深川に住んで! StageⅡ

広島市安佐北区深川に住んで19年。ブログを初めて6年。こんなに続くとは・・・。内容は始めた頃の思いとは少し離れてしまいましたが、日々の出来事等を少しずつ展開していきます。

コオニヤンマ羽化・動物

アクアリウム移動

11月10日。この日最初に行ったのは、忘れていた入口梁材接続部の誤魔化し作業。プラモデル用パテで埋めていたのを、ペーパー等を使用して平滑にして目立たなくしようと。しかし、塗装は非常に難しく。更にパテが不足気味で平滑にもならないし・・・。
DSCF0903

再修正することに。
DSCF0909

その後、100V電源の移設も完了したので、アクアリウムを駐車場内に移動。
DSCF0905

その際、生物の生態状況を確認したところ、5匹いたシマドジョウは2匹しか確認出来ず・・・。既に採取して1年以上が経過したので寿命?正直なところ水槽の管理が非常に面倒と感じており、止めようかとも思いましたが、水槽の処分もお金が掛かるし・・・。今回の移設先は直射日光が当たらないのでコケの発生は抑えられると思うし、もう少し様子を見る事に。
タニシは水槽内で繁殖しているみたいです。
DSCF0908


↓ご協力をお願いします。
広島ブログ

アクアリウム10

5月1日。冬場は水を足すくらいで放置しているアクアリウム。半年?ぶりに清掃。
清掃前。毎度ですがコケが発生。水も汚く・・・。
P1040995

冬場水槽を確認していたのですが、魚影が確認出来ずどうなっているのか?ただ、温かくなって来ると、どこにいたのかタニシが現れ魚影もチラホラ。
水換えの際、現在の状況を確認。ヨシノボリ×2匹、ムギツク×2匹、シマドジョウ×4匹、ドジョウ×1匹、タニシ×2匹。3匹減?
P1040996

P1040999

最終的に魚は昨年生存確認出来た数と一致。隠れていただけでした。ただ、エサもやっていなかったので、気のせいかもしれませんが、魚体が一回り小さくなった印象・・・。

↓ご協力をお願いします。
広島ブログ

アクアリウム9

10月27日。外でアクアリウムを展開しているためどうしてもコケが発生。
水槽の水換えとコケの除去。難しく面倒なのが水草に付着したコケ。正直なところ取りきる事は不可能・・・。少しでも手のかからない水槽を目指しているのですが、難しいみたい。
P1040586

自分の記憶が正しければドジョウやタニシはコケを食べると聞いたような・・・。残念ながら違っていたのかな?
水換えの際、現在の生物を確認。ヨシノボリ×2匹、ムギツク×2匹、シマドジョウ×4匹、ドジョウ×1匹、タニシ×5匹?。タニシは小さいのが2匹いて、恐らくこの水槽で生まれたのだと思います。
水換え後、珍しくドジョウの姿が。
P1040587

最近はムギツクの姿を見かける事が無かったので、どうしたのかと思っていたのですが、隠れていただけでした。

↓ご協力をお願いします。
広島ブログ

アクアリウム8

9月22日。先日採取したシマドジョウ。砂に隠れる性質があるみたいで、水槽の水草に砂埃が付着・・・。
姿もあまり確認出来ないし・・・。
DSCF0223


↓ご協力をお願いします。
広島ブログ

ドジョウ採取

9月17日。降水確率が低く暑さも和らいだこの日、2回目のドジョウ採取へ出撃。先日実家に帰省した際、叔母さんが家に来たので子供の頃ドジョウを捕まえた事のある、母の従妹の家の住所を教えてもらいその周辺に行ってみました。
安易に場所を掲載して住民の方々に迷惑を掛けてはいけないので場所は言えませんが、記憶を頼りに田舎の住宅地の前を流れる水路を探してみたのですが、目視でドジョウを確認することは出来ません。怪しいですが大量に泳いでいた記憶が。
その様な中、米の収穫で忙しい中でしたが休憩中の住民の方々から情報を頂き、教えて頂いた場所で比較的アッサリと4匹のシマドジョウと1匹のドジョウを採取。
DSCF0217

こんな雰囲気。
DSCF0216

シマドジョウ。広島にも生息していたことに驚きました。ドジョウは大きく7cm以上。シマドジョウも5cm以上はありそう。ただ、いざ捕まえてみるとニョロニョロしているのでヘビを感じさせられ、正直気持ち悪かった・・・。
DSCF0219

DSCF0221

しかし、観察するにはシマドジョウの模様は美しく思いもよらぬ収穫に喜んでいます。

↓ご協力をお願いします。
広島ブログ

2018_ネコ永眠

9月6日。早朝に外から倉庫の下に動物の死体があり臭うので何とかして欲しいとの会話が。我家のネコが脱走して既に1ヵ月以上経っていたのですが、ここ数日全く見かける事がなくなっており少し心配していたところ。
直ぐに、近所の方に説明して確認したところ、少し腐敗が進み明確な判断は難しいのですが、我家のネコみたいな毛並み。哀れな最後・・・。
また、近所の方には不快な思いをさせてしまいました。
基本的に自分はネコはあまり好きではないですし、自分がミスして脱走させた訳でもないのですが、可哀想な事をした感じ。
出社前の忙しい時間帯でしたが、イシガメ同様に死体を受取った後、庭に穴を掘って埋葬しました。
7年間の短命となり、ごめんなさい。
写真は我家に来て直ぐの写真。美人だと思います。
DSC_0024

それにしても今朝妻に確認したのですが、まだ娘には言っていないみたい。昨日の朝、穴を掘っているところを見ていると思うので察しはついているかもしれませんが、いつ告げるのか・・・。

↓ご協力をお願いします。
広島ブログ

2018我家の主?

8月14日。この数日、玄関前に大きなカマキリが1匹根付いています。
DSCF0203

netで確認してみるとカマキリの寿命は1年程度。過去ブログによると2016年に1度紹介していたので毎年庭で見かけるカマキリは恐らく代替わりした子供でしょう。
庭でこのような昆虫を見かけると不思議と嬉しくなってきます。ちなみに蜂と蚊は勘弁して欲しい・・・。

↓ご協力をお願いします。
広島ブログ

カラスヘビ

8月13日。アクアリウムでドジョウを飼いたいと考えているのですが、現在は深川付近にはいないみたい。
ドジョウは坂町でも子供の頃、見た記憶はないのですが、母の従妹の家に遊びに行った際、家の前の小さな水路に大量のドジョウがおり、捕まえた記憶が。
場所を母に聞いてみたのですが残念ながら不明でしたが、ドジョウを採取するため向かってみました。しかし、可部の国道で大渋滞。厳しい日差しの中カブですり抜けて行くのも面倒になり、敢無く可部周辺でドジョウ探しに変更。
残念ながら可部周辺でも見かける事すら出来ず、ムギツク1匹採取しただけ・・・。
小さな川を探してウロウロしていると、真黒いヘビを発見。カラスヘビだと思います。
DSCF0202

カラスヘビはヤマカガシの別の呼び方だと思っていたのですが、今回掲載するにあたりnetで調べたところシマヘビの黒化個体の事をカラスヘビと呼ぶそうで、特徴を写真と比較した感じではこの写真のヘビは間違いなくカラスヘビ。シマヘビの黒化個体だと思います。気持ち悪い・・・。

↓ご協力をお願いします。
広島ブログ

アクアリウム7

8月12日。水草の成長とタニシが水草を食べるみたいでその残骸が浮遊してポンプにつまりが発生して停止。
ポンプの清掃と水の入替えを行いました。
水草が成長してポンプに巻き込まれるため位置を左よりから中央側に変更。その影響で石と流木も配置変更。
DSCF0194

相変わらずですが写り込みが激しく写真は・・・。
この日に確認出来た水生生物はムギツク1匹、ヨシノボリ3匹、タニシ2匹、ヌマエビ1匹。ヌマエビは非常に小さく、恐らくこの水槽で生まれたのではないかと思っています。しかし、ムギツク1匹と大量のヌマエビはどこへ・・・。

↓ご協力をお願いします。
広島ブログ

アクアリウム6

6月末。残念ながらオニヤンマのヤゴが死んでいるのを発見。姿を現し羽化すると期待していたのですが、可愛そうな事を。前回のコオニヤンマも死ぬ直前に泳いでいたのを目撃したのですが、今回も姿を現して数日後。羽化するために設置していた木に問題があって羽化出来なくて死んだのか?
原因は不明で貴重なオニヤンマのヤゴ。何か自然界に対して申し訳ないことをした気持ちです。流石に今回で懲りたのでヤゴの羽化には手を付けないと心に誓っております。
新たに水槽にヨシノボリ1匹とムギツク2匹を。
DSCF0077

しかし、魚やエビの目撃出来る数が少ないような気が。死んでいる様子もないので謎です・・・。

↓ご協力をお願いします。
広島ブログ

アクアリウム5

6月24日。毎朝水槽を除くのが日課。この日は生きてるのか死んでるのか行方不明だったオニヤンマのヤゴが姿を。
P1040236

いつの間にかエサのオタマジャクシ(数匹は水槽奥でガラスにへばり付いていたカエルを確認)も全く確認することが出来なくなっていたので、どうしようかと悩んでいたのですが。生きている事が判明したので、早速エサの確保へ。エサになっているかは不明ですが・・・。
最初はいつもの場所でヌマエビ15匹を採取。
次にまたしてもいつもの場所でオタマジャクシ4匹を採取。前回は多くのオタマジャクシに足が出来ていたので、もういないかなとも思ったのですが、数は少ないながらも足のない個体を採取。
DSCF0058

正直面倒になってきたので、早く無事に羽化して欲しい・・・。

↓ご協力をお願いします。
広島ブログ

アクアリウム4

6月10日。アクアリウムの現状。写り込みが激しく・・・。
IMG_20180610_075230

オニヤンマのヤゴですが、水槽に入れると直ぐに砂の中へ体を隠してしまう行動に・・・。見ていたので最初はどこに居るか判っていたのですが、現状はどこに居るのか?生きているのか?
ヨシノボリ、ムギツク、タニシは比較的簡単に生存を確認出来るのですが、30匹程度入れたはずのエビは数匹程度、15匹程度入れたオタマジャクシもやはり数匹程度確認出来るのみ。ちなみに2匹はカエルになる途中で水槽奥のガラスとフィルターの影に隠れている感じ。
失敗したかなと感じているのはタニシ。どうやら水草を食べるみたいで、切断された茎や葉が・・・。
狙い通りコケは食べてくれているのか、初めて2週間が経過しましたがガラス面は綺麗な状態。水草が貧弱になって来たので、少し減らそうか悩んでいます。

↓ご協力をお願いします。
広島ブログ

アクアリウム3

6月3日。先日偶然にもオニヤンマのヤゴを採取。今年こそ家でヤゴの羽化を撮影したい・・・。このため餌となる糸ミミズ等の採取を行うため近所の用水路のような小川へ出撃。
約2年前にヤゴ採取を目的に川底の砂を網ですくった際、大量の糸ミミズを発見した事を思い出したため。しかし残念ながらこの小川、工事により底はコンクリートで固められており、完全に用水路へと変更されていました。
仕方がないのでこの小川の本流にも糸ミミズはいるだろうと考え採取実行!
DSCF9998

しかし、糸ミミズは影も形も無し・・・。ここでの採取結果はシマヨシノボリ1匹、ムギツク3匹、タニシを採取。
DSCF0004

DSCF0006

これではヤゴの餌にならないと考え、次は少し残酷な気もしますがオタマジャクシを採して餌にすることに。
田んぼ近くの用水路入口で簡単にオタマジャクシを採取。これで今週はアクアリウムの様子を見てみる事に。
DSCF0013

なお、オタマジャクシを採取する際、見た事の無い緑色の魚のような生き物を発見。気持ち悪いのですが1匹だけ採取してアクアリウムに入れてみました。
DSCF0011

今週は生物を入れて随分賑やかになったアクアリウム。ヤゴが羽化するまでは餌の補充を行いつつ当分これで様子を見ます。

↓ご協力をお願いします。
広島ブログ

アクアリウム2

6月2日。アクアリウムに入れるドジョウとタニシを採取するため出撃。netではどちらも用水路に生息しているような記事があったので、まずは団地を下りた用水路へ。
用水路を除くとタニシはいたので比較的簡単に採取。これで少しは水槽に発生するコケを食べてくれれば良いのですが。
しかし目標のドジョウはいない感じ。仕方がないので昔イシガメを採取した川へ出撃。この川にはカエルと小さな魚ががいるくらいで、ドジョウは・・・。
どこか他に良い場所はないかなと周辺をフラフラ。すると非常に小さな雰囲気の良い小川が!
DSCF9979

カニとカエルは直ぐに見つける事は出来たので他にもいるかもと考え、上流に向かい魚1匹と恐らくオニヤンマのヤゴ、更に川砂にいたためか、貝殻の少し綺麗なタニシを1匹ゲット。
DSCF9983

DSCF9984

DSCF9991

DSCF9994

DSCF9996

魚はnetで調べたところ、恐らくシマヨシノボリ。今日の所はこれで終了。
正直なところ、ドジョウやタニシ、ヌマエビも西村ジョイで購入しても高価格ではないのですが、やはり自分で採取するのが楽しい。暇ですし・・・。

↓ご協力をお願いします。
広島ブログ

アクアリウム

5月24日。26日。カメが亡くなり水槽をどうしようと考えていたのですが、アクアリウムにチャレンジしてみました。カメを採取した当時も一度チャレンジしたのですが、カメが暴れたり、恐らく食べたりしたので上手くいきませんでした・・・。
相変わらずですが可能な限り無駄な費用は押さえたいので、まずは西村ジョイで水草を購入することに。素人なのでいくつか質問した話の中で、最も気になったのは基本的に水草は海外の物で外で育てようとした場合、水温が低下するため冬が難しい。
ヒーターを使用しても外では60cm水槽では電気代が大変ですよ・・・。日本の水草なら恐らく大丈夫でしょう。しかし、日本の水草に魅力的な物は無く悩んだ結果、1000円分4種類の海外産水草を購入。
次に向かったのは狩留家付近の三篠川。ヌマエビを2日間で約30匹採取。更に、浅い川の中に生えていた水草かもしれない物も採取!
DSCF9963

最後にナフコで水槽のバックスクリーンを購入して取りあえず完成。
P1040161

P1040163

写真への写り込みが激しく、撮影が非常に難しい・・・。まだまだ、水草が非常に少なく寂しいのですが、まずはこの雰囲気で水草が枯れる事がないか様子を見る事に・・・。
しかし、30匹いるはずのヌマエビですが数匹確認出来るくらい・・・。既に死んだのでしょうか?
P1040162


↓ご協力をお願いします。
広島ブログ

2018_イシガメ永眠

5月1日。朝、カメの様子を確認したところ死亡していました。一昨日の夕方、この日は気温が上昇したので、いつもなら餌を催促して水槽内で自分にアピールしてくるのですが、その気配が全くなく、とりあえず餌を入れてみたのですが、食べる気配も無し。既に弱っていたのかもしれません。
netで調べたところイシガメの平均寿命は約20年。10年を過ぎると高齢期らしく餌や水質に今まで以上に注意をはらう必要があったみたいです。
上手に飼育すれば40年生きる個体もあるようで、我家では13年間の短命とさせてしまい本当に可哀そうなことをしてしまいました。涙・・・。
自分は小学生~中学生にかけて犬を飼っていたのですが、死んだ時あまりの悲しさに二度と犬は飼うまいと誓ったのですが、今回も同様の気持ちと中途半端な世話しか出来ないなら飼うことは出来ないと感じました。
現在、我家では妻と娘が7年間ネコを飼育していますが、娘が飼いたいと言って来たのですが、残念ながら現在はほとんど娘が面倒を見ることはない状況。
残念ながら必ずネコの寿命が先に来ます。娘がその際どのように感じ、どのような選択をするのか、見守るしかありません。
探してみたのですが一番古い写真。2013年の写真。
P1000445

ごめんなさい。

↓ご協力をお願いします。
広島ブログ

2018_カメの水槽を掃除

3月31日。スキーシーズンの終了で約4か月間何もしなかった家の掃除・修繕等を進めて行きます。
最初は恒例のカメの水槽掃除。この4か月間は水を足すだけの放置状態。流石にコケは生えているし、非常に気になっていました。
DSCF9873

今回掃除して気がついたのは約1年半前にポンプのインペラーの蓋を接着剤で取り付けたのですが、取れ掛かっているため水の吸い上げ能力が大きく低下。
修理しないといけないのですが、取り急ぎ接着剤がないので、その他の清掃と水の交換でこの日は終了。
DSCF9875

残念ながら2日程度で再び水の吸い上げ能力が低下していました・・・。今週末も水槽掃除になりそう・・・。

↓ご協力をお願いします。
広島ブログ

マムシ?

9月9日。九州ツーリングで観音の滝の上部に到着すると、小さく少しカラフルな蛇を発見。蛇も直ぐにこちらに気がつき川に逃げていくところを何とか撮影。
3a2e5010.jpg

頭の周囲にはオレンジ色が混ざっており、模様の雰囲気からするとマムシかな?
自分は蛇が苦手なので小さな蛇だったのですが、見つけて時は驚きました。滝廻り等では噛まれないように気を付けるねば・・・。

↓ご協力をお願いします。
広島ブログ

2017_ズーラシア

7月29日にズーラシアに出撃。天気は曇りの時間が多く、この時期の見学にしては比較的、過ごしやすい気温。
ズーラシアを見学しての感想は、広く、綺麗で、動物の住んでいる環境、見学通路周辺に植えられた植物、建物等も考えられた非常に雰囲気の良い動物園。
bc7d1ae9.jpg

85227651.jpg

3cddbadc.jpg

95d17e92.jpg

d48f7c35.jpg

616149e6.jpg

特にアフリカのサバンナエリアはキリン、シマウマ、チーター等が広大な同じ敷地内に一緒に放し飼いにされており、チーターがシマウマを追いかける場面も!
a7b01396.jpg

6e400a60.jpg

fd90182a.jpg

出張中で熟れていないスマホでの撮影。折角のチャンスが・・・。

↓ご協力をお願いします。
広島ブログ

ノラ猫対策

6月17日。庭に動物のフンがあることが。最近ノラ猫を見る機会が多いので、恐らくこのノラ猫ではないかと考えています。このノラ猫、団地で見かけるようになって随分たつのですが、我家の倉庫下の隙間等を隠れ家に利用しているようです。
仕方がないので2回目の対策として、この隙間等に入れないようにネットで防御。
c946c47b.jpg

1回目はnetで超音波(猫が嫌がる音)発振器を購入して、現在も稼働中ですが、慣れてしまい既にこの猫には効果無し。音が鳴っているのに、嫌がる様子が全く無し。
aa153207.jpg

猫と人間の戦い。いつまで続くのか・・・。

↓ご協力をお願いします。
広島ブログ

2016_カメの水槽を掃除2

9月19日。水槽の水を綺麗に保つための循環用ポンプが週1のペースで動作不良。その都度修正を繰り返していたのですが、毎週となると流石に面倒。停止の原因はインペラーを固定する蓋が破損しているためなのですが、新品を購入するとnetで約2500円。微妙な価格。このため、針金等で蓋を固定して誤魔化しながら使用していたのですが、どうやらこの方法では限界のようです。
限界を感じたといっても、直ぐには買い替えません。最終手段としてポンプの蓋を接着剤で固定。この方法は内部のインペラーにゴミ等が詰まった場合、清掃不可能となるため本当に最終手段。次に動作不良が発生した場合、対策方法は買い替え交換しかありません。修復後約20日が経過したのですが、ポンプは順調に水を循環中。
また、今回の修復と同時に、カメの休憩用の陸地代わりの石も変更。石を2段に嵩上げして陸地を作っていたのですが、カメが大きくなったため上の石を動かして落としてしまうため陸地の効果が無くなってしまいます。
このため、11年前に石を拾いに行った小河原付近にある緑化公園近くの川へ石を交換に。今回3個の花崗岩を1個の花崗岩?に変更。厚みが有り重さもあるため大きなカメの力に負けることなく安定。
甲羅長200mmでイシガメの中では既に成長は最終段階だと思うのですが、今でも甲羅の脱皮?をしているみたい。少しずつ大きくなっているのでしょうか?
02fab0a1.jpg


広島ブログ

2016_スズメバチ

今年のGWは過ぎていたと思うのですが?毎日、早朝5時位から蜂の飛ぶ羽音が。裏の家の通風口に巣を発見。この時は足長蜂だと思い、仕方がないなと考えていたのですが、7月24日の朝、妻が大きくなって通風口から出てきた巣を見てスズメバチではないかと。
確認してみると、巣の模様からはどう考えてもスズメバチ。危険です。
fc853304.jpg

対策をどうしたものかと、netで調べてみると以下の内容を確認。
①私有地に出来た巣の駆除は広島市では行わない。
②駆除業者は紹介してくれる。
③駆除に必要な防護服は貸出してくれる。
④業者に頼むと数万円の金額らしい。
⑤駆除するかどうかは家の人の判断。
裏の家ですが実際の所、危険なのは我家とお隣さん。正直お互いが思い通りにならず嫌な思いをするかもしれないため相当悩んだのですが、外での作業が危険なので報告して何とかしてもらうお願いを。予想通り、家の人は気が付いておらず、快く駆除してくれるとの事。安心しました。
数日後、家に帰宅すると巣は無くなっていました。妻の話ではどうやら住宅メーカーに相談して、住宅メーカーの人が家の2Fの窓から殺虫剤で少しづつ駆除したそうです。プロにお願いすると数万円の費用。逆の立場なら怖いのですが自分は防護服を借用して駆除するか、今回同様に地道に窓から殺虫剤等で駆除したと思います。

広島ブログ

2016_アブラゼミ羽化

7月22日の7:22。アブラゼミが羽化したと推測される形跡が。毎年、この付近でセミの抜け殻を発見するので毎朝チェック。すると抜け殻と直ぐ横にアブラゼミが。羽を乾かしているのでしょうか?しかし、この時間にいるってことは、セミの羽化開始時間は深夜ではなく、明け方?早起きすれば、視聴可能かも?
ddf56da5.jpg


広島ブログ

2016_ハグロトンボ

7月10日。狩留家付近の釣りポイント。残念ながら釣果はゼロでしたが、多くのハグロトンボが飛び交う少し幻想的なポイントでした。
05df93fc.jpg

f4e13ef9.jpg


広島ブログ

2016_カマキリ

5月28日。我が家の庭で生まれたてだと思う、体調5mm程度のカマキリを発見。妻も気が付いていたみたいで、写真は有りませんが、現在少しづつ成長中との事。次に会うのが楽しみです。
d01391c6.jpg


広島ブログ

2016_ヤゴ2匹目死亡

6月12日の朝。ヤゴ採取から調度1年位が経過したのですが、ついに2匹目のヤゴが死んでしまいました。残念で、可愛そうな事をしてしまいました。安易に考えていたトンボへの羽化は予想以上に難しいようです。期待していただけに落ち込みます。
先日の三篠川での羽化撮影でコオニヤンマが朝から昼にかけて羽化する事が判ったので、残念ですが家での羽化は諦め、現場での撮影に挑みたいと思っています。
4a701864.jpg

6月11日に三篠川で釣りをしていると、羽化中のコオニヤンマが流されてきました。救助はしたのですが、恐らく羽が濡れてしまったので助からないのではないでしょうか。助けて良かったのか悪かったのか悩ましいところです。改めて成虫になることの難しさを感じました。

広島ブログ

2016_三篠川_コオニヤンマ羽化9(エピローグ)

35mmのヤゴが僅か3時間30分で約100mmのコオニヤンマになりました。しかも、普通のヤゴとは全く異なる平たい体が、他のトンボと同じようにスマートな尻尾を持つ立派なトンボに!神秘的です。
最後は何の前触れもなく突然ヨチヨチと飛んで行き、自分にとっては少し残念な結果でしたが、無事に飛んで行った瞬間は、恥ずかしながら40半ばのおっさんが1人三篠川の川岸で興奮して感動していました。
ビデオ映像は初めてでもあり緊張していたからでしょうか?少し残念な結果となってしまいましたが、思わぬチャンスに恵まれたので、次の機会(我家のヤゴ羽化)への良い経験としたい所です。
しかし、我家のヤゴ。この2週間ほとんど動く気配が有りません。エサも食べてないような気もします。いよいよ羽化するのか、残念ながら死んでしまうのか。不安と楽しみの毎日です。
ed76dfcb.jpg

59e77ab2.jpg


広島ブログ

2016_三篠川_コオニヤンマ羽化8

11:31。ここで三度バッテリー切れ。バッテリーを入替え録画スタート。ん?何かおかしい。このビデオカメラはタイムラプス動画を撮影するには一度停止したらまた設定する必要があるみたい。面倒です。再びタイムラプスに設定して録画スタート。変な所で気が付きます。
11:32:14。羽を少し小刻みに羽ばたき始めました。飛ぶ練習でしょうか?
baa0a7b2.jpg

ここからは記憶が曖昧に・・・。
羽を動かし始めて約4分後。突然ですがコオニヤンマは飛んで行ってしまいました。11:36:50。
eaaaf927.jpg

恐らくバッテリー交換のため帰宅する準備をしていたため、一眼レフカメラを鞄に片づけており飛び去る雄姿を撮影する事が出来ませんでした。自分的には完全に色等が黄色と黒に変色して飛んで行くものと思っていたのですが、変色の途中で飛び去ってしまいました。ここで飛び去る瞬間のビデオを確認しようとしたところ、タイムラプス動画です。当然ですが飛び去る瞬間等写っていません。羽を広げる瞬間も1枚辛うじて写っていた程度。残念ながら失敗です・・・。

広島ブログ

2016_三篠川_コオニヤンマ羽化7

尻尾が更に少し伸びたことで、少しスマートに!10:54:14。
cf5bddf7.jpg

大きな変化が無い状態が続き、ここで再びバッテリー切れ。バッテリーを入替えた時、気が付いたのですが、自分はタイムラプス動画を撮影していたつもりが、ただの動画を撮影していました。ここで統一感は無いのですが、当初の目的であった、動画モードをタイムラプスに変更。実はこれが大失敗!後で、後悔をすることに!
再び、ビデオを置いたままバッテリーを充電するため帰宅。自分がいない間にコオニヤンマが鳥などに襲われないか、最後までバッテリーが持つのか?不安との戦いも!大袈裟ですが・・・。
現場に戻って来るとコオニヤンマは無事!しかも大きな羽を広げていました!11:23:38。
b848fb0d.jpg

尻尾が更に伸びスマートに。体は成長完了のようです。カッコいい!羽が艶々輝いています。

広島ブログ

2016_三篠川_コオニヤンマ羽化6

10:12:48。前回の写真から約10分が経過。少しずつ確実に成長しています。
638bcef2.jpg

4b19405d.jpg

しかし、ここで恐れていた事が発生。ビデオのバッテリー切れです。直ぐに予備のバッテリーを入れ、先程まで撮影していたデータに問題ない事を確認して、再び録画スタート。手元に予備のバッテリーが無いので、ビデオカメラを置いたまま、一度家に帰宅。予想通りバッテリーの充電は完了していませんでした。しかし、ここで、いつ終わるか判らない充電を待っているわけにもいきません。途中ではあるのですが、充電を入れ替え直ぐに現場へ直行です。
現場を離れた時間は14分。コオニヤンマの尻尾は随分立派になっていました。10:33:42。
31a62f2d.jpg

しかし、ここで残念な事が。サナエトンボが見当たりません!ヤゴの抜け殻が無い事から鳥にでも襲われたのでしょうか?残念ですが弱肉強食の世界。これが現実です。
a24fae51.jpg


広島ブログ

2016_三篠川_コオニヤンマ羽化5

9:53:54。
5b6774cf.jpg

コオニヤンマも少しずつですが、羽が大きくなって来ました。10:01:32。
bfc7e93a.jpg

サナエトンボは少し尻尾が伸びたようです。10:01:38。
acc08690.jpg


広島ブログ

2016_三篠川_コオニヤンマ羽化4

目の前で繰り広げられる昆虫ショー!目のやり場に困ります。どちらかというとサナエトンボの方が進行が速く、既に尻尾を出しています。10:41:22
f7110d5d.jpg

サナエトンボに遅れる事5分。コオニヤンマも一生懸命体を前のめりにして、尻尾を出すことに成功。9:46:26。
f97cddb8.jpg

9:46:32。
34cb28a0.jpg

9:50:02。サナエトンボの羽が大きく立派になって来ました。
0b9f1475.jpg


広島ブログ

2016_三篠川_コオニヤンマ羽化3

現場で羽化を見ていると長い時間羽化が進行していないように感じていたのですが、こうしてカメラの撮影時間を確認してみると、長いようでも数分程度。
進行が停滞気味になったので、撮影状況や他のアングルからも撮影。9:36:34。
931ee167.jpg

定位置に戻ってみると新たな発見が!別の種類のサナエトンボが自分の足元の岩にしがみ付いて羽化していました。9:38:36。
6eea668f.jpg


広島ブログ

2016_三篠川_コオニヤンマ羽化2

ビデオカメラで撮影しながら、一眼レフカメラでも写真撮影。時間に余裕が生まれ、肉眼でも観察します。体を時折り激しく前後に揺さ振りながら、少しずつ体が出てきます。9:27:28。
44bf8799.jpg

ヤゴのサイズは我家のヤゴと同じ位だと思います。
上半身が出てからが中々進行しません。9:31:56。
77c90f67.jpg

ここで気が付いたことが。最初見た時に思ったのは、え!こんな弱々しい雑草で羽化するの?大丈夫?何やらヤゴは足を動かし続けていました。ヤゴは雑草を足で手繰り寄せ数本の雑草に支えられる事で、安定感を保っていたのです。頭良い!本能でしょうか?

広島ブログ

2016_三篠川_コオニヤンマ羽化1

現場に到着後、直ぐに様子を確認したところ、大きな変化は無く一安心。9:15。D40Xで撮影。
bf446525.jpg

今回家から持って来たのはビデオカメラエブリオ、一眼レフカメラD40X、三脚2個。メインの三脚に一眼レフを取付け、小型三脚(ゴリラポッド)にビデオカメラを取付けようと考えたのですが、思うように行きません!
もたもたして手でビデオ撮影している内にヤゴを見てみると、既に羽化が進行中!ぎえー・・・。9:28:30。ビデオより写真化。
07f82cd6.jpg

焦りながらビデオカメラをメインの三脚に付替え撮影スタート!最初の頭部が出てくる重要な映像が撮れませんでした・・・。何やってんの俺!ノンビリしすぎ。9:29:36。
2972721a.jpg

家で撮影した映像を見て気が付いたのですが、最初は手でビデオ撮影していた時に調度、頭部が出てくるところだったみたい。焦って三脚に付替えず、そのまま撮影を続けていれば重要な場面が撮影出来たのに・・・。

広島ブログ

2016_三篠川_大事件(プロローグ)

大事件とは、釣り糸を垂れて座り込んだ次の瞬間。視界の中にどこかで見た事のある昆虫が。
なんと、我家で現在飼育中のコオニヤンマのヤゴ!
こんな明るい時間(8:55)に、しかもこんな弱々しい雑草にしがみ付いています。発見時のヤゴ。
84ac885a.jpg

え、今から羽化するの?マジですか?(心の声・・・。焦り。)釣りをしている場合ではありません!釣竿等を置いたまま、昨年と同様に一度ビデオカメラを取りに帰宅。
まずい。バッテリーが2個しか充電していない。足りるかな?そんな思いで、取急ぎ3個目のバッテリーを充電後、直ぐに現場へ!

広島ブログ

ヤゴ死亡

5月12日。帰宅するとヤゴが浮いていた。1匹死んでいましました。昨年6月13日に採取して約1年。本当にショック!尻尾の辺りに白いカビの様な物が出現したのが死亡する約1週間前。何やら元気もない感じだったのですが、自分的には、また脱皮でもするのかと勘違い。脱皮の状況を撮影しようとビデオカメラまで準備したのに・・・。
死亡原因として推測されるのは、夕方西日が当たり高温になるため、朝昼の寒暖差による影響と、水の汚れかな?
残り1匹。後悔しないようにBESTを尽くすしか有りません。
24c30314.jpg


広島ブログ

2016カメの水槽を掃除

3月26日、27日は近場でノンビリ。約4カ月ぶりに、カメの水槽を掃除しました。冬は寒いし、忙しい。
このカメも2005年4月に見つけてきたので、もう少しで11年。元気です。
0243dc3e.jpg

約4カ月間のスキーシーズンが終了したのですが、最後に行った事のないスキー場でもうひと滑りしてみたい。netで調べたところ、近くのスキー場は当然のように営業終了。現在営業しているスキー場も例年に比べ、積雪量は少ないような感じ。今年はGWのスキーは厳しいかも・・・。
このため、現在4月2日、又は3日に福井県にあるスキージャム勝山に行ってみようかと悩んでいます。HPでは比較的まだ、積雪量は有るような感じ。ただ、30日、31日が夜勤で更に4月4日からは約10日間の相生出張。1人で日帰りなので、悩みます。

広島ブログ

ヤゴ脱皮

7月11日の朝、水槽を見るとヤゴが3匹に。採取して1ヵ月が過ぎたのですが、驚きました。よく観察すると、浮いている1匹は背中の辺りに白い糸のような物がフラフラしています。脱皮したみたいです。今の所、2匹ともにエサは食べているのですが、一体いつ羽化するのでしょうか?盆明けには長期出張の話が出てきており、このままでは、撮影出来ないかもしれません。
fafa4aae.jpg


広島ブログ

ヤゴ採取

6月13日は三篠川の支流の支流になる麻下川にヤゴ採取に行きました。昨年購入したビデオカメラのエブリオにタイムラプス撮影機能があることに気が付き、昨年は蝉の羽化状況を撮影しようと家の周囲を探してみたのですが、残念ながら羽化する前に作ると言われている孔を見つけることは出来ませんでした。実際の所、家の敷地内で蝉の抜け殻を見つけたことは1度しかないのでハードルは高かったように感じます。
このため今年はもう少し幼虫を簡単に採取できるヤゴに変更してのチャレンジです。
オニヤンマのヤゴを採取しよと考えていたのですが、残念ながら見つけることは出来ませんでした。しかも自分が子供のころ実家の上にある田んぼで採取していたような一般的な形のヤゴも見つけることは出来ませんでした。
採取したヤゴ。見つけた時は正直なところこれ本当にヤゴ?と思いました。
edb2f2f5.jpg

netで調べたところ、サナエトンボ科に属するコオニヤンマのヤゴのようです。はたして、無事羽化させることは出来るのでしょうか?常清滝で撮影。恐らくコオニヤンマです。
9c156842.jpg


広島ブログ

立久恵峡2

歩道では蛇を2回見つけてしまいました。いずれも小さく200mm位の随分細い蛇でした。生まれたて?しかも1匹は模様からマムシではないのかなと思ったのですが、頭の辺りだけが随分と白く不気味でした。蛇は苦手なので見つけた時は本当にビックリします。蛇判るかな?
c7a9094a.jpg

自分の父は子供のころ夏には蛇を捕まえて首に巻いて涼んでいたと言っていましたが、絶対無理です。

案内板によると、展望台に繋がる天狗岩屋と示された道が。入口と思われる場所に行ってみると・・・。温室育ちの自分では、とても登れませんでした。
5fcfc465.jpg

神戸川です。
97fbc54e.jpg


広島ブログ

2015_安佐動物公園フリーマーケット

5月16日に動物園で年2回程度行われている、フリマに出店してきました。フリマの出店は今回で恐らく4回目位だったと思います。4回とも動物園での出店です。動物園のフリマは入場料と駐車場料金の約1500円で出店出来るためその他のフリマに比べ各安だと感じています。また、ふじ棚の下で出店出来るためある程度の日陰が有り、その他のフリマに比べ少し楽なような気もします。
この日は天気が怪しく今までより1時間遅い、朝7時に並んだのですが、誰もいなくて初めて1番をゲットしました。今回の出店場所は妻と話し合い、ふじ棚の下で動物園出入口に1番近いところを選択しました。初めての出店もこの場所でした。
フリマの魅力は不要な物が処分出来、お金にもなることはもちろんですが、自分はお店等の販売員としての経験が全くないので、販売員としての非日常を体験でき、自分が良いと思って購入して不要になった物を他の方も良いと思って購入して貰えるところかなと感じています。(自分の物は高額なので全く売れないのですが・・・。)
今回の出品は娘と嫁の衣服が中心で、玩具が少し、自分の物は過去にずっと出品してきて売れ残ってきた革ジャン、ルーター(日曜大工工具)、アウトドアの木製食器セット等です。
毎回の事ですが、重くて面倒なパラソルを立てて日陰を作るとともに、お洒落感を演出したつもりです。
先月、ヤフオクで娘の玩具を出品して処分したので今回の売上げは厳しいかなと思っていたのですが、1回目以来の1万円越えで、更に結果的に天候にも恵まれたので、気持ちの良い休日を満喫させて頂きました。
ただ、動物園のフリマは今回が最後かなとも感じました。娘の商品が大きい子供向けになってきたので、客層に合っていないように感じました。やはり売上げは重要です。残念ですが、次からは別の場所を探すことになりそうです。
今回は天候の影響でしょうか。店舗スペースに多くの空きが有りました。
89049c37.jpg

交代で動物園を少し見学しました。ライオン、ヒョウ、トラのコーナーでガラスが使用されていて、迫力アップしていました。目の前のライオンと目が合うと恐怖心が生まれます。
3cf70786.jpg


広島ブログ

我家のペット2

2005年4月に、安佐北区小川原町を流れる三篠川の支流の支流で、ニホンイシガメを捕まえました。子供のころ、飼っていたのを思い出し近所で比較的綺麗で、小さな川を選んで探しに行ったところ、約1~2時間で捕まえることが出来ました。
捕まえた当時は甲羅長は50mmくらいで、600mm水槽に深々と水を張り、金魚、タニシ、ヤマトエビ、水草と一緒に飼育していたのですが、残念ながら直に全てイシガメの餌食となってしまいました。小さいからと油断していました。現在は甲羅長200mm位に成長してしまい、手狭な水槽で我慢の生活をしています。
e112cfac.jpg


広島ブログ

我家のペット1

2011年3月から、嫁と娘がネコ(キジトラらしい)を飼っています。娘がどうしても欲しいと言うので仕方なく・・・。
自分の実家が自分が家を出た後に、家の倉庫に生み捨てられたネコを飼った末、しつけが悪かったため、家の壁や柱はボロボロに。このためネコに対する印象は最悪だったのですが、嫁のしつけが良いためか、我家のほうには大きな損傷はまだ、出ていないみたい。しつけが大事って事でしょうか?
娘が魚眼モードで撮影した写真です。
4503ff9a.jpg

娘の誕生日プレゼントに8000円位で購入したカメラですが、中々面白い写真が撮影できます。

広島ブログ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 装甲騎兵ボトムズ26_35MAX_スタンディングトータスMK.Ⅱ
  • 装甲騎兵ボトムズ26_35MAX_スタンディングトータスMK.Ⅱ
  • 装甲騎兵ボトムズ26_35MAX_スタンディングトータスMK.Ⅱ
  • 装甲騎兵ボトムズ26_35MAX_スタンディングトータスMK.Ⅱ
  • 装甲騎兵ボトムズ26_35MAX_スタンディングトータスMK.Ⅱ
  • 装甲騎兵ボトムズ26_35MAX_スタンディングトータスMK.Ⅱ
  • 装甲騎兵ボトムズ26_35MAX_スタンディングトータスMK.Ⅱ
  • 男の料理44_豚汁
  • 2019駐車場DIY38最終かな?
↓お願いします。
広島ブログ
  • ライブドアブログ