく、銀行はどんどん借りてほしいとのことであった。

また、ホームページ等にアパートローン関連の説明がない場合でも、個別に融資を行う場合があるということもわかった。

結論として言えることは、人の言うことや書籍に書いてあることなどを鵜呑みにせず、まずは自分で行動することが大切であるということだ。

借り換えが決定したらまた報告したい。


2008年02月16日

新築アパート物件購入(その16)

現在、アパートローンは3年固定で2.8%である。
しかし、長期金利が1.4%程度になったことから各社、ローン金利を引き下げている。
先日、建設業者から、

「今、金利が安くなっていて、銀行によっては1.9%ですよ」

という話が出たものだから、早速銀行に電話し、借り換えができるか確認してみた。
すると、一生懸命がんばれば可能だとのこと。
どうも銀行は競争が激しく、客を取りたいらしい。おそらく3月決算の影響もあると思うので、がんばっているのだろう。

銀行に出かけていき面接を行ったが、やはり銀行側は借りてほしいようである。
借り換えは、銀行に手数料を支払わなければならないので、トータルで考えなければならないが、変動金利で借りている方は、固定金利に借り換えた方がお得のような気もする。

今は、夜遅くまで営業している銀行もあるので、電話してみてはいかがだろうか。


2008年01月01日

新築アパート物件購入(その15)

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

新しい年が始まったが、1月〜4月分の家賃は投資にまわさないで、すべて貯めておく予定である。理由は5月に支払う不動産取得税と固定資産税がかなりの金額になるからである。

本当はすべて投資にまわしたいのだが、こればかりは仕方がない。
まず払うべきものはしっかり支払い、残りを投資にまわしたい。
ローン支払いを滞らせたら信用をなくすので、嫌だけど支払い優先にする。

アパート経営は思ったほど貯まらないものである。

2007年11月05日

新築アパート物件購入(その14)

家賃が振り込まれた。
満室渡しであったので、約33万円入金であった。
そこからローン返済の分が引かれるのであるが、今回は最初の引き落としであるため25万円が引かれ、残りはわずか8万円である。

来月からは20万円ほどの引き落としとなるため、残りが13万円となる。
来年5月には不動産取得税、固定資産税が引かれるため、ある程度は貯めておかなければならないが、余った分は中国株の投資にまわす予定である。

いくら家賃が入ったからといって、遊興費等には使用しない。あくまでも資産を増やすのが目的である。

2007年10月14日

新築アパート物件購入(その13)

先日、アパートの最終契約を行った。
これでやっとすべての契約が終了した。
いやいや、長かった。
最初の契約から6ヶ月半も経過してしまった。
一番の原因はローンである。
現金が用意できれば6月ですべて終了していただろう。
やはり資金がないといろんな面で不都合が出てくる。

しかし、はじめてのアパート経営もようやく出発点に立った。
来月から入る家賃を貯めて繰り上げ返済をするか、新たにアパートを購入するか、これからの金利情勢を見て決めていきたい。

次回は家賃について書き込む予定である。(11月初旬を予定)

2007年10月01日

新築アパート物件購入(その12)

アパートが完成した。
物件も見に行ったが、何か内覧会に参加しているようで、自分のアパートという感じはしなかった。

今月の中旬には入居するということなので、家賃は今月から口座に振り込まれるとのこと。11月からだと思っていたので少し嬉しい。

来週頭金の残金を振り込み、再来週に管理業務の委託契約等を行う。
アパート経営はこれからだが、とりあえず手続きは再来週で終了である。


2007年09月24日

新築アパート物件購入(その11)

先日、オリックス信託銀行の担当者と会い、最終の契約を行った。

3年固定の2.8%

この条件で借りることができ、少しほっとしている。
アメリカのサブプライムローン問題がなければ、金利はほぼ確実に上昇していたのである。
やはり、アメリカが0.5%の金利引き下げを行ったのに、日本が金利を上げることは考えにくいと思ってはいたが、ふたを開けてみるまではヒヤヒヤだった。

アパートも10月初旬には完成するし、11月にははじめての家賃も入る。
これで、晴れてアパートオーナーになるわけだが、毎月振り込まれる家賃をどうするのか。
これがこれからの問題なのである。
アパート投資の成否の分かれ目が11月から始まる。

2007年08月26日

新築アパート物件購入(その10)

ずいぶん更新が滞ってしまった。
ですます調で書いていたが、書きにくいので変えてみる。

地鎮祭から1ヶ月ほど経過して現場を見学に行った。
上棟が終わると、そこからは早く進むと聞いていたが、まったくその通りで、
アパートらしくなっていた。

まだ階段は取り付けてなかったので、足場にかけてあるハシゴから2階に上る。
8月上旬で、気温は35度程度あっただろうか。拭いても拭いても汗が噴き出す。

ちょうどこの日は、シロアリ予防の薬品を塗布しているところであった。そんなに難しそうではなかったので、ざぼんにもできる気がした。まあ、見るとやるとでは大違いなのだろうが。

あと1ヶ月もすると完成なのだが、新築アパートの建築風景を見ることができないのは非常に残念である。

次回は9月に見学する予定である。

2007年07月28日

新築アパート物件購入(その9)

6月下旬に地鎮祭を行いました。

こういった神事は午前中に行うということで、10時半から執り行われました。
時間にして10分程度で終了。
実に速い地鎮祭でした。

工事の取りかかりは7月からとなっていて、現在進行中です。
1ヶ月ほどで上棟ということで、そろそろかなと思っていますが、仕事が忙しいのと、近所ではないということで、地鎮祭からまったく現場を見ていません。

来週あたり現場を見学してこようと思いますので、次回の更新は来週となります。


ボロ物件でも高利回り激安アパート経営ボロ物件でも高利回り激安アパート経営