以下、C-1ダイナマイト公式ホームページより引用。

C-1ダイナマイト エキシビジョンマッチ
  
  カブラボ瀬田(神奈川) VS カブグラUSK(滋賀)


【1R】

試合は立ち上がりから動いた。
瀬田が「ホームページトップ全面変更」の大技を繰り出す。
ホームページを持つものだけが使用できる技。
序盤から一気に揺さぶりを駆ける。
ブログ1本のUSK、劣勢にたつ。
USKはサブタイトルの変更でジャブを打つが、決定打にはならず。
カブグラ陣営苦しむ。
瀬田優位で試合は進んでいく。

その後、USKがレポにて反撃に転ずる。
いつもの妄想癖を利用したテキトーレポート。
瀬田の携帯からリアルタイムアップにうまくカウンターを合わせる。
そうとは知らずに携帯からの更新を続ける瀬田。
東京タワーで喜んでいる瀬田。
横浜で無邪気に毒づく瀬田。
「横浜のマックですよ」瀬田。
カブラボサイドの無駄な動きに対しUSKがレポにて応じる。
すばやいレポ作りで先手を打つ。
カブグラサイドに大きなアドバンテージ。

瀬田、ダメージが大きいか。
ブログにて同様の手でカブグラに反撃を開始。
しかし、カウンターを決めたUSKに分があった。
それほどのダメージは与えられない。
作戦変更、今度はほめ殺し3倍バージョンを繰り出す。
確実性はあるが軽いジャブ程度の威力。
パンチ力に欠ける。
USK有利の展開。

ここにきてカブグラサイドのセコンドにくみちょがつく。
カブグラ陣営、俄然盛り上がる。
余裕ができたUSK、右サイドバーを使用し、観客席にいたボニを挑発。
リングにあがってこいとパフォーマンス。

ここでゴング。
1Rは10:9、10:9、10:10
カブグラUSK終盤をうまくまとめ、ポイントリードした。


          敬称略 文:ターザン山本