韓国で異端のキリスト教が猛威をふるっている。

韓国といえば霊感商法の統一教会の他に多くのプロテスタント系の異端が多いので厄介になっている。

最近、特に韓国で問題になっているのが新天地イエス教会というキリスト教でエホバの証人のように14万4000人だけが救済される選ばれた人間ということで教会ののっとりを考えているらしい。

新天地は14万4000人が永遠の命を得る権利があって自分たち以外のキリスト教は間違いであって滅ぶべき教派というエホバの証人のような教義で信者を増やしているという。

カルト宗教団体の新天地 ―韓国で広がる新興カルト宗教

2009年11月15日号: ◎韓国で猛威振るう異端が「日本に来ている」と警告--月刊「現代宗教」発行人タク氏=0911150201

韓国カルト教団の実態-東京でセミナー

韓国でカルト化した教会の新天地なのだがエホバの証人のような救済論が特徴で黙示録の悪用と普通のプロテスタント系の教会の信者になりすまして教会の役員になって丸ごと乗っ取るという。

実は新天地なのだが韓国から日本にやってきて摂理や統一教会のような活動もしているという。

どちらかというとエホバの証人の韓国バージョンのような終末カルトであるが、日本でも被害者が出ているという。

韓国にもエホバの証人はいるが新天地イエス教会も14万4000人だけが救済されるという終末論を盛んに繰り返していて信者の勧誘に余念がない。

韓国はキリスト教の信者が多く、日本より教会が多いが新天地のようなカルトも増えていて統一教会の亜流のように日本に復讐?しようとしていることは警戒した方がいい。

新天地キリスト教の教祖の李萬熙(イ・マニ)は自分は文鮮明のようなメシアであり、14万4000人の信者だけがエホバの証人のように救済を約束された聖書の民である・・・といっているらしいのだが。

新天地なのだが摂理や統一教会やエホバの証人と同じ布教もしてステルス勧誘と教会の役員になってのっとりもまた繰り返している状況にあるという。