2017年11月26日

平成29年度 日本技術士会北海道本部道北技術士委員会研修会

少し前になりますが、平成29年10月13日に「公益社団法人 日本技術士会北海道本部道北技術士委員会研修会」に参加しました。

今回の研修は、次の3カ所でした。

1.旭川ガス永山工場
旭川の都市ガスは、CO2排出の少ない液化天然ガス(LNG)が使用されています。
なかなか個人では見学することもない施設ですが、ローリーで運ばれてきた液化天然ガスは、一旦円柱形のタンクに貯蔵され、空気による熱交換機とお湯による熱交換機を通って液体から気体にされていました。
空気による熱交換機の周りは、さながらゲームの世界のように霧が発生して地面が見えなくなったりしていました。
球形のガスタンクにガスが貯められて、それが供給されていると思っていましたが、あの球形のタンクは、非常時に使うための物であって、常時はリアルタイムで液体から気体にしているそうです。
数カ国のLNGを使用しているため、熱量調整にプロパンガスを混ぜているそうです。
ちなみに、お土産もありオリジナルの写真の入ったタンブラーを頂きました。


2.士別市 世界のめん羊館
黒い顔のめん羊で有名なサフォーク羊の飼育されている士別市にある、世界のめん羊館では、品評会で日本一になった羊がいました。
羊といっても、色々な国の色々な種類が飼育されています。
羊を見たあと、ジンギスカンを食べるのはどうかなとも思いましたが、皆さんは気にもせず、おいしいおいしいと食べていました。


3.サンルダム建設現場
サクラマス等の自然保護問題が叫ばれ、約7kmの魚道を造ったサンルダムです。
サンルダムは、「台形CSGダム」という工場で作られたコンクリート板をダムの表面に型枠として施工し、この中にセメントを低配合した砂礫を施工するという、工期短縮とコストダウンが可能な工法が採用されています。
施工中のダムの見学は、なかなか見学する機会がないので、非常に良い経験になりました。


以下は、見学した施設の写真です。


P1130417s大型バスで出発。
結構ゆったり乗れました。










1.旭川ガス永山工場

P1130418sまず、事務所で都市ガスについて
講義を受けました。
「へー、そうだったのか」という
ことも多々ありました。






P1130421sP1130422s









LNGのローリーが荷下ろしのため待機していました。

P1130423s施設のほとんどは、このコントロールルームで
制御されています。









P1130426s気温を利用した熱交換機










P1130427s温水を利用した熱交換機










P1130429sP1130432s









非常時用のガスタンク。近くで見るとでかい。

P1130437s気温を利用した熱交換機から発生した霧。
ゲームの世界みたい。










2.士別市 世界のめん羊館

P1130440s世界のめん羊館入り口










P1130443sP1130446s









このような感じで、色々な国の色々な羊が展示されています。

P1130450sそして、昼食はジンギスカン。










P1130451s羊の放牧は終わっていました。











3.サンルダム建設現場

P1130456s展望塔があります。


















P1130453s展望塔から眺めたダム全体の風景。










P1130457sP1130459s










P1130461sP1130464s









右:魚道

P1130465sP1130466s











P1130467sP1130470s











P1130476sP1130477s









魚道上流端の施設

P1130478s魚道側面に設けられた観察窓













csh08ymatu at 08:00コメント(0)北海道技術士 

2017年11月25日

スープカレー専門店 奥芝商店 旭川亭

「スープカレー専門店 奥芝商店 旭川亭」へ行ってきました。

奥芝商店は札幌に本店のあるチェーン店で、道内だけでなく東京にもあるようです。

ランチタイムに何度か訪れたのですが、いつも満員で1時間待ちなんて具合で、スープカレーを頂くことができませんでした。

今回は、ディナータイムに行ったところ、空いていてすんなり入ることができ、2階に案内されました。

旭川亭は、古い民家を改造して店舗にしているため、階段も急で床もぎしぎししてます。

入り口にある水槽には、ウーパールーパーがいました。

店内も家の造りだけじゃなくディスプレイされている物も昭和の匂いがぷんぷんしています。

昭和の人間にとっては、子供の頃はこんな物があったなあといった感じですが、若い方にはレトロ感満載じゃないでしょうか。

席についてメニューを見て注文を決めてから、カウベルで店員さんを呼びます。

注文の仕方は、ベースになるカレーを決めて、スープ(チキンまたは海老)、トッピング1点、辛さ(1〜12)、ライスの量を決めます。

このお店は初めてだったので、メニューの一番上にある「旭川市の燻製ハンバーグのカリー」をベースに、チキンスープ、長いもの素揚げ、5辛、ライスの量は普通に決めました。

スープは少々ぬるかったですがスパイシーでこくがあり、なかなかおいしいと思います。

ハンバーグは、本当に燻製の香りがして、タマネギとトマトなのか、なんだか良くわからないペースト状のソースがのっています。

野菜もたくさんはいっていてボリュームがあり、食べ応えもありました。

辛いのが好きな方は、5辛では少し物足りないかも知れませんが、私的にはちょうど良いかなと思いました。

次回は、とろうまチャーシューあたりを食べたいなと思います。



DSC_2047s店舗入り口










IMG_20171121_191710s2階の店内










DSC_2048sDSC_2049s

















メニュー

DSC_2051s旭川市の燻製ハンバーグのカリー
1,450円










奥芝商店 旭川亭
TEL 0166-51-1100
予約可
住所 北海道旭川市旭町1条13-2146-14

営業時間
ランチ:11:00〜16:00(LO15:00)
ディナー:17:00〜22:00(LO21:00)
不定休
駐車場 約10台(店から離れてます)




csh08ymatu at 08:00コメント(0)グルメカレー 

2017年11月23日

石垣島へ行ってきました

2017年11月9日から11日と石垣島へ行ってきました。

目的は、石垣島の農業用水及び上水道の水利事情の講義と、ダム等の現地研修会です。

北海道だと、管轄が国の場合「北海道開発局」となるのですが、石垣島では「内閣府」です。
なんだか、不思議な感じがしますね。

観光目的ではないため、あまり自由時間はなかったのですが、最終日に飛行機の時間までに、定期観光バスに乗りました。

ただ、残念なことに天候に恵まれず雨の中での観光となりました。

沖縄本土より台湾の方が近い石垣島は、やはり遠かったですね。
千歳から石垣島まで乗替え含めて6時間以上かかりました。

亜寒帯から亜熱帯への移動なので気温差も20度以上、時差も日没時刻を考えると感覚的には1時間ぐらいあるような気がします。

まあ、台湾との時差が1時間なので当たり前かな。



DSC_1616s出発の飛行機が朝早かったので
千歳空港内にあるエアターミナルホテルに
前泊しました。
部屋のTVには、飛行機の運航状況が表示
されます。






DSC_1617s部屋の窓からは、飛行場が見えます。










DSC_1619sホテルに宿泊すると、千歳空港温泉に
何度でも入ることができます。
空港内を歩いて行くのですが、夜になって
人がいない空港内を歩くことができます。
ただし、23時以降は空港は閉まりますので、
遅く行ってゆっくり温泉に浸かっていると
戻れなくなってしまいます。





【1日目(11/9)】

DSC_1622sDSC_1623s

















羽田で乗り換えのため、しばらく時間があったので空弁を食べることにしました。
まい泉のヒレカツサンド。うまかった。

DSC_1625s雪をかぶった富士山が見えました。










DSC_1635sDSC_1639s









石垣島が見えてきました。

DSC_1641sDSC_1642s









石垣島に着いたー!
気温は、北海道人にとってはほぼ真夏の27度!

DSC_1645sホテルの窓からの眺め。
建物が沖縄独特の感じがしますね。









DSC_1648sDSC_1650s









しばし市内を散策。
公設市場も行きましたが、魚屋より肉屋の方が多いです。

DSC_1652s自動販売機のラインナップも
沖縄ならでわ。
とりあえず、琉球コーラを購入。








DSC_1653s稚内から2,820km。
日本って広いわ。
一日で来れるけど。















DSC_1656sDSC_1663s









沖縄と言えば、これでしょ。

DSC_1665sDSC_1666s









ブルーシールアイスとゲンキクール。
ゲンキクールは、石垣島で作られています。
北海道で言えば、カツゲンですね。


北海道からの移動と夜の懇親会で一日目は終了。


【2日目(11/10)】

さて今日は、今回の目的の石垣島のダムについての研修と現地見学です。
でも、天候が良くなくて、少し心配。


DSC_1668s日中の水分補給はさんぴん茶。
ジャスミンティーです。

















DSC_1670sDSC_1672s









バンナ公園から、の展望。このあと、小雨が土砂降りに成りました。

DSC_1677sヤシガニがいました。
こんな所にもヤシガニがいるのかと
驚きましたが、実はペットだそうです。
飼い主の方の話によると、
野生のヤシガニは、ほぼ見ることはない
らしいです。





DSC_1679sDSC_1682s









最初は「名蔵ダム」。

DSC_1684s石垣島のダムカードは貴重です。










DSC_1687sDSC_1689s









次は「底原ダム」。
石垣島のダムは、島という地形条件のため奥行きがなくダムの幅が広い
のが特徴です。

ここでも、当然ダムカードは入手しました。

DSC_1697s昼食は「和風ダイニングみふね」で
いただきました。
おみやげコーナーにあった
世界最大のアンガマ面。







DSC_1699sDSC_1700s









少し天候が回復したので、バスが海岸へ寄ってくれました。

DSC_1703s海岸は、珊瑚でできていました。











DSC_1705sダムの研修も終わり、次は竹富島見学へ。
電気、水等は石垣島から海底ケーブルで
供給されているそうです。








DSC_1711s星の砂がとれるカイジ浜。










DSC_1707sDSC_1710s









星の砂が簡単に見つかります。

DSC_1716sガシュマルの木。











DSC_1718s年間300日、海水浴ができるという
コンドイ海岸。









DSC_1719s南国の海の色。キレイだ!










DSC_1736s水牛車に乗って、
ちょっとだけ島巡り。
貸し電動自転車もありました。








DSC_1724s島の建物は、平屋、赤瓦、石垣、
家の周りには海岸の砂を敷くの
4つを守る必要があるそうです。








DSC_1725s島唯一のコンビニ(?)










DSC_1728sバナナがなっていました。










DSC_1732sメインストリート?










DSC_1735s島唯一の2階建て。
例外だそうです。










竹富島では、何とか天候も回復して綺麗な景色が堪能できました。

石垣島に帰って、この夜は自由行動だったので、同行したメンバーと
居酒屋で懇親会。

地元の居酒屋は、ほとんどが満員御礼で多人数では入れず、やむなく本州企業のチェー店の居酒屋で我慢しました。
でも、飲み物はオリオンビールと泡盛で乾杯で決めました。

DSC_1740s沖縄に来たら、ここは外せません。










DSC_1741s酔い覚ましにルートビアフロート。
嫌いな人もいるけど、私は好きだなあ。

















DSC_1742sホテルまで散歩がてらの帰り道、
沖縄津ぽい風景に感じました。









【3日目(11/11)】

3日目は、石垣島観光です。
昨日も観光だろって突っ込みはなしでお願いします。
しっかり研修してましたから。

観光は、定期観光バスに乗りました。
しかし、残念ながら一日雨降りでした。

DSC_1745sDSC_1746s









唐人墓。色鮮やかなのは、焼き物だったんです。

DSC_1747s唐人墓からの眺め。
天候が良ければキレイなんだろうな。
ちょうど、豪華客船が通り過ぎていきました。








DSC_1749s川平湾でグラスボートに乗りました。










DSC_1753s生憎の天候で、海水も濁っていて
あまり綺麗には見えませんでした。









DSC_1765s観光コースに琉球真珠株式会社も入っていました。










DSC_1766sDSC_1768s









琉球真珠の裏の海岸。天候が良ければ・・・

DSC_1775s大きいシーサーのある米子焼工房。










DSC_1779s米原にあるヤエヤマヤシ群落。
椰子の実がないなあと思っていたら・・・
















DSC_1782s板の隙間にある種が椰子の実でした。
1cmないぐらい。
イメージする大きな椰子の実を付ける
椰子の木の方が少ないようです。






石垣島観光もおわり、空港へ。

石垣島特産のパイナップルを食べるのを忘れたので、空港のファーストフードコーナーで生のパイナップルば入ったジェラートを食べました。

そして、グラスボートで見れなかったカクレクマノミを見ることができました。

DSC_1792s展示水槽で見るのが一番綺麗かも。










慌ただしい研修旅行でしたが、沖縄では、特に島で農業を行うためには、用水確保の多大なる努力が必要であること、そして維持管理も大変であることがわかりました。

また、農業の水利用の変化や上水道の使用量の増大に対しても、今ある施設を柔軟に利用することで対応して欲との難しさに触れることができました。

研修旅行を計画して下っさった関係団体の皆様、そして、講義と現地見学に同行していただいた方々にもお礼申し上げます。

今度は、プライベートの観光目的で行きたいと思います。




csh08ymatu at 16:39コメント(0)技術士その他 

2017年10月31日

平成29年度 技術士二次試験 筆記試験合格者数

平成29年度技術士第二次試験合格者が日本技術士会から発表がありました。

筆記試験に合格された方、おめでとうございます。
しかし、このあと、口頭試験を突破しなければならないため、口頭試験の準備を始めましょう。

平成29年度の技術士第二次試験の各部門ごとの筆記試験合格者数は下記のとおりでした。

機械部門  316人(筆記合格者数)以下同
船舶・海洋部門 6人
航空・宇宙部門 16人
電気電子部門  235人
化学部門    37人
繊維部門    14人
金属部門    53人
資源工学部門  5人
建設部門    1,971人
上下水道部門  207人
衛生工学部門  50人
農業部門    136人
森林部門    71人
水産部門    26人
経営工学部門  72人
情報工学部門  46人
応用理学部門  85人
生物工学部門  23人
環境部門    136人
原子力・放射線部門 24人
総合技術監理部門  341人

全21部門合計では、3,870人の方が合格となりました。

昨年度との比較では、以下のようになっています。

筆記試験全合格者数 4,027人 → 3,870人 減少
20部門合格者数 3,514人 → 3,529人 ほぼ変化無し
総合技術監理部門合格者数 513人 → 341人 減少

特に総合技術監理部門では、753人→513人→341人と3年連続で30%以上の減少となっています。
今年度の受験者数が不明なため断言できませんが、いずれにせよ総合技術監理部門の合格率は下がっていると思われます。



csh08ymatu at 23:00コメント(0)資格技術士 

2017年10月24日

ちょっときれいな写真が撮れました

家族が撮影した写真ですけど、秋だなあーっていう感じの、ちょっときれいな写真が撮れました。

1508487459362




















csh08ymatu at 12:54コメント(0)北海道旭川市 

2017年09月25日

悪しからずご了承ください。


いままで、性善説の立場から自由にコメントをしていただき、そのまま公開していました。

しかし、心ない方から無意味なコメントで荒らされるようになりました。

今までは、意味のないコメントに気がついたら削除していましたが、それもなかなか難しい状況です。

そのようなわけで、残念ですが、投稿されたコメントは確認してから公開させていただくことにしました。

悪しからずご了承ください。



csh08ymatu at 14:18コメント(0)北海道その他 

2017年09月16日

函館 金森赤レガ倉庫とトラピスト修道院

少し前になりますが、函館に行ってきました。

最近の函館言えばラッキーピエロじゃないとかと思いますが、今回は赤レンガ倉庫とトラピスト修道院へ行ってきました。

金森倉庫内にある函館地ビール館で一杯やって帰りに金森倉庫印の味噌くるみ餅を買いました。

美味しかったのですが、金森倉庫とくるみ餅の関係はよくわかりませんね。

そして、函館市街にはトラピスチヌ修道院はあるのですが、少し離れたトラピスト修道院へ行きました。

北海道民でありながら、トラピストクッキーは食べたことはあってもトラピスト修道院へ行くのは初めてです。

小雨が降るあいにくの天候でしたが、平日と言うこともあってか、ほとんど観光客もなく空いてしました。

トラピスト修道院へ続く道は、両側に杉のある並木道となっていて日本じゃないみたいな景色でした。

今回は仕事の途中だったので立ち寄っただけとなりましたが、今度はゆっくり行ってみたと思いました。

夕暮れの金森倉庫
DSC_1467s

















名物らしい味噌くるみ餅130円
DSC_1468s























トラピスト修道院へ続く杉並木道
DSC_1474s























トラピスト修道院
観光客が誰もいないなんて珍しいのでは?
DSC_1473s

























csh08ymatu at 14:52コメント(0)北海道 

2017年09月10日

黒岳登山記録会 2017.08.27

恒例の黒岳登山記録会に今年も参加しました。

記録会は相変わらず大盛況で、今年の参加者は206名だったとのことです。

昨年に続き今年も登頂後の食事を楽しみにて、目的地も黒岳山頂を越えて石室までとしました。

今年は、次男がタイムアタックをするというので、登山者が少なく追い越しの楽な一番早い時間にスタートになるように、早めに受付をしました。

希望の記念Tシャツの色とサイズを決めて参加料3200円を払い、ゼッケンをもらって受付完了。

昨年は大雪の水だけでしたが、今年はOS−1も選べるようになっていました。

ゼッケンを付けてゴンドラに乗ってスタートの5合目まで行きました。

今年は、マラソンランナー風の人はいませんでしたが、トレイルランの出で立ちの人が男女各1名ずついて、年配の男性と中年の女性でした。

今年は昨年より1週間ほど早かったためか、紅葉がみられませんでした。

天候は、山頂が雲に隠れていましたが、登り初めの悪くなかったのと天気予報は晴れだったので雲が晴れるのを期待しました。

第1組目でスタートして、次男は走って行きました。

私は、家族分の食料と水とガスバーナー(ストーブ)を背負って登りました。

ザックが重いなーと思いながらのタイムは1時間8分。

まあ、こんなもんでしょう。

次男のタイムは「43分」。

リフトを使ったことを考えると、リフト終点の7合目から山頂まで約26分とかなり速いペースです。

これ以上のタイムを望むには、リフト区間を走らなければならないかなと思います。

さて、山頂の天候はといえば、雲の中で強風が吹いていました。

結局、石室に行くのは止めて、重いザックが軽くなることもなく、下山することにしました。

ゴンドラの終点駅の近くにある「黒松台」で食べることにしました。

ここは、ほとんど人が来ることもなく、ゆっくりするには穴場だと思います。

ただ、眺めもそれなりですけど。

それにしても、山で食べるカップラーメンとおにぎりって、どうしてこんなに美味しいのでしょうね。

いつもの通り下山後は、黒岳の湯で汗を流しました。


GPSトラック

20170827_黒岳s


















GPSログデータのダウンロードはプログ左側の Links 「Nob's HomePage」 からどーぞ。
 
※写真には位置情報が記録してありますので、カシミール3D等で表示すると写真を撮影した位置が分かります


第1組目のスタート(写真撮影の私はフライング?)
P1130223s

















リフトから見た山頂は雲の中

P1130224s


















山頂の天気は、雨事降ってないけどだめだこりゃ
P1130226s























下山時、招き岩は見えました
P1130230s

















黒松台からの眺め
P1130235s

























csh08ymatu at 10:19コメント(0)登山表大雪 

2017年08月14日

「天馬」のカレーパン

札幌へ行ったとき、オーロラタウンを歩いていると、なにやら行列がありました。

何だろうと近寄ってみると、ショーウインドウにカレーパンが並んでいました。

そのお店は「咖喱&カレーパン 天馬」 札幌オーロラタウン店でした。

並んでいるくらいだから、うまいだろうなと思って、並んでみることにしました。

で、並びながら何を買おうか考えていると、ちょうどチーズカレーパンが揚げあがったようだったので、迷わずそれを注文しました。お値段は1個250円と少々お高め。

できたてのカレーパンは、熱々でふわふわ、たまりませんね。

熱々の内に食べたかったので、お店の横にあるフリースペースに腰掛けて食べることにしました。

カレーパンにかぶりつくと、カリカリの生地の中からチーズと甘めのカレーが出てきました。

やっぱり揚げたては美味しいなあ。

しかし、冷えてくるとカレーは甘めでそれほどスパイシーでもなく、わりと普通なのかなとも思いました。

でも、揚げたてのカレーパンを食べることができるのは、このお店ぐらいしかないので、今度は違うカレーパンを食べてみたいと思いました。


IMG_20170520_142810sIMG_20170520_142914s










IMG_20170520_143057s品名が印刷された紙袋に入れてくれます。










IMG_20170520_143110sぱんぱんにふくらんでいます。










IMG_20170520_143149sかぶりつくと、つぶれちゃいました。
当たり前か・・・
できたては、おいしいなあ。








「咖喱&カレーパン 天馬」について調べてみました。
おおもとは、日本レストランシステム株式会社で、「卵と私」など有名な食堂を色々やっている会社です。
「天馬」は、北海道では2店舗、それを入れて全国で8店舗ありました。
「天馬」自体のホームページはないようですね。

 

csh08ymatu at 13:05コメント(0)グルメカレー 

2017年07月23日

昭和天皇陛下のために作られたアイスクリーム

知る人ぞ知る、「スノーロイヤルバニラアイスクリーム」を食べました。

これは、雪印パーラーのホームページに、以下のように紹介されています。


《歴史》
昭和43年8月、北海道百年記念式典に際しご臨場された天皇・皇后両陛下のため、特別に作られたアイスクリームが『スノーロイヤル』です。

・宮内庁より最高のアイスクリームをとの依頼
天皇・皇后両陛下の北海道ご臨場に際し、宮内庁より「最高のアイスクリームを」との依頼で2年間の試作の結果、「乳」本来の持つ風味とおいしさを詰め込んだアイスクリームが完成しました。

その後、スノーロイヤルは、「北海道・雪印パーラーのみの限定販売」となり現在に至ります。

《味わい》
乳脂肪分は15.6%、卵を使用しておらず、ふわっとした口どけを実現。濃厚ですが乳本来の味わいを残した、後味がサッパリしたアイスクリームです。

《味の秘密》
・乳の乳脂肪分、無脂乳固形分が絶妙なバランスになっています。
このバランスは、アイスクリームの風味やコク、組織の滑らかさに大きな影響を与えます。
乳脂肪分が多いと滑らかですが、多すぎると冷凍しても固まりにくく、アイスクリーム本来の口あたりをそこなってしまいます。
無脂乳固形分は風味にコクを与えますが、多すぎると冷凍時に乳糖が結晶化しザラザラした食感になってしまいます。
「乳」本来の風味を追求し、本当に苦心に苦心を重ねた、絶妙なバランスで完成された、
まさに「ロイヤル」なアイスクリームです。


以前、カップに入った「スノーロイヤルスペシャル」を食べたことがあったのですが、今回は雪印パーラーで食べました。
多種多様な美味しいアイスクリームがありますが、このアイスクリームは、やはり天皇陛下のために作られたという気持ちで食べるためか、とっても美味しく感じます。

雪印パーラーといっても、札幌に数店舗有り、いずれも混んでいるのですが、一番混んでいないと思われる、さっぽろテレビ等店で食べました。

札幌に行った時は、是非食べて欲しいと思います。

IMG_20170520_144029sさっぽろテレビ塔の1Fにあり、
2Fがイートインになっています。
そのほか、雪印製品のお土産もあります。








IMG_20170520_144147sソフトクリームと
スノーロイヤルを注文










IMG_20170520_144232sスノーロイヤルバニラアイスクリームの
説明です

















IMG_20170520_144321s思ったより沢山入っています。
でも、770円ですから、高級ですね。









IMG_20170520_144330sソフトクリームは、割とあっさりした
ミルク味です。

















雪印パーラーのホームページは、こちら




csh08ymatu at 18:34コメント(0)北海道グルメ 
ブログ内検索
Archives
プロフィール
 山好き、バイク好き、スイーツ大好きの、ふつーのおぢさんです。
 山登りは自宅から日帰りできる山を守備範囲としてますが、知床連山登山道の維持管理をしたこともあります。
 16歳で二輪の免許を取ってから今までバイクに乗り続け、今はBMW K1300Sに載っています。
 仕事は土木設計業務をメインに行っています。
Recent Comments
photoback
related groups
QRコード
QRコード
Ninja
なかのひと
  • ライブドアブログ