よくわからないチランジアについて。
DSCN2432
Tillandsia sp, Brazil という情報しかないチランジアです。大きさは横3cm、縦10cmほど。銀灰色の細長い葉が規則正しくらせん状に巻きこんだ美しい姿をしています。新葉の灰がかった薄緑色も魅力的です。
DSCN2430
ちょうど葉の真ん中のところで綺麗にねじれています。カプトメデゥーサ、プルイノーサのように不規則なねじれの美しさを持つチラもあれば、幾何学的な規則性の美しさを持つものもいます。見たところ乾燥と強い光に比較的強そうに見えたので軽石で植えてみました。

それにしても、このチランジアの正体は何なのでしょうか。大きさからするとカウツキーやカルミネアに近いような気がします。らせん状にねじれる葉をもつチランジアといえばフレクスオーサやスブリフェラ、あとアリザ・ユリアエぐらいしか知りません。となるとこれらのうちの組み合わせでできた交配種?とにかく、花が咲くまでははっきりしないでしょうね。
DSCN2451
普段はspだとかhybとしか書かれていないようなものには手を出さない主義なのですが・・・らせん型のチランジアが欲しかったのでついつい手が出てしまいました。らせん型ってほとんど出回りませんからね。
にほんブログ村 花ブログ エアープランツへ
にほんブログ村