2016年11月20日

らーめん優月 エスカレーラーメン

札幌にあるカレーライス&カレーラーメンで有名(?)な「らーめん優月(ゆづき)」へ行きました。

行ったのがお昼時だったのですが、駐車場がお店の横と奥にもあって、無事駐車できました。

お昼と言うことで、混んでいると思いましたが待つこともなく座れました。

もちろん、カレーラーメンを注文しました。

 正式名称は、「エスカレーラーメン」(エスニックテイストなアジアンカレーらーめん)です。

ライスを頼んで、残ったカレースープにライスをいれてたべる人が多いそうですが、今回はライスはパスしました。

10分も待たずにラーメンが来ました。

湯気が立ってなかったので、あれっと思いましたが、油がふたになっている場合もありますので食べるまではわかりません。

まずはスープを一口いただきました。

思いっきりぬるい!

湯気が立たないぐらいぬるい!

まあ、猫舌の人でもガンガンいける温度だと思います。

さて、温度はともあれ、スープカレーのようなスパイシーなカレースープで悪くありません。

麵は中太ちぢれ麵で、スープに麺がからんでいい感じです。

トッピングは、バラ肉を丸めたやわらかいチャーシュー、ネギ、メンマ、半玉、海苔です。

まあ、温度だけが残念でした。

今の時代当たり前の話ですが、禁煙だったのはうれしいですね。


DSC_1098sIMG_20161104_115618s











IMG_20161104_120216sエスカレーラーメン
850円










らーめん優月 (ゆづき)
 
TEL 011-741-9000
住所 北海道札幌市東区北12条東13丁目2-15 秀和ビル3
営業時間
[平日] 11:00〜15:00/17:00〜21:00
[土・日・祝] 11:00〜21:00
定休日 水曜日(祝日の場合は営業)
完全禁煙
駐車場 有(6台)

ブログはこちら




csh08ymatu at 10:00コメント(0)トラックバック(0)グルメラーメン 

2016年11月19日

ポルシェ・カイエンSのオイル交換しました。3回目

今回は3回目になります。

2回目に交換してから約1年、トリップメーター約25,000kmでのオイル交換です。

前回は約15,000kmで交換しているので、約10,000km走行したことになります。

オイル交換は、ポルシェセンターで行いました。

オイルレベルをディスプレーで確認することができるのですが、先日オイルレベルがminとなっていたので、添加剤を400cc程入れてみてどの程度オイルレベルが上がるか試してみました。

結果は、maxからminまでが4分割されているうちの1目盛り上がっただけでした。

やはり、minからmaxまでは1.5リットル以上はありそうです。

ちなみに、マニュアルには1〜2リットルと書かれているので間違いないでしょう。

今回は、オイル交換したあと駐車場から出るときに、エンジンフィーリングが実に滑らかになったと感じました。

一般道でもそうでしたが、高速道路ではさらにスムーズに軽く回るようになったことを実感しました。

加速フィーリングが、排気音が、超気持ちイイ!

やっぱり、もっとまめにオイル変えなきゃだめかなあと思いました。

でも、結構なお値段ですからねぇ、やっぱり年1回かなあ。


そういえば、ポルシェセンターには沢山の新車が展示されていました。

中古でしたが、走行距離2,500km程の911 turbo Sが、25,000,000円でありました。

ほしい!

見るだけでもいいので、一度行ってみては如何でしょうか。
 

エンジンオイル/フィルター交換工賃 11,664
SEALING LING  OIL FILTER  1,296
OIL-FILTER INSERT  4,266
SEALING RING    226
ENGINE OIL(SJ / 5W-50) 9.5L 28,690
合計 46,142




csh08ymatu at 22:16コメント(0)トラックバック(0)旭川市 

2016年11月13日

長沼町いわきの「黒字丼」

先日、念願叶って「赤字丼」を食べることができました。

今回は、「黒字丼」です。

赤字丼が海老天なのに対し、黒字丼はズワイガニ天です。

黒字丼は、1日15食限定なので開店してすぐに行かなければ売り切れになってしまう場合もあるようです。
この日は11時半過ぎに入店したところ、1階は満員で2階に案内されましたので、黒字丼はだめかなあと思いましたが、まだありますよとのことだったので、迷わず注文しました。

運ばれてきた黒字丼は、浅くて広い丼からはみ出る大きさで(まあ秋時丼の海老も海老がはみ出てますが)、一番上にはさみが乗っています。

まず、かにのはさみを取り、かぶりつき、残った甲羅の間の身をほじりだして食べました。

その他の足は、甲羅の近くのところの殻は外してあるので、そのままかぶりついて、細いところは食べませんというか、食べられませんね。

はさみと足で、片腹分でしょうか。

相変わらず、さくさくとしていてあぶらも軽くて、非常に美味しく頂きました。

殻の部分がありますので、食べられるのは見た目の半分ぐらいでしょうか。

赤字丼の方が食べ応えがありますね。

ということで、あと残るは白文丼です。

これも、近いうちに食べることができればいいなあと思っています。

今回は、三升漬けのみで塩辛はありませんでした。

今回、食後のコーヒーは、声を掛けると持ってきてくれました。


DSC_1114sDSC_1116s











IMG_20161111_113541sIMG_20161111_114406s









右:黒字丼 1,458円(税込み)

いわき

TEL 0123-88-0122
住所 北海道夕張郡長沼町中央南1-6-30
営業時間 11:00〜15:00
定休日 火曜・土曜・日曜
駐車場 なし(町立長沼病院の近所なので・・・)

 


csh08ymatu at 12:42コメント(0)トラックバック(0) 

2016年11月06日

ポルシェカイエンSの近況

旭川ではすっかり冬になっています。

夏タイヤからスタッドレスへの交換は既に終えていますが、 夏タイヤはもう寿命のようです。

夏タイヤはオプションの20インチにしているので、「ADVAN Sport V103H 275/45R20 110Y XL N0」を履いていています。

高速安定性やグリップも良く、ひび割れさえなければ良いタイヤだと思います。

カイエンSは、購入後約25,000km程の走行距離ですので、夏タイヤでの走行距離は15,000km位だと思います。

タイヤセンターの浅い溝はほぼなくなり、もう少しでスリップサインがでます。

この手のタイヤ寿命は、こんなものかなと思います。

来年は車検も来ますし、夏タイヤも新調する必要があり、出費を覚悟せねば。

次回は、ミシュランのNタイヤにしてみようかな。

さて、燃費とオイル消費のお話です。

平均燃費は、お出かけドライブモードで約9〜10km、通勤燃費で約3.5〜4kmぐらいでしょうか。

オイル消費は、150cc/1000kmぐらいかなあ。

オイルゲージが、10,000km走行でMaxからMinになりますので。


では、15,000km走行時のタイヤです。


P1080157sDSC_1100s









左:約5,000km走行時
右:約15,000km走行時




csh08ymatu at 15:49コメント(0)トラックバック(0)旭川市 

麺屋 くるる 忠和店 辛みそらーめん


ランチパスポートで知って、嵐山を過ぎた江丹別の食堂、「麺屋くるる」の支店が、いつのまにか忠和に開店していました。

2016年の4月に開店して、昼は麺屋くるるとしてラーメン店、夜は焼き肉店として営業しているようです。

実は、たまたま通りかかって、忠和店ができたことを知りました。

お米を使ったとろみのあるスープが忘れられず、思わず入ってしまいました。

注文はもちろん辛みそらーめん。

やっぱり、独特のとろみと適度な辛さで、美味しいと思います。

辛みそらーめんだけじゃなく、醤油も塩も食べたいと思います。



DSC_1085s お店の外観
もとは何屋だったんだろう










DSC_1086sメニュー











DSC_1088s辛みそらーめん
850円










麺屋くるる 忠和店

TEL 0166-67-2519
住所 北海道旭川市忠和5条6-9-17
営業時間 11:00〜15:00 17:00〜23:00(L.O.22:30)
定休日 火曜日
駐車場 5台


csh08ymatu at 01:51コメント(0)トラックバック(0) 

2016年11月04日

長沼町いわきの「赤字丼」

念願かなって、長沼町にある仕出し屋いわきの赤字丼を食べることができました。

いわきの営業は月・水・金のAM11:00〜PM3:00と、平日勤務サラリーマンからすると実にけしからん殿様営業です。

と言うわけで、私も平日勤務のサラリーマンな訳で 、なかなか食べる機会がありませんでした。

ところが、転職して担当の業務が、なななんと長沼町ではありませんか。

当然、現場踏査や打ち合わせが長沼町であります。

そんなわけで、仕事のために長沼町へ行った時に、とうとう初体験出来ました。

昼間で待つと満員になる可能性があるので、早飯をすることにして、いわきへ向かいました。

11時過ぎに入店すると、既に1階は満席で、2階へ案内されました。

注文は迷わず「赤字丼」です。

思ったより待ち時間はなく、運ばれてきた赤字丼は、やはり迫力があります。

サクサクにあがった大きなエビ天には、甘めながらあっさりめのタレが掛かっていて、足りない場合のためにタレが用意されています。

やっと食べることの出来た赤字丼ですが、食べ進めているうちに、大きな海老5本はさすがに飽きますね。

でも、最後まで美味しく頂きました。

そのうち、ズワイガニ天ぷらの黒字丼(15食限定)、焼き肉の白字丼も制覇したいと思います。

そういえば、三升漬けといかの塩辛も付いてきます。

それに、食後にはセルフのコーコーも頂けるので満足ですね。


DSC_1048sDSC_1049s











DSC_1050sDSC_1051s











DSC_1052s赤字丼
1,350円










いわき

TEL 0123-88-0122
住所 北海道夕張郡長沼町中央南1-6-30
営業時間 11:00〜15:00
定休日 火曜・土曜・日曜
駐車場 なし(町立長沼病院の近所なので・・・)




csh08ymatu at 08:00コメント(0)トラックバック(0)グルメ丼物 

2016年11月03日

幸福の黄色いカレーそば 「夕張カレーそば」 きそば吉野家

幸福の黄色いカレーそば「夕張カレーそば」を夕張市役所近くの「吉野家」で食べました。

先にレポートした技術士会の研修会でいただいたランチですね。

まず最初に、夕張カレーそばって夕張名物なの?っていう疑問がわきました。

 ネットで調べてもよくわかりませんが、幟に「夕張名物」って書いてあるのでそうなんでしょう。

さて、夕張カレーそばの定義も解りませんが、吉野家の場合は、かけそばの上にカレールーを乗せるのではなく、カレーそば用の柔らかめのカレールーを、そばつゆのように掛けています。

で、個人的には美味しいと思います。

カレーそばはこれじゃなきゃって思いました。

具材はしゃきしゃきタマネギと薄切り豚バラのみ、ぴりっと辛めのルーがなみなみとこぼれるほど注がれいます。

そば自体は、押し出し麺でしょうかね。

その他のそば屋さんでも夕張カレーそばがあるようなので、他のお店でも食べてみたいと思います。


DSC_1074s











DSC_1073s夕張カレーそば
750円










そば処 吉野家

TEL 0123-52-2448
住所 北海道夕張市本町4-54
定休日 毎週月曜日
駐車場 そのへんにどーぞ(笑




csh08ymatu at 14:15コメント(0)トラックバック(0)グルメうどん・そば 

平成28年度 日本技術士会北海道本部道北技術士委員会研修会

少し前になりますが、平成28年10月12日に「公益社団法人 日本技術士会北海道本部道北技術士委員会研修会」に参加しました。

色々事情はあるのでしょうか、名称が長すぎます。

さて、今回の研修会は、以下の3カ所でした。

1.夕張石炭博物館
バブル期には「ばりばり夕張」の愛称で栄えた夕張リゾートのテーマパークがあった場所です。
仮面ライダーブラックでもロケに使われていましたね。
私も子供が小さいときに行きました。
今回は、説明の方が同行して下さいました。
当時は、石炭博物館もかなり広範囲に入ることができましたが、現在は一部のみとなっていて、来年には見学できるところが増えるとのことでした。
じっくり見ると、当時の炭鉱の様子や、炭鉱夫は人間扱いされておらず、彼らの命より炭鉱の方が大雪にされていたことも感じられました。
地下1000mまで下るエレベーターもありますが、これはご愛敬ですね。
オープンしているのは夏だけなので、確認してからいた方が良いでしょう。

ホームページはこちら


2.ゆうばりキネマ街道
1990年に町おこしの一環で始まった「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」の一環で、かつて炭鉱で働く人のためにできて繁盛した本町商店街に、2000年から映画の絵看板を並べ「ゆうばりキネマ街道」と名付けられたそうです。
看板も老朽化していて、また、朽ちるに任せた家屋もあちこちに見られ、なんとも寂しい限りです。


3.夕張シューパロダム
大夕張ダムを飲み込んだシューパロダムは、北海道最大の重力式コンクリート多目的ダムです。
今回は、ダム堤体内部の管理廊にも入ることができました。
ダムの内部に入る機会はなかなかないので、興味深く見学できました。
満水試験時には、水圧の影響でダムの天端が2cmほど動いたとのことでした。
これは、ダムの変形によるものだそうです。
また、取水施設も維持管理やコストの面で有利な「連続サイホン式」というもので、機械的なゲートもなく、空気により通水制御を行うものだそうです。
実に単純な仕掛けで、よく考えたものだと思いました。

ホームページはこちら


4.三笠市立博物館
エゾミカサリュウをはじめアンモナイトなど、3,000点以上の化石が展示されていて、アンモナイトなどは触ることができます。
今回は、化石が大好きで三笠市に来たという学芸員さんの説明があり、ただ見て歩くだけでは知ることのできないようなお話もありました。
化石から、そんなことまでも解るんだととい驚きもありました。

ホームページはこちら


ランチは、夕張市役所近くの「きそば吉野家」で「夕張カレーそば」をいただきました。
これについては、また別途。



以下は写真ですが、説明は一部のみです。



1.夕張石炭博物館

P1120437sP1120439s









左:サリバン型エアーコンプレッサー 今のお金で2億円ぐらいしたそうです。
右:出炭1,000万トン記念炭塊

P1120441sP1120442s









左:このような木が石炭になったそうです。
右:最盛期の夕張

P1120444sP1120445s











P1120446sP1120447s



















P1120448sP1120449s











P1120450sP1120451s











P1120452sP1120453s









左:私が小学生低学年の頃は左のストーブでした

P1120454sP1120455s


















P1120455sP1120456s











P1120457sP1120458s











P1120459sP1120460s











P1120461sP1120463s









右:地下1,000mの坑内へ!(実は3階程度?)

P1120464sP1120465s











P1120466sP1120467s









左:リアルです。動き出してもいいぐらい。

P1120468sP1120469s











P1120470sP1120471s











P1120472sP1120474s











P1120475sP1120476s









右:炭鉱事故時の救助隊

P1120477sP1120478s









左:ガスブロア、ギアポンプなんですね。

P1120479sP1120480s











P1120481sP1120482s









右:石炭の大露頭、露天掘りができそう



2.ゆうばりキネマ街道

P1120485sP1120486s









左:ゆうばりホテルシューパロ、キネマ街道の端っこにあります


P1120487sP1120488s











P1120489sP1120490s











P1120491sP1120493s











P1120494sP1120495s









右:朽ちるにまかせた家屋

P1120496sP1120497s











P1120498sP1120499s



















P1120500sP1120501s











P1120502sP1120503s









左:バリバリゆうばりのマンホール

P1120504sP1120505s











P1120506sP1120508s











P1120509sP1120510s











P1120511sP1120512s











P1120513sP1120514s











P1120515s












3.夕張シューパロダム

P1120518sP1120520s









左:連続サイホン式取水施設の機械室が出っ張っていてダムとしては美しくない

P1120522sP1120523s











P1120524sP1120525s











P1120527sP1120528s









左:連続サイホン式取水の機械室の出っ張り
右:圧縮空気のパイプ配管

P1120529sP1120534s











P1120537sP1120539s











P1120540sP1120541s









右:晴れていれば夕張岳が見えるはずなのですが・・・

P1120542s











4.三笠市立博物館

P1120543sP1120544s











P1120545sP1120546s









右:触れるアンモナイトの大きな化石が沢山展示されていて圧巻

P1120547sP1120548s











P1120549sP1120551s









左:化石について楽しくお話しして下った学芸員、化石が好きでしょうがないのが伝わってきました
右:世界一大きなアンモナイトの化石の模型

P1120552sP1120553s









左:異常巻きアンモナイト、異常と言っても数学的に美しい形だそうです

P1120554sP1120555s









左:これ、欲しい!
右:非常に珍しいエビの化石

P1120556sP1120558s









左:エゾミカサリュウ、本物が展示されています
右:博物館の屋上にもいました




csh08ymatu at 11:58コメント(0)トラックバック(0)北海道技術士 

2016年10月28日

平成28年度 技術士二次試験 筆記試験合格者数と合格率

平成28年度技術士二次試験筆記試験合格率について、(株)新技術開発センターから以下のような発表がありました。
(※著作権等、問題があれば削除しますので、コメント又はメールでご一報下さい)

筆記試験に合格された方、おめでとうございます。
しかし、このあと、口頭試験を突破しなければならないため、口頭試験の準備を始めましょう。


平成28年度の技術士第二次試験の各部門ごとの筆記試験合格者数と合格率は下記のとおりでした。

機械部門 297人 28.4%
船舶・海洋部門 5人 5.5%
航空・宇宙部門 17人 34.7%
電気電子部門 220人 15.3%
化学部門 33人 25.4%
繊維部門 15人 31.9%
金属部門 36人 4.6%
資源工学部門 4人 26.7%
建設部門 1,944人 14.2%
上下水道部門 223人 14.9%
衛生工学部門 71人 11.1%
農業部門 133人 24.4%
森林部門 109人 32.0%
水産部門 27人 19.0%
経営工学部門 61人 33.7%
情報工学部門 70人 13.5%
応用理学部門 95人 17.1%
生物工学部門 26人 52.0%
環境部門 99人 18.0%
原子力・放射線部門 29人 29.3%
総合技術監理部門 513人 16.3%

全21部門合計では、4,027人の方が合格となりました。

筆記試験合格者数 4,061人→4,027人 ほぼ変化なし
総合技術監理部門 753人→513人 減少

総合技術監理部門の合格者数が少なく、他の20部門の合格者数が多くなっています。
また、選択科目では建設部門の道路が昨年度の合格者数236人に対し、本年度は458人とほぼ倍の合格者数となっています。


ちなみに、私は今年度は総合技術監理部門を受験し、筆記試験はなんとか合格することができました。
私も、面接に向けて準備を始めなくては・・・
 


csh08ymatu at 18:20コメント(0)トラックバック(0)資格技術士 

2016年10月21日

政和三頭山 ある意味幻のそば

そばで有名な幌加内町の政和三頭山行ってきました。

このお店の前を、何度も通っているのですがほとんど開いていないのと、やっているのかやっていないのかもよくわからないお店です。

また、入るのに勇気のいる店構えでもあります。

この日はたまたま通りかかると「本日臨時休業」も看板があるにも関わらず、2台止まっていて戸が開いていました。

とりあえずちょっと寄ってみようかと入ってゆくとやってました。

話を聞くと、手が痛いのでしばらく店を開けるつもりはなかったけど、バイクの人が店の前にずっといるので店を開けたそうです。

私が入ると、その後から2組ほどお客さんが入って来ました。

ここは注文を受けてからそばを打つので時間が掛かります。

そばの品種は、お店の外に看板があるように「ほろみのり」でしょうか。

そのそば粉をつなぎ無しの十割そばを手でこねて、機械で切るようです。

私もシンプルにもりそばを注文しました。

というより、それ以外は注文している人もいないのですけどね。

20分ほどしてそばが運ばれてきました。

そして、カボチャの天ぷらととサツマイモの天ぷらがあとで出てきました。

もちろん、サービスです。

薬味はネギとおろしたての山わさびで、山わさびは少しとってそばに直接のせていただくと、辛みがツンときて何とも良い感じです。

そばの味は、超有名店のそれには敵わないと思いますが、このお店で食べられたことに価値があると思います。

まあ、普通の古い家で、蜘蛛の巣は張ってるは、訳のわからないものはあるはで、それに耐えられない方は行くのをあきらめましょう。

ある意味、「幻のそば」です。


DSC_1050sお店が開いていて実にラッキーでした。
粘り強く待ったライダーに感謝です。










DSC_1051sもりそば
550円!










政和三頭山
TEL 0165-37-2464
住所 北海道幌加内町政和
営業時間 5〜10月の8:00〜15:00
定休日 不定休
駐車場 場所が場所だけにどこでもご自由に






























csh08ymatu at 01:09コメント(0)トラックバック(0)グルメうどん・そば 
ブログ内検索
Archives
プロフィール
 山好き、バイク好き、スイーツ大好きの、ふつーのおぢさんです。
 山登りは自宅から日帰りできる山を守備範囲としてますが、知床連山登山道の維持管理をしたこともあります。
 16歳で二輪の免許を取ってから今までバイクに乗り続け、今はBMW K1300Sに載っています。
 仕事は土木設計業務をメインに行っています。
Recent Comments
photoback
related groups
QRコード
QRコード
Ninja
なかのひと
  • ライブドアブログ