August 23, 2014

出発当日! いきなり北斗星約3時間の遅延!

今晩から北海道に行くと前回書きましたが、いきなり約3時間の遅れです。

imageとは言え、実は昨晩から覚悟できていました。
上りの札幌発北斗星が大雨の影響で長万部あたりで遅れているとの情報が入ってきていたので、折り返し自分達の乗る予定の列車も危ないと思いました。

上り列車は函館の時点で4時間近く遅れており、寝台列車がさらに遅れる事はあっても遅れを取り戻す事は稀ですから、最悪今晩の下りは運休だなぁと思って、今朝早く東京駅迄行って、翌日の北斗星の切符をおさえていた位です。
通常、出発日2日前以降の指定券には30%のキャンセル料がかかり、寝台列車の場合高価な事からその額も数千円になってしまうのですが、一度だけ出発前の列車全て(日本国内地域は問いません。特急の指定券から快速の指定券でも可)に変更が無料でできるというルールがあります。つまりこの余分に取った切符が不要になった場合、安い指定券〜道内のトロッコ列車の指定券(310円)に変更してしまえば手数料はかかりません。

結局、上り列車は約4時間遅れで盛岡で新幹線に振り替え、その後正午過ぎに仙台に到着して運転打ち切りとなりました。現在、回送列車になって大宮に向かっている頃だと思われます。東京まで戻ってきても、車庫で整備作業があるので定刻の19時に出発するのは不可能で、21時を過ぎるのは妥当な線だと思われます。

実際に上野を出発するのは22時過ぎ、前にはカシオペアも走っている上に東京圏は過密ダイヤですから普通列車を抜かす事もできずに日付が変わる頃に宇都宮、翌朝明るくなってもまだ青森で、函館には10時前位。ここで希望者には特急北斗への振り替えがあって、そのまま北斗星を選んだ場合札幌に着くのは午後3時頃と予想しています。

JRでは特急列車が2時間以上遅れた場合、特急料金は払い戻し、寝台料金は(朝6時以降に到着する駅まで乗るのに)朝6時まで使えなかった場合は払い戻しという規則があります。

寝台料金はともかく、今回特急料金が払い戻しになるのはほぼ確実。
これも2人で約6000円返金と決して安くない金額です。
親切な車掌だと車内放送などで教えてくれますが、その様な放送がなく、駅窓口でも請求をしなかった場合、当然もらえません。(クレジットカードの場合は原則的には切符を買った会社(JR東日本)じゃないと払い戻し請求できないので、今回の様に札幌(=R北海道)に着いてからは請求ができず、「列車が遅れた」という証明をきっぷに押してもらって、後日切符を買った駅に持って行くルールだったと思います)

19:03発が21:45になるとの事で、今日の食堂車はディナーパブタイムともに営業をしないみたいですが、明日の朝食のチャンスもあるし、のんびり行ってきます。

cubbear at 16:15│Comments(0)国内旅行難民 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔