2012年04月09日

ぱちざく


 八日は日曜日でしたが、こちとらうかれてられません。
 家中のパソコン内のファイルを整理しまくるという、ネバーエンディング作業をする予定だったのですから。
 で、予定どおりチマチマやっていたのですが、なにせネバーエンディングなもので終わりがない(見えない)。
 だから作業を苦とせずに楽とする必要があるなぁ、と考えたのです。
 で、そこは単純に、発掘されたものを懐かしむという楽を自分に与えることにしました。

 するとどうでしょう。これまで書いてきた駄文がもっさりもっそり見つかって、あら楽しい。
 ものすごい量の駄文アバランチの中から、以前、電版というサイトでアップしていた作品が見つかって大騒ぎです。
 ある日、そのサイトごと消えてしまったと思われる小説だったので、本気で泣きそうになりました。



「坊やお聞き、喉の奥からピンク色の汁が溢れてくるの。腐って溶けた内臓かしら。このスープ勿体無い。ねえ坊や、喉は渇いてないかしら」




 こんなイカれた文章がいっぱい発掘されたので、これは眠らせておくには勿体ないなあと思いまして、暇をみて過去の作品を書き直したいなぁ、などと考えております。
 
 考えているだけなので、いつ実行に移すかわかりません。
 でも昔の僕の破廉恥な脳がひり出した作品を、どうにか磨き直して、物好きな方にお見せしたいなという心がなくもないのです。


 本にできれば、それが一番なんですけどね!
 


 そして今日のガチャガチャです。


パチザク



 多分、ザクのパチものだと思うんですけど。
 だって、ザクってこんな鬼みたいな感じじゃないですよね。
 ちょっとスタイルが良くてカッコイイ雰囲気を醸し出してますが、騙されちゃいけないと思うんです。
 
 最近のザク事情は知らないので二本角のザクがいてもいいとは思いますが、昭和の頃はつるっぱげか一本角でしたよね。
 これは昭和のガチャガチャなので多分パチかなぁと。













cthu666 at 02:41コメント(9)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by さくや   2012年04月14日 19:49
 こんにちは♪初めましてさくやと申します。
 幽霊詐欺師ミチヲ3巻あっという間に読んでしまいました!!!とってもおもしろかったです。毎回すぐに読んでしまうので読み進めるのがもったいないぐらいでした(笑)幽霊詐欺師は今回で最終巻になってしまうのでしょうか?ミチヲのその後がとっても気になります(笑)それに、もう読めないのかと思うととても寂しいです。。。ですが、次作も楽しみにしています。では失礼します。
2. Posted by くろ   2012年04月15日 01:15

 さくや様

 書き込み、ありがとうございます! 黒史郎です。
 ミチヲを読んでくださっただけでなく、素敵なご感想まで……本当に嬉しいです。
 幽霊詐欺師シリーズなのですが、一度、別方向のミチヲシリーズに入ることになります。
 チーム・ミチヲを可愛がってくださった読者の方々にも喜んでいただけるような内容になると思います。
 そして、そのシリーズの後、幽霊詐欺師シリーズにまた帰って来れればと思っております。もちろん読者の皆様の評判次第ではあると思うのですが……。

 まだまだ彼らの物語は書きたいことがモッサリありますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 こちらへの書き込み、嬉しかったです。
 


3. Posted by さくや   2012年04月17日 15:19
 こんにちは(^o^)さくやです。
 お返事いただきありがとうございます。とっても嬉しかったです☆
 お話をうかがって、ますます今後が楽しみになりました!!
 ツイッターのアカウントも持っているのですが、どうも苦手なので、今後もこちらに書き込みをさせていただけたらと思っています♪
4. Posted by ザンキ   2012年05月09日 10:46
はじめまして、ザンキと申します。

幽霊詐欺師ミチヲの大ファンを自負いたします。
凄い作品です、私は感動しましたよ。
泣けるし笑えるし、今まで読んだ本の中でここまで何度も読みたいと感じたのはかの本だけにございます。
最終巻だったようで、残念です。

ザクのお話
あのザクはおそらく「ザク・マリンタイプ」
ようは水中用のザクですな。
もしかすると「ザクマリナー」かもしれません。
そう詳しくありませんが、右腕の銃はたしか水中タイプのザクが使っていた印象がありまして。
頭部の二本角もそれらしいので、間違いないかと思います。

では、失礼しましたm(_ _)m
5. Posted by ザンキ   2012年05月09日 10:47
ごめんなさい!
ミチヲはまだ終わってないんですね!
嬉しすぎる、楽しみにしております!
6. Posted by くろ   2012年05月14日 10:25
ザンキ様

書き込みありがとうございます!
そしてミチヲのご感想……うれしいです。

ミチヲの先のことなのですが、一度、ミチヲワールドの中の別の話を書きたいと思っております。どこかで繋がっているような、そうでないような、笑えて少し涙できるようなお話にしたいと思っております。


ザクの別バージョンだったのですね!
昔、旧設定のガンダムの消しゴムが出ていたこともあるので、いろいろと挑戦していた時期なのかもしれません。
参考になりました。ありがとうございます!

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!
7. Posted by ザンキ   2012年05月14日 16:35
クロ殿
コメ返しを頂けるとは、感涙です!

サカキさんがどうなったかが気になってましたね。
まさか謎を残したまま終わってしまうのかと、傷心していましたが(←表現がおかしい)、続きがあるのは嬉しいです。
期待しております(^_^)

ザクはバリエーションが豊富ですか、完全には覚えられませんな(苦笑)
流石は長く愛される(?)機体です。
8. Posted by こやりん   2012年06月01日 19:59
初めまして!黒さん!
幽霊詐欺師ミチヲ2まで あっと言う間に
読んでしまいました!
すっごく面白いです!
今まで読んで来たホラーとは違う発想が良いです!
幽霊相手に詐欺だなんて…
よく考えつきましたね!
普段なら 1冊読むのに1週間以上かかってしまう私ですが、ミチヲは2日位で読んでしまいます(^^;
グイグイひきつけられるんですね〜
ミチヲ3を読み終わったら 他の作品も読んでみようと思います!
頑張って下さいね!
9. Posted by くろ   2012年06月05日 07:50
こやりん様

はじめまして!
拙著をお読みくださり、ありがとうございます!
幽霊は純粋な想いでこの世にのこっているので、さぞかし騙しやすかろうというヒトデナシな発想から書きました。
でも最終的に救われて欲しいと思っていたら、ヒトデナシな部分が柔らかくなりました。ほっとしました。
書き込みありがとうございます!嬉しいです!
今後とも、よろしくお願いいたします。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
プロフィール

cthu666

黒史郎
作家。
おもにホラー・怪談。
好きなものは猫と妖怪と古いガチャガチャ。
消しゴム人形なら何でも集めます。
ゲーム好き。ゲームのモンスター好き。ゾンビ好き。
cthulhu1018@gmail.com


■お仕事・インタビュー・イベントなど■
■2011■
■『怪談実話系6』メディアファクトリー
「彗星祈願」

■『不思議で怖くて不気味な話〜FKB饗宴』(竹書房文庫)
「I氏の塩」「ぺそぺそ」「放課後心中」

■『邪神宮』(学習研究社)
「歓喜する贄」

■東雅夫さん、佐藤弓生さん、門賀美央子さんと百物語しました。怪談会の様子は『週刊少年マガジン』20号「もう、しませんから。」に描かれております。

■『怖い噂vol.9』
実話怪奇譚「ありがとう」
学校の怪談アンケート

■『幽霊詐欺師ミチヲ』(角川ホラー文庫)
http://www.kadokawa.co.jp/bunko/bk_detail.php?pcd=201009000026
発売中です。

■『映画秘宝』(洋泉社)
「映画秘宝ベスト&トホホ10!!」
 マイベスト映画とトホホ映画を選んでコメントしてます。

■『黒丸ゴシック 2 人間溶解』(竹書房文庫)
 一月三十一日発売

■2011年1月23日 講演会
『作家・黒史郎とその作品世界』西葛西図書館

■『怖い噂 vol.8』(ミリオン出版)
◎漫画「習性」原作
◎死に纏わる怖い話「ソーダ村」
◎「私の魂を揺さぶった「怖い漫画」はこれだ!」『ススムちゃん大ショック』について。

■『ダヴィンチ』2011年1月号 
平山夢明プロデュースの新怪談レーベル
〈FKB〉ただいま降臨!
平山夢明×黒史郎×黒木あるじ×松村進吉

■2010■

■『平山夢明と京極夏彦のバッカみたい、読んでランナイ!』(TOKYO FM出版)
 狂ったイラスト数点。

■『怖い噂 vol.7』(ミリオン出版)
◎人間実話「サブ」
◎霊的実話「男を持ってく」
◎北九州一家監禁殺人事件について。

■『黒丸ゴシック 1 人間崩壊』(竹書房文庫)七月三十日発売予定
 平山夢明さんプロデュース!

■『てのひら怪談 庚寅』ポプラ社 
「歯科呪医」「床相撲」掲載

■『小説すばる』七月号
 エッセイ「俺のレーシー」

■『小説現代』講談社 六月号
思い出の映画エッセイ「デモンズ」

■『異形コレクション 憑依』光文社
短編「ゴルゴネイオン」

■『小説現代』講談社 五月号
 ホラー特集・短編「すばらしき街」

■競作集『厠の怪談』メディアファクトリー
短編「トイレ文化博物館のさんざめく怪異」

■『てのひら怪談 己丑』ポプラ社
「餓鬼」掲載

『小説宝石』三月号
京極夏彦さんと平山夢明さんと鼎談しました。

■書き下ろし長編
『ラブ@メール』光文社

■『ダヴィンチ』四月号
『ラブ@メール』のインタビュー。

■FM東京『バッカみたい聴いてランナイ!』
ちょっと出させていただきました。
排泄物とかの話ししました。

■『幽』十二月号
エロコワ短編「蟷螂と擂り粉木女」

■『ダ・ヴィンチ』十一月号
「アサシン・クリード2」頁でインタビュー記事

■『夜は一緒に散歩しよ』МF文庫
 かなり加筆・修正しました。解説は京極夏彦さん。

■『異形コレクション 怪物團』光文社
短編「緑の鳥は終わりを眺め」

■『怖い噂』vol・2
怪談実話「形見」

■『交錯都市―クロスシティ―』(一迅社文庫)

■怪談競作集『怪談列島ニッポン』メディアファクトリー
短編「山北飢談」

■『異形コレクション 幻想探偵』光文社
短編「フギン&ムニン」

■『リトル・リトル・クトゥルー』学研
 最小のクトゥルー神話アンソロ。
掌篇「口が来た」「海底からの悪夢」「幻夢の少年」
「顕微鏡の中の狂気」「腹の中から」「魔女の絵画」
「アーカムの河に浮かぶ」「ラゴゼ・ヒイヨ」

■『新編ク・リトル・リトル神話大系6』国書刊行会
 巻末 魔夜峰央先生にインタビューしております。

■『幽』十号
 短編競作・怪しき我が家『押入れヒラヒラ』

■回廊文庫第一弾
『幻視コレクション〜新しい現実の誕生〜』
「新時代の表象(アトリビュート)」

■『スタジオボイス』十二月号
◎「怪談の語り方! 対談:平山夢明×黒史郎」
◎鶴見・異界散歩地図
◎コンビニ本ベスト24

■『新編 真ク・リトル・リトル神話体系5』
 国書刊行会 山下さんと対談しております。

■『メフィスト』八月刊行
短編『ガングルユマタのカタパグピンザ』
イラストは山下昇平さんです

■ライブドア携帯小説
『100KBを追いかけろ外伝』

■『100KBを追いかけろ』講談社
鶴見を舞台にした青春小説です

■宇佐美まことさん『虹色の童話』
巻末エッセイ『ハシビロ狂』

■『てのひら怪談』ポプラ社 文庫化
「祖父のカセットテープ」掲載

『てのひら怪談 百怪繚乱編』ポプラ社
「蛾鬼」「夜闇の祭囃子」「ガクン」

◎五月二十日創刊 一迅社文庫第一弾
『黒水村(クローズむら)』一迅社

■『ダヴィンチ』二月号
エクスクロスモバイルという携帯ゲームのタイアップ企画です。

■『メフィスト』講談社
「日常の謎」についてのエッセイ。
「福を呼ぶ毛」

『怪』角川書店
レオ若葉さんのコーナーでウンコの話をしています。

■『幽』8号
『獣王』インタビュー。

■書き下ろし長編『獣王』メディアファクトリー
狂った動物園の話。ハシビロコウを擬態する女が出ます。

■学研ヴィジュアル版「謎」シリーズ『クトゥルー神話の謎と真実』
「クトゥルー神話外伝/書簡に隠された悪夢」
カラー八頁、造形作家の山下昇平さんとのコラボです。

■九月六日、3誌同時にクトゥルー神話短編小説を掲載していただきました。
◎学研エソテリカ『クトゥルー神話の本』
「真黒き街」、クトゥルー掌編「ラゴゼ・ヒイヨ」
◎『スタジオボイス』
「深蒼の手紙」
◎文芸雑誌『ダヴィンチ』
「赤き儀式」

■『夜は一緒に散歩しよ』メディアファクトリー
怪談小説です。

■『東京人』243
エッセイ「都市の狭間に潜む、闇」

■ダ・ヴィンチ 2007年6月号
「死神の紙芝居」

■『幽』7号
第二特集/朗読怪談「アカシ語り」

■ポプラビーチ てのひら怪談
「地獄を見たいか」
http://www.poplarbeech.com/kaidan/kaidan_001.html
「世界旅行」
http://www.poplarbeech.com/kaidan/kaidan_032.html
「あひるの夜」
http://www.poplarbeech.com/kaidan/kaidan_015.html
「炭の隠居」
http://www.poplarbeech.com/kaidan/nishiogi/nishiogi_005.html

■『てのひら怪談』ポプラ社
「祖父のカセット・テープ」

■アニメDVD『カクレンボ』
原案・脚本協力。

----------------------------------
【趣味】
毒書です。猫が好きです。
【日常】
データベース作成。
小説。書くほう。
古本読んだり、探したり。